Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

奥只見に雪の様子を見に行ってみた!  2018-11-26

今年は12月が近づいているというのに寒気が下りてこないため、新潟方面の雪も少ないらしい。
さすがに奥只見には雪があるだろうと思い、ちょっと見に行ってみた。


a181123_202756.jpg
ここのところの原油価格下落の影響か、ガソリン価格も一気に下がってきた。
来年頭には、久しぶりに 120円台看板が見られるかと思うのだが、どうなんだろ。


a181124_011714.jpg
横浜を出て、環七から国道254号→国道17号へと進む。
このまま全部下道でも良かったのだが、そろそろ日付も変わるので、月夜野インターから関越に乗る。
関越トンネルで一気に新潟県まで行けるし、パーキングエリアで車中泊も出来るし、これで高速代 1400円位なら安いもんだ。




a181124_014146.jpg
とりあえず、石打PAで車中泊し・・・。




a181124_124133.jpg
翌日は小出インターを下り、奥只見へと向かう。
なんと、小出インターを出ると、あちらこちらに雪が!!




a181124_125452.jpg
奥只見シルバーラインは、既に雪化粧。
しっかり除雪されていたが、これはテンションが上がる。




a181124_131149.jpg
誰もいない奥只見ダムの駐車場に行ってみた。
うっすら積もった雪の上を走ってみる。
半年ぶりの雪の感触だ。
でも、3年目のスタッドレスは、けっこう滑る・・・。




a181124_131338.jpg
タイヤの山はあっても、2WDで3年目はちっょと難しいのかな。
このタイヤでの走行距離は 4万キロ程度だと思うが、様子見て交換しようかな。




a181124_131536.jpg
タイヤの滑りを確かめるために、急ハンドルを切ってみたりして、しばらく走り回る。




a181124_132821.jpg
その後、奥只見シルバーラインから銀山平に寄る。
銀山平からは、既に福島方面も新潟方面も冬季閉鎖になっている。
この夏には国道352号を新潟から福島に走ってみたが、また半年は雪に埋もれているのだろう。




a181124_164654.jpg
帰り道は国道17号をのんびりと走る。
だんだんと日が暮れていくこの感じがたまらない(*´ω`*)




a181124_180343.jpg
日はすっかり落ちてしまったが、そのまま三国峠へと登っていく。




a181124_182053.jpg
新三国トンネルの工事現場が見えてきた。
数年後には、この場所の景色も大きく変わってしまうのだろう。




a181124_182306.jpg
新トンネルと旧トンネルは、それぞれ上り線、下り線となるのだと思うが、1車線には広すぎる気もする。
どのように改良されていくのかが、楽しみだ。




a181124_182307.jpg
毎回書いてる気もするが、この場所は道路カメラで絶賛生中継中だ(*´w`*)




a181124_225435.jpg
と言うことで、17号をひた走り、環七→国道1号線を通り、横浜まで帰りました (^^)/


国道 352号を走りまくってきた  2018-08-20

6月に見に行ったときはまだ冬期閉鎖中だった国道352号だったが、冬季閉鎖も解除されたと言うことなので、早速走りに行ってきた。


q180811_221334.jpg
土曜の夜に横浜を出発。
お盆期間中だからか、土曜日夜とは思えないほど都内はガラガラだ。




q180811_223256.jpg
環七から国道254号へと入り、新潟県を目指していく。




q180811_233659.jpg
群馬県に入るとゲリラ豪雨が降ってきたりしたが、夜のうちに晴れ、新潟県に入ったあたりで車中泊。




q180812_124424.jpg
翌日は朝からピーカン。
奥只見方面へとアクセルを踏む。




q180812_124837.jpg
前回通行止めだった場所までやってきた。
一定量の雨が降った場合は通行止めにする旨の看板が置いてある。




q180812_125245.jpg
初めて走った国道352号のこの区間。
思っていたよりも、ずっと状態が良い。




q180812_130225.jpg
何カ所か、とても良い感じのロックシェッドが設置されていた。




q180812_130445.jpg
道路自体は狭くなったりもするが、離合箇所が数多く設けられており、走っていて不安が無い。




q180812_131838.jpg
峠付近の展望は素晴らしく、夏の風が吹き抜けていた。




q180812_131924.jpg
峠の駐車場からは登山道に入ることが出来るようで、多くの登山者の車両が止まっていた。




q180812_132310.jpg
ここを過ぎると下り区間だ。




q180812_132324.jpg
かなり長いロックシェッドが見えてきた。




q180812_132338.jpg
うん、この感じ、やっぱり最高だ!!!




