Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

逗子周辺をうろうろとしてきた  2017-05-08

神奈川県の逗子市周辺に、穴がたくさんあるというので見に行ってみた。


_170312_120816.jpg
駐車場に車を停め、穴があるという場所へと向かう。




_170312_120816a.jpg
逗子市と鎌倉市の境界にある緩やかな坂道を登っていくとトンネルが見えてきた。




_170312_120816b.jpg
トンネル手前のロックシェッド部分の隙間から崖を覗いてみると・・・。




_170312_120816c.jpg
こんなところに大きな穴が口を開けている。
奥まで見ることが出来ないのが、とっても歯がゆい。
奥はどうなっているんだろう。




_170312_121738.jpg
崖側には落石防止ネットが隙間なく張られているため、道路からの進入は無理そうだ。
ちょっと、ロックシェッドの上を見に行ってみる。
あ、ネットに切れ目がある!




_170312_121854.jpg
何とかロックシェッドの上まで這い上がる。




_170312_121854b.jpg
そして、落石防止ネットの隙間からネットの内側へと潜り込む。




_170312_121945.jpg
これで、ロックシェッドと崖の間へと降りられそうだ。
ずるずると下に向かって降りていく。
かなり落差があるが、ネットがあるので戻れなくなることは無いだろう。




_170312_122040.jpg
そして、壕口の前へとたどり着いた。




_170312_122112.jpg
しかし、かなり大きな壕口にも関わらず、大量の落石と崩落により、完全に入口は塞がれてしまっていた。




_170312_122134.jpg
ロックシェッドの内部より壕口を覗いた際、大量の落石を見て、なんとなく嫌な予感はしたが、やっぱり塞がっていたか・・・。




_170312_122222.jpg
金網をよじ登り、戻ることに。




_170312_122235.jpg
つるつる滑って、思いのほか苦労する。




_170312_122235b.jpg
なんとか上部まで戻ってきた。




_170312_122251.jpg
あとは、この隙間から体をひねり出すだけだ。




_170312_122337.jpg
という事で、無事脱出。




_170312_123119.jpg
それにしても、道路側面の金網の中は、既に落石でいっぱいだ。
これ、そろそろやばいんじゃないか・・・。




_170312_123135.jpg
と思ったら、修正作業の真っ最中だったようだ。




_170312_123655.jpg
周辺をもう少し探索してみようと、小坪トンネルの側面を上がっていく。
心霊スポットとして有名な小坪隧道であるが、普通に生活道路として使われている。




_170312_123808.jpg
下に見えるのは国道134号だ。
道路を掘り下げているのか、長い掘り割りとなっている。




_170312_123839.jpg
そのまま上へと登っていくと、住吉隧道という小さなトンネルが現れた。
昔反対側から来た際 はこちら側まで来なかったが、ここにつながっていたのか。




_170312_124133.jpg
狭い住吉隧道をくぐり抜け、海側へと移動した。
一旦下ったあと、昔の記憶を頼りに、階段を登っていく。
せっかくなので、小坪のゲジ穴も見ていくことにしたのだ。




_170312_124148.jpg
ゲジ穴に向かう途中の山肌にも、いくつもの穴が。
以前は全く気が付かなっ方が、けっこうたくさん開いている。
まあ、どれも浅いものばかりだったけど。




_170312_124309.jpg
明らかに人為的に地形を変えられている場所もあるようだが、こんな山頂付近で何をしていたんだろう。




_170312_124443.jpg
ゲジ穴の入口に到着。




_170312_124501.jpg
早速内部へと進入していく。




_170312_124638.jpg
この隧道は、付近の住民が利便性を図るために掘削したそうだ。
しかし、両側から掘り進めた際に測量ミスで位置が狂い、無理矢理につなげたために中心部が結び目のようにいびつな形状となっている。
写真じゃちょっと分りにくいけど。




