Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

東北地方をぐるっと回ってきた  2017-06-27

金曜日、仕事が終わってから、ちょっと東北方面を回ってきた。
と言うのも、地図で見て気になっていた、走ってみたい道があったのだ。


_170624_000022.jpg
週末の混雑を避けるために首都高で北に向かう。
夜の首都高はまるでゲームの世界のようで、走っていて気持ちがいい。




_170624_010950.jpg
そのまま常磐道に入り、途中から下道を走るつもりだったのだが、ETC割引が有効な時間まで高速を走っていたら、結局いわきまで来てしまったので、いわきのパーキングエリアにて車中泊。
換気扇を回すと、車内はちょっと寒いくらいだ。




_170624_100109.jpg
翌日は広野楢葉インターまで高速道路を走る。




_170624_105614.jpg
通り道なので、原発事故の制限区域の様子を見に来たのだ。
しかし、毎年この時期にこの場所を訪れているが、ほとんど変化は無いようだ。




_170624_105739.jpg
制限エリア内は、相変わらずゴーストタウンとなっており、2輪車や歩行者は進入することすら許されない。




_170624_105744.jpg
沿道の建物も、震災の日のまま時が止まっている。




_170624_105748.jpg
歩道に植樹された木々は、手入れが行き届いていないせいか、かろうじて車道に飛び出ないでいる状態だ。




_170624_105751.jpg
側道によっては草木に浸食され、道があった事すら分らなくなっている。




_170624_110112.jpg
本当は車を停めて撮影してみたいのだが、道路自体が監視されているため、ゆっくり撮影することは困難だ。
(以前訪問の際、車から降りていたら、すぐにパトカーが来た・・・)




_170624_110238.jpg
放射線量は震災直後と比べると多少は下がっているようだが、現在の監視状態を見る限り、まだまだ危険な状態なのかもしれない。




_170624_111138.jpg
国道6号の両端での監視以外でも、歩道に停めた車からも監視していた。
エンジンを止めているらしくちょっとドアを開けていたが、この暑いのにご苦労様である。




_170624_112246.jpg
規制区間を出て、海沿いへと行ってみる。
堤防の様子を見たかったのだ。




_170624_114808.jpg
海沿いに向かう途中の住宅が建ち並んでいた場所は、相変わらず元から何もなかったのようだった。




_170624_120425.jpg
海岸付近までやってきた。
どうやら道路自体も作り直しているようで、まだ舗装もされていない。
立ち入り禁止を入って来てはいないはずだが、どう見ても工事現場の雰囲気全開だ。




_170624_120737.jpg
堤防脇に車を停め、海岸を見に行ってみると、大量の消波ブロックが!!
あまり見ることが無い、技研工業製の六脚ブロック の向こうには・・・。




_170624_120740.jpg
菱和コンクリートのクリンガー が!!
そして、その向こうにはチスイの中空三角ブロック!!!




_170624_120755.jpg
極めつけは、遥か彼方まで連なるプラフォームサンブレス製のジュゴンブロック~~!!!

一度にいろいろな種類の消波ブロックがこの狭い範囲に並んでいるのはいろいろとすごい。
ま、興味のない人には、何のこっちゃなんだろうけど (^^;




_170624_134242.jpg
寄り道はこのくらいにして、6号線の北上を続ける。




_170624_145359.jpg
仙台の手前から内陸へと進むことに。




_170624_151053.jpg
それほど険しくは無い山あいの道を延々と進んで行く。




_170624_152203.jpg
宮城県と山形県の県境が近づいてきた。




_170624_153656.jpg
今回目指してきたのが、ここ、笹谷峠。
現在は山形自動車道のトンネルが出来たため、この峠を通る人はほとんどいない。
この区間の高速料金は 210円。時間にして約 5分で笹谷峠を抜けられる。
それをわざわざかなりの時間をかけて峠越えをするのは、よほどの物好きしかいないだろう。




