Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

パンタジャッキをインパクトで上げられるように改造してみた  2018-11-16

フロアジャッキで車体を上げた後に、ロアアームだけ持ち上げたいとか、そう言った用途用にパンタジャッキを購入してみた。
パンタジャッキは普通ハンドル金具を装着して使用するものだが、インパクトで回して使用することが出来たら便利そうだ。
そこで、簡単なアダプターを作ってみた。


W181115_105331.jpg
購入したのがこれ。
2千円くらいの安物だが、まあ、普通に使う分には十分だろう。




W181115_105607.jpg
回転部分には、回転ハンドルを差し込む穴が開いている。




W181115_105629.jpg
なので、通常はこのようにハンドルをセットして回転させることになる。




W181115_105717.jpg
でもここにナットが付いていたら、場合によってはすごく便利そう!




W181115_110147.jpg
そこで、不要になったアルミナットをフライス盤にセットし・・・。




W181115_111156.jpg
ジャッキの穴の部分を挟み込めるように切り込みを入れた。




W181115_111211.jpg
ジャッキにはめ込んでみると、サイズ的にも大丈夫そう。




W181115_111410.jpg
簡単に位置決めをし、表面を均し・・・。




W181115_111813.jpg
固定用の穴を開けた。
このままビス止めしてみたら、内部の穴が大きすぎてぐらぐら状態だった。




W181115_112704.jpg
そこで、旋盤にて丸棒に穴を開けて・・・。




W181115_113446.jpg
このような、カラーを作ってみた。
これならぴったりとつなぐことができるだろう。




W181115_113744.jpg
カラーをはめ込み、組付けてみる。




W181115_113923.jpg
うん。いい感じのクリアランスで取り付け出来た。




W181115_114022.jpg
机上での動作テストも問題なし!
電動インパクトの力で簡単に上下できる。
ま、負荷がかかってないから当然か(^^;




W181115_114426.jpg
そこで、実際に車両を持ち上げてみる。
このジャッキで車両自体を持ち上げることは想定していないが、まあ、テストという事でやってみた。
結果、ちょっと苦しい感じもするが、なんとか車両を持ち上げることができた。
今回テストに使用したのは マキタ製の 14.4Vタイプのインパクトレンチだったので非力感は否めないが、もう少しトルクのあるものなら余裕で上がりそうだ。




W181115_114640.jpg
という事で、簡単な工作だったが、これはちょっと便利そう\(^o^)/

関連記事

吉見百穴周辺遺構を見に行ってみた  2018-11-13

埼玉県の吉見町にに、吉見百穴と言う遺跡がある。
その周囲には、旧陸軍が構築した地下壕が残されているというので、見に行ってみた。


W181103_184025.jpg
某日前夜、横浜市内でメンバーと集合。
早速現地へと向かう。
現場は観光地であるので、夜間のうちに下調べをしておこうという算段だ。




W181103_223944.jpg
現地に到着し、暗闇の中、調査を開始。
街道沿いに大きな壕口があるのを発見。




W181103_224057.jpg
内部は、激しく水没しているため本日の装備だと進むことができない。
ここは、次回にウェーダー等の装備をして再訪することに。




W181104_014242.jpg
周辺のお寺の裏や、廃ホテルの周囲の穴を調べた後、近くにある道の駅にて車中泊。
明日は朝から吉見百穴にある地下壕を見てみることに。




W181104_090325.jpg
朝一に吉見百穴へと移動。
夜中に地下壕に入らなかったのは、ここは一応有料の観光施設なので、無料で夜中に侵入するのはなんだか気が引けたからだ。




W181104_090422.jpg
受付で入場料を払う。
しかし、そこには地下軍需工場、点検調査中の張り紙が!!




