Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのオルタネーター交換してもらってきた  2017-11-21

ハイエースの走行距離も、あっという間に20万キロを越えてしまった。
その間、7回ほど車検を通したのだが、全てユーザー車検だったため、エンジン廻りの整備はほとんどやっていない。
そこで、今回、プロの手によってエンジン補機類のメンテナンスをしてもらった。


B171117_184210.jpg
というのも、数ヶ月前より、オルタネーターの発電量が怪しくなってきた。
10V程度しか出力していない時もあったのだ。




B171117_184211.jpg
オルタネーターの交換だけなら自分でやってしまおうと思っていたのだが、いい機会なのでプロの目でエンジンの補機類を見てもらうことに。
早速整備工場にハイエースを入庫させる。




B171117_192720.jpg
整備士との協議の結果、今回はオルタネーター交換、ウオーターポンプやサーモスタットの交換、そして、ベルトやプーリー関係を全て新品に交換してもらった。
また、初期のハイエースはインマニ下のウォーターパイプがプラスチック製で、だんだんとひび割れてしまうので、対策品の金属パイプに交換してもらった。




B171117_192730.jpg
数日後、あっという間に整備完了。
プーリー類が新品になったせいか、アイドリング時の音が明らかに静かになっていた。




B171117_194722.jpg
エンジンも元気になり静粛性も向上したので、以前よりやりたかったオーディオ配線の引きなおしをすることに。
配線自体 5年以上前に作ったもので、度重なる仕様変更により、ちょっとカオスな配線となっていたからだ。




B171117_194722b.jpg
エンジン廻りの整備性を考えて、エンジンフードに影響しない場所に既存の配線を埋め込んでいく。




B171117_200155.jpg
ヘッドユニットからのオーディオラインは信頼性の高いケーブルで引きなおすことに。
運転席の下を通しリアに送っておくことによって、仕様変更にも対応しやすくしておいた。




B171117_204905.jpg
フロント、リア、ハッチ埋め込みの各スピーカー音量バランスを調整する、パッシブ型のポテンショメーター。
ケーブルを基盤に直接半田付けして、ケーブルの長さが余らないようにすっきりと配線。
このアナログの操作感は1度使ったら手放せない(*´w`*)




B171117_211026.jpg
最後に、アンプへの配線をクロスオーバーに繋いで完成!




B171117_222856.jpg
今までと見た目は変わりないのだが、配線類をすっきりと引き直したおかげで整備の際にあっという間にエンジンにアクセスできるようになったので大満足(*´ω`*)ノ




B171117_222856b.jpg
室内が終了したので、今度はスタッドレスに履き替えて冬支度。
しかし、タイヤもホイールも汚いな(^_^;




B171117_222857.jpg
荷室の荷物も一旦外に出して整理しておこうかな。




B171117_222858.jpg
必要最低限の工具類と・・・。




B171117_222859.jpg
探険用の道具を積み込む。




B171117_222956.jpg
今週末は、また寒波が来るようだし、新潟方面にでも出掛けようかな(^o^)

関連記事

[戦跡] 多比地下軍需工場探索~後編  2017-11-09

この記事は、[戦跡] 多比地下軍需工場探索~前編 からの続きです。


B171103_135839.jpg
かなりガレた壕内を進んで行く。
そろそろ進めなくなりそうだが、まだ上部に隙間が開いている。

うん、もう少しだけ進んでみよう。




B171103_135841.jpg
隙間を乗り越え進んで行くと、また広い空間が現れた。




B171103_140041.jpg
広い空間には、背丈を超えるほどの岩がゴロゴロしている。




B171103_140043.jpg
岩から岩へと伝いながら更に奥へと進んでいく。




B171103_140055.jpg
どんどんと奥へ進んでいくが、足下も周囲も本気で危なくなってきた。




B171103_140205.jpg
まだ進める隙間はあるとはいえ、崩れたら怪我じゃ済まなそうな岩が複雑に重なり合っている。




B171103_140224.jpg
足下も、岩が崩れて足でも挟まったら自力で抜け出せなくなるかも知れない。




B171103_140406.jpg
しばらく迷ったあげく、この奥はこれ以上深追いしない事にした。




B171103_140530.jpg
今来た隙間を引き返すべく、戻る準備をする。




B171103_140614.jpg
今来た道を戻るだけとはいえ、気を抜くと岩の隙間に落ちてしまいそうだ。




B171103_140751.jpg
よくこんな所を進んできたと思えるような、超巨大な岩が積み重なっている。




B171103_140938.jpg
入り口付近まで戻ってくると、やっと天井の岩肌が見えてきた。
天井が崩落しないとは限らないので気は抜けないが、ちょっと安心だ。