_170312_124714.jpg
ちなみに現在ゲジ穴の奥はしっかりと塞がれている。




_170312_124745.jpg
GoogleMapで見てみると、この裏手は高級住宅地となっているようだ。




_170312_124941.jpg
結び目のような接合部を抜け…。




_170312_125008.jpg
ゲジ穴を後にする。




_170312_141149.jpg
新たな発見も全くないので、逗子市の郷土資料館近くにある蘆花公園へと移動してきた。




_170312_141653.jpg
公園周辺の斜面にはいくつもの穴が開いている。
その一つへと入ってみる。




_170312_141727.jpg
内部は立って歩ける程度の高さはある。




_170312_141840.jpg
地層が脆いようで、壕口付近は崩落がすごい。




_170312_141854.jpg
結構な規模があるようで、奥へと坑道が続いている。




_170312_141923.jpg
どんどんと奥へと進んで行く。
壕口付近は碁盤の目に掘られていたが、このあたりは洞窟陣地のように一本道だ。




_170312_142130.jpg
途中にある分岐を調べながら、奥へと進んで行くと・・・。




_170312_142149.jpg
壁面に碍子が残されているのを発見!!
この壕は、掘り方からして日本軍の物だと思うのだが、実際に稼働していたのだろうか。




_170312_142228.jpg
更に進んで行くと、今度は階段を発見。
掘削の高低差を吸収しているだけの階段のようだが、やはり階段のある壕は興奮する。




_170312_142310.jpg
長い坑道をどんどんと歩いていく。




_170312_142413.jpg
やがて、壕口が見えてきた。
何度もくねくねと曲がってきたが、どうやら山の反対側の斜面に続いているようだ。




_170312_142521.jpg
壕口から外に出て周囲を見渡すと、大きな木の上方に梯子のようなものが見えている。




_170312_142850.jpg
とりあえず梯子の所まで行ってみよう。




_170312_143113.jpg
梯子を足掛かりに、結構な高低差がある斜面を登っていくと・・・。




_170312_143438.jpg
尾根道に作られた遊歩道のような場所へとたどり着いた。
すぐ横には急な階段があり、階段を下りて行けば、先ほどの壕口までぐるっと行けることが判明。
壕口も塞がれていないし、ここはまたゆっくり調べに来よう。




_170312_143932.jpg
ということで、時間が押していた関係でゆっくりは回れてはいないのだが、逗子周辺は自宅から近いので、また調べに行きたいと思う。

[戦跡] 小動岬の謎の穴  2017-03-23

以前江ノ島に行った際に、小動岬(こゆるぎみさき)方向を眺めていたら、なにやら岬の崖に穴が開いているのを見つけた。


_161030_151759.jpg
この写真の中央に写っている穴がその穴だ。




_161030_151804.jpg
切り立った崖の中腹に開けられているその穴。
柵が取り付けられており、なにやら看板も見えている。




_161030_151807.jpg
デジカメで寄ってみると・・・。
なんと立入禁止と書いてある。
あんな場所に行く人なんてそうそういないだろうに、わざわざあんな看板を取り付けているとは。

行けなそうな場所にあるので、気になって仕方が無い。
発見から数ヶ月後、あの穴を調べに行くことにした。




_170312_081626.jpg
早朝から江ノ島へと車を走らせる。




_170312_082127.jpg
小動岬の裏手にやってきた。
さて、どこら辺から攻めていこうか。




_170312_092837.jpg
現地で待ち合わせた yakumo氏と、すじ氏と共に、まずは崖下へと進んでみる。
ロープを垂らし、3m程の堤防を乗り越える。




_170312_093002.jpg
崖の中腹に開いているこの穴。
下からも行けそうな雰囲気に見えたのだが・・・。




_170312_093350.jpg
ものすごい薮に阻まれ、なかなか難易度は高そうだ。




_170312_093414.jpg
突入できそうな薮の切れ目を探し・・・。




_170312_093520.jpg
頭から薮へと突入する。




_170312_093601.jpg
しかし、この先は断崖となっており、これ以上進むことは出来なかった。




_170312_093603.jpg
この壁の向こう側には穴があるはずなのだが、ここからのアプローチは難しそうだ。




_170312_093622.jpg
別の作戦を考えよう・・・。
ふと海上に目を向けると、そこには大量の消波ブロックが!!




