Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

岩原と奥只見にスクートしに行ってきた  2017-03-21

去年は雪が少なすぎて散々だったが、今年はどのスキー場も豊富に雪が残っている。
3月も後半となったので、シーズン終了間近の岩原スキー場と、この土曜日にオープンした奥只見丸山スキー場に行ってきた。


_170318_011953.jpg
今回は同僚のシンペーと二人だ。
仕事を終え、いつも通り前夜からの現地入り。
新潟県に入ると、雪がちらつき始めていた。




_170318_011953b.jpg
岩原スキー場の駐車場で車中泊。
ハイシーズンに比べて、車中泊している車は少なく、他に4~5台しかいなかった。




_170318_095235.jpg
翌朝、板のエッジを立て、ワックスを塗り込み準備する。




_170318_104018.jpg
シーズン終了間近とは言っても、まだ3月。
雪はちょっと重たいけど、量はたっぷりで申し分ない。




_170318_104021.jpg
周りの山々も、まだまだ冬の様相だ。




_170318_121555.jpg
この時期だと、ゲレンデもかなり空いている。
リフト待ち時間は全く無い。




_170318_155624.jpg
何かに取り憑かれたように、山頂からの滑走を繰り返す。
明日も滑るというのに、既に体中筋肉痛になってきた。




_170318_184743.jpg
一日たっぷり滑った後は、国道17号を北上して小出インター近くの『蕎麦処薬師』へ。
湯沢からは下道でも一時間ちょっとだ。




_170318_184743b.jpg
ここは、お蕎麦はもちろん、天ぷらも絶品で、奥只見に行くたびに食べに行っている。
お近くにお越しの際は是非!!!




_170318_210100.jpg
その後、お風呂屋さんで2時間ほどのんびりし、奥只見方面へと向かう。
途中寄ったローソンの駐車場。
大型車駐車OKと言いながら、駐められるもんなら駐めてみろ的な扱いに萌える(*´д`*)




_170318_211144.jpg
それにしても、新潟のコンビニはどのお店も地酒が豊富だ。
いろいろなお酒が置いてあり、ついつい買い過ぎちゃう(^_^;

その後、奥只見シルバーライン入り口の駐車場にて車中泊。
冬季閉鎖を終え開通したとはいえ、まだ夜間通行止めだ。
シルバーラインのゲート前にも、朝一番のゲレンデを狙ってか、車中泊の車が並んで車中泊していた。




_170319_082705.jpg
朝になり、奥只見シルバーラインを奥只見丸山スキー場へ向かって走って行く。
それにしてもすごい雪だ。




_170319_082727.jpg
延々と続くトンネルと雪壁にテンションアップ!
やばい、楽しすぎるwww




_170319_083405.jpg
奥只見丸山スキー場の駐車場に到着。
オープン2日目のこのスキー場だが、お客さんは少なそうだ。
4月中旬過ぎて、他のスキー場が閉まってからは、下の駐車場も一杯になるのだが、今回は下の駐車場には誰もいなかった。




_170319_092408.jpg
5月に滑りに来るときは階段を上がるリフト券売り場も、この時期は階段を上がるどころかちょっと掘り下げてある。




_170319_094547.jpg
ゲレンデは見渡す限り真っ白だ。
雪はかなり重く、板は全く走らないが、それでも斜面は問題なく楽しめた。




_170319_095535.jpg
山頂に行ってみると、麓に比べて温度はとても低かった。
しかも、ちょっと吹雪いてきてる(^_^;




_170319_095542.jpg
しかも、入り口の階段の上まで雪が積もってる。
すごいな、これ。




_170319_111235.jpg
そう言えば、リフト乗り場も、周りが雪の壁になっていた。
これ、冬の間は完全にリフト乗り場雪に埋もれているよね・・・。




_170319_111924.jpg
昼くらいになり、明るかった空がだんだんと雪雲に変わってきた・・・。




_170319_124250.jpg
雪もちらつき始めたので、とりあえず昼食を。
この時期は初滑りシーズンと言うことで、ドリンクと食事付きのリフト券が 3,800円。
食事はどれでもOKだし、ドリンクはビールもOKだし、とってもお得です(*´w`*)




_170319_130018.jpg
ざくざくした雪で、転んでも痛くないので、急斜面でいろいろな滑り方を試してみる。




_170319_130026.jpg
頭で描いてる動きがなかなか出来ない。
見てると簡単そうな事が、実際にやってみるととっても難しい。
うーん、もっと上手くなりたいなぁ。




_170319_142652.jpg
夕方になり、他に滑ってる人がほとんどいなくなってしまった。
ゲレンデは貸し切り状態だ。




_170319_145655.jpg
2日間たっぷりと滑りまくったので、そろそろ帰ることに。




_170319_164236.jpg
ゲストハウスの上の雪もすごいことになっている。
かなりの重さだろうけど、大丈夫なのかな。




_170319_164341.jpg
そういえば、駐車場へショートカット出来る土手を降りる階段みたいのがあるんだけど・・・。




_170319_164436.jpg
その景色はまるで掘り割り。
こんなの見てると、横坑を掘りたくなってくる(*´д`*)




