Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのデフオイル交換した  2017-02-18

最近、ハイエースのデフ辺りからの唸り音が気になってきた。
半年ほど前から音は鳴り出していたのだが、デフオイルを交換して、そのまま様子見していたのだ。
今年に入って、音が大きくなってきたので、再度オイルを変えてみた。


_170217_200156.jpg
オイルやウェスを準備する。

自分のハイエースは、OS技研のLSDを組んでから、既に15万キロ以上走っている。
オーバーホールの時期は既に過ぎているので、このオイル交換で症状が改善されなければ、LSD自体の組み替えを考えよう。




_170217_201134.jpg
リアタイヤをスロープに乗り上げ、車体下に潜り込む。




_170217_201745.jpg
まずは、オイルの注入口を緩める。
オイルを抜いた後にコチラが緩まないと車を動かせなくなるからだ。




_170217_201818.jpg
次に、デフの真下にあるドレンボルトを緩める。
ドレンボルトのサイズも注入口と同じ、24mmだ。




_170217_201834.jpg
ギリギリまで緩めて・・・。




_170217_201947.jpg
ドレンボルトを外す。
そして、エア抜きのために、注入口のボルトも外す。




_170217_201947b.jpg
デフオイルはエンジンオイルに比べてとても硬いので、そのまましばらく放っておく。




_170217_202021.jpg
ちなみに、鉄粉を集めるための磁石が内蔵されたドレンボルトには、かなりの鉄粉が付いていた。




_170217_202026.jpg
半年前のデフオイル交換から、こんなにも鉄粉が出ているのか!?




_170217_203747.jpg
と言うことで、オイルが抜けたので、ドレンボルトに耐油のシールテープを巻き付けて・・・。




_170217_203922.jpg
しっかりと締め込む。




_170217_204110.jpg
そして、注入口からあふれ出るまで、何度もオイルを入れていく。
この作業はオイルが硬いので、何度やっても大変だ。
注入が終わる頃には、腕全体がプルプルしてくる・・・。




_170217_204508.jpg
オイルの注入が終わり、注入口のボルトもしっかりと締める。




_170217_204508b.jpg
ちなみに、オイルの圧送にはモノタロウで購入したこの安価なポンプを使用しているが、もう少し力がいらない方法は無いものか・・・(*´д`*)




_170217_212139.jpg
ボルトのチェックと、簡単な下回りのチェックをして、作業終了。




_170217_212140.jpg
どのくらい音が小さくなったか、ちょっとそこら辺を走ってみることに。
と言っても、ある程度の距離を走らないと、分からないか(^_^;




_170217_212240.jpg
1時間程度走り回ってみたところ、なんだか音は小さくなったような。
でも、オイルを変える前も、このくらいだったような・・・。
正直、良く分からん・・・(´-`)

ということで、オイルは変えてみたものの、走行距離的に見ても、LSDのオーバーホールは必須だと思うので、近いうちにショップに相談してみることにするか。

関連記事

[散歩] 江ノ島あたりをぶらぶらとしてきた  2017-02-12

江ノ島周辺にはたくさんの地下壕がある。
いくつかの地下壕には以前潜ってみたのだが、他にもたくさんの壕があるというので徒歩でぶらぶらと巡ってみた。
ちなみに今回のレポは、ホントにぶらぶらと巡るだけです。


_161030_094821.jpg
スタート地点は江ノ島から東へ 4キロメートルの所にある稲村ヶ崎。
ここには有名な洞窟がある。




_161030_095655.jpg
岩場を乗り越え、入り口までやってきた。
ここから砂浜に降りれば簡単に中に入ることが出来る。
しかしこの日の岩場は水分を含みつるつるだ。
ロープが無いと無事に戻れなそうなので、今回はここまででやめておいた。

内部の様子は、以前レポートした 記事にてどーぞ。




_161030_100138.jpg
ちなみにこの場所まで来ると、海側の崖に構築された銃眼が目の前に見える。




_161030_100429.jpg
ちなみに、前回来たときは簡単に来れた気がしたのだが、今回は岩に水分がかかっているせいか、非常に苦労した。




_161030_100620.jpg
ちみなに山側からのアプローチは、高い崖に囲まれているため、ちょっと難しい。




_161030_101001.jpg
と言うことで、同行した O氏と共に、つるつると滑りながら戻ってきた。




_161030_105105.jpg
ここから、江ノ電の線路に沿って、江ノ島方面に向かっていく。




_161030_105237.jpg
このあたりにある家は、江ノ電の線路を越えて自宅に入るという面白い作りだ。
引っ越しとか大変そうだな。




_161030_112047.jpg
その先の踏切には、大勢の観光客が写真を撮っていた。
どうやら、この踏切がアニメの有名なシーンに使われているらしい。




_161030_112942.jpg
江ノ電の線路が海沿いに出たので、それに沿って海沿いを歩いて行く。
振り返ると、出発した稲村ヶ崎は、もう随分小さくなっていた。