_170312_093628.jpg
おおおっ、こんな所に株式会社三柱の、三柱ブロック が!!
消波ブロックで興奮したのは、親不知、子不知探索 以来だ。
まさかこんな所で出会えるとは・・・(*´д`*)

あの上に登りたい・・・。 ← 病気




_170312_094136.jpg
気を取り直して、探索を続ける。
別の方角から薮への突入を試みる。
yakumo氏が果敢に攻めるも、穴までは 2m以上の段差があり、崖側からの進入は無理と判断。




_170312_094739.jpg
裏側からの進入口を探すために、今度は岬に登ってみることにした。
再び防波堤を越えるために海岸を戻っていく。




_170312_094845.jpg
ロープを垂らしておいたのものの、足場のない防波堤はなかなか手強く、乗り越えるのに手間取ってしまった。




_170312_095828.jpg
その後早速岬へと登り、小動神社周辺を調べ始める。
廃屋の裏手になにやら怪しいスロープを発見。
これは旧軍が構築したものか!?




_170312_100149.jpg
スロープを上り山に分け入ると、石柱を発見。
しかし、どの面にも文字は見当たらない。




_170312_100320.jpg
奥はもの凄い崖となっており、ここからはどこへも行けなそうな感じだ。




_170312_100846.jpg
スロープの近くで大きめの壕口を見つけたので、奥を調べに行ってみる。
隙間から奥へと進むことが可能だったが、曲がった後しばらく行って行き止まり。
残念ながら、崖に開口した壕とは別物のようだ。




_170312_100908.jpg
今度は小動神社の上の方を攻めてみることに。




_170312_102649.jpg
崖から身を乗り出すと、崖の中腹に穴が見えている。
うーん。
高さ的にも、このあたりにはあそこにつながっている壕は無さそうだ。




_170312_102656.jpg
これだけ壕口がはっきり見えているのに入れないのは、とっても歯がゆい・・・。




_170312_103657.jpg
今度は住宅地方面の岩肌を調べてみる。
すると、とある住宅の裏手になにやら大きな開口部が見える。
大きさや形的にはやぐらのようにも見えるが、とりあえず見に行ってみよう。




_170312_104055.jpg
広い開口部から中に入ると、そこはまさにやぐらだった。
しかし、その奥に、見覚えのある看板が。
うん、崖側にかかっていた立入禁止の看板と色もフォントもそっくりだ。
これはきっと、あの崖に繋がっているに違いない。




_170312_104806.jpg
早速奥へと進んでいく。
高さは頭ギリギリくらいで、ちょっと腰をかがめて歩かないと頭をぶつけそうだ。




_170312_104821.jpg
壕床の一部は水没していたが、一番ひどいところでもこの程度。
ちょっとぐちゃぐちゃしているが、長靴も必要ない感じだった。




_170312_104846.jpg
日本軍によって第二次大戦中に掘られたと思われるこの穴は、くねくねと曲がりながら掘られている。
どんどんと奥へと進んでいく。




_170312_104916.jpg
何度も曲がるので、だんだんと方向感覚がおかしくなってくる。
うーん、今どっちの方角に歩いているんだろう。




_170312_104940.jpg
それほど複雑な分岐があるわけでもないのに、迷っている感が味わえる。




_170312_105000.jpg
分岐があったので奥へとどんどん進んで行く・・・。




_170312_105012.jpg
このあたりは時期によっては完全に水没している感じだ。
空気もちょっと澱んできた。




_170312_105117.jpg
ここは抜け穴だったのだろうか。
外から埋め戻されているようで隙間は全く無い。
くねくね曲がって歩いてきたので、開口していた場所も特定できなかった。




_170312_105138.jpg
分岐まで戻り始める。




_170312_105246.jpg
坑道の一部が拡幅されている箇所がある。
棲息部なのか、資材置き場だったのか。




_170312_105339.jpg
先ほどとは違う坑道をどんどんと進んで行くと・・・。




_170312_105348.jpg
前方に明かりが見えてきた。
うん、これは間違いないな。




_170312_105428b.jpg
前方に見えるあの柵と看板。
崖の中腹にあった謎の穴に間違いない!!!