B171103_141406.jpg
こんな危ない穴、さっさと抜けだそう!!!
そう思いつつ周囲を見渡していると・・・。




B171103_141459.jpg
奥の壁際に何やら階段のような物を見つけた。




B171103_141547.jpg
わお!
これはどこかに続いているぞ!!

先ほどまでの危険な状態を忘れ、引き込まれるように階段を降りてゆく。




B171103_141548.jpg
どんどんと階段を降りていく。
思ったよりも深いところまで続いているようだ。




B171103_141723.jpg
しかし降りきったところはやはり瓦礫だらけの釜の底だった。
ここからはどこにも行けなそうだ。
しかしよく見ると、巨大な岩の横に人がすり抜けられるだけの隙間が・・・。

うん、行っちゃう!?




B171103_142157.jpg
その隙間をガサゴソと抜けていくと・・・。
おお!
更なる広い空間が!!




B171103_142219.jpg
先に広がる広い空間に向かって岩を登っていく。




B171103_142239.jpg
空間自体はとても広いのだが、大きな岩が転がっているのは相変わらずだ。




B171103_142308.jpg
落差に気を付けながら、奥の方まで見に行ってみる。




B171103_142516.jpg
下を覗くとかなりの深さだ。
これは落ちたくないぞ(*´д`*)




B171103_142728.jpg
登ったり渡ったり下ったりしながら進んで行く。
完全にリアルダンジョンなのだが、めぼしいアイテムは何も見つからない。




B171103_142734.jpg
かなり奥の方まで進んできてしまった。
帰り道、道に迷ったら嫌だなあ。




B171103_142807.jpg
そんなことを考えながら更に進んで行くと、大きな窪みを囲む広い空間に出た。




B171103_143412.jpg
窪みの中をのぞき込む。
底には水が溜まっている。
無理すれば降りられそうだが、登れなくなりそうだ。
ロープは持ってきているが、ロープを安定してかけられそうな所が見当たらないので、ここに降りることは断念した。




B171103_143528.jpg
天井にはたくさんのコウモリが身体を休めている。
酸素の心配は無さそうだ。
しかし、これ以上この奥に進むことは、もはや、難しい。
今度こそ本当にここを脱出することにした。




B171103_144205.jpg
再び今来た道を戻り始める。




B171103_144452.jpg
風景が似ていてなんだか迷いそうだ。
たしか、あの上の隙間を越えてきたはず・・・。




B171103_144536.jpg
あ、なんか見覚えのある場所だ。
この先の岩の隙間を抜けたら、階段のあった辺りのはずだ。




B171103_144707.jpg
あった!
あの隙間だ。




B171103_144940.jpg
階段を上がり、天井の低い坑道を進んで行くと、やっと、進入した坑口が見えてきた。

良かった、助かった(*´д`*)




B171103_145639.jpg
安心したのもつかの間、斜面に阻まれる。




B171103_145723.jpg
斜面を登り切ると、石垣がある古道へと戻ることが出来た。
時刻はもう15時に近い。
朝から休み無く潜っているので、おなかぺこぺこだ。

