Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[散歩] 江ノ島あたりをぶらぶらとしてきた  2017-02-12

江ノ島周辺にはたくさんの地下壕がある。
いくつかの地下壕には以前潜ってみたのだが、他にもたくさんの壕があるというので徒歩でぶらぶらと巡ってみた。
ちなみに今回のレポは、ホントにぶらぶらと巡るだけです。


_161030_094821.jpg
スタート地点は江ノ島から東へ 4キロメートルの所にある稲村ヶ崎。
ここには有名な洞窟がある。




_161030_095655.jpg
岩場を乗り越え、入り口までやってきた。
ここから砂浜に降りれば簡単に中に入ることが出来る。
しかしこの日の岩場は水分を含みつるつるだ。
ロープが無いと無事に戻れなそうなので、今回はここまででやめておいた。

内部の様子は、以前レポートした 記事にてどーぞ。




_161030_100138.jpg
ちなみにこの場所まで来ると、海側の崖に構築された銃眼が目の前に見える。




_161030_100429.jpg
ちなみに、前回来たときは簡単に来れた気がしたのだが、今回は岩に水分がかかっているせいか、非常に苦労した。




_161030_100620.jpg
ちみなに山側からのアプローチは、高い崖に囲まれているため、ちょっと難しい。




_161030_101001.jpg
と言うことで、同行した O氏と共に、つるつると滑りながら戻ってきた。




_161030_105105.jpg
ここから、江ノ電の線路に沿って、江ノ島方面に向かっていく。




_161030_105237.jpg
このあたりにある家は、江ノ電の線路を越えて自宅に入るという面白い作りだ。
引っ越しとか大変そうだな。




_161030_112047.jpg
その先の踏切には、大勢の観光客が写真を撮っていた。
どうやら、この踏切がアニメの有名なシーンに使われているらしい。




_161030_112942.jpg
江ノ電の線路が海沿いに出たので、それに沿って海沿いを歩いて行く。
振り返ると、出発した稲村ヶ崎は、もう随分小さくなっていた。




_161030_113807.jpg
しばらく歩いて行くと、線路脇の住宅奥に壕口を発見。
入ってみたいけど、完全に個人宅の敷地内だ。




_161030_114208.jpg
どこかに他の入り口は無いかと、周辺を歩いてみる。




_161030_114239.jpg
大きな穴が開いているようだが、こちらにも行く術が無い。




_161030_114623.jpg
場所的には戦時中に日本軍の陣地が作られていてもおかしくない場所だ。
他にも何か痕跡があるかも知れない。




_161030_114917.jpg
江ノ電の線路まで戻ると、線路脇に何やら穴が。




_161030_114953.jpg
あ、あそこにもある。
見に行きたかったのだが、日中は人目も気になるし、とりあえずはパス。
自宅から 30分程度で来られるし、今度夜中に潜りに行ってみよう。




_161030_115327.jpg
その後、江ノ電の線路は少し内陸に入っていく。
線路の向こうに小高い山が見えている。
なんだか、穴の気配がしたので、ちょっと行ってみる。




_161030_115515.jpg
登っていくと、予想通り穴はあった。
しかし、霊園へと続く交通壕だった。




_161030_115637.jpg
坑口の右側に祠が祀られていたが、なんだか形が銃眼みたいだった。
ま、よく見たら違ったんだけど。




_161030_120818.jpg
線路まで戻ってきた。
ここは腰越駅だ。




_161030_121531.jpg
もう少し歩くと、以前レポートした龍口寺。
江ノ島ももうすぐだ。




_161030_122454.jpg
せっかくなので、龍口寺にも寄ってみた。




_161030_123048.jpg
ここには、いくつかの地下壕が残されている。
江ノ島側の小規模壕に入ってみた。




_161030_124513.jpg
壕床にはトロッコの枕木跡が僅かに残されている。

奥は 100mも行かずに閉塞だ。
気になる人は、以前の記事 をどーぞ。




_161030_130711.jpg
ちなみに、ここ龍口寺の裏手には、かなり大きな規模の地下壕もある。
こちらも、以前記事にしている ので、興味のある方は是非。




_161030_132010.jpg
海沿いから砂浜へと降り、江ノ島へと向かう。




_161030_135322.jpg
橋を渡り、江ノ島にから腰越方面を見ていると、 腰越の小動(こゆるぎ)岬の岩肌に、なにやら穴のような物が開いている のが見えた。




_161030_151759.jpg
ちゃんと確認するために、岬まで行ってみる。
うん、完全に穴が開いている。




_161030_151807.jpg
しかも、あんな場所に開いているにもかかわらず、立入禁止と書いてある。
もしかして下からよじ登れる場所なのかな!?




