Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 久しぶりに比与宇地下壕に潜ってみた  2018-03-06

田浦駅近くの地下壕へ潜った 後、今度は久しぶりに比与宇地下壕へと潜ってみた。


h180224_195731.jpg
JR田浦駅を過ぎ、長浦にある比与宇地下壕へと向かって歩いていく。




h180224_201012.jpg
そして、山肌付近ををガサゴソガサゴソして・・・。




h180224_201431.jpg
久しぶりの比与宇地下壕へ。
ここに潜るのは、2009年に潜って 以来だ。




h180224_201715.jpg
内部は盛大に崩れているが、以前からこのエリアは崩落が多かったエリアだ。




h180224_202323.jpg
崩落を乗り越えて奥へと進んで行く。
高さは2m程度、横幅は4m程度もある大きな坑道だ。
壁際には当時の物だろうか、大きなビンが大量に積み重ねられている。




h180224_203121.jpg
進んで行くと、コンクリートで施工された跡が残る坑道を発見。




h180224_203128.jpg
その先には、扉を取り付けてあったような跡が。




h180224_203709.jpg
そして特徴的な掘り込みのある坑道もあった。




h180224_204408.jpg
そして、この壕にはかなり立派なコンクリート巻きの部屋がある。
コンクリートの質も、なかなかのもんだ。




h180224_204409.jpg
でも、コンクリートで巻かれているのは、この部屋の周辺のみで、他は基本的に素掘りの状態が続く。




h180224_204627.jpg
コンクリートで巻かれているエリアから、更に奥へと進んで行く。、




h180224_204847.jpg
以前入った時も湿度は高かったが、壕口がほとんど埋められた現在は更に湿度が上がっているようだ。
真っ暗な壕内を懐中電灯の明かりを頼りに進む。
すると、床一面に大きな皿が大量に散乱していた。




h180224_205014.jpg
皿には海軍のマークがついている。
当時の物に間違いは無さそうだ。
ホーロー製の海軍食器は、様々な地下壕で目にする。
しかし、陶器製は珍しい。
という事は、かなり位の高い者がここにいたのだろうか。




h180224_205015.jpg
その近くには、もう少し小さめの食器が散らばっている場所もある。




h180224_205305.jpg
こちらも全て陶器製の海軍食器であった。




h180224_205307.jpg
まだまだ奥に行けそうなので、その先もどんどんと進んで行く。




h180224_210006.jpg
崩落した土砂の上を乗り越えて行くと・・・。




h180224_210256.jpg
コンクリートブロックで塞がれた壕口が。




h180224_210256b.jpg
ここは、隣接する比与宇トンネルの内部にある、塞がれた壕口だ。
比与宇トンネル内部にはこのような壕口がいくつもある。




h180224_210256c.jpg
この写真は 2009年に撮影したものだが、当時はまだトンネル内に『軌道終端』の標識が遺されていた。
戦中はこのトンネルの内部まで引き込み線が引かれており、トンネル内部で列車からの荷役を行なっていたのだろう。




h180224_210453.jpg
本坑に戻り、更に奥へ進んで行く。
このエリアは基本的に碁盤の目状に掘削されているようだ。




h180224_210541.jpg
開口部分がほとんどないこの地下壕だが、ここをねぐらにしているのだろう。
ハクビシンが目の前を走り抜けていった。




h180224_211627.jpg
地下壕の西端に近づいた。
壕床が一段高くなっている。
2009年に潜った時の記憶だと、そろそろこの辺りに井戸があるはずだ。




h180224_211654.jpg
高くなった坑道を進むと、すぐにそれは現れた。
以前と変わらない、良い状態を保っており、内部には僅かながらの水を蓄えていた。




h180224_211714.jpg
そして、この井戸のすぐ奥にも、同様の井戸が。
こちらの井戸は先ほどの物よりも、水量が多かった。




h180224_212544.jpg
二つの井戸の位置関係はこんな感じ。
現在は西端の壕口は全て塞がれているが、当時はたくさんの壕口が付近に開いていた。
この付近は炊事場のような役割を持っていたのかもしれない。




h180224_212825.jpg
塞がれてしまった地下壕西端の壕口。




h180224_221841.jpg
どの壕口も、全くの隙間もなく完全に塞がれている。
この向こう側は、コンクリートの擁壁となっているので、今後、ここが開くことは無いだろう。