このまま山を下りてしまいたいが、この斜面を降りきるのは難しそうなので、再び石切場内を抜けていくことに。




B171103_152615.jpg
ここを抜けてきた際は、ずいぶん荒れていると思っていたのだが、先ほどの瓦礫の山を見た後だと、もはや余裕の通路だ。




B171103_152631.jpg
のんびりと坑内を歩いていく。




B171103_153022.jpg
そして住宅街付近の坑口から脱出した。




B171103_154755.jpg
一日中、暗く灰色の空間の中にいたため、日に照らされる物全てが色鮮やかに見えてくる。




B171103_155355.jpg
探索の成果があったのか無かったのかは良く分からないが、丸一日山の中をうろうろした一日だった。

今回は時間が無くなってしまったので未探索だが、付近の山には、大きな別の空間も見受けられたので、時間を作ってこちらも見に行ってみたいと思う。

関連記事

[戦跡] 多比地下軍需工場探索~前編  2017-11-08

以前訪れた多比地下軍需工場だが、前回は夜中の訪問だった ため、今回ちゃんと日中に潜って来た。


B171102_215351.jpg
前夜に道の駅伊豆のへそにて車中泊。




B171103_093212.jpg
翌朝合流した空母氏らと共に、多比の海岸近くに車を駐めて早速探索開始だ。




B171103_094649.jpg
住宅地の細い道を上っていく。




B171103_095038.jpg
以前訪れているので、全く迷うこと無く到着。
ここ、多比の軍需地下工場は、石切場を利用した軍需工場だったと言うことだ。




B171103_095734.jpg
早速内部へと進んで行く。
入り口付近は昭和のゴミがたくさん落ちていた。




B171103_095838.jpg
通路には、いつ頃の物だろうか、朽ち果てたトラックが駐まっている。




B171103_100240.jpg
その先をどんどんと進んで行く。




B171103_100710.jpg
地下工場に転用していたためか、内部は大きな崩落も無くとても広い。




B171103_100716.jpg
しかし、軍需地下工場時代の遺構は現れない。




B171103_100726b.jpg
どんどんと奥へ進んでいくと、やがて水没エリアへ。
水深は奥の方で突然深くなっているので、ここはウェーダーでの探索も無理そうだ。
半田の時みたいに ボートを用意しなくちゃダメかな。




B171103_101459.jpg
水没エリアは進めなかったので、違う方向へと向かう。
前回は夜中だったので良く分からなかったが、このように空に向かって石が切られている箇所がいくつも見られた。




B171103_101657.jpg
この辺りも前回訪れた場所だが、一通り回って行く。




B171103_102135.jpg
場所によっては大きな高低差があったりする。
水が溜まっているようだが、水深は浅そうだ。




B171103_102412.jpg
段差には階段が作られたりしている。
こういう構造物はちょっとテンションが上がる。




B171103_104319.jpg
奥へと進んでいくと、とても広い空間に出た。
しかし、軍需地下工場として稼働していたような感じではない。




B171103_104738.jpg
広い空間をうろうろしていると、足下に小さなビンを見つけた。




B171103_105842.jpg
水銀軟膠と書いてある。
帰ってから調べてみたら、どうやら薬のビンのようだ。




B171103_111139.jpg
更に空間を進んで行くと、床がコンクリートで固められた空間が現れた。
しかし、これは軍需地下工場ではなく、戦後のキノコ栽培のものだろう。




B171103_111255.jpg
その先に進んでいくと、柱の上部に高圧碍子が!




B171103_111906.jpg
床面には機械を据え付けていたような跡もあるし、この辺りは軍需地下工場に間違いないだろう。




B171103_112005.jpg
この機械を据え付けていたような跡はしばらく続いた。




B171103_112451.jpg
そして、その先には、石切場の物とは明らかに異なる壕があった。
おそらく地下工場の利便性を上げるために、日本軍が掘削したのだろう。