_170624_153714.jpg
ま、とりあえず、行ってみましょ。
峠の入口には、大型車両の通行を規制する、大きな看板が。




_170624_153751.jpg
そのまま進んで行くが、穏やかな舗装道路が続く。




_170624_153822.jpg
もっと酷い道を想像していたが、なかなか快適だ。
でも、注意看板が出てきたし、そろそろ荒れてくるのかな。




_170624_153839.jpg
と思っていたのだが、離合可能な場所もたくさんあるし、それほど険しく無い。
雰囲気的には、以前走った安房峠 に似ている。




_170624_154316.jpg
地図で見ると険しそうだけど、案外普通の峠道だなあ・・・。

でも・・・。




_170624_154727.jpg
途中で送電線の巨大な鉄塔が道路のすぐ脇に立っていた。
こんなものに出会えるのも、旧道の醍醐味なのだ。
しかし、あんな所に階段があったなんて初めて知ったよ・・・。




_170624_161116.jpg
峠を過ぎ、山形県側に入ると、ヘアピンの連続区間が続く。




_170624_161835.jpg
高低差もすごいが、このカーブもすごい。
かつて大型車が曲がりきれなくなって挟まり、動けなくなったというのもうなずける。




_170624_161835b.jpg
カーブの途中に山形縣の標柱が。
なかなかいい感じである。




_170624_161942.jpg
しかしなかなかのカーブだ。
ハイエースの長さは 469cmしかないので充分に曲がり切れるが、全長の長い車はガードレールにこすりそうだ。




_170624_161947.jpg
長い車も結構入ってきているのか、このあたりのガードレールはこすり跡だらけだった。




_170624_162054.jpg
それほどの苦労も無く、山形県側に抜けてきた。




_170624_171844.jpg
せっかくここまで来たんだから、月山スキー場に雪を見ていくことに・・・。
このスキー場は、4月にオープン、7月まで滑ることが出来るという、珍しいスキー場なのだ。




_170624_174225.jpg
途中、道の駅 にしかわ 月山銘水館に寄って、遅めの昼食をとる。




_170624_174403.jpg
お土産と、今夜の車中泊のおつまみを購入。




_170624_180653.jpg
そして、併設する温泉に入っていくことにした。




_170624_180742.jpg
入浴料はなんと 300円!
温泉付きの道の駅は増えてきたが、この値段は安すぎる!
湯船も大きいし設備も新しく、横浜ならあと 1000円は余分に取られそう (^^;




_170624_183227.jpg
温泉の入口では、地元山形産のサクランボがたくさん売られていた。
美味しそうだけど、高いなあ・・・。




_170624_190949.jpg
道の駅を出て、月山スキー場へと向かう。
時刻はもう、19時を回っている。
早くしないと日暮れまでに到着できない。




_170624_192325.jpg
ものすごく急なヘアピンカーブをいくつも抜け、月山スキー場へと到着。
と言っても、もうこの時間じゃ誰もいないか。

ゲレンデには確かに残雪が。
ここの気温は 14度程度だ。
あの雪があと 一か月以上も溶けずに残っているというのがすごいな。




_170624_192547.jpg
初めて訪れた月山スキー場だが、こんな所にも廃墟が・・・。
他にもっと潰れかけたのもあったけど、雪の重みでつぶされないか、ちょっと心配である。




_170624_192628.jpg
もう 7月になろうとしているのに、足元にも、向こうの山々にも残雪が。
なんだかちょっと不思議な感覚になる。




_170624_193725.jpg
天気は薄曇りだったが、日暮れとともに表情を変えていく空はとってもきれいで、日が沈むまで、ぼうっと空を眺めてしまった。




_170624_195020.jpg
すっかり日の暮れた峠道を下っていく。
2速に入れてもどんどん加速していく程だ。
雪が降ったらここまでの勾配を登るのは、もう、不可能だな・・・。
あ、だから 4月までこのスキー場はオープンしないのか!?




_170625_001525.jpg
その後、道の駅月山にて小休止をし、一気に新潟市内まで車を走らせる。
月山から新潟市内まで 2時間以上かけ 150Km程一般道を走行したのだが、その間に信号 2回しか止まらなかった。
と言っても信号自体、ほとんど無いのだが、それでも一般道をこれだけの距離走り続けられるのは、なかなか無い。




_170625_103557.jpg
深夜に到着した、道の駅パティオ新潟で車中泊。
翌朝はあいにくの曇天模様。




_170625_111634.jpg
早めに帰って車いじろうかと思ったのだが、ちょっと寄り道しようと国道 17号を南下する。
朝だというのに、車の流れは 80Km/h 以上だ。
ちょっとみんな飛ばしすぎじゃないの!?




