Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

自宅スタジオをリニューアルしてみた  2020-07-25

ここ10年で、いろいろな技術も進歩し、ほとんどの事が PCのみで出来るようになってきたので、スタジオの機材も不要なものが増えてきた。
自宅にいる時間も増えているので、スタジオ機材の整理と模様替えをすることにした。


studio200609_221459.jpg
とりあえずは、今ある機材の配線を全て取り外す。




studio200610_214004.jpg
配線を取りまとめながら、機材もラックから取り外していく。




studio200610_214010.jpg
愛用していたオープンデッキだが、数年前から調子が悪く、巻き戻しはおかしいし、Lチャンネルは信号が弱く、音がこもるし、そろそろ引退かな・・・。




studio200610_214015.jpg
ちゃんと修理してもらうと、15万円くらいかかってしまうということで、ダメもとで自分で直してみることにした。




studio200610_215506.jpg
その前に、不要な機材を整理し、運び出す。




studio200611_232048.jpg
必要な機材だけをラックに組み、配線をしていく。
うん、今までに比べて、だいぶすっきりした!




studio200611_232145.jpg
ちなみにこのスタジオは、自宅部屋の奥にある、3m × 3m 程度の小さな部屋だ。
YAMAHAのアビテックスという防音設備を、宅内に組み込んであるのだ。
さすがに、管楽器の音は外に漏れるが、通常の音は完全に遮断できる。




studio200618_231236.jpg
という事で、早速、オープンリールデッキの修理をしてみることに。
失敗したら捨てちゃうつもりなので、いろいろとやってみよう。
巻き戻しが調子悪いのは、どうやらモーターの主軸とリールがちゃんと結合されていないのが原因のようだ。




studio200618_231830.jpg
裏側から見てみるが、主軸との結合はどうやら表側らしい。




studio200618_231835.jpg
基板上のコンデンサーは、もちろん交換したほうが良いのだろうが、目視では膨らみもないし元気そう。




studio200618_231845.jpg
キャプスタン裏の制御基板も、目視では問題なさそうだが、念のため、コネクタの抜き差しのみしておいた。




studio200619_203029.jpg
そして程なく、巻き戻し不良の原因が判明。
穴の中に見えている、六角のキャップボルト。
どうやら、このボルトが緩んでいるようなのだ。
しかし、このボルトはとんでもなく回しにくい位置にあり、通常の工具が入らないので、六角レンチを切断し治具を作成。
その治具を使用して、なんとか締めこむことに成功した(^^)/




studio200619_203402.jpg
テープ送り側のモーターの主軸がちゃんと接合されていなかったせいで、モーターとリールの回転が異なるために、回転の制御機能もおかしくなり、結果、巻き戻しも調子が悪くなっていたようだ。
リールを取り付けてテストしたところ、調子が悪くなっていた巻き戻し機能や、巻き戻し中の停止ブレーキ処理等も、問題なく機能するようになった。




qq200722_003553.jpg
続いて、片方のチャンネルが調子悪い原因を探っていく。
すると、ネット上で有益な情報を得ることが出来た。
それは、ヘッド上のポテンショメータの劣化により、左右のレベル差が起きるというもの。




qq200722_003312.jpg
抵抗値を計ってみると、幸い断線はしていないようなので、接点復活剤を付け、ぐりぐりとポテンショメータを何度も回し、組付けてみた。




studio200619_204059.jpg
そして、適当にテープに録音してみると、左右のレベル差も見事に解消!!
久しぶりに聞く、アナログならではの太い音に大満足( *´艸`)
まさか、こんなに簡単に直ってしまうとは!!
Blogにて情報を公開して頂いている、 feizyoa さん には、大感謝です。




studio200619_232744.jpg
続いて、せっかく機材を整理してスタジオ内が広くなったので、ちょっとしたベンチを作ってみることに。
サイズを適当に決めて・・・。