q180812_132612.jpg
道路は銀山平に向かい、どんどんと高度を下げていく。




q180812_132927.jpg
眼下には、銀山平の温泉街が見えている。
冬場は雪に閉ざされており、辿り着くことも難しい場所だが、夏場は本当に気持ちよさそうだ。




q180812_132959.jpg
山の谷間には8月だというのに残雪が見えていた。




q180812_134551.jpg
枝折り(しおり)峠を下りきると、透明度のとても高い川が。
この場所は冬場でも時期によっては奥只見シルバーラインを経由してくることが出来る。




q180812_135042.jpg
ここから先は道はどんどん険しくなることが予想された。
ここから福島県檜枝岐村までの区間は、携帯電話はほぼ圏外だし、コンビニはもちろん、自販機すら無いらしい。




q180812_135053.jpg
奥只見シルバーラインへの交差点を過ぎ、福島県方面へと向かっていく。




q180812_135205.jpg
冬期通行止め区間の始点に辿り着いた。
先ほど置いてあった物と同様の看板が置いてあるが、文字はかすれてしまっている。




q180812_135251.jpg
福島県に向かい進んで行く。
既に携帯は繋がりにくくなっていた。




q180812_135314.jpg
道路脇にはこの先の道路が険しくなると言う注意看板が多数立っている。




q180812_140337.jpg
完全な湖岸の峠道かと思っていたのだが、予想外にトンネルが登場。
しかも、けっこう高規格だ。




q180812_140410.jpg
でも、内部に照明の類いは一切設けられていなかった。
トンネル側面にも設備が無さそうだし、もしかしてここって電気が来ていないのでは!?




q180812_141058.jpg
奥只見湖を左手に、結構な高さのまま福島県へと近づいていく。




q180812_141440.jpg
路側には、路面流水注意の看板がいくつか見られた。




q180812_141949.jpg
その注意書き通り、いくつもの洗い越しがあった。
場所によってはけっこうな量の水が流れており、左手崖側にもガードレールが無いので、なかなかの恐怖感が味わえる。




q180812_142519.jpg
けっこう走ってきているつもりだが、距離的にはまだ四分の一くらいしか来ていない。




q180812_143903.jpg
あっ!?
なんとこんな山中で携帯電話が通じる場所があるようだ。
でも、ドコモだけなんで、 auの自分には関係ないか(^^;




q180812_144834.jpg
谷を巻くように走ってきているので、今走ってきた道が対岸に見えていた。
しかし、よくこんな所に道路を通したもんだ。




q180812_145505.jpg
そろそろ険しい峠も終わりに近づいてきたので、車を駐めてちょっと休憩。
横浜では連日35度を越える猛暑日が続いているが、ここは別世界だ。




q180812_151915.jpg
ちょっと休憩し、また、険しい峠を走る。
峠はやがて終わり、ほとんど高低差を持たない道が続く。




q180812_152050.jpg
県境が見えてきた。
あの先が、福島県檜枝岐(ひのえまた)村だ。




q180812_154010.jpg
福島県側はそれほど険しくないと思っていたのだが、道路の線形からは想像が付かないほどの高低差があり、奥只見湖湖岸の峠道よりも大変だ。
油温はあっという間に 110℃を越えている。
ちなみに先ほどまでの峠道は 80℃程度までしか上がらなかった。




q180812_154313.jpg
青看板が見えてきた。
右に折れると尾瀬だ。
直進は檜枝岐村を経由し、会津へと抜けている。




q180812_160553.jpg
尾瀬を過ぎると道はロックシェッドだらけに。
尾瀬という観光地へのアクセスの便を図るためか、相当な整備が入っている。




q180812_160635.jpg
いろいろなデザインのロックシェッドが次々と現れるので、テンションが上がる。




q180812_160912.jpg
ほらまた(*´д`*)