W181104_090537.jpg
早速内部を確認してみる。
照明は灯っているが、点検調査中という事で、内部はがらんとしている。




W181104_090556.jpg
このエリアは、通常なら正規に入れる場所だが、見学者はもちろん、調査員もいないようだ。




W181104_090614.jpg
静かな壕内は、風が抜け、乾燥している。




W181104_091726.jpg
この地下壕は、戦時中に中島飛行機の疎開工場として作られたという。




W181104_091737.jpg
機械を運び込み、実際に稼働していたというが、公開されているのはごく一部のみだ。




W181104_091818.jpg
一通り公開部分を見て回ったので、今度は非公開部分を見に行ってみる。




W181104_092423.jpg
非公開エリアの壕口には、真新しい柵がしっかりと取り付けられている。
この柵は、以前には無かったものだ。
昨日夜に見た壕口にあったものと同じものなので、同時期に行政が事故防止のために設置したものだと思われる。




W181104_092424.jpg
簡単に入ることが出来なくなったので、ちょっとだけ内部の様子を・・・。




W181104_092427.jpg
公開部分と違って風が抜けないせいか、内部は非常に湿度が高いようだ。




W181104_092431.jpg
非公開部分の壕の天井部分には、地下工場稼働時にクレーンのレールをはめ込んであったと思われる掘り込みも残されている。




W181104_092435.jpg
整備されている訳でないので壕床には至る所に土砂が堆積しているが、通り抜けられない場所は見受けられない。




W181104_092439.jpg
ただ、場所によっては貯水に利用していたような個所もあり、足元もぐちゃぐちゃな場所も多かった。




W181104_093144.jpg
ちなみに、非公開部分の正面には4つの壕口があるが、ここだけが古い柵のままだ。




W181104_093823.jpg
その他の壕口も、全てがっちりと塞がれてしまっていた。




W181104_102456.jpg
吉見の地下工場を探索し、次に同じ吉見町にある、八丁湖公園へとやってきた。
この公園内にも横穴群の遺跡があるのだが、ここにも軍が掘った穴が残されているという。




W181104_103931b.jpg
早速横穴群を見に行くが、草が生い茂り、斜面を確認するのは困難だ。
しかし、『この中に入ってはいけません』の看板が。
きっと、この奥だな。




W181104_104244.jpg
目印の看板の奥へ進むと、やっぱりあった地下壕の入り口。
横穴の遺跡を広げたのだろうか、四角い断面の奥は円形に掘り進められている。




W181104_104255.jpg
早速内部へと進んでいく。




W181104_104312.jpg
ガレの多い穴を進んでいくと、やがて前方に閉塞点が。
しかし、左手にはまだ坑道が続いている。




W181104_104356.jpg
左手に曲がると、そこには古びたベンチが置かれていた。
以前はここに入ってベンチで休憩できたのか!?
まさかね。笑




W181104_104358.jpg
ベンチを越え、更に奥へと進んでいく。
温度と湿度が急激に高くなる。
閉塞が近そうだ。




W181104_104420.jpg
奥は、右手に折れ、ちょっと下って閉塞していた。
掘りかけなのか崩落なのかはよくわからなかったが、土砂の堆積からは掘りかけの手前が崩落しているように見えた。




W181104_104735.jpg
穴から出て周囲を調べていると、もう一つ、先ほどと同様の看板が立っていた。
ここにもあるのね・・・。




W181104_104914.jpg
看板の奥にはやはり大きめの壕口が口を開けていた。
しかし入り口は崩落しており、とても狭い。




W181104_104944.jpg
なんとか体を滑り込ませて内部へと進入する。




W181104_105001.jpg
堆積した土砂の上を這いつくばるように進んでいく。




W181104_105039.jpg
しかしこちらの壕は単独壕のようで、20mほどで閉塞していた。




W181104_130429.jpg
吉見の廃ホテル脇にも巨大な地下壕があるのだが、昨夜に見た通り、ウェーダーが無いと探索できないほどの水没なので、今回はこれにて探索終了!
横浜への帰りがけに、飯能にあるコンクリート遺構を見て帰ることに。




W181104_131158.jpg
車を停め、山へと入っていく。
この奥に、コンクリート製の監的壕という遺構があるという。
監的壕とは、砲撃の着弾点や命中率を確認するための施設らしいが、こんな所にそんなものがあるとは知らなかった。




W181104_131530.jpg
荒れた湿地帯を緩やかに登っていく。




W181104_131653.jpg
更に足場が悪くなってきた。
こんなところに本当に遺構なんてあるのか!?