_170312_105511.jpg
柵の側までやってきた。
柵はしっかりとアンカーが打たれて固定されていた。
これは崖側から来ても、入れそうもない。




_170312_105511b.jpg
ちなみに頂き物のこの写真は 10年以上前の物だ。
この頃は柵もなく、この壕口からの脱出も可能だったようだ。
海上には江ノ島が見えている。




_170312_105541.jpg
柵の外側から写真を撮ってみる。
たしかに看板には立入禁止の文字が。




_170312_110157.jpg
と言うことで、小動岬に見えていた謎の穴だが、無事に内部まで来ることが出来た。
まあ、謎と言ってもこの穴は日本軍が構築した洞窟砲台なのだろう。
砲室内部も非常に丁寧に彫り込まれている。




_170312_110226.jpg
目的を果たしたので外部へと戻ることに。
砲室から外部へは出られないので、再び坑道を辿り進入口へと向かう。




_170312_110441.jpg
しかしこの壕は崩落も無く非常に状態が良い。
なんだか観光資源にもなりそうな気もするが、こうやって、謎のままぽっかり穴を開けているのも良いのかな。

[戦跡] 黒崎第一洞窟砲台に行ってきた  2017-03-14

神奈川県の三浦半島にある黒崎の鼻。
三戸浜北洞窟陣地に潜った後、その奥にあるという、黒崎第一洞窟砲台を見に行ってみた。
この薮の中にコンクリートの遺構が眠っているという。


_170226_152732.jpg
海岸線を黒崎の鼻に向かって歩いて行く。
右手の丘の中腹に、その遺構は眠っているはずなのだが・・・。




_170226_152835.jpg
中腹に目をこらすと、コンクリートで巻かれた何かが見える!!




_170226_153008.jpg
山肌に近づいてみると、思った以上にひどい薮が。
とりあえず、方向を定め、薮へと突入する。




_170226_153657.jpg
薮を抜けると目の前に砲室が。
コンクリートで巻かれた砲室は、崩落も無く非常に良い状態で残されている。
砲室の奥へと行ってみることに。