q180812_161039.jpg
豪雪地帯ならではのロックシェッドの多さだ。




q180812_161540.jpg
途中、『屏風岩』という看板があったのでちょっと寄ってみる。
観光地っぽい感じに駐車場が整備されていたが、日曜日だというのに車は一台も駐まっていなかった。
自分以外に人影も無い。
しかし、景観は素晴らしかった。




q180812_164021.jpg
峠区間には民家も商店も皆無だったが、ちらほらと民家が現れてきた。




q180812_164721.jpg
気持ちよくアクセルを踏んで走っていると・・・。




q180812_170344.jpg
また、スノーシェッドが見えてきた。
しかも、このスノーシェッド・・・。




q180812_170434.jpg
なんと内部で分岐していた。




q180812_170439.jpg
勘の良い方はもう気づいていると思うが、上下線が別々に掘られたトンネルがあるための分岐だ。




q180812_170448.jpg
そしてそのトンネルを抜けた先には・・・。




q180812_170652.jpg
今度は真新しいきれいな橋が。
左手には旧道らしき分岐も見えている。




q180812_170705.jpg
旧道分岐に車を駐め、徒歩で先へと進んでみる。




q180812_170913.jpg
なるほど、この先には以前は橋が架けられていたのか。
橋本体は撤去されてしまっているが、橋台自体はそのまま残されているようだ。




q180812_171054.jpg
対岸にも橋台が残されているのが見える。




q180812_171140.jpg
かなり高規格な橋に架け替えてはいるが、元々あった橋もそれなりに高規格だったはず。
距離もほとんど変わらないが、それだけこの道に対する整備の本気度が伝わってくる。




q180812_172908.jpg
国道の重複区間を走る。
帰りは東北道で帰ろうと思っていたのだが、どうやら渋滞しているようだ。




q180812_183820.jpg
そこでさいたま市の首都高までは国道4号を走ることに。




q180812_220924.jpg
整備された新4号は立体交差を多用した快適な道路で、渋滞も全く無くさいたま市へ。
そこから首都高に乗り都内を走る。




q180812_223219.jpg
いつもならこの辺でレポも終了なのだが、今回は先日開通した首都高速の横浜北線を走ってきたのだ。
生麦JCTから横浜北線へと入っていく。




q180812_223249.jpg
この道路はJR東海道線を越え新横浜までの区間、全てが地下となっている。




q180812_223254.jpg
JR線を越え、トンネル区間の始まりだ。




q180812_223416.jpg
いずれ東名高速まで繋がるこの横浜北線だが、今のところ第三京浜と接続されているが、港北インターから降りることは出来なくなっているようだ。




q180812_223440.jpg
ということで、自宅方面に向かうため、新横浜にて降りることに。
新横浜出口手前には、管理道路だろうか、進入出来ない分岐が見えていた。




q180812_223757.jpg
無機質なトンネルを走り、その先の新横浜出口分岐へ。




q180812_223807.jpg
そこから掘り割りのような明かり区間を抜け・・・。




q180812_223839.jpg
新横浜出口へ。
その後は一般道から帰宅しました。




q180812_224004.jpg
丸一日掛けてぐるっと回ってきただけだったけど、たくさん運転できて楽しかった(*´д`*)
今回の走行距離、844Km、燃費 11.3Km/L でした。

原田橋の付け替え沈下橋を見に行ってきた  2018-06-27

静岡県にある佐久間ダム。
原田橋は、そのダムの近くを走る国道473号が天竜川を越える急峻な山間にあった。
2015年の初頭、この橋が落橋し 2名の犠牲者を出した。
供用中の国道の橋の倒壊という残念な事故だが、落橋の直接の原因は橋台上部の斜面が崩れたことによるもので、橋の老朽化が原因ではない。
もっとも、橋自体も老朽化が進んでおり、新橋の工事も進んでいた最中の出来事だった。


s180624_011322.jpg
この地図でいうと、『A』の位置に原田橋が架かっていた。
生活道路であるため復旧が急がれ、急遽、天竜川を跨ぐ『B』の位置に付け替えの仮設橋が作られた。

その仮設橋を航空写真で拡大してみると・・・。




s180624_011325.jpg
増水時の写真なのか、橋上を越水しているではないか!!!

