Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのハブベアリングとナックルを交換してみた  2017-05-22

自分が乗っているハイエースは、走行 20万キロだ。
今のところ足回りにガタは出ていないが、そろそろディスクローターやハブベアリングも寿命だろう。
と言うことで、ナックルを含めたハブ廻りをごっそりと交換することにした。


_170517_202337.jpg
お店に頼むと、部品を含めて左右で 12万円程度かかると言うことだ。
自分でやれば、その半分以下でいけそうなんで、難しそうだったがやってみることにした。
もちろん、SST (特殊工具)やプレス機なんて持っていないので、最低限必要な物は買ってきた。

と言うわけで、まずは新品のハブにベアリングを圧入していく。




_170517_202406.jpg
新品のベアリングとナックルは、左右で 1万ちょっとでヤフオクにて入手。
ハブナットまでついていたのでかなりお得だ。




_170517_202556.jpg
まずはハブの組み立てだ。
1万円程度のショボイプレス機で、ベアリングを圧入していく。




_170517_202601.jpg
3.5tのプレスでも、まあなんとか入っていくが、初めてなので緊張する・・・。




_170517_203310.jpg
ちゃんと垂直になるように、ベアリングのアウターに力をかけないように注意しながら、圧力をかけていく。




_170517_203835.jpg
うん、なんとかちゃんと入ったかな。




_170517_204503.jpg
ベアリングの圧入さえ済めば、あとは簡単。
ディスクローターをハブにボルトで固定し・・・。




_170517_204828.jpg
速度検出用のリングを乗せる。
ちなみに、このリングはスキッドコントロールローターというのだが、対策品のナックル (※後述) 用と、初期型用で若干形が異なっている。
再使用可能部品であるが、それぞれのナックルに合った物を使用しなくてはならない。




_170517_204838.jpg
ハブとベアリングを固定するナットは、再使用不可部品なので、必ず新品を使用する。




_170517_204957.jpg
SSTでハブナットを・・・。




_170517_204957b.jpg
287N・m という強烈なトルクで締め込む。




_170517_205928.jpg
そして、緩み止めとして、タガネや貫通ドライバーにてきっちりとロックする。




_170517_210016.jpg
これで、ハブの組み立ては一通り終了だ。




_170517_210603.jpg
ナックルとハブは、4本のボルトでこのように止まっているのだが、車両への取り付け時は別々に組み付けた方が楽なので、ナックルとは別にしておく。




_170517_210603a.jpg
ちなみに、ボルト類は足回りの分解組み立て練習用に解体屋から入手したジャンク品より調達。
もちろん外した物を再使用しても良いのだが、きれいな物で組み立てたかったので・・・。




_170517_214655.jpg
サンドブラスターにて清掃。




_170517_214655b.jpg
ぴっかぴかにしておいた。




_170520_114706.jpg
ということで、ハブの組み立てが終わったので早速今付いている物と入れ替え作業をすることに。
ここまで組んでおけば、車が動かせないのは入れ替え作業中の数時間だけだ。




_170520_114706b.jpg
工具と交換するハブを準備して、作業開始!!




_170520_114719.jpg
ジャッキアップして、しっかりとウマをかける。




_170520_114816.jpg
ホイールを外したら・・・。




_170520_120152.jpg
まずはブレーキキャリパーを取り外す。




_170520_120306.jpg
キャリパーは、ブレーキホースを痛めないように、適当にぶら下げておく。




_170520_120632.jpg
キャリパーのベース部分も取り外してしまう。




_170520_120707.jpg
本来ならこの状態でナックル裏の4本のボルトを取り外し、ハブを引っ張ると、それだけでハブが抜け落ちてくるという構造だ。
修理書にもそう書いてある。
でも、ナックルとハブは、そう簡単には分かれてくれない。
錆で固着して、ちょっとやそっとじゃ太刀打ちできないのだ。
ハイエースのハブをナックルから抜き取る為の専用工具が修理工場向けに 3万円程度で売られていることから考えてみても、きっとみんな苦労しているのだろう。