_161030_113807.jpg
しばらく歩いて行くと、線路脇の住宅奥に壕口を発見。
入ってみたいけど、完全に個人宅の敷地内だ。




_161030_114208.jpg
どこかに他の入り口は無いかと、周辺を歩いてみる。




_161030_114239.jpg
大きな穴が開いているようだが、こちらにも行く術が無い。




_161030_114623.jpg
場所的には戦時中に日本軍の陣地が作られていてもおかしくない場所だ。
他にも何か痕跡があるかも知れない。




_161030_114917.jpg
江ノ電の線路まで戻ると、線路脇に何やら穴が。




_161030_114953.jpg
あ、あそこにもある。
見に行きたかったのだが、日中は人目も気になるし、とりあえずはパス。
自宅から 30分程度で来られるし、今度夜中に潜りに行ってみよう。




_161030_115327.jpg
その後、江ノ電の線路は少し内陸に入っていく。
線路の向こうに小高い山が見えている。
なんだか、穴の気配がしたので、ちょっと行ってみる。




_161030_115515.jpg
登っていくと、予想通り穴はあった。
しかし、霊園へと続く交通壕だった。




_161030_115637.jpg
坑口の右側に祠が祀られていたが、なんだか形が銃眼みたいだった。
ま、よく見たら違ったんだけど。




_161030_120818.jpg
線路まで戻ってきた。
ここは腰越駅だ。




_161030_121531.jpg
もう少し歩くと、以前レポートした龍口寺。
江ノ島ももうすぐだ。




_161030_122454.jpg
せっかくなので、龍口寺にも寄ってみた。




_161030_123048.jpg
ここには、いくつかの地下壕が残されている。
江ノ島側の小規模壕に入ってみた。




_161030_124513.jpg
壕床にはトロッコの枕木跡が僅かに残されている。

奥は 100mも行かずに閉塞だ。
気になる人は、以前の記事 をどーぞ。




_161030_130711.jpg
ちなみに、ここ龍口寺の裏手には、かなり大きな規模の地下壕もある。
こちらも、以前記事にしている ので、興味のある方は是非。




_161030_132010.jpg
海沿いから砂浜へと降り、江ノ島へと向かう。




_161030_135322.jpg
橋を渡り、江ノ島にから腰越方面を見ていると、腰越の小動(こゆるぎ)岬の岩肌に、なにやら穴のような物が開いているのが見えた。




_161030_151759.jpg
ちゃんと確認するために、岬まで行ってみる。
うん、完全に穴が開いている。




_161030_151807.jpg
しかも、あんな場所に開いているにもかかわらず、立入禁止と書いてある。
もしかして下からよじ登れる場所なのかな!?




_161030_152053.jpg
岬周辺の岩肌を調べながら歩いて行く。
倉庫の裏手にも何やら穴が。
登ってみたかったが、はしごも置いてあるし、何か作業中のようだ。




_161030_152209.jpg
工場の敷地内の岩肌に、壕口を発見。
柵のような物で塞いであるけど、進入は簡単そうだ。
ま、今日は入らないけど。




_161030_152825.jpg
岬の周辺を回った後、岬の上へと登っていく。
岬には、小動神社という大きな神社があった。
その神社のトイレの裏手に、どう見ても完全にアヤシイ鉄板が。




_161030_152834.jpg
ちょっとめくってみると、やっぱりあった壕口。
塞いであると言うことは、それなりの規模の地下壕があるという事だろうか。
ここは次回、ちゃんと調べてみることにする。




_161030_153609.jpg
ここ、小動神社には、日露戦勝記念碑なるものが。
こんな所に、こんなものがあるって、初めて知った。




_161030_153720.jpg
すぐ近くには、巨大な亀が。




_161030_153741.jpg
こいつは、海の守り神かな。




_161030_154344.jpg
小動神社から更に岬の最上部へと登っていくと、開けた広場に何やら穴が開いている。




_161030_154425.jpg
近づいてみると、これはただの彫り込みだった。
明治39年と書いてあるけど、祠の跡なのかな。




_161030_154552.jpg
そして、広場の一角に、そこだけブロックが積んである不自然な場所が。
どう見ても、壕口を塞いでる。
近づいてみると、やはり大きな壕口のようだ。
ここには以前住宅が建っていたようで、住宅の裏手の穴を塞いでいたようだ。
掘れば入れそうだったが、別の壕口もきっとあるはずだ。

同じ高さに沿って辺りを調べていくと、とある住宅の裏庭に巨大な壕口を発見。
本日はぶらぶらするだけなので、場所をしっかりチェックするだけにする。
ちなみに、位置や高さを考えると、この壕口が、岬の崖に抜ける地下壕と繋がっているのだと思う。