こんな写真を見てしまったら、見に行かないわけにはいかない。
そこで、早速、日曜日に見に行ってみた。




s180624_011326.jpg
土曜日の仕事が終わり、横浜を出発。
新東名をひた走り、遠州森町PAにて車中泊。




s180624_101057.jpg
翌日、早速佐久間ダムへ向かう。
いなさICを三遠南信道方面へ。




s180624_101149.jpg
今回みたいに、1日だけで遠出するとき以外はあまり高速道路を利用しないが、何度通ってもジャンクションを走るのは楽しい。




s180624_101324.jpg
ここから、無料開放中の三遠南信道へ入る。




s180624_102230.jpg
無料開放中と言っても、まだまだ区間は短い。




s180624_102639.jpg
あっという間に高速道路は終わり、国道 151号へ。




s180624_104019.jpg
2車線と1車線の道路を繰り返しながら、北上していくと・・・。




s180624_104518.jpg
やがて仮設橋の案内看板が現れた。
自転車通行不可と書いてある。
どうやら自動車限定のようだ。




s180624_105055.jpg
国道から、仮設橋方向へと誘導する交差点までやってきた。
ここを右手に折れると、仮設橋だ。




s180624_105408.jpg
と思ったら、交互通行にて供用しているようだ。




s180624_105452.jpg
ということで、いよいよ仮設橋へ。




s180624_105527.jpg
仮設の道路は、河川敷の中にコンクリートで盛り土をし、その上を通っている。




s180624_105534.jpg
通常はこのように通り抜けられるが、ダムの放流時には通行止めとなり、仮設橋上を天竜川の濁流が越えていくようだ。




s180624_105614.jpg
橋を渡りきった後は、河原の仮設道路を走る。
奥に見えているのは、現在工事中の、新々原田橋の橋脚だ。




s180624_105641.jpg
架設の道路はやがて、河原と本来の国道を結ぶ上り坂へと接続された。
この道路はおそらく以前から河原に降りる道として存在していた感じだった。




s180624_105642.jpg
ちなみに、この写真が在りし日の原田橋。
初代の橋は 1915年に架けられたが、これは 1956年に架けられた2代目だ。

この橋の左手の斜面が突然崩落し・・・。




s180624_105645.jpg
建設中の新橋もろとも飲み込んでしまったのだ。




s180624_110254.jpg
とりあえずは架設の沈下橋を走れたので満足だが、このまま佐久間ダム方面へと進む。
県道 1号線から飯田を抜け、諏訪経由で 20号を走って横浜まで帰ろうかと思っているのだ。
いくつかのトンネルを抜けると佐久間ダムはすぐそこだ。




s180624_112149.jpg
数年ぶりの訪問だが、あいかわらずのスケール感だ。




s180624_113234.jpg
毎回ここに来る度に、隣接するトンネル群も見て回るのだが、ここも見所がたくさんだ。




s180624_114212.jpg
トンネル内部の雰囲気も最高だ。
そして、本来は立入禁止であるが、山の反対側まで抜けている横穴や、かつての展望台跡などいくつもの遺構が遺されている。
中途半端な探索しかしていないので今回は記事にはしないが、いずれ、遺構群を取りまとめて記事にしたいと思っている。




s180624_114432.jpg
ダム横の駐車場に面した、取水口。
ここから取水し、発電所まで水を送っている。




s180624_114742.jpg
ダムのゲートを真上から。
昔、このゲートの交換工事をしたという方が、奥さんを連れてダム見学に来ていた。
高所の作業だし、スケールもとても大きいので、さぞかし難工事だった事だろう。




s180624_115100.jpg
クレストゲート上を見上げる、この重厚感!!
もうたまらん!!!(*´w`*)