_170226_153709.jpg
内部には陽が差し込んでいるが、ちょっと不気味な感じだ。
それでは早速入ってみよう。




_170226_154017.jpg
入ってすぐ左手にはコンクリートの部屋が。




_170226_154046.jpg
中を見てみると・・・。




_170226_154108.jpg
コンクリートで巻かれた小部屋となっている。
弾薬を保管していたのだろうか。




_170226_154129.jpg
コンクリート巻きの部屋を出て奥へと進む。
ふと、左手から視線を感じる。




_170226_154142.jpg
陽の届かない暗闇を懐中電灯で照らしてみると、そこには銃眼が開いていた。
自分が敵兵なら、今頃撃たれていたことだろう。




_170226_154348.jpg
奥へ進むと細い通路が続いている。
銃眼部分に行けるようだ。




_170226_154351.jpg
どんどんと奥へと進んでいく・・・。




_170226_154357.jpg
だんだんと狭くなる通路を腰をかがめて進んで行く。
すると・・・。




_170226_154410.jpg
先ほどの銃眼の裏側にたどりついた。




_170226_154420.jpg
壁の厚みはかなり薄い。
彫り込みだけで上手く作ってあるもんだ。




_170226_154440.jpg
銃眼から入り口方向を見ていると、敵兵を待ち構える狙撃手の気分になってくる。




_170226_154822.jpg
再び入り口付近まで戻ってきた。
今度は右手に伸びる通路へと進んでみる。
左手には先ほどと似たようなコンクリートの小部屋が。




_170226_154845.jpg
中を覗いてみると・・・。




_170226_154853.jpg
奥の壁にはまたまた銃眼が。
先ほどの銃眼からの狙撃を逃れたとしても、ここで撃たれて死亡みたいな・・・。




_170226_154944.jpg
細い通路を進み、コンクリートの裏側に回ってみる。
しかしなんというトラップの多い壕なんだ。




_170226_155156.jpg
再び入り口付近まで戻り、今度は連絡通路のような坑道を進んで行く。
ここにも崩落は見られない。




_170226_155337.jpg
途中、海の方向へと進む分岐があったので行ってみると・・・。




_170226_155346.jpg
海側に開口しているようだ。




_170226_155403.jpg
ここが正規の出入り口なのだろうが、薮に覆われて外からは全く見えなくなっている。




_170226_155447.jpg
再び壕内へと戻っていく。




_170226_155456.jpg
まだまだ奥へ進むことが出来るようだ。




_170226_155515.jpg
やがて、前方に陽が差し込んでいるのが見えてきた。
左手にはまたまたコンクリートの小部屋が。

うん、知ってる。
また銃眼から俺を撃とうとしてるんでしょ(`・ω・´)




_170226_155533.jpg
しかし、この部屋はコンクリートで巻かれているただの小部屋だった。




_170226_155616.jpg
すぐ奥にも再びコンクリートの部屋が。




_170226_155633.jpg
このあたりはコンクリートをふんだんに使用して構築されている。




_170226_155648.jpg
素掘りの壕も好きだけど、コンクリートで固められたこういうのも、なかなかいいもんだ。




_170226_155659.jpg
真っ暗な通路を抜けると・・・。




_170226_155719.jpg
そこは砲室となっていた。
砲室の正面の木が西日を浴びて、コンクリートに影を作っている。




_170226_155730.jpg
左手が今出てきた通路。
そして右手が砲室後方の部屋だ。




_170226_155731.jpg
砲室後方の部屋の床には大きな瓦礫が積み重なっている。




_170226_155742.jpg
天井部分を照らしてみると、どうやら天井部分の岩盤が剥がれ落ちているようだ。




_170226_155811.jpg
この部屋の内部はコンクリートが巻かれていなかった。




_170226_155837.jpg
砲室前部より奥を見るとこんな感じだ。
電気配線を据え付けていた跡がたくさん残されている。




_170226_155957.jpg
砲室奥の床面にはスリットが入れられている。
こんな作りになっているのは初めて見たが、滑り止めのためだろうか。




_170226_160258.jpg
パノラマで見てみると、スリットが砲室後方部分だけというのが分かる。




_170226_161130.jpg
それにしても、ここまでコンクリートをふんだんに使ってある遺構が、これほど良い状態で残されているのはかなり貴重なのではないかな。
薮の奥にあるせいか、目の前の海岸線を歩く人からも発見されることもなく、ずっとこの場所に眠っている。




_170226_161442.jpg
十分に満喫したので、そろそろ戻ることに。
このままこの砲室から薮を漕いでも良かったのだが、せっかくなのでまた暗闇へと潜っていく。




_170226_162820.jpg
そして、入ってきた砲室から再び濃い薮へと進んで行く。




_170226_163113.jpg
突入部分まで戻ってきた。
冬のこの時期でも 2m近い薮に覆われているので、ここへ訪れる人は少ないのかも知れない。
ちなみに、この写真の上の方にコンクリートが写っているが、この部分が最初の砲室だ。




_170226_163428.jpg
ということで、今回の黒崎第一洞窟砲台探索は終了です。
ちなみに、第一があるということは、第二も!?
うん、すぐ隣の薮の中に黒崎第二洞窟砲台もありますが、今回は探索してません。
こちらは一時期、内部を改装して個人の別荘として使われていたので、内部が凄いことになってます(^_^;
興味のある方は、探索仲間の空母氏がちょっと前に潜っているので、そちらの記事 をどーぞ(*´w`*)

次のページ

FC2Ad

まとめ