_170625_122942.jpg
寄り道したのはココ、六日町にあるリサイクルショップ。
この道を通るたびに寄っているが、なかなかマニアックな品揃えで楽しいのだ。




_170625_132558.jpg
工具類や建材など、普通の商品もたくさんあるのだが、消防用のホースとか、需要が良く分らないものもたくさん置いてある。




_170625_133554.jpg
ポータブルガス切断機とかある!
ちょっと欲しい (^^)




_170625_133657.jpg
素材として活用できそうなものもごろごろしてる。

この店は特に工具が多く、無名の工具の中にロブスターのプライヤーが混じっていたり、スナップオンのスパナが混じっていたりと、宝探し的な楽しみもできる。
そして、ちょっと考えられないくらいに安いのだ。




_170625_153632.jpg
1時間ほど工具と素材を物色し購入。
そして湯沢インターから関越道に乗り、一気に練馬まで走る。




_170625_184853.jpg
日曜夕方の都内は、大きな混雑も無く快適に帰宅。
久しぶりに週末土日での遠出だったが、1,000Km以上走れて満足できたし楽しかった!
今回は、高速道路を 400Kmも使ったから、時間的にもかなり余裕だった。

さーて、今度はどこに行こうかな\(^o^)/

1年ぶりに、八ッ場ダムの建設現場を見に行ってきた ~後編  2017-06-14

この記事は 前編 からの続きです。


_170604_142927.jpg
ダムの上流側にある不動大橋の近くにやってきた。
すると高台の代替地に真新しい神社が。
どうやら川原湯神社が移転してきているようだ。




_170604_143116.jpg
という事は、元の場所にあった神社は取り壊されてしまったのか!?
立ち入り禁止ではなさそうだったので、ちょっと見に行ってみることに。




_170604_143333.jpg
参道の石階段を登っていく。




_170604_143405.jpg
すると途中から石段が取り外されている!
これって、階段も移設したのかな。




_170604_143434.jpg
階段を登り切ってみると、やはり神社は取り壊されていた。
シャベルカーがいるところを見ると、取り壊しの最中なのだろう。




_170604_143434b.jpg
昨年訪れた際には、まだ鳥居もあったのに、石碑ごとごっそりとなくなってしまっている。




_170604_143536.jpg
社が建っていた付近には、歌が書かれた看板がぽつんと残っていた。




_170604_143553.jpg
周囲には乱積みの石垣が残っていたが、この石垣も移設するのだと思う。




_170604_143604.jpg
というのも、既にばらばらにされた石材が、整理されて並べられていたからだ。
でも、もう一度元通りに組み直すのは大変そうだ。




_170604_144058.jpg
前回訪問時にはまだ取り壊されていなかった、800年の歴史を持つ公衆浴場、王湯に行ってみた。
すると、既に建物は無くなっており、道路も閉鎖されていた。




