Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

満水の八ッ場ダムを見に行ってみた  2019-10-22

2019年10月初旬。
台風19号の猛威が日本を直撃した。
とんでもない量の雨が降りしきり、湛水試験が始まった八ッ場ダム があっという間に満水になったという。
と言うわけで、ダムがどうなっているのか、早速見に行ってみた。


B191019_222734.jpg
土曜日の夜、八ッ場ダムに向け横浜を出発。




B191020_000329.jpg
深夜に現地に到着。
寝る前にダムの下流側を見に行こうとしたのだが、どうやらまだ工事中のようで、ダム直下まで行くことは出来なかった。




B191020_001431.jpg
まあ仕方ない。
とりあえず道の駅まで走り、寝ることにしよう。




B191020_001905.jpg
10月中旬だというのに、気温は 15度近い。
FFヒーターも付けずにぐっすりと快眠出来た。




B191020_103300.jpg
翌朝、早速ダム湖がどうなっているのか見に行ってみる。
これは上流側。
先日までの景色が嘘のように、すっかり水が溜まっている。
大雨により山から大量の水が流れ込んでいるのだろう。
水は茶色く濁っていた。




B191020_103927.jpg
ダム側の景色もこの通り。
あんなに高い所に架かっていた橋も、橋脚のほとんどを水中に沈めている。




B191020_104602.jpg
山の高台に代替地として造成された住宅地も、湖畔の住宅地へと姿を変えている。




B191020_105037.jpg
ここ八ッ場タム周辺には道の駅が2つあるのだが、湖畔にある『道の駅やんばふるさと館』は大盛況だった。




B191020_105248.jpg
『いきなり満水になった』 とニュースにもなったせいか、普段ならガラガラの奥の駐車場まで車が入っている。




B191020_110806.jpg
以前来た際に探索した、ダム湖の底に下りる道がどうなっているのか、見に行ってみることに。
以前、水が溜まる前は、こっそりと下まで降りることが出来たのだ。




B191020_113025.jpg
以前、自転車で下った道は、いきなりの水没。
これは、この先には行きようが無い。




B191020_113322.jpg
もう一本、細い道があったはず。
今度は、橋の上流側にある道を探しに行ってみる。




B191020_113454.jpg
道自体はちゃんと残っている。
しかし、すぐ先に、立入禁止の看板が見えている。




B191020_113522.jpg
しかし、この場所から右手に視線を向けると・・・。




B191020_113609.jpg
立入禁止にはなっていない細い道が、奥へと続いている。




B191020_113619.jpg
この道も、以前進んだ際は河原まで続いていた。
とりあえず行ける所まで行って見よう。




B191020_113643.jpg
だんだんと高度を落としながら進んで行くと、どうやらこの先で塞がれているようだ。




B191020_113658.jpg
簡易な足場パイプにて塞がれていたが、まだまだ水没箇所までは距離がありそうだ。
ここも越えて行ける所まで行っちゃうつもりだったのだが、この先は橋上から丸見えだ。




B191020_113708.jpg
本日は観光客がとても多く、通報とかされるとめんどくさいので、見つかる前に退散(*´w`*)




B191020_115314.jpg
再び橋上よりダム湖を眺めてみる。
立木が頭だけ出してそのまま沈められているが、通常水位に戻ったら、また姿を表すのだろう。




B191020_115314A.jpg
ダムの堤体方向の景色は本当に圧巻だ。
ここ数日でこれだけの水が溜まったことに、改めて驚かされる。




B191020_115314B.jpg
だって、先日来たときには、まだこれしか水は溜まっていなかったのだ。




B191020_115314C.jpg
ダムの本体工事が始まる前は、この谷がコンクリートで塞がれることが信じられなかった。




B191020_115315.jpg
ダム工事を見ることが出来た双眼鏡が、そのまま残されていた。




B191020_115316.jpg
覗いてみると、ダム堤体を見下ろす展望台に、なにやらもの凄い人が!!
こんなに展望台が混雑しているのは初めて見た。




B191020_120155.jpg
と言うことで、早速展望台へと行ってみる。
今までは週末でも閑散としていた展望台だが、めっちゃ賑わっている。
なんだか、すっかり観光地化してしまったようだ。