h180224_221841b.jpg
ちなみに 2009年当時はこの写真のように壕口は広場に向かって大きく開口していた。
当時は入口から詰め込まれたゴミが大量に壕床を埋め尽くし、大変な事になっていたが、壕口を塞ぐ際に、全て撤去したようだ。




h180224_213127.jpg
今度は地下壕の南側に向かって歩いていく。




h180224_213641.jpg
南側のエリアは以前から水没が多い。




h180224_213839.jpg
この水没エリアには、当時の計算板のようなものが落ちていた。
正式名称は、『零式雷撃照準機三型計算板』と呼ぶらしいが、ネット上では情報が見つからなかった。
yakumo氏が以前ブログ内にて解説しているので、興味のある人は こちらのブログ をどーぞ。




h180224_220840.jpg
水没区間は長靴程度で踏破可能なので、水の中をジャブジャブと歩く。




h180224_221338.jpg
そして水没区間を抜け、東端へ向かう。




h180224_221403.jpg
きれいに掘削された坑道がまだまだ奥へと続いているようだ。




h180224_221926.jpg
東端の坑道は、小さな坑道が複雑に入り組んでいる構造となっていた。




h180224_221929.jpg
掘りかけという訳でもないのだろうが、このエリアは他の部分に比べるとやっつけ感がある。




h180224_222041.jpg
狭い坑道を抜けると、煉瓦造りの大きな倉庫のような壕へ出た。
5m以上はあると思われる壕の天井付近に大きな穴が開いている。
あれは、何の用途だったんだろう。




h180224_222115.jpg
上方の坑道へは、別の坑道を辿ると行くことが出来た。




h180224_222116.jpg
天井の穴側から倉庫の内部を見るとこんな感じだ。
当時は扉を設置して、物資の搬入や搬出をここから行なっていたのだろう。




h180224_223331.jpg
という事で、時刻はすっかり遅くなってしまったが、久しぶりの比与宇地下壕を楽しめた。
次はまた、10年後くらいに様子を見に来ようかな。

[戦跡] JR田浦駅近くのヤバイ壕  2018-02-26

横須賀市にあるJR田浦駅。
そのすぐ近くに地下壕があるというので見に行ってみた。
と言っても、この壕は10年くらい前に1度潜っている。
ただ、内部がいろいろとヤバいことになっているので、装備も貧弱だった当時は早々に撤収してしまい、ブログにも上げなかったのだ。


s180224_174022.jpg
と言うことで、某日夕方、相模運輸倉庫が保有している F号倉庫前に集合。
この倉庫は大正 6年に海軍の倉庫として建てられたものだ。
取り壊されてしまうという話も聞いたが、今のところ無事に残されていた。




s180224_174125.jpg
現在は倉庫としては使用されていないようだが、外壁一面に張り付いた蔦が流れた年月の長さを感じさせる。




s180224_174148.jpg
最近の開発によって撤去が進んでいる当時の引き込み線跡も、この倉庫周辺にはまだ残っていた。




s180224_181115.jpg
と言うことで、早速 JR田浦駅近くの号に潜ることに。
日も暮れて真っ暗な斜面を登り、壕口へ向かう。
先に入壕したメンバーのライトが壕内を照らしている。




s180224_181409.jpg
壕口から内部へと滑り込む。
早速奥へと進んでいこう。




s180224_181505.jpg
奥へと進んでいくと何か見えてきた。




s180224_181510.jpg
見えてきたのは床一面を埋め尽くす産業廃棄物。
内容物から、昭和末期に捨てられたものと思われるが、もの凄い量だ。




s180224_182023.jpg
ゴミの山を乗り越えないと奥へは進めない。
仕方なく足場の悪いゴミの山をゆっくりと進んで行く。




s180224_182335.jpg
場所によっては乗り越えることすら躊躇するようなゴミの山だ。




s180224_182340.jpg
しかも、ゴミの中には大量のグラスウールが!!
それも、最近の建材に使用されるようなフワフワな物では無く、触れたら小さなガラス状の毛が体中に突き刺さり、しばらくチクチクが止まらないという、非常に危険な物だ。
触れるのはもちろんだが、肺に吸い込んでしまわないような装備も必要だ。