W181104_132017.jpg
足元をドロドロにして登ってきた。
すると突然目の前に・・・。




W181104_132224.jpg
コンクリートの遺構が!
これが、監的壕か!!




W181104_132233.jpg
削れてしまって見えにくいが、たしかに監的壕と扁額がかかっている。
その横には、昭和十六年十一月三日竣工の文字が。
真珠湾攻撃の1か月前の竣工だ。




W181104_132354.jpg
内部は単純な構造であるが、コンクリートの品質も良好だ。




W181104_132528.jpg
上部へ上がってみる。
山の斜面に突然掘り込みが作られている。
昼間なら良いが、夜間に知らずにここを歩いていたら、穴に気づかず落下してしまいそうだ。




W181104_132700.jpg
高さは2mちょいくらいだろうが、足場が滑るためちょっと怖い。




W181104_133719.jpg
ということで、一通り周囲を見て回ったので、そろそろ下山することに。




W181104_204843.jpg
横浜に戻り、本日の探索、無事に終了!
次回は、吉見の岩窟ホテル脇の水没地下壕へと潜ります!! ← 探索待ち


関連記事

ハイエースのリバウンドストップ交換と、リアシートレバーを再加工してみた  2018-11-12

前回の バンプストップ交換 に続き、今度はリバウンドストップの交換をした。


Qq181110_112012.jpg
売っているのは薄型のものが多いのだが、自分のハイエースは 2インチくらいしか車高を落としていないので、これでは高さが無さすぎる。




Qq181110_112042.jpg
そこで、適当なアルミ廃材から高さを稼ぐためのカラーを作ることにした。




Qq181110_112607.jpg
まずは旋盤にて中央に穴あけをする。




Qq181110_112729.jpg
旋盤でのドリル作業は、本当に気持ちが良い。
まるで教科書に載るような、きれいな切り粉が出てきた (^w^)




Qq181110_113603.jpg
周囲を一皮むいて切断し・・・。




Qq181110_121915.jpg
このようなカラーを2つ作ってみた。




Qq181110_121959.jpg
これで高さ調節はばっちりだ。




Qq181110_123601.jpg
ジャッキアップした状態でさくっと取り付け。




Qq181110_124543.jpg
リバウンドストップは、高さがありすぎたので、ちょっと切断する。
その際、当たり面の角度を考え、ちょっとだけ斜めにカットしてみた。




Qq181110_125543.jpg
ロアアームに荷重をかけた状態で、タイヤの隙間より交換。




Qq181110_125554.jpg
うん、こんな物かな。




Qq181110_134558.jpg
ついでなんで、リアシートのレバーもちょっとだけまた変えてみた。




Qq181110_135516.jpg
力をかける面がフラットのほうが使い勝手がいいかなと思ったのだ。




Qq181110_140217.jpg
フライス盤で平らにして、やすり掛けする。




Qq181110_140307.jpg
あっという間に、上面がフラットに。




Qq181110_140502.jpg
このままだと今一つなんで、フライス盤で、デザインの掘り込みを入れてみる。




Qq181110_141300.jpg
再度、紙やすりにて表面を整える。




Qq181110_142117.jpg
これで形はいい感じになった。
そして、気になっていた取り付け穴のむき出し部分。




Qq181110_145612.jpg
ここの目隠しに、アルミを削ってキャップを作成。




Qq181110_151154.jpg
うん。
見た目もすっきりして良いし、これは満足( *´艸`)

関連記事
次のページ