studio200620_144349.jpg
木を切断して並べてみる。




studio200620_150243.jpg
作り方は、以前 ハイエースのベッドを製作した のと全く一緒。




studio200620_153134.jpg
クッションの上に合成皮革を置き・・・。




studio200620_153154.jpg
タッカーで巻いていくだけという、簡単な造りだ。




studio200620_164549.jpg
車の中にはめ込むわけでは無いので、精度はそれほど必要ないだろう。
適当にどんどんと作業を進める。




studio200620_171213.jpg
足になる部分を切り出して・・・。




studio200620_180026.jpg
木ネジにて接合。




studio200620_181241.jpg
最後に、マットがずれないようにする留め木を準備しておく。




studio200620_204007.jpg
完成したベンチをスタジオへと持ち込み、置いてみる。




studio200620_204208.jpg
そして、マットを置いて下側からずれ止めの木をねじ止めしていく。




studio200620_204215.jpg
これで、上に乗ってもマットがずれてしまう事はない。




studio200620_204228.jpg
こんな感じで、周り全てのマットに木を打ったので、安定感も抜群だ。




studio200621_125912.jpg
最後に小物を作成しておくことに。
まずは、ボロボロに砕け散ったマイクホルダのプラスチック部分を再生させる。
足の部分は問題ないので、このまま使えるかな。




studio200621_131555.jpg
アルミの丸棒を切り出して、真ん中に穴を開ける。




studio200621_132914.jpg
そして、フライスにて薄く加工。




studio200621_134229.jpg
更にそこに穴を開け・・・。




studio200621_134607.jpg
中心にねじ切りする。




studio200621_134843.jpg
すると、こんなパーツが完成。




studio200621_135138.jpg
足の部分と接合すると、こんな感じ。




studio200621_140835.jpg
マイクをどうやって取り付けようかと考えたが、タイラップが一番簡単だと思い、留め金を作成する。




studio200621_141738.jpg
この留め金の上に、防振ゴムと、スポンジを重ねて貼れば・・・。




studio200621_143302.jpg
こんな感じでマイクの固定が出来る!
アコギ録音用なので、頻繁に取り外すことも無いので、これで十分かな。




studio200621_153440.jpg
次に、鉄の丸棒と平板を適当なサイズに切断。




studio200621_153521.jpg
これらのパーツを使用して、ちょっとしたフックを作ってみることに。




studio200621_154833.jpg
グラインダーにて、先端を丸く削っていく。




studio200621_155159.jpg
平板の方も、同様に、丸く削っていく。




studio200621_155420.jpg
そして、万力に挟み、折り曲げていく。




studio200621_155839.jpg
あとはこれらを溶接していけば完成だ。




studio200621_160701.jpg
場所を合わせながら、どんどんと溶接。




studio200621_161806.jpg
10分くらいで、こんなものが完成 (^^)/
あとは、適当に色を黒く塗れば、いい感じになりそうだ。




studio200621_171751.jpg
スタジオにミキサーの上にねじ止めして取り付けてみる。




studio200621_172027.jpg
ミキサーの幅に合わせて作ってみたので当然だが、サイズ感はばっちりだ。
ヘッドホンだけじゃなくて、コード類もひっかけられるし、手元のちょっとしたケーブル類を置いておくのに便利そうだ。




studio200621_173402.jpg
という訳で、ステイホームのおかげで、久しぶりにスタジオがきれいに生まれ変わった。
今までも、ピアノとギターはたまに弾いてたけど、管楽器もまた練習再開しようかな (*´з`)


50年前のVUメーターを復活させてみた  2020-07-18

倉庫の整理をしていたら、昔中古屋で買ったVUメーターが出てきたので、LED仕様に作り直してみた。


vuvu200628_152227.jpg
これが、倉庫で発見された VUメーターだ。
ケースは木製で、上蓋は段ボールで出来ている。




vuvu200628_152235.jpg
購入したときには、このメーターの2倍ほどある ACアダプターが付属していたのだが、あまりに大きいため PC用の電源アダプターで変圧して、電球を光らせていたのだ。