それにしてもこのディスクローター、あり得ないくらいに錆びている。
でも、練習用に買ってきたのも同じくらい錆びてたから、こんなもんなのかな。




_170520_120837.jpg
本来ならハブを引っこ抜いてからナックルを取り外すのだが、ハブが抜ける気配は全く無い。
なので、ここは車両からナックルごと取り外す。

まずは割ピンを抜き取り・・・。




_170520_122212.jpg
スピードセンサーを取り外す。
ここまでは非常に簡単。




_170520_122944.jpg
そして下側をのぞき込み、この5箇所のナットと・・・。




_170520_123446.jpg
このナットを取り外す。

ボールジョイントは簡単には外れないので、ナットを残したまま大型ハンマーにて打ち抜いた。




_170520_123608.jpg
ナックルがなくなったので、なんだかすっかすかだ(*´д`*)




_170520_123849.jpg
取り外したナックルに残っている、ロアアームボールジョイント。
これは再使用するので取り外す。

しかし、これがまた、テーパー状に刺さっているだけなのにめちゃめちゃ硬いのだ。
これを取り外す専用工具も売っているが、そんな物は持っていない。




_170520_123849a.jpg
ボールジョイントのブーツを交換するのなら、数百円で買えるこんな工具を使って・・・。




_170520_123849b.jpg
ここに打ち込んでしまえばブーツは傷んじゃうけど比較的簡単に抜けてくれる。
でも、今回はブーツは用意していないので、不要なナットをボルト先端につけ、大型ハンマーにて打ち抜く事に。

ちなみに、対策済みナックルの件だが、この写真に写っているナックルが対策済みのものだ。
ハブに水やドロがかからないようにステンレスのカバーが打ち込んである。




_170520_123908.jpg
今取り外したナックルは、カバーが付いていない初期型のナックルなので、ベアリングの裏側にドロや水分が直接かかってしまう。

ところで再利用するボールジョイントだが、大型ハンマーで力一杯叩いていると、なんとか抜けてくれた。




_170520_124904.jpg
新品のナックルに、今取り外したボールジョイントを移植する。




_170520_131305.jpg
あとは、それぞれ差し込んでナットを締めればOK。
変なテンションがかかっている場所もなく、作業は簡単だ。
規定トルクで締め付けたら、新品の割ピンを差し込んで、ナックルの取り付けは完了。




_170520_133101.jpg
最後に、ローターカバーとハブを差し込んでボルトを締めればもう完成したも同然だ。




_170520_133819.jpg
ブレーキローターを交換したので、ブレーキパッドも新品にする。




_170520_133959.jpg
と言っても、もう限界まで使用してるから、どっちみち交換だ。
前回変えてから 8万キロくらいだから、良く持った方なのかな。




_170520_134133.jpg
新品のローターに新品のパッド。。。

早く運転した~い(*´w`*)




_170520_134359.jpg
そう言えば、ピストンを戻してブレーキのリザーバータンクを見に行ったら溢れそうになっていた。




_170520_134359b.jpg
先日、LSDの組み替えをした際 にリアブレーキを切り離したため、その時点でブレーキオイル量を合わせたのを失念していたのだ。
危うく溢れさせるところだった(^_^;




_170520_134459.jpg
ということで、完成~~\(^^)/




_170520_135346.jpg
手洗い場を作った から、整備から手洗いまでガレージで完結して最高~~\(^_^)/




_170520_141143.jpg
って、右側がまだだった・・・・・・・。




_170520_153214.jpg
ところで、両側の交換が終わってから取り外した部品をみていると、右側のローターの内側が変な減り方をしていた。
パッドの残りもあるのに、妙な段付きで摩耗している。
ディスクローターの内側はキャリパーとカバーで隠れてて目視できないから、たまにはキャリパー外して点検した方がいいのかな。
前回ブレーキパッド変えたときは、問題なかったんだけどねー。