B191020_120634.jpg
展望台から見下ろす、本日の八ッ場ダム。
洪水吐きの所まで水位がある。




B191020_120635.jpg
これは2週間前の写真だ。
この時は、まさかこんなにすぐに満水になるとは思ってもいなかった。




B191020_120812.jpg
展望台から、上流側を眺めてみる。
まだ、雨水流入により濁っているが、水が澄んだら良い景色となりそうだ。




B191020_120813.jpg
湖底には吾妻線の鉄橋や、国道の橋梁が撤去されること無くそのまま沈んでいるので、渇水時にはその姿を見ることが出来るかも知れない。




B191020_120930.jpg
ちなみに、ダム本体は完成しているようだが、付随設備はまだ建設中のようだ。




B191020_120951.jpg
ダムが全て完成すれば、この建物側から堤体上を通り、向こう岸へと行くことが出来そうだ。




B191020_123514.jpg
もっと見てみたい所もあったのだが、本日は人が多く、ゴニョゴニョする探索は無理そうなので、のんびりと帰路につくことに。




B191020_124127.jpg
本日は、国道406号から吉井を抜け、そのまま秩父、飯能を経てオール山越えで横浜まで帰ってみることに。




B191020_125507.jpg
それほど険しくもなく、道幅もそれなりにあるのに、高崎までノンストップで行けるので、八ッ場ダムの帰りはこの道を通ることが多い。




B191020_130525.jpg
山あいを快適に飛ばしていると・・・。




B191020_130630.jpg
通る度に気になっているドラえもんの絵が描かれた家が。
どうやら瓦に直接色を塗っているようだ。




B191020_130631.jpg
まだ昼過ぎで時間も早いので、温泉に寄っていくことに。




B191020_131933.jpg
なかなか良い雰囲気の建物だ。




B191020_132049.jpg
600円を支払い、館内へ。
中もアットホームな雰囲気だ。




B191020_132131.jpg
早速浴室へと。




B191020_133141.jpg
日中と言うことで、湯船は貸し切り状態だ。
しかも、源泉掛け流しのようだ。




B191020_143921.jpg
空いているし、マイナーな温泉なのかなとも思ったが、フロントの横には大量のサインが並んでいた。




B191020_180037.jpg
と言うことで、2016年6月からレポに上げてきた八ッ場ダム だが、観光客が減った頃を見計らって、また来てみようかと思っている。


八ッ場ダムに水が溜まり始めたので見に行ってみた  2019-10-15

過去にも訪れている 八ッ場ダムの完成が近づいてきた。
試験湛水も始まったと言うことなので、早速見に行ってみる事にした。


B191005_232711.jpg
いつものごとく、前日の夜中に横浜を出発。
国道17号を北上し、途中のコンビニでお酒とつまみを仕入れ、八ッ場ダムへの道を走る。




B191006_000627.jpg
国道145号を進んでいくと、やがて八ッ場ダムへと到着した。
八ッ場大橋からダム方面を眺めてみるが、もう、夜間工事はやっていないらしく、小さなスポットライトがあるのみで、ダムの姿は全く見えなかった。




B191006_093934.jpg
翌日は曇天の予想に反して晴天に恵まれた。
八ッ場大橋の1本上流にかかっている不動大橋の上から眼下を眺める。
この景色は来年にはすっかり、湖の下へと沈んでしまうはずだ。
そう、来年には・・・。




B191006_100711.jpg
試験湛水は、通常、半年から1年かけてゆっくりと水を貯めていく。
この時は、満水まで。もう2~3回見に来て、徐々に満水に近づく様子を見に来るつもりでいた。




B191006_103112.jpg
ここ、八ッ場ダムから 50Kmほど走ったところにある小串鉱山。
最近小串鉱山がある毛無峠にもしばらく行っていないので、せっかくなのでちょっと見に行くことに。
道の駅にある案内板は 『通行止』 となっていたが、視界が開ければ通行可能になるかもしれないという事で、向かってみることに。
八ッ場ダムの見学はそのあとにしよう。




B191006_111425.jpg
午前中は、草津を越えて小串鉱山に向かう事は出来なそうなので、国道 406号から万座道路を抜けて向かっていく。
途中、何やらのり面の崩落が。
通行止めにはなっていないが、道路にまでガレが散らばり、通行規制が敷かれていた。