_161030_154627.jpg
岬の上部には、他にもアヤシイ石組みが。
この感じ、民間の物では無いような予感が・・・。




_161030_154925.jpg
遊歩道のようになっていたので、進んで行ったのだが、先は何も無く行き止まりとなっていた。




_161030_155302.jpg
しかし、その周辺にも、何やら石組みがたくさん見えていた。
砲台の遺構なのかは分からないが、大谷石が丁寧に積まれている。




_161030_160606.jpg
その後も周辺を歩いてみたが、小動岬でそれ以上の発見は無かった。
まあでも、いくつかの壕口を見つけることが出来たので、これらは次回、潜ってみることにした。

そして、日没も近づいてきたので、車を駐めてある稲村ヶ崎へ戻ることにした。




_161030_164722.jpg
と言うことで、今回はホントに、ぶらぶらしただけの散歩の記事でした(*´w`*)


関連記事

[戦跡] 陸軍関ヶ原火薬庫跡を見に行ってきた ~ 後編  2017-01-12

メナードランド跡地にある火薬庫 を後にし、今度は公開されているという火薬庫を見に来た。


_170102_151424.jpg
道路に向かって火薬庫が口を開けている。
これが公開している火薬庫なのか!?




_170102_151432.jpg
でも、どう見ても公開している雰囲気ではない。




_170102_152019.jpg
中を覗き込んでも、照明の類は何も無さそうだ。




_170102_152019b.jpg
とりあえず、中へと進んでいく。
夕刻も近いせいか、かなり暗い。




_170102_152033.jpg
振り返って入口を見る。
まだ入口から数メートルしか進んでいないが、光りはほとんど届いてこない。




_170102_152036.jpg
そのまま内部へと進む。
向かって左側。
先ほど回った弾薬庫と同様の作りのようだ。




_170102_152041.jpg
今度は右側を見る。
何かに転用されていたのか、火薬庫との隔壁に大きな穴が開けられている。




_170102_152045.jpg
なんだか、不気味だなぁ。
ま、内部へと進んで行こう・・・。




_170102_152053.jpg
火薬庫の中は光が届かず真っ暗だ。
風の流れも全くない。




_170102_152116.jpg
懐中電灯で内部を照らしてみるが、内部が黒く燻されているせいか、薄暗い。




_170102_152120.jpg
入口付近の大穴を内部から。




_170102_152133.jpg
火薬庫内部にはめぼしいものは無さそうなので、外周を見に行くことに。
入口付近にある外周への入口に行く。




_170102_152138.jpg
しかし、時期が悪いのか、完全に水没していた。
反対側も見に行ってみたのだが、同様だった。




_170102_152242.jpg
この周辺にはこの火薬以外にもたくさんの火薬庫があるという事なので見に行ってみる。




_170102_152311.jpg
ちょっと歩くとすぐに別の火薬庫を見つけた。




_170102_152322.jpg
この火薬庫はドアが残されている。
ちょっと開いているのがなんだか不気味だ。

当時の物なのだろうか。




_170102_152326.jpg
中に入ってみる。
ここも何かに転用されていたようで、火薬庫の入口が拡張されていた。




_170102_152401.jpg
奥へと進んで行く。




_170102_152412.jpg
火薬庫内部を覗き込む。
内部は真っ暗だ。
鉄パイプや資材が散乱している。




_170102_152423.jpg
どの火薬庫も全く同じ作りのようだが、最後にもう一つくらい見ておこうと、次の火薬庫へ向かう。




_170102_152506.jpg
立哨台のある交差点の奥に、いくつかの火薬庫が並んでいるようだ。




_170102_152555.jpg
とりあえず順番に見に行ってみる。




_170102_153107.jpg
内部の構造は全く一緒だ。




_170102_153139.jpg
もう、中まで見に行く必要も無さそうだが、一応入ってみる。




_170102_153146.jpg
内部には何かの残骸が残されていた。




_170102_153201.jpg
外周の隙間も見に行ってみる。
入口付近には瓦礫が散乱している。




_170102_153208.jpg
壁面自体はとてもきれいなのだが・・・。




_170102_153212.jpg
足元は完全に水没しており、進むことが出来なかった。




_170102_153244.jpg
そして、この火薬庫は外部からの圧力によりかなり大きいひび割れが出来ていた。
地震によるものか、それ以外の原因かは分からないが、このままだといつか圧潰してしまいそうだ。




_170102_153300.jpg
壁面から床面にかけても亀裂が走っているので、かなり危険な状態なのかもしれない。

という事で、一体どの火薬庫が公開中なのかは良く分らなかったが、一通り、他の火薬庫も全て回ってきた。
周辺には、土塁やトンネルも残されており、その付近には行政が立てた看板もあったので、一応保存していくつもりなのだろう。

関連記事
次のページ

まとめ