Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースに温度コントロール可能なシガーソケットを取り付けてみた  2021-04-19

ハイエースに、温度によって自動制御できるシガーソケットを取り付けてみた。
猛暑の時期はハイエース車内の温度を押さえるために、換気扇を回しっぱなしにしているのだが、温度が下がる夜間などは、自動的に止まったら便利だと思ったのだ。


pr210409_224014.jpg
早速 Amazonにて温度制御が可能なコントローラーを購入。
送料込み 1000円ちょいでこんなパーツが買えるとは、良い時代になったもんだ。

適当な LED ランプを取り付け、まずは動作確認。




pr210409_224758.jpg
動作自体は一定の温度をしきい値として、リレーの ON/OFF をするだけの物なのだ。
設定で、しきい値を超えると ON、しきい値を超えると OFF と変えることが出来るのだが、今回は温度が上がったら扇風機が動くようにしたいので、しきい値を超えると ONになるように設定。
温度センサーを手で温めてみると、無事にリレーが ON となり、 LEDが点灯した。




pr210409_225521.jpg
コントローラーには、現在温度としきい値の設定温度が表示されている。




pr210409_225908.jpg
裏側はこんな感じ。
接続端子は、直流 12Vの入力と、リレー端子だけだ。
リレー端子は3極ではなく、前述したように設定で動作を切り替えるようになっている。




pr210411_155121.jpg
このコントローラー自体には電源スイッチが無いので、電源スイッチとシガーソケットを埋め込んだパネルを作ることに。




pr210411_155515.jpg
発泡ボードに穴を開け・・・。




pr210411_161040.jpg
部品を組み込んでいく。




pr210411_164905.jpg
ここまで作った時に、通常のシガーソケットとして使用できるように、連続運転スイッチもあると便利と思い、再度パネルを作り直す。




pr210411_170951.jpg
最後に配線をはんだ付けして出来上がり。
温度により ON/OFF 可能で、連続運転も可能なシガーソケットユニットだ。




pr210411_171204.jpg
通電によりランプが光るUSBソケットを使用して動作確認。
うん、動作に問題はなさそうだ。




pr210411_172457.jpg
と言うことで、取り付け位置を決めていく。




pr210411_172919.jpg
今回の部品は、シガーソケットが大きく後部へ飛び出ているので、裏面のメンバービームを避けないと取り付けが出来ない。




pr210411_173455.jpg
その結果、この位置に固定することにした。




pr210411_174155.jpg
四隅をビス止めして固定完了!




pr210411_220238.jpg
ゆくゆくは、このスペースに取り付けているユニット全てをモジュール化して行きたい。
DIN規格のように、整然と並べられたらかっこよさそうだ。



関連記事

発電機のガソリン漏れの修理  2021-04-16

災害対策のために自宅に装備しているガソリン発電機。
毎月1度はエンジンをかけ、動作チェックをしているのだが・・・。


pr210328_151720.jpg
いつものように発電機のチェックをしようと発電機のエンジンをかける。




pr210328_151728.jpg
すると、発電機から、大量のガソリンが流れ出してきた。
え? え? なんだこれ。
辺りにガソリンの匂いが立ち込める。
こんな状態なのに、エンジンは安定して動いている。




pr210328_151729.jpg
とりあえず、原因を調べるために分解してみる。
基盤にはガソリンはかかっていないようだ。




pr210328_151733.jpg
先月稼働させたときには問題無かったのに、一体、発電機に何が起きたのか。
中華製の格安発電機なので、何が起きても不思議じゃないが、ほとんどテスト運転しかしていない発電機がこんなに簡単にこわれてしまうのか!?