B191006_130328.jpg
寄り道しながら 1時間以上かけて小串鉱山へ到着。
先ほどまでエアコンが必要なほどに暑かったのだが、鉱山に近づくにつれ温度は急降下。
おまけに完全に雲の中にいるらしく、霧が周囲を包んでいる。




B191006_130534.jpg
この群馬県の看板も、以前に比べて大分色あせてきた。




B191006_131556.jpg
小串鉱山の象徴ともいえる、鉄塔も霧の中に沈んでいた。
過去に訪問した際はいづれも晴天 だったので、これはこれでいい雰囲気である。




B191006_132251.jpg
外気温は 11.8℃
今日は探索するつもりもなく、Tシャツ半パンで訪れているので、めちゃめちゃ寒い。




B191006_135355.jpg
お昼を過ぎ、草津方面への道路が通行可能になったという事で、ゲートまでやってきた。
係員のおじさんによると、視界が悪くなったらすぐに止めるけど、今のところ通り抜け出来るとのこと。




B191006_140029.jpg
久しぶりに通る、滋賀草津道路。
火山の噴火により、現在でも不定期な通行止めがあるようだが、道路自体はきれいに整備されており、全く不安は無い。




B191006_140354.jpg
しかし、草津側の駐車場に掲げられた看板により、この道路がまだ、危険な状態であるという事が分かる。




B191006_140437.jpg
しばし休憩し、再び八ッ場ダムへと戻ることに・・・。




B191006_145851b.jpg
4時間ぶりに八ッ場ダムまで戻ってきた。
やがて沈んでしまう景色を、写真に撮りまくる。、
以前、自転車で通り抜けた旧国道は、永遠にダムに沈み、もう二度と走ることは出来ない。




B191006_150028.jpg
ダム側にやってきた。
試験湛水が始まってまだ数日だが、川幅が狭いせいか、渓谷内には随分と水が溜まっている。




B191006_150032.jpg
渓谷沿いにある木々は伐採すると思っていたのだが、どうやらこのまま沈めてしまうようだ。




B191006_151513.jpg
橋の上から山腹を眺めると、代替地に移転した集落が見えている。




B191006_152434.jpg
ダムを間近で見るために、展望台に行ってみる。
試験湛水が始まったという事で、いつもより人が多い。




B191006_152913.jpg
展望台から対岸を眺めてみる。
前方に見える山は、湛水後には、いい感じの島になりそうだ。




B191006_152934.jpg
ダム本体機能は完成し、現在は付随施設の工事を行っているようだ。




B191006_153333.jpg
ダムのすぐ前は、深い緑色の水が溜まりつつあった。
来週、再来週と、少しずつ水が溜まっていく様子を見に来るのが楽しみだ。




B191006_172607.jpg
またすぐに来るし・・・、と横浜に向けて車を走らせる。

しかし、湛水前の八ッ場ダムを見るのは、これが最後となってしまった。
次の週末を襲った台風 19号が、八ッ場ダムの貯水量を満水近くまで引き上げてしまったのだ・・・。
試験湛水中にもかかわらず、いきなりの本番運用を強いられた八ッ場ダム。
大きなトラブルも聞いていないし、とりあえずは良かったのかな!?




B191006_233000.jpg
という事で、次回、
満水の八ッ場ダムを見に行ってみた
に続きます。



ちょっと八ッ場ダムの様子を見てきた ~ 2019 春  2019-05-31

2016年2017年2018年と、八ッ場ダムの様子を見に行っているが、今年もまた見に行ってみることにした。


H190525_223401.jpg
土曜日の深夜、横浜にある自宅を出る。




H190526_001903.jpg
圏央道をひた走り、関越道に。
渋川伊香保インターを降り、国道353号へ。
その後、国道145号へ分岐し道の駅にて車中泊した。




H190526_100818.jpg
翌日は、早速八ッ場ダム周辺を見て回る。
不動大橋の上から、水没地区を見下ろしてみる。
予定では今年の終わりごろから試験湛水が始まるという事だ。




H190526_100828.jpg
水没予定地に、旧国道と線路を埋める、ピラミッドのような山が作られていた。




H190526_100828b.jpg
ズームしてみると、鉄道トンネルは埋められていないようだ。
あの場所に行ってみたいなあ。




H190526_100954.jpg
反対側には、水没した際の予想図が置かれていた。




H190526_101021.jpg
ちょっと、画角は違うが、ここが全て大量の水で満たされると思うとゾクゾクしてくる…。




H190526_101031.jpg
今いる不動大橋から見えている八ッ場大橋。
その向こうに完成間近の八ッ場ダムが見えている。




H190526_104913.jpg
八ッ場大橋に移動し、ダム方面を見てみる。
2018年はまだ半分。
2016年に至っては、ダムの形すら無かったのに、もうこんなに出来ている。