_170520_174518.jpg
というわけで今回の費用

ディスクローター 12,000円 (ヤフオク新品)
対策品ナックルとベアリング類 15000円 (ヤフオク新品)
ハブ 13950円 (1つはヤフオクで 4000円、もうひとつはAmazonで9950円、どちらも新品)
ブレーキパッド 1800円 (Monotaro新品)

解体屋で買ってきた、分解組み立て練習用のナックルハブ廻り 3500円
プレス機 12500円
プレス用に使う、鉄の塊いろいろ 4000円
ハブナット用のSST 4000円
でかいプーラー 2900円

結局 部品代は 4万円程度だったが、なんだかんだで 7万円くらい使ってしまった(^_^;
だけど、プレス機とかSSTは手元に残るし、何より楽しかった!!
そして、作業スキルもきっと上がった!!!

これからも、出来そうなことは何でもやってみよう(*´w`*)

ちなみに、運転してみたら、ブレーキのタッチがめちゃくちゃ良くなっていた。
今までも効き自体は特に問題なかったんだけど、踏力と効き具合の分解能が上がったというか、とにかくブレーキを踏んだ瞬間に分かるくらい変わった!
ディスクローターとブレーキパッドは、両側で 1万ちょいで買えるから、今度はもう少し早めに交換しよう(*´w`*)

ガレージの増築部分にシンクを付けてみた  2017-05-18

ガレージに隣接して作った作業場で作業をしていると、あっという間に手が油まみれになる。
作業場は自宅の裏手なので水道はない。
手を洗うためには、いちいち作業場を離れなくてはならない。
そこで、作業場に手洗い場を作ってみた。


_170504_184707.jpg
シンクは安いものだと1万円程度で買えるのだが、ステンレス製のサラダボールで代用すれば 1000円程度で作れそうだったのでホームセンターのキッチンコーナーで大きめのボールを買ってきた。




_170504_190501.jpg
水道自体は、洗車用のホースを繋ぐつもりだったので、サイズ変換アダプターをかまして、ホースを繋ぐ事にした。




_170504_191919.jpg
水道ホースを仮付けしてみるといい感じだ。
これならうまく行けそう(*´д`*)




_170504_194331.jpg
と言うことで、水道の延長ホースをカチャッとはめるアダプターを製作。
ポリ缶のキャップみたいのをかましてるけど、当初は水の取り入れ口を木に固定しようと考えてたから。
結局、この部分は繋ぎっぱなしにしたから、今となっては意味は無い。




_170504_201724.jpg
とりあえず蛇口が完成。
蛇口を取り付けてあるパネルがかなりやっつけな感じだが、今回は実用性重視なので見た目は気にしない(*´w`*)




_170504_201735.jpg
蛇口の下にはこんな感じでシンクを作ろうかな。




_170504_214716.jpg
適当な板をつなげた物に・・・。




_170507_191650.jpg
ざっくりと穴を開け・・・。




_170507_191712.jpg
ステンレス製のサラダボールをはめ込む。




_170507_192815.jpg
そして、排水用の穴を開けて・・・。




_170507_192957.jpg
ホームセンターで買ってきたこんな感じの部品を差し込み、防水加工をする。




_170507_200039.jpg
ホースを繋いだら、もう完成。
この場所は本来屋外なので、排水はそのまま排水溝へと流してしまう。




_170509_201537.jpg
これで、手が汚れてもいちいち水道まで行く手間が省けるし、部品の洗浄もここで行なえる。




_170509_201547.jpg
見た目はかなり貧弱に見えるけど、実際は人が乗ってもびくともしないくらいに丈夫に作ってある。
ちょっとしたDIYだけど、こういうのは快適度も上がるし、満足度高すぎ\(^_^)/


ガレージに作業台作ってみた  2017-04-17

万力とプレス機を購入したのだが、万力用の作業台を買おうとしたら、安いものでも 3万とか5万とかするではないか。
ということで、作業台を作ってみた。
そのついでに、自宅裏のスペースに屋根を付け、作業場を広げて格好良くしてみた。


_170408_113531.jpg
これが現在の作業場だ。
といっても、ガレージの奥の一部に屋根を付け、工具などが置いてあるだけだ。
普段の作業は全てここの床で行っている。