s180624_115804.jpg
ダムから下流方面に目を凝らすと、旧道が見えている。
かつてはダム見学ツアーのバスも走ったと言うが、現在は途中にある橋が通行止めのため完全に廃道と化している。
原田橋の工事が終わるまで、ここに行くのは厳しそうだが、機会を見て、この場所にも行ってみようと思っている。




s180624_120907.jpg
まだお昼であるが、あまり長居していると、下道で横浜へ戻るのが厳しくなりそうなので、佐久間ダムを後にする。




s180624_123944.jpg
佐久間ダムから北上する県道1号線はとても険しい道だ。
落石も多く、路盤に注意して走らないと、タイヤを傷つけてしまうのだ。




s180624_131150.jpg
県道を進んで行くと、やがて大嵐駅へと到着した。
そして、大嵐駅への分岐から、まさかの崩落通行止め。
後で知ったのだが、かなり大きな崩落があり、半年以上通行止めが続いていると言うことだ。




s180624_131151.jpg
現在いる『A』地点からこのまま進み『B』地点まで行く予定だったのだが、2時間掛けて回り道をしないと『B』まで行けないようだ。
うーん、これは困った。
通行止めでも行けちゃうことも多いし、とりあえずそのまま車で走って行って見ようかな・・・。
でも、Uターン出来ないと困るなあ・・・。




s180624_131345.jpg
ま、とりあえずは大嵐駅を見に行ってから考えよう。




s180624_132417.jpg
大嵐駅は駅の両側がトンネルに挟まれている珍しい駅だ。




s180624_132529.jpg
こちらが豊橋側のトンネルだ。




s180624_132629.jpg
そして、飯田方面もこのようにトンネルが口を開けている。

ちなみに、ここ大嵐駅で こばさんという方と出会った。
この方は自転車でいろいろと出掛けているようで、県道1号の崩落地点を見に行くという事で、車から自転車を降ろしていた。
自分も見に行きたかったのだが、今日は探索するつもりで来ていないので自転車は持ってきていないのだ。




s180624_132956.jpg
大嵐駅からちょっと南下してみる。
ダム工事による線路の付け替え前はこちらに線路が通っており、現在は道路となっているのだ。




s180624_133007.jpg
1本目の短いトンネルを抜け、どんどんと進んで行く。




s180624_135945.jpg
そして2本目の長いトンネルへと入っていく。
前回訪れた際は照明も消えており真っ暗だったが、今回は照明が灯っている。




s180624_140302b.jpg
トンネルを抜け、車を駐める。
車を駐めたこの道の奥には、なぜこんな所に!!という集落があるのだ。
ものすごい場所にある集落を見に行ってきた という記事にしているので、興味のある方は是非(='ω')ノ




s180624_140311.jpg
ちなみにこの付近には数台の車が駐車されていた。
以前は気がつかなかったのだが、この場所から湖へと降りることが出来るようで、釣り人の物なのだろう。




s180624_140426.jpg
せっかくなので、長らく通行止めとなっている県道も、ちょっとだけ見に行ってみよう。




s180624_140434.jpg
相変わらずの酷い状態だが、数年前に来たときと、さほど変わりは無いように見える。




s180624_140455.jpg
放置されている車両も同じ場所にあった。




s180624_141043.jpg
車を駐めた付近から通行止めの県道を見てみる。
うん。
あれ?
え!?




s180624_141047.jpg
比較的安全そうに見えていた路盤だが、確実に痛みは進行しているようだ。
何かのきっかけでここが崩れると、この道の通り抜け難易度は一気に上がりそうだ。




s180624_141124.jpg
こんな状態の県道ではあるが、まだ県道としては放棄されていないようで、地図にも道が乗っている。
GoogleMapでも普通に道案内されちゃうのが怖い(((;゚Д゚)))




s180624_141732.jpg
温泉も入って帰りたいので、早々に今来た道を戻り始める。




s180624_141743.jpg
それにしても、連続するトンネルって、なんでこんなにいい雰囲気なんだろう。




s180624_142210.jpg
大嵐駅から旧富山村の中心部へと車を走らせる。
中心部と言っても開いている店舗もなく、辺りは閑散としている。
前方の山の中腹に建てられているのが、富山小中学校だ。




s180624_142238.jpg
富山小中学校を降りてきたところにある信号機。
本来、この場所に信号機は必要ないし、以前は信号機も設置されていなかった。
しかし、村を出た子供たちが都会へ出て信号機を見たときに戸惑わないようにとの配慮で教育用に設置されたものだという。