pr210328_151744.jpg
キャブレターの下あたりに大量のガソリンが垂れている。




pr210328_151750.jpg
分解を進めながら調べていくと、遊んでいるホースを発見。
抜けているのかと思い、調べていくと・・・。




pr210328_151757.jpg
なんと、
ガソリンタンクに取り付けてあるグロメット部分から折れて破損していた。
この状態で再度エンジンをかけてみると、エンジンがかかると同時にこのホースからガソリンが漏れ出てくる。
どうやらこのパイプはガソリンのリターンパイプのようだ。




pr210328_151932.jpg
ホース自体、品質に問題があるのだろうが、同じ径のホースのストックが無かったので、とりあえずはグロメット内部にホースを通し、接着して修理することにした。




pr210328_151944.jpg
エンジンの振動と、経年劣化でホースがちぎれたようだが、そもそもこの発電機は試運転以外、ほとんど稼働させていない。




pr210328_152134.jpg
ホースと接着させたグロメットを、ガソリンタンクに取り付けて、再び試運転。
とりあえずはガソリンの漏れも無く、問題なさそうだ。




pr210328_152147.jpg
今回はこれで修理完了としたが、ホース類は品質の良いものに交換したほうが良さそうだ。




pr210328_152920.jpg
エンジンがかかっている状態でいつの間にかガソリンが漏れたりしたら大変なので、このタイミングでガソリン漏れに気が付いたのはラッキーだったのかもしれない。




pr210328_153356.jpg
と言うことで、筐体を元通りに組み立てる。




pr210328_153611.jpg
ちなみにこの発電機、Amazonにて確か 3万円ちょっとで買ったものだ。
定格出力は 700Wしかないが、基本的には災害時にサブバッテリーへの給電用に購入したのでスペック的には問題ない。




pr210328_153616.jpg
しばらくエンジンをかけ様子を見たが、ガソリンが漏れ出す気配はない。
と言うことで、とりあえずは整備終了。

関連記事

[戦跡] 下田プリンスホテルの下の銃眼を見に行ってきた  2021-04-12

静岡県下田にある、下田プリンスホテル。
そのすぐ下の崖に謎の巨大穴が開いているというので早速見に行ってみた。


pr210403_162744.jpg
土曜日の用事を済ませ、早速下田プリンスホテルへと向かう。
先々週も下田周辺の地下壕を探索したのだが、時期を開けずの再訪となった。
きっとホテルに泊まりさえすれば、崖の穴にも簡単に入れるに違いない!




pr210403_175811.jpg
下田プリンスホテルに到着。
デザインがやけにかっこいいな。




pr210404_060145.jpg
ちなみに今回の探索メンバーは、祐実総軍三等兵氏空母欲奈氏と自分の3名だ。
チェックイン後、早速、ホテルの方に崖の穴について聞き込みを開始するが、崖の穴の存在は知っていても、入り方は知らないという。
謎の穴と言っても、見た目はどう見ても日本軍が構築した銃眼だ。
テレビ番組で紹介されていたときは、穴の上部からロープで降下していたが、そんな危険なことをしなくても本来の入り口がどこかにあるはずだ。
夕食を済ませ、部屋で作戦会議をする。
すっかり酔いも回ってきたが、明日は朝から実地調査だ。




pr210404_060237.jpg
翌朝 6時起床。
天気予報では午後から雨予報となっていたが、それほど雲は無く日が差している。




pr210404_070758.jpg
朝食もそこそこに崖の穴を見に行ってみることに。
崖の中腹に、かなり大きい穴が開いているのが見える。




pr210404_070857.jpg
下から見上げてみる。
きれいに彫り込まれているのが見える。
これは間違いなく銃眼だろう。
下から登って銃眼から方室内部に入れそうな気もするな。




pr210404_070858.jpg
しかし、実際銃眼付近まで登った祐実総軍三等兵氏によると、銃眼からの進入は難しいとのこと。




pr210404_070910.jpg
そこで岬を回りこんで崖の裏側を見に行こうとしたのだが、潮が満ちておりちょっと危なそうな感じ。




pr210404_071023.jpg
上に登ろうにも、かなりの崖で、こちら側から攻めるのは不可能と判断。
一度ホテルの部屋に戻り、今後の作戦を練る。
調べてみると、もう少しで潮が引き始める時間だということが分かったので、ホテルをチェックアウトした後、裏手から回りこむことにした。




pr210404_085058.jpg
本来の入り口の位置を、銃眼がある崖の裏手の斜面と想定し、入り江の斜面を3人で手分けして探していく。
少しずつ高度を上げながら辺りを探していると、空母氏より壕口発見の一報が!!