B171103_112611.jpg
壕の周囲にはたくさんのコウモリがぶら下がっている。
突然の訪問者に驚いたのか、こちらをきょろきょろと見回していた。




B171103_112816.jpg
壕の両脇には排水のための溝も切られている。




B171103_113258.jpg
そして壕を抜けるとその先には光が見えてきた。
どうやら山の反対側に抜けてきたようだ。




B171103_113406.jpg
そこには柵が据え付けられていた。
柵の先は、住宅街のようだ。




B171103_114605.jpg
とりあえずこのエリアは全て回ったようだ。




B171103_115118.jpg
次なる地下工場跡を探しに行くことにし、この壕を出る。




B171103_120103.jpg
住宅地を歩き、山の反対側へと向かう。




B171103_120213.jpg
途中にあった急傾斜地崩壊危険区域の看板。
この看板の 1号標柱方面へと向かっていく。




B171103_120805.jpg
細い路地を登っていくと、道路脇に『渋谷家』の標柱が現れた。




B171103_121136.jpg
その先は舗装も無くなり踏み跡のみの山道となったが、かまわず登っていく。
しばらく山道をガサゴソとしていると・・・。




B171103_121228.jpg
やっぱりあった、別の入り口。




B171103_121322.jpg
早速内部へと進んで行くと、左手に何やら石碑のような物が建てられている。




B171103_121431.jpg
どうやらこの穴は明治の頃に隧道として開削され利用されていたようだ。




B171103_121441.jpg
入り口方向を振り返る。
とてもきれいに石が切られている。




B171103_122851.jpg
内部は多少の崩落はあるものの、それほどの危険は感じられない。




B171103_122915.jpg
途中、大きな縦の裂け目を発見。




B171103_122922.jpg
裂け目は遥か上部まで続いていたが、これは自然の裂け目のようだ。




B171103_123016.jpg
どこまで続いているのか、どんどんと奥へと進んでいく。




B171103_123113.jpg
途中、いくつも高低差があり、水が溜まっている箇所があった。




B171103_123402.jpg
だんだんとガレが酷くなってくる。




B171103_123629.jpg
足下には瓦礫が散乱し、歩きにくい。




B171103_123645.jpg
その瓦礫を乗り越えてどんどんと進んで行くと・・・。




B171103_123726.jpg
その先は激しい水没となっており、行く手を阻まれた。




B171103_123730.jpg
対岸は見えているのだが、深すぎて進めない。
地形図によるとこの先はすぐ山肌で外に抜けているようなので、無理せず反対側からアプローチすることに。




B171103_124709.jpg
今来た道を引き返す。




B171103_125017.jpg
そして、再び外に出て、山をガサゴソする。




B171103_125836.jpg
薮の中をさまよっていると、またまた別の坑口を発見した。




B171103_130502.jpg
かなり埋まっているようだが、十分に入れそうだ。




B171103_130502b.jpg
内部には高さ2m程度の空間が広がっていた。




B171103_130756.jpg
先ほどいたエリアより更に床は荒れている。




B171103_130852.jpg
どこかに抜けていないかと、奥へと進んでいく。




B171103_130859.jpg
なんだかきれいに石積みされているぞ。
いつぐらいの時代の物なんだろう。




B171103_130958.jpg
この空間はどこにも抜けていないのかな。




B171103_131247.jpg
そう思って石の隙間を進んで行くと、外の光が差し込むのを見つけた。




B171103_131257.jpg
ちょっと狭いけど、ここから外へと抜けられそうだ。




B171103_131354.jpg
身体をよじりながら、脱出を試みる。
既に背中も靴の中も砂だらけだ。




B171103_131530.jpg
外に這い出してみると、ここは完全に山の中のようだ。




B171103_132141.jpg
しかし、その周辺を登っていくと・・・。




B171103_132814.jpg
なんと石垣を発見。
これは、まだ何かあるぞ!!




B171103_133203.jpg
当時の石垣に沿って、周囲を調べていく。




B171103_133946.jpg
地図を見ながら辺りを探索するが、何も見つからない。




B171103_134912.jpg
急斜面をずるずると降りていく。
谷の下に、何やら穴のような物が見えたのだ。




B171103_135237.jpg
その谷の奥にはほとんど埋まりかけた坑口が。
なんとか入れそうなので、隙間から内部へと入り込んでみる。




B171103_135653.jpg
内部に空間はあるものの、崩落がすごい。
でも、まだなんとかなりそうだし、行けるところまで行ってみよう。




B171103_135712.jpg
なんだか本格的に崩れてきた。
おいおい、大丈夫なのか!?




B171103_135839.jpg
そろそろ引き返そうかとも思うのだが、まだ空間は続いている。
この隙間の先まではとりあえず進んでみよう・・・。

そして、この先には想像を絶するもの凄い空間が!!!!

後編に続きます
関連記事
次のページ

FC2Ad

まとめ