残念なことに、小中学校は 2015年をもって廃校となってしまい、押しボタン式であるこの信号が変わることも無くなってしまった。
閉校時は、小学生、中学生合わせ、18人ほどの児童がいたようだ。
思ったより人数がいて、ちょっとびっくり!




s180624_142513.jpg
村のはずれにある湯の島温泉に入っていくことに。
この温泉は土日の午後しか営業していないようだ。




s180624_143142.jpg
他に入っている方がいたので内部の写真は撮れなかったが、露天風呂もある、良い温泉だった。
ここで先ほど大嵐駅で出会ったたこばさんと再会し、再度話をすることができた。

こばさんによると崩落はかなりの規模 で、無理矢理通り抜けられるような物じゃ無かった(*´д`*)




s180624_161008.jpg
回り道をして天竜に抜ける方法も考えたのだが、そんなに大回りをしていては、帰りが遅くなりすぎてしまう。




s180624_161024.jpg
幸いにも本日は豊根方面に抜けることが可能なので、豊根から飯田に出て国道 151号から帰ることにした。




s180624_161203.jpg
細く険しい愛知県道 426号を進んでいく。




s180624_161610.jpg
こんな険しい道でも、線形の改良は行われているようで、随所に旧道が見られた。
場所によっては対岸に旧道が残されている個所もあり、木々の隙間からガードレールが見え隠れしていた。
時間があるときにゆっくり見に来たい!




s180624_162536.jpg
峠付近のトンネルを越え、峠道を下っていく。




s180624_165205.jpg
やがて、国道 151号との交差点へとたどり着いた。
国道 151号も改良が進んでいるようで、接続部分は国道 151号のバイパス部分のようだ。




s180624_165336.jpg
県道から国道へと入ったものの、国道とは思えないような道が続く。




s180624_165620.jpg
久しぶりに街が見えてきた。
長らく圏外が続いていた携帯も、電波を拾い始めた。




s180624_171149.jpg
なんだか重厚な造りの道の駅があったので寄ってみた。




s180624_172050.jpg
内部はお土産屋と食事処になっていた。
朝にパンを食べて以来何も食べていなかったので、ここで馬刺し定食を食べたのだが、本当に美味しかった(^^♪




s180624_174143.jpg
横浜は今日も真夏日だというが、長野の山間部は 24度と快適。
窓を全開にして走ると、初夏の気持ち良い風が入ってくる。




s180624_174342.jpg
しかも、国道 151号のこの線形!
もうたまらん!




s180624_174555.jpg
国道 153号へと合流し、諏訪に向かっていく。




s180624_192153.jpg
国道153号は現在バイパス工事も進み、以前とは比べ物にならないほど快適な道路へと変貌していた。
平均時速は 70~80Km/hで流れており、信号も少ないためかなり快適だ。

時刻も 19:30を回り、そろそろ日没だ。




s180624_200642.jpg
国道 20号へは、国道 361号を経由して、高遠を通り抜けることにした。




s180624_200856.jpg
と言うのも、この道にはちょっと面白いものがあるのだ。
真っ暗な道を進んでいくと前方に何やら人影が・・・。




s180624_200905.jpg
そう、ここにはなぜか、警察の取り締まりを模した人形があるのだ。
以前は椅子に座りネズミ捕りをしている姿だったが、今回は立ち上がっていた。




s180624_205240.jpg
諏訪を抜けたところで、1回目の給油。
横浜からの走行距離は 450Km程だった。




s180624_205730.jpg
その後は下道で横浜まで帰るつもりだったのだが、大月の辺りで 23:00を越えてしまったので、大月から圏央道経由にて横浜まで帰った。
だって、明日も仕事だし・・・。

ということで、原田橋と大嵐、富山村辺りをぶらぶらしてきただけの記事であったが、たくさん走れて大満足でした。
今回の走行距離は 600Kmほどでした。

次のページ