H190526_105422.jpg
橋から見下ろした場所に建てられていたプラントは、役目を終えたのか、すっかり撤去されている。




H190526_105431.jpg
最後まで残されていた川沿いの木々も、全て伐採されてしまうのだろうか。




H190526_105648.jpg
反対側から見下ろしてみると、こちらもまだ川沿いの木々は残されている。




H190526_105714.jpg
橋の上に双眼鏡が設置されているので、ちょっと覗いてみよう・・・。




H190526_105739.jpg
非常用洪水吐!
クレーンにはタイヤが付いているように見えるが、桁に乗せてるんだろうか!?
なんか凄い・・・。




H190526_105809.jpg
双眼鏡を左に振ると、以前あったトンネルがまだあった。




H190526_105817.jpg
さらにズームしてみると、特に埋められている様子も無さそうだ。
場所的には、満水時以外は露出しそうな場所だし、ここはそのうち見に行こうかな。




H190526_105923.jpg
下側が、常用洪水吐設備で、上側が、水位維持放流設備だ。
八ッ場ダムは発電しないのかと思っていたが、すぐ下流に八ッ場発電所も建設されるという。
てことは、洪水吐じゃなく、余水吐と呼ぶのかも!?




H190526_105935.jpg
遠目にも巨大さがなんとなく分かるこの穴だが、ズームしてみると単管が設置されている。
ダムの内部を通り、この場所に行くことが出来るのだろうが、まだ単管があると言うことは、まだまだここでの作業も残っているのだろう。




H190526_111329.jpg
と言うことで、一通りダムを見た所で、水没区間を見に行ってみよう。
と言っても、日曜日の昼間に立入禁止区域にノコノコと入っていったら、すぐに通報されちゃう。
なので、あくまで正攻法で・・・。




H190526_111428.jpg
おそらく、作業用の道路なのだろうが、入り口自体が分かりずらい (というか、普通の人は行かなそうな場所) ので、特に立入禁止とは明示されていない道路をテクテクと下りていく。




H190526_111529.jpg
道は荒れているが、余裕で歩いて行ける状態だ。




H190526_111614.jpg
左手には、水没区が広がっている。




H190526_111617.jpg
崩れた土砂が道路上に堆積し、雑草が育っている。




H190526_111621.jpg
うん、まだまだ余裕かな。




H190526_111624.jpg
ちなみに、本日は探索用の装備は一切無しだ。
というか、車中泊で、車内でゴロゴロしていたままの格好だ。
でも、ガチ探索の格好で関係者に見つかるより、ラフな格好で注意された方が、ちょっと間違って入ってきちゃいました的な言い訳がきくかな。
みたいな。笑
しかも、この格好なら、絶対に無茶な所には行こうと思わないでしょ。




H190526_111639.jpg
てことで、先へと進む。




H190526_111717.jpg
わわわ、草木が道路上まで倒れ込んで来てる。
ちゃんとした格好であればなんと言うことも無い障害物だが、今の自分にはかなりのハードルだ。
左の薮が薄い辺りをソロソロと進む。




H190526_111916.jpg
やがて、なにやら看板が見えてきた。




H190526_111936.jpg
伐採作業中につき、入るなと言うことらしい。
入る場合は、ここに電話してくれとのことで、電話番号も書いてある。
しかし、携帯電話は車に置きっぱなしだ。