s180224_183027.jpg
グラスウールに比べたら、廃材などのゴミは安心だ( ^ω^)
その中になかなか味のある看板が落ちていた。




s180224_183139.jpg
すぐ近くにはマツダランプが落ちていた。
しかも、東芝とも書かれている珍しい物だった。
併記されている物は初めて見た。




s180224_183237.jpg
どんどんと奥へと進んでいく。
この辺りにはゴミは全く無い。




s180224_183449.jpg
壕床には車両の轍が刻まれていた。
おそらくこの付近までゴミを積んだトラックが入ってきて、奥へと産廃を投げ捨てていたのだろう。




s180224_183620.jpg
この壕はまだまだ奥がある。
総延長は 800m程度だというが、ゴミを乗り越えて進まなくてはいけないせいか、それ以上に広く感じる。




s180224_183919.jpg
あららまたゴミの山だ(^_^;




s180224_184111.jpg
その先の天井付近には、不思議な隙間が。
どうやら元々開いていた自然の洞窟と、軍が掘り進めた地下壕が接続しているようだ。




s180224_184139.jpg
銃眼が作られているように見える。
方角的に海側を向いているようだし、下部がコンクリートで固められているので、砲室ではないかと思う。
奥には大量のグラスウールが詰め込まれており、(安全に) 進むことはちょっと困難だった。




s180224_184207.jpg
更に進んで行くと、コンクリートにより作られた部屋のような物が。
なんだろう、これは。




s180224_184234.jpg
内部は完全にコンクリートで固められている。
奥の上部には抜け穴のような物が見える。




s180224_184243.jpg
抜け穴をのぞき込んでみると、瓦礫によって塞がっていた。
懐中電灯で先を照らしてみたが、掘りかけなのか埋め戻しなのかは良く分からなかった。




s180224_184355.jpg
コンクリートの部屋の奥には通路が続いているようだ。
しかし反対側からガラス戸を押し当てて大量のゴミが詰め込まれているようで、これ以上進むことは出来ない。




s180224_185034.jpg
別の通路から更に奥を目指す。
分岐も多く、だんだんと方向感覚が麻痺してくる。
こんなゴミだらけの壕で迷ったら嫌だな・・・。




s180224_190256.jpg
天井部分には地中から染み出した石灰が、鍾乳石を作っている。
なんか自然の洞窟みたいだ。




s180224_190312.jpg
そして、この壕で一番ヤバそうなエリアがこの奥にあった。




s180224_190713.jpg
そこにあったのは、壕床を埋め尽くす医療廃棄物。
明らかにヤバそうな薬瓶や注射針が大量に落ちている。




s180224_190759.jpg
昭和 30年頃の物だろうか、ガラス製の注射器も落ちていた。




s180224_191455.jpg
こんな所に長居していると病原菌に感染しちゃいそうだが、奥にある小さな穴が気になるのでとりあえず見に行ってみる。




s180224_191550.jpg
高さは 1m程度しかないとても狭い穴だ。
どこかに続いているのかと、どんどんと奥へと進んだのだが・・・。




s180224_191625.jpg
最後は瓦礫が詰め込まれて塞がれていた。
もしかしたら外部への抜け穴だったのかも知れない。




s180224_192548.jpg
元来た通路へと一旦戻る。
別方向にまだ進めそうだ。




s180224_193343.jpg
進んで行くと、天井部分に大量の釘が刺さっている部屋があった。
夏島や貝山でも見ることが出来るが、これはトタン板に釘を打ち、岩盤に止めていた跡であろう。




s180224_193351.jpg
と言うことは、当時は居住区として使われていたのかも知れない。




s180224_193558.jpg
JR田浦駅付近に開口している壕口辺りまで進んできたようだ。
外から電車の音が聞こえてきた。




s180224_193624.jpg
さすがにここから外に出るわけにも行かないので、そろそろ戻り始めることに。




s180224_194257.jpg
またこのゴミの山をかなりの距離戻らなくてはならないのか・・・。




s180224_195134.jpg
蛍光灯の破片やグラスウールの山を乗り越えて、やっと入壕した壕口まで戻ってきた。
ゴミさえなければ、広いし、作りも良いし、楽しそうな壕なんだけどなあ。




s180224_195424.jpg
ということで、ひとまず外に脱出!!
と言っても、外は真っ暗で、壕内と変わらないほど暗かった。

ゴミもすごいし、怪我や菌の危険もありそうだし、もうここには入ることはないかな(^_^;