vuvu200628_152812.jpg
とりあえずは、どんどんバラしていく。
ケースも作り直して、電球は LEDに打ち替えるつもりなのだ。




vuvu200628_155916.jpg
裏面には、キャリブレーション用の調整抵抗が付いているが、基盤は割れているし、結線も切断されている。




vuvu200714_204910.jpg
まずは、2つ付いている電球を LEDに変えることに。




vuvu200714_204913.jpg
LEDは、高輝度のアンバー色を選んだ。
やはり、VUメーターは電球色に光った方がかっこいい。




vuvu200714_205324.jpg
純正の電球が収まっていた所へ、LEDを挟み込んで、ハンダで止めていく。

ん?
メーターには、1971年の文字が。
なんと、50年くらい昔の製品のようだ。




vuvu200714_212041.jpg
電源は、USBの 5Vを使用し、適当な抵抗を挟み込んで点灯テスト。
うん、なかなか良い感じに光ってる。




vuvu200714_212221.jpg
抵抗は、配線の中に一緒に巻いてしまう。




vuvu200714_212316.jpg
上から覗きこんでも、まるで、電球のような光り方だ。




vuvu200714_213135.jpg
割れた基盤を修理するとともに、音声入力の結線もしてしまう。




vuvu200714_213645.jpg
これでとりあえず、VUメーターとしての動作は問題無くなった。





針の振れ方も、アナログの VUメーターならではだ。




vuvu200716_172024.jpg
あとは、ケースに入れて、出来上がりだ。
ケースを作るため、適当な展開図を作り、アルミ板に貼り付ける。
今回は、 1.0mmのアルミ板を使用した。




vuvu200716_172045.jpg
折り目箇所と、穴開け箇所をケガいて・・・。




vuvu200716_172912.jpg
穴開け箇所に、カッターで切り込みを入れておく。




vuvu200716_173453.jpg
あとは、いつも通りにサンダーで金ノコが入る隙間を切り込み・・・。




vuvu200716_173840.jpg
パキパキ折って、四角い穴を開けていく。




vuvu200716_174251.jpg
そして板折り機にセットし、どんどん折り曲げていく。




vuvu200716_174353.jpg
と言っても、四角くするだけなので簡単だ。




vuvu200716_175246.jpg
塗装はチッピングブラックを塗ったんだけど、厚塗りしすぎて質感が今ひとつになっちゃった。




vuvu200716_175731.jpg
早く組み立てたいので、ライトを当てて焼き付け塗装する。




vuvu200716_181900.jpg
組み立ては全て両面テープだ。
ビスで固定すると、ビスの頭の分だけ本体サイズが大きくなってしまうので、最小サイズで組めるように、両面テープで組み立てることにしたのだ。




vuvu200716_202141.jpg
両面テープを剥がし、ケース内に圧着。
これで出来上がり!!




vuvu200716_213035.jpg
早速、スタジオに置いてみる。
うん、アナログな感じが最高だ(´∪`*)




vuvu200716_213733.jpg
と言うことで、50年前の VUメーターが、USB電源のLED仕様となって現代に蘇りました\(^^)/


うは!ブルースハープ  2008-05-06

IMG_3829.jpg

楽器屋さんをぶらぶらしていたら、超かっちょいいブルースハープを見つけた。
普段ぷかぷかしてるMAJORBOYなんかより、100倍かっこいい感じ。しかも、筐体の作りもプラスチックでなくて木で出来ている。
吹いてみたい~。けど、買わなきゃ吹けない~。
ということで、衝動買いしてきました。
キーは迷ったあげく、1本だけ買うならと、Gを選びました。
値段もMAJORBOYの倍近くするんだから、きっといい音するんだろうなぁ。

IMG_3831.jpg


下から、今回買った Fire Breth 、MAJORBOY、1000円くらいの無名の安物。
やっぱ、FireBreathは塗装もいいし、作りはホントによい。

早速ぷかぷかしてみたら、ん?なんか音が普通のハーモニカと違う。
なんていうのかな、音声波形で言うと、正弦波よりも三角波に近い感じ?
まだ、使い込んでいないからかもしれないけど、MAJORBOYの方が吹きやすいし音も好みかもしれん。
まあ慣れの問題かもしれないけどね。
さーて、ぷかぷかしてくるか(='ω')ノ
次のページ