pr210404_085410.jpg
早速発見した壕口の内部へと入り込む。
草葉に覆われ秘匿され、下方からはほとんど存在が確認できないが、上半分くらいは埋もれずに残されていた。
場所から判断しても、間違いなく銃眼へと向かう壕口だろう。




pr210404_085449.jpg
坑道には砂が堆積し、高さがあまりない。
腰を屈めて奥へと進んでいく。




pr210404_085535.jpg
坑道の左手に、倉庫のような窪みがあった。
窪みを過ぎ、奥へと進んでいくと坑道は右手へと折れている。




pr210404_085540.jpg
右手に折れると、更に奥へと坑道は続いている。




pr210404_085549.jpg
左手にはまた、部屋状の窪みが設けられている。




pr210404_085557.jpg
そのまま奥へと進んでいくと、前方に光が見えてきた。
どうやらあそこが砲室らしい。




pr210404_085619.jpg
方室へ向かう途中、今度は右手に部屋状の掘り込みがあった。
その掘り込みを過ぎ、砲室のすぐ前まで来た。
銃眼が大きいせいか、ふんだんに光が注ぎ込まれている。




pr210404_085635.jpg
砲室へと入り込む。
きれいに掘り込まれた砲室は大きな崩落やゴミもなくかなり良い状態だ。




pr210404_090035.jpg
銃眼部分の厚みは、1mを優に超えている。
今まで自分が見てきた銃眼の中でもこれだけ巨大なものは無い。




pr210404_090121.jpg
銃眼の先は白浜海岸へと向いている。
大戦中の米軍の上陸に備えていたのだろう。




pr210404_091240.jpg
以前よりこの壕へのアタックを模索してきた空母氏が感慨に耽っている。




pr210404_091243.jpg
ちなみに、銃眼から自撮り棒を伸ばして撮影したのがこの写真。
下から見上げていたときはなんとか入り込めそうに見えた銃眼だが、こうやって見てみると、全く不可能と言うことが分かる。
うん、無理しなくてよかった。




pr210404_091509.jpg
今度は壕内を調べてみる。
砲室には、明かり置きだろうか、小さな掘り込みがある。




pr210404_091510.jpg
そして、砲室入り口の壁面には謎の掘り込みが。




pr210404_091747.jpg
戦後のいたずらだとは思うが、壁面の岩盤を削って丁寧に掘り込まれている。
道具なしで簡単に掘れる地質では無さそうなので、もしかしたら掘削当時の物!?
とも思ったが、まさかね。




pr210404_092235.jpg
それほど規模の大きい壕でもないのだが、1時間近く内部を探索した。
名残惜しいが、そろそろ撤収することに。




pr210404_092600.jpg
砲室を出て、入ってきた壕口方向へと進み始める。




pr210404_092601.jpg
ちなみに坑道の横に拡張され構築されている倉庫のような部屋だが、大きさは異なるが 3つとも同じような作りだった。




pr210404_093916.jpg
壕口から外に這い出てきた。




pr210404_094425.jpg
その後、入江周辺の崖を調べたが、他にめぼしいものは見つけられなかった。




pr210404_161913.jpg
と言うことで、プリンスホテルに泊まらないと行くことが出来ないと思われていたこの壕だが、山越えをすればたどり着くことが出来ることが分かったので、是非ともまた再訪してみたいと思っている。

ちなみに今回のこの壕だが、江ノ島近くにある小動岬の銃眼と似ていた。
銃眼の形はこちらのほうが数段上だが、坑道や砲室の規模的には同程度だと思う。


関連記事
次のページ