_170319_165329.jpg
ということで、スクートを屋根に積み込み撤収~。




_170319_170427.jpg
次に奥只見に来るのは4月になってからかな。
この雪の量だと、今年は5月の中旬までは滑れそう(*´w`*)




_170319_191523.jpg
帰り道は、高速混んでそうだったので、国道 17号を南下。
三国峠に向かう途中の神泉の湯に寄っていく。
ちょっと古そうな造りの建物の温泉で、ここを通る度に気になってたのだ。




_170319_194036.jpg
お風呂は普通の銭湯だったが、休憩室にテーブルタイプのインベーダーゲームが。
おまけにモノクロ液晶にセロハンで色を付けるタイプ。
こんなものが動態保存されているとは!!!
しかも、普通に遊べるし。
恐るべし、新潟県。←関係ない

うん、昭和40年代生まれくらいまでしか分からないネタだな(^_^;




_170319_194036b.jpg
温泉を後にし、三国峠を上がって行くと、雪が本降りとなってきた。
おいおい、もう 3月も終わりだよ。
どーなってんの!?




_170319_194036c.jpg
ゴン降りの雪で、あたりはたちまち真っ白に。
これはゲレンデにもいい雪が積もりそうだ。




_170319_201148.jpg
先日組んだ、LSDが効きすぎて、雪道走行も楽しすぎ( ^ω^)
2WD + スタッドレスタイヤ + LSD での雪道は、コントロールと言う意味ではこれ以上ないくらいに楽しい!




_170319_201157.jpg
でも、圧雪路を走れるのも今シーズンはそろそろ終わりかな。




_170319_211443.jpg
月夜野まで下りてきたら、雪は雨に変わった。
本日の夕方に全線が開通した、国道17号上武道路が快適すぎて、東松山まであっという間だった。
その後、関越道にて無事帰宅。




_170320_013106.jpg
去年の暮れに 19万キロを越えたハイエースだが、このペースだと夏の車検時には 20万キロ越えそう(・´ω`・)
そろそろフロントのハブベアリングの交換と、ヒューエルポンプの交換をしようと工具と部品を調達中なので、車検までには手を付けようと思っている。

奥只見にスクート滑りに行ってきた  2016-12-19

先週に引き続き、奥只見丸山スキー場へスクートを滑りに行ってきた。


_161217_003120.jpg
金曜日の夜、仕事上がって横浜を出発。
関越トンネルを過ぎるまでほとんど雪は降っていなかったのだが、新潟県に入った途端にもの凄い降りだ。




_161217_015107.jpg
小出インターを出て、道の駅ゆのたに(深雪の里)にて車中泊。
この時期の奥只見向けの車中泊はたいていここだ。
と言うのも、スキー場まで行って車中泊していると、一晩で 1m以上雪が積もることもあり、ちょっと危険なのだ。




_161217_083435.jpg
翌朝目を覚ますと外は雪が降っていた。




_161217_084557.jpg
早速奥只見丸山スキー場に向けて車を走らせる。




_161217_091910.jpg
奥只見へ向かう国道352号は完全に圧雪だ。
でも、ガリガリに凍っているわけではないので、案外走りやすいしグリップ感も良い。




_161217_092056.jpg
しばらく進むと奥只見シルバーライン入り口を示す標識が見えてきた。




_161217_092208.jpg
以前奥只見シルバーラインが有料道路だったときの料金所の名残をくぐる。




_161217_092359.jpg
おお、何という良い景色(*´д`*)
トンネルがいい感じだ。




_161217_092439.jpg
路盤は圧雪だが、ここも新雪がかぶっており走りやすい。




_161217_093020.jpg
そして、トンネルを延々と走る。
ここ、奥只見シルバーラインは、全長 22Kmのうち、18Kmがトンネルなのだ。




_161217_102537.jpg
無料駐車場に車を駐め、早速準備をする。




_161217_103059.jpg
先週も雪が降り続いており、夕方までパウダーを楽しめたのだが、先週以上にものすごい勢いで雪が降っている。




_161217_105053.jpg
山頂は視界悪そうだなぁ。
まあ、とりあえず頂上まで行ってみよう。




_161217_111542.jpg
土曜日と言うことで、もっと混んでるかなと思っていたのだが、リフトに並ぶことも無く、ガンガン滑れる。




_161217_144830.jpg
しかも、リフトで上がってくる度に、パウダーリセットされている!!
これはたまらん(*´д`*)




_161217_144837.jpg
でも、コースの端っこは危険地帯。
こんな所に突っ込んでコケたりしたら、肩まで雪に潜ってしまい、少しずつ足下の雪を固め、泳ぐように抜け出すしか無い。
雪の中大汗かいてなんとかスクートを少しずつ持ち上げ、抜け出すのに 20分位かかってしまうので、本当に注意されたし(^_^;