_170604_144104.jpg
ダム本体の工事現場に近いせいか、立ち入りも厳しく制限しているようだ。




_170604_144219.jpg
王湯の浴室がむき出しになっている。
基礎は残したままだけど、このまま沈めちゃうのかな。




_170604_144430.jpg
付近には、かつて温泉街を照らしていただろう街灯が、いくつも横たわっていた。




_170604_144935.jpg
これ以上は下れなそうだったので、新しく架けられた、不動大橋へと行ってみようと、自転車を押し急坂を上っていく。




_170604_151320.jpg
不動大橋の橋上から、先ほどまでいた八ッ場大橋方面を眺めてみる。
欄干のそばに、満水時のイメージ写真が掲げられている。




_170604_151320b.jpg
満水時とはいえ、この写真を見る限りだと、かなりの部分が湖の下になってしまうようだ。




_170604_152501.jpg
橋の反対側を眺めてみる。
こちら側も大部分が水没してしまう。




_170604_152604.jpg
眼下を見下ろすと、立ち入り制限の為の柵が設置されているのが見えた。




_170604_152607.jpg
もうあの場所には行けないものと思い込んでいたが、あの場所に柵があるという事は、あそこまでは行けるという事か・・・。




_170604_153507.jpg
付け替え道路から谷へと下る道路を見つけたので、早速自転車で下っていく。




_170604_153510.jpg
結構な急坂なので、自転車だとあっという間だ。
帰りがまた大変そうだけど。




_170604_153917bbb.jpg
先ほど上から眺めていた場所に出たようだ。




_170604_155001.jpg
国道のおにぎりもまだ残っている。
まだ廃止区間にはなっていないようだが、あと数年でこの場所も湖底に沈み、二度と歩くことは出来なくなる。




_170604_155052.jpg
誰もいない国道を、上流方面に向かい自転車を走らせる。




_170604_155630.jpg
自転車を走らせていると、並走する吾妻線のトンネルが見えてきた。
路線自体はもう使われてはいないので中を見てみたかったのだが、登れそうな斜面を見つけられなかった。




_170604_160403.jpg
ダム方向を振り返る。
新しく架けられた八ッ場大橋と不動大橋。
あの橋のすぐ下まで水で満たされると言うのを想像してみる。
水量もものすごいけど、その水を溜め込み抑え込むダムの頑丈さは想像を絶する。




_170604_161103.jpg
付け替え道路である、八ッ場バイパスが見えてきた。
帰りはあの道に出てすいすいと帰ろう。




_170604_161505.jpg
車を停めてある道の駅に向かい橋を渡っていく。




_170604_161826.jpg
この橋の下も水没地区のようで、地形の改良が進められている。




_170604_162832.jpg
道の駅に戻ってきた。
日曜日だというのに、駐車場はがら空きだ。




_170604_162832b.jpg
サイクルキャリアに自転車を積み、横浜に戻ることに。




_170604_170015.jpg
406号線を南下すれば山越えをして高崎まで抜けられるようなので、帰りはこの道を選んでみた。
高崎からは 254号線ですいすいだろう。




_170604_170021.jpg
線形を見るとだいぶ険しそうな感じだったが、実際には幅員も十分で快適に走れる道だった。
信号もほとんどなく、あっという間に高崎まで行けそうだ。




_170604_190320.jpg
という事で、久しぶりの八ッ場ダムだったが、冠水前に、また行ってみようと思う。

1年ぶりに、八ッ場ダムの建設現場を見に行ってきた ~前編  2017-06-13

久しぶりに、八ッ場ダムの建設現場がどうなっているのかを見に行ってみた。


_170604_115341.jpg
前回行ったのと同様に、前日夜に横浜を出発。
そして、寄居パーキングにて車中泊。




_170604_115341b.jpg
翌日、早速八ッ場ダムの建設現場へ。
とりあえず展望台に上がってみる。




_170604_120401.jpg
人が一人立てるだけのスペースから眼下を眺めると・・・。




_170604_120409.jpg
おー、堤体を作ってる。
絶賛コンクリート打設中だ。




_170604_120413.jpg
しかしこのスケール感、半端ない(*´д`*)




_170604_120449.jpg
ダム本体と反対側を眺めてみる。
手前の大きな橋が八ッ場大橋。
その下に架かっているのが、旧八ッ場大橋と吾妻線の鉄橋だ。




_170604_120449b.jpg
間もなくダム湖の底に沈んでしまうが、絵はがきにもなっている、素晴らしい風景だ。




_170604_120449bb.jpg
八ッ場大橋に行ってみる。




_170604_120449bbc.jpg
八ッ場大橋の上から、旧八ッ場大橋を眺めてみる。
あそこ、行ってみたいなあ・・・。




_170604_122452.jpg
橋の上から眼下を見下ろしながら歩いていると、一本の道路が下っているのを見つけた。




_170604_122506.jpg
線形を辿ってみると、どうやらまだこの道路は通行止めでは無さそうだ。




_170604_123217.jpg
自転車を取りに一旦車へと戻る。




_170604_124013.jpg
そして早速先ほどの道を下ってみる。




_170604_124221.jpg
もの凄い急坂を、どんどんと下る。
これは帰りは大変そうだ(^_^;