_161030_152053.jpg
岬周辺の岩肌を調べながら歩いて行く。
倉庫の裏手にも何やら穴が。
登ってみたかったが、はしごも置いてあるし、何か作業中のようだ。




_161030_152209.jpg
工場の敷地内の岩肌に、壕口を発見。
柵のような物で塞いであるけど、進入は簡単そうだ。
ま、今日は入らないけど。




_161030_152825.jpg
岬の周辺を回った後、岬の上へと登っていく。
岬には、小動神社という大きな神社があった。
その神社のトイレの裏手に、どう見ても完全にアヤシイ鉄板が。




_161030_152834.jpg
ちょっとめくってみると、やっぱりあった壕口。
塞いであると言うことは、それなりの規模の地下壕があるという事だろうか。
ここは次回、ちゃんと調べてみることにする。




_161030_153609.jpg
ここ、小動神社には、日露戦勝記念碑なるものが。
こんな所に、こんなものがあるって、初めて知った。




_161030_153720.jpg
すぐ近くには、巨大な亀が。




_161030_153741.jpg
こいつは、海の守り神かな。




_161030_154344.jpg
小動神社から更に岬の最上部へと登っていくと、開けた広場に何やら穴が開いている。




_161030_154425.jpg
近づいてみると、これはただの彫り込みだった。
明治39年と書いてあるけど、祠の跡なのかな。




_161030_154552.jpg
そして、広場の一角に、そこだけブロックが積んである不自然な場所が。
どう見ても、壕口を塞いでる。
近づいてみると、やはり大きな壕口のようだ。
ここには以前住宅が建っていたようで、住宅の裏手の穴を塞いでいたようだ。
掘れば入れそうだったが、別の壕口もきっとあるはずだ。

同じ高さに沿って辺りを調べていくと、とある住宅の裏庭に巨大な壕口を発見。
本日はぶらぶらするだけなので、場所をしっかりチェックするだけにする。
ちなみに、位置や高さを考えると、この壕口が、岬の崖に抜ける地下壕と繋がっているのだと思う。



_161030_154627.jpg
岬の上部には、他にもアヤシイ石組みが。
この感じ、民間の物では無いような予感が・・・。




_161030_154925.jpg
遊歩道のようになっていたので、進んで行ったのだが、先は何も無く行き止まりとなっていた。




_161030_155302.jpg
しかし、その周辺にも、何やら石組みがたくさん見えていた。
砲台の遺構なのかは分からないが、大谷石が丁寧に積まれている。




_161030_160606.jpg
その後も周辺を歩いてみたが、小動岬でそれ以上の発見は無かった。
まあでも、いくつかの壕口を見つけることが出来たので、これらは次回、潜ってみることにした。

そして、日没も近づいてきたので、車を駐めてある稲村ヶ崎へ戻ることにした。




_161030_164722.jpg
と言うことで、今回はホントに、ぶらぶらしただけの散歩の記事でした(*´w`*)


関連記事

コメント

こうやってみるとそれぞれ面白い位置から壕が顔を覗かせているもんですね。
小動岬の立入禁止看板の壕がシュールでなんだか好きです 笑
何の用途の壕なんでしょうね。

  • 2017/02/12(日) 23:42:34 |
  • URL |
  • ずんだ #dvUYBDnY
  • [ 編集 ]

>> ずんだ さん

完全に崖の中腹に見えるんですが、周囲の草の生え方からすると、近くまで行けるような気がしますが、どうなんだろ。
なんとか近くまで行ってみようと頑張ってみたのですが、上部からのアクセスは無理そうでした。
次回訪問の際には、干潮時を狙って海側からも行ってみようかと(*´w`*)

  • 2017/02/12(日) 23:48:20 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

江ノ島なんてもう壕を掘ってちょうだい!と言わんばかりの立地ですからねー。あって当たり前なんでしょうけど、なかなか一般人は気がつかないもので。一年に一度は行くのになぁ。

  • 2017/02/13(月) 20:17:45 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

>> Kei さん

線路に沿ってぶらぶらと歩いているだけでも、かなりの数の穴を発見できました。
きっと、他にももっとたくさんの壕があるはずですよね(*´д`*)

  • 2017/02/13(月) 23:01:10 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

ぶらぶら

ぶらぶら歩くというのは非常に楽しいですね。車で通リ過ぎてしまう場所にも駐車スペースを気にせずどんどん歩いていける。
そんなぶらぶら戦跡巡りが非常によく合う江の島周辺散策でしたね。お世話になりました!楽しかったですね!また行きましょう。

  • 2017/02/20(月) 15:13:35 |
  • URL |
  • EVNARA #-
  • [ 編集 ]

>> EVNARA さん

うん、こちらこそ、是非また探索行きましょう!
潜らなかった穴も、近いうちに調べに行こうと思っていますので、ご期待を(*^_^*)

  • 2017/02/20(月) 15:41:10 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

おぉ、小動神社にも壕口あったんですね、気づきませんでした。

私も近くに住んでいるので機会があればご一緒させて頂ければ幸いです。

  • 2017/02/28(火) 23:29:28 |
  • URL |
  • すじやま #-
  • [ 編集 ]

>> すじやま さん

おお、ご近所さんなんですね(='ω')ノ
では小動岬の探索の際は、是非是非ご一緒しましょう\(^_^)/
Facebookとかツイッターで繋がってる方ですか!?
連絡させていただきますよー(='ω')ノ

  • 2017/02/28(火) 23:54:55 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

お返事ありがとうございます。
ぜひぜひお願いします!

特にSNSで繋がってないです!
TwitterのID書きますのでフォローお願いします(-_-)

@deermandom0314

  • 2017/03/01(水) 00:01:26 |
  • URL |
  • すじやま #-
  • [ 編集 ]

おっけー、了解です。
フォローしましたよ(*´w`*)

  • 2017/03/01(水) 00:18:07 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/367-cc89d2c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