_161217_144840.jpg
それにしても、この時期の奥只見の雪は、本当に最高だ。




_161217_155339.jpg
リフトが終了するまで滑りまくる。




_161217_162638.jpg
くたくたになり駐車場に戻る。
山頂の雪の勢いを見て、もう車が埋まってしまっているかもと心配していたのだが、これならなんとか動けそうだ。
実際、車両後方の雪を均すだけでするすると抜けだすことが出来た。
ま、でも四駆でもないハイエースでの奥只見はそろそろやめた方がいいのかな(^^;




_161217_164641.jpg
でも、車によっては完全に雪に埋もれちゃってる。
日帰りじゃ無い人の車かな?
これは掘り出すのも大変そうだ・・・。




_161217_165107.jpg
と言うことで、今シーズン2回目のスクートも、たっぷりのパウダーで大満足でした。




_161217_203809.jpg
群馬県あたりはまだそれほど雪が降っていないようだが、年末は寒気が来るみたいなんで、次回は群馬方面のスキー場に行ってみようかな。


上越国際スキー場でスクートしてきたよ (='ω')ノ  2016-03-01

今シーズンもボチボチとスクートに行っている。
でも今シーズンはとにかく雪が少なく、シーズンインしたのも1月の下旬だった。
雪もそこそこ増えてきたので、今回は上越国際スキー場へと行ってきた。


_160226_222902.jpg
金曜日、仕事が終わり急いで準備をする。
時刻はもう 10時近い。




_160227_092902.jpg
深夜に上越国際の当間(あてま)ゲレンデ駐車場に到着。
そのまま乾杯して車中泊。
翌朝は良く晴れていて暖かい(*´ω`*)




_160227_092914.jpg
早速滑る準備をする。
今シーズン4度目のスクートだが、ここ上越国際スキー場に来たのは初めてだ。




_160227_094623.jpgぐるっと
とりあえずは、初めてのゲレンデと言う事で、全てのコースを回ってみる事にする。
と言っても、1日で回るにはあまりに広すぎるらしい。

ま、行けるところまで行ってみよう。




_160227_094631.jpg
上越国際スキー場の特徴は、丁寧に圧雪された天然雪のフラットなバーン。
雪質もとても良く、滑りやすいため、自分が上手くなったような気分になってくる(^_^;




_160227_102432.jpg
連絡リフトを乗り継ぎながら、どんどんとゲレンデを滑って行く。
とにかく広い。
頻繁にコース図を確認しないと、自分のいる場所が分からなくなる。




_160226_map.jpg
<<クリックで別窓拡大>>
コース図右上の当間駐車場を出発し、一通り回ってここに戻ってくると言う作戦だ。




_160227_105400.jpg
当間山山頂までやってきた。
ここからの眺めは最高だ。




_160227_111442.jpg
登ったり滑ったりを繰り返しながら違うエリアへと移動を続ける。




_160227_113429.jpg
エリア間はリフトでつながれていたり細いコースでつながれていたりなのだが、なんなんだここは(*´д`*)
これって完全に道路だよね(^_^;




_160227_114919.jpg
上越国際スキー場のメインゲレンデ付近では、スキーの大会が開かれていた。




_160227_120949.jpg
と言う事で、お昼を回ったので昼食をとる事に。
モツ煮丼が名物!?ということで、がっつりと頂きました。
うん、美味しかった。




_160227_123743.jpg
お腹もいっぱいになり、次なるゲレンデへ。




_160227_123926.jpg
このスキー場は本当にどのバーンもフラットで滑りやすい。




_160227_124217.jpg
メイン駐車場がある建物付近の地形は複雑で、まるですり鉢のようなゲレンデだ。
このあたりは家族連れで賑わっていた。




_160227_131014.jpg
当間エリアに戻るために、リフトの乗降と滑走を繰り返す。
エリアによっては本当に空いているので、いろいろとトリックの練習が出来そうだ。




_160227_134548.jpg
移動を繰り返しているうちに、午後2時近くになってしまった。




_160227_135423.jpg
滑走距離や移動距離が長いので、思っていたよりも体力を消耗する。
とりあえずコーヒー休憩(*´д`*)




_160227_162327.jpg
夕方近くになって、やっとクルマを駐めた当間エリアへと戻ってきた。
リフト終了の 17:00まで、このエリアを繰り返し滑ることにした。




_160227_164803.jpg
あまりの広さで、ホント、一日があっという間だったが、そろそろ帰る事に・・・。




_160227_165155.jpg
しかし、一日でいろいろなスキー場に行った気分になれるスキー場だった。




_160227_165212.jpg
24時間開放しているトイレもなく、暗い山道を越えた場所にあるため、車中泊には適さないが、今シーズン、もう一度くらいここにも来ようかな。


次のページ

FC2Ad

まとめ