H190526_111949.jpg
伐採している気配も全く無いので、もう少し先を見に行ってみる。




H190526_112030.jpg
かつてはこの道を、車やバイクが往来していたのだろう。
カーブミラーが見えてきた。




H190526_112058.jpg
きっとこのカーブミラーもこのまま湖の底へ沈められてしまうのだろう。




H190526_112106.jpg
道の脇には車庫のような作りの鉄骨が。
石垣もあるし、この辺りには家が建っていたのかも知れない。




H190526_112116.jpg
眼下に目をやると、橋の上から見えていた道路や橋が間近に見えている。




H190526_112141.jpg
ちょっと斜面を下ればすぐに行けそうではあるが、頭上にある八ッ場大橋から丸見えなので行くことはしなかった。




H190526_112237.jpg
今下りてきているこの道路自体は崖崩れ箇所があるものの・・・。




H190526_112304.jpg
それなりの格好をしていれば、一番下まで行けそうだ。




H190526_113234.jpg
ま、今回は日曜日の昼間なので無茶はしない。
けど、残されている道路や橋へと、もう少しだけ近づいてみることに。




H190526_113445.jpg
吾妻線の鉄橋には以前は工事用のパイプが渡されていたが、今はすっかり撤去されている。




H190526_113448.jpg
橋は路面を見る限りだと、今でも工事用車両用に普通に使われているようだ。




H190526_113450.jpg
このまま沈められると今後いろいろと凄い光景が見られそうなのだが、なんとなく、湛水前に撤去されてしまうような気もするが、どうなんだろう。




H190526_113630.jpg
間近で橋や道路を見ることが出来たので、そろそろ車へと戻ることに。




H190526_114506.jpg
気温は30度近くもあり、照りつける太陽は5月のものとは思えない。
手を洗い、泥だらけの半パンをはらい、無数に付いた植物の種を取り、車に乗り込む。




H190526_120242.jpg
そして、先週からまた火山活動が活発化して通行止めとなった白根山に行ってみるとこにした。




H190526_124700.jpg
と言っても、国道は通行止めで、草津からの山越えは不可能だ。
そこで、高い通行料を払い、万座ハイウェイから渋峠方面へと抜けていく。




H190526_125341.jpg
国道292号へと辿り着いた。
草津方面は、当然通行止めだ。




H190526_125520.jpg
ここまで来たら、もう長野県に抜けるしか無い!
と言うことで、渋峠へと向かっていく。




H190526_125901.jpg
途中、駐車場で休憩していると、山肌に残された雪で遊んでいる人たちの姿が!!!
ジブまで設置してるし、やべえ、めっちゃ、楽しそう(*´w`*)




H190526_130645.jpg
その先の斜面には、もっとやべえ奴が!!
車で行ける場所では無いので、歩いて行って、滑って、ハイクアップしているようだ。
しかも、急斜面にあのコブ。
相当上手なんだろうなあ。




H190526_131359.jpg
うわ、スキー担いで登ってる・・・。
体力も相当無いと、キツそうだ。
自分にはとても無理そうだ。




H190526_131658.jpg
もう5月も終わりだというのに、道路にも結構な残雪が。
でも、気温は25度くらいある。




H190526_132056.jpg
吹き抜ける風の気持ちよさに、駐車スペースがある度に休憩してしまう。




H190526_133243.jpg
そして辿り着いた国道の最高地点。
え?もっと高い道路あるでしょ?
と思ったら、あくまでも、国道の最高地点。
なるほど。




H190526_134231.jpg
そして、群馬県と長野県の県境へ。




H190526_134252.jpg
あとはひたすら下道を走って、横浜へと帰ることに。




H190526_134336.jpg
そういえば、渋峠スキー場ではなにやらバンクドスラロームの大会が行われてました。




H190526_134507.jpg
気温は高いものの、まだまだ滑走出来るくらいの雪は残ってたけど、そろそろここもクローズかな。




H190526_150039.jpg
どんどんと山を下り、長野県中野市へ。




H190526_153716.jpg
その後、国道403号に入り、そのまま国道406号へ。




H190526_162127.jpg
完全な山越えルートだが、信号のある街中を通らずに、菅平まで行けちゃうのだ。




H190526_162257.jpg
と言っても、険しいのはごく一部。




H190526_162259.jpg
中央線ありの快適なワインディングがひたすら続く。




H190526_171619.jpg
小諸市からは、建設中の中部横断道へ。




H190526_173915.jpg
まだまだ延伸中だが、無料で 20Kmほど南進することが出来る。




H190526_181913.jpg
と言うことで、だいぶ中途半端なレポだったが、今年は試験湛水も始まるというので、八ッ場ダムには再度訪問したいと思う。




H190526_185753.jpg
今回、土曜の夜からの走行距離、625Km。
うち、高速(無料分含む) 177Kmでした。

八ッ場ダムに水が溜まり始めたので見に行ってみました!!
次のページ