[戦跡] 三浦半島の地下壕をいろいろと回ってきた~後編  2018-01-15

この記事は、三浦半島の地下壕をいろいろと回ってきた~前編 からの続きです。


s171105_153153.jpg
城ケ島の探索を終え、横須賀の貝山緑地へとやってきた。
この一帯にもたくさんの地下壕が眠っているのだ。




s171105_153821.jpg
まずは、貝山地下壕の第二工区へと。
ここは、貝山緑地にある地下壕の中でも最も延長が長い。
釜戸や階段など、見どころも多い。




s171105_154451.jpg
開口部の多くは行政により塞がれてしまったが、そのおかげで土砂の流入が抑えられている箇所も見受けられた。




s171105_154457.jpg
普段も水没している区域もあるが、本日は普段よりも水没箇所が多いようだ。




s171105_154727.jpg
この地下壕は、基本的には素掘りなのだが、場所によっては石組の壁が作られていたりする。




s171105_154807.jpg
坑道も複雑に入り組んでおり、なかなか楽しめる作りである。




s171105_154819.jpg
当時の鉄扉がそのまま残っている。
ほとんどが戦後に鉄材として盗難されてしまっているので、これは、非常に珍しい。




s171105_154837b.jpg
どんどんと奥へと探索を進めていく。




s171105_154924.jpg
既に時間は夕刻に近くなっているが、開口部からはまだ外の光が差し込んでいる。




s171105_155025.jpg
自分は半年ぶり位にここに潜ったが、貝山は何度潜っても楽しい。




s171105_155532.jpg
廃車が棄てられているクレーンのある壕口へと向かう。




s171105_160146.jpg
初めて見たのはもう10年近く前になると思うが、更に崩壊が進んでいるようにも見えた。




s171105_160811.jpg
ここ、貝山地下壕の見どころである、階段を登っていく。
この階段は山頂付近まで続いている。




s171105_160859.jpg
しかし、山頂部分はほとんど埋まってしまっている。
しかし僅かな隙間があるので、汚れることを厭わなければ、出入りは可能だ。




s171105_161310.jpg
今度はすぐ近くにもう一つある階段を登る。




s171105_161455.jpg
こちらの階段は階段上の瓦礫も少ない。
そして、山頂部分には、行政により扉が取り付けられており、出入りは出来なくなっている。




s171105_161904.jpg
それぞれが一通り内部を探索したのでそろそろ次の壕へと向かう事に。




s171105_162856.jpg
既に日没寸前だが、まだ外は明るいようだ。




s171105_163500.jpg
この壕を出て、すぐ横の斜面をガサゴソと登っていく。




s171105_163532.jpg
しばらく登っていくと、上部の壕口に到達した。




s171105_163700.jpg
内部の作りは、貝山地下壕本体とそっくりだ。




s171105_163900.jpg
貝山地下壕の上部に位置するこの壕は、あまり知られていないようで、内部はほとんど荒らされていない。




s171105_163914.jpg
ここにもかまどの跡が残されている。




s171105_163941.jpg
他の貝山上部壕にあるものとそっくりな四角い掘り込みもある。




s171105_164639.jpg
広さはそれほど広くは無いのだが、きれいに掘られており、高さもあるため楽に探索できる。




s171105_165101.jpg
当時のものであろうレンチやスパナが壕内に残されていた。
このサイズからすると、かなり大きめの機械を整備していたのではないだろうか。




s171105_165537.jpg
一通り内部を探索し終え、今度は山の反対側にある上部の壕へと向かう。
すっかりと日が暮れた園内の藪を、ガサゴソと突き進む。




s171105_170628.jpg
ほどなくして、別の上部壕へと到着。
ここは、俗に 貝山上部A壕 と呼ばれる壕だ。←勝手に呼んでいるだけ




s171105_170928.jpg
この壕が水没しているのは見たことが無いが、この日はくるぶし程度の水没が見受けられた。




s171105_171015.jpg
そして、この上部A壕最大の見どころであるmたくさんの四角い掘り込み。
jこの掘り込みにろうそくを置いて写真を撮ったら、すごい写真が撮れそうだ。




s171105_172002b.jpg
上部壕は他にもあるのだが、時間の都合でそろそろ解散する事に。
辺りはすっかり闇に包まれている。




s171105_172410.jpg
この日は初顔合わせの探索で、短い時間でたくさん回ったので大急ぎでの探索となってしまった。
あけさん、よもぎさん、まめぴーさん、三浦半島には、まだまだたくさんの地下壕があるので、是非またみんなで潜りましょう!!
そして、yakumoさん、またよろしくです (^^)/
次のページ

FC2Ad

まとめ