_170604_124244.jpg
鉄橋が近づいてきた。
鉄橋の上には工事用のコンベアが設置されているようだ。




_170604_124432.jpg
そのまま下って行くと、残念ながら鉄橋方面へは立入禁止となっていた。




_170604_124453.jpg
しかし、左手へは進むことが出来そうだ。




_170604_124506.jpg
細い路地を自転車で進んで行く。




_170604_124813.jpg
吾妻線の旧線敷が撤去されずにまだ残されている。




_170604_124843.jpg
踏切の向こう側は、すぐに工事現場のようだ。




_170604_124852.jpg
周囲の建物は取り壊しが終わっているようで、基礎のみが残されていた。




_170604_124939.jpg
踏切を越え、ちょっとだけ工事現場を覗いてみる。




_170604_125120.jpg
特に立入禁止とは書かれていないが、入ってはいけない雰囲気だ。
危険防止のための立入禁止と違い、管理区域としての立入禁止なので、ここはこれ以上進むのをやめておいた。




_170604_125541.jpg
再び踏切を渡り、集落の跡地へと行ってみる。




_170604_125544.jpg
この辺りの建物は、全て撤去済みのようだった。




_170604_125617.jpg
道ばたに残されている石垣の上に、立派な松が天を仰いでいた。
この松は、このまま湖の下に沈んでしまうのだろうか。




_170604_125728.jpg
行けるところまで行ってみようと奥へ進んでいったのだが・・・。




_170604_125823.jpg
どの道も最後は植生した薮に阻まれて進めなくなっていた。




_170604_130026.jpg
これ以上どこへも行けなそうなので、そろそろ戻ることに。




_170604_130153.jpg
ダム建設がなければ、ホントに長閑な集落だったんだろう。




_170604_130257.jpg
工事の際に、何かが出土したのか、発掘調査をやっていた。
全く危険は感じなかったが、なにやら危険とか書いてある。
罠でも仕掛けてあるのかな(*´д`*)




_170604_130635.jpg
先ほど下ってきた道を、自転車を押し進んで行く。




_170604_131039.jpg
気温はそれほど高くはなかったが、それでもずっと上り坂はきつい。




_170604_131236.jpg
橋の下まで戻ってきた。
よし、もうちょっとだ。




_170604_132113.jpg
橋まで戻ってきたので、そのまま自転車で橋を渡ってみることに。




_170604_132739.jpg
橋の上には双眼鏡が設置してあった。
この双眼鏡は、この地区のあちこちに設置されており、自由に使用することが出来るようだ。




_170604_132749.jpg
というわけで、ダムの工事現場方面を覗いてみる。




_170604_132758.jpg
おっ、鉄橋がこんなに大きく見えるぞ(*´w`*)




_170604_132803.jpg
コンクリート運搬用らしきコンベアも、こんなにくっきりと。




_170604_132856.jpg
ん!?




_170604_133050.jpg
あんな所にトンネルがあるじゃないか!!
場所的に、渇水期にはもしかしたら湖面から顔を出しそうだ。




_170604_133147.jpg
双眼鏡にカメラのレンズを押し当て、ズームしてみる。
それほど荒れているようには見えないけど、向こう側がどうなっているのかが気になるなあ・・・。




_170604_134940.jpg
トンネルは気になるケド、正規の方法では近づけなそうなので、とりあえず今日の所はパス。
トンネルは付け替え道路からそれほど離れてはいないので、道路脇の斜面を下って行けば、立入禁止を乗り越えなくても行けるような、行けないような・・・。
よし、水没前にまた来よう(*´w`*)

歩きながらそんな事を考えていると、仮設の階段が下っているのを発見。




_170604_135117.jpg
とりあえずは橋の真下に行けそうだ。
ちょっとだけ見てこよう( ^ω^)




_170604_135146.jpg
階段を下ると、予想通り橋の真下に出た。




_170604_135154.jpg
管理用の歩道のようだが、下が透け透けになっていないので恐怖感は少ない。




_170604_135213.jpg
でも、これ以上どこにも行けないので、次は、もうひとつの巨大橋である不動大橋へと行ってみることにした。

後編へと続きます


次のページ

FC2Ad

まとめ