とりあえず、隅っこに万力用の台を作ってみる。




_170408_122854.jpg
ホームセンターに行って、板を物色。




_170408_143126.jpg
材料を揃えて、早速作業開始。




_170408_144958.jpg
電力引き込み用の鉄柱が立っているので、それを避けながら作業を進める。
とにかく頑丈にしたかったので、既存のガレージ(屋根付き作業スペース)と結合しながら組み立てていった。




_170408_161021.jpg
あっという間に完成!!
バイスを固定しいろいろとテストしてみると、ガレージと一体化した作業台はびくともしない。
たった 2000円でバイス台が完成したぞ(*´w`*)



_170408_161945.jpg
早速プレス機も組み立てる。




_170408_162429.jpg
と言っても、鉄骨をボルトで留めていくだけだ。
組み立て時に歪みがあると、プレスする際に斜めに力がかかってしまうので、慎重に組み立てる。




_170408_185229.jpg
ホントはここで終わりにしようと思ったのだが、こんなに安く作業台が作れるのなら、もっと広い作業台を作りたいとか思ってしまった。
そのためには、ここにある荷物をどこかに移動させなくてはならない。
うん、どこへ・・・!?




_170409_161854.jpg
と言うことで、ガレージを延長し、家の裏に作業場を広げてしまうことに。
もちろんそんなことやった事無いけど、ま、なんとかなるでしょ( ^ω^)




_170409_161854b.jpg
自宅の外壁に木を固定していく。
頑丈にするために、自宅と一体化させてしまうことにしたのだ。




_170409_173345.jpg
設計図もなにも無い状態で、黙々と木ねじを打っていく。
ゆすったり、ぶら下がったりして強度を確かめながら、木材を足していく。




_170409_190714.jpg
エアコンの室外機は動かせないので、この上に3段の棚を作ることに。




_170409_203825.jpg
3段あれば、この棚の荷物全部を、増築した部分に移動できるはず。




_170412_201807.jpg
屋根部分は、ポリカーボネートの板をビス留めした。
壁部分は、防水のための糸入りビニールシートを貼り付け、その上からプラ段をビス留めした。
とにかく安上がりに仕上げたいのだ。




_170414_202619.jpg
3段の棚も作ることにしたので、そのための材料を調達。
一本 298円の格安な材料だけど、強度はなかなかだ。




_170415_095300.jpg
せっかく作業台を作るので、雨が吹き込まないように、作業スペースの屋根の延長もすることに。
またまた思いつきで作業を進める。




_2017-04-17-0011.jpg
ちなみに、位置関係は、こんな感じだ。




_170415_101311.jpg
壁部分は目隠しも兼ねてすのこ状にしてみた。




_170415_102525.jpg
作業スペースとがっちりとネジで固定していく。




_170415_120913.jpg
屋根部分はまたもや自宅の外壁と固定しながら組み立てていく。




_170415_132358.jpg
こちらも、とにかく頑丈さを優先し、木材を足しながら組み立てた。




_170415_132413.jpg
屋根部分はポリカーボネートの板をビス留め。
庇部分にはプラダンを貼り、雨がかからないようにした。




_170415_150207.jpg
予定外の作業をして時間が押してしまったが、棚の製作を進める。




_170415_153131.jpg
同型の木材だけで組み立てていくのが、レゴブロックをしてるみたいでなんだか楽しい。




_170415_160538.jpg
1時間程度で完成し、早速工具や荷物を移動する。
うん、収納力抜群だ!!




_170415_170608.jpg
このすっぽり空いた空間に、作業台を作っていくのだ。




_170415_194519.jpg
切断してビス留めの繰り返し。
全ての木材を、周りの木材や自宅やガレージとつないでいく。
めちゃめちゃ頑丈で、ゆすってもびくともしない。
これは完成した暁には、車いじりがはかどりそうだ(*´д`*)




_170415_200928.jpg
ところで、びっくりしたのがネジの値段。
40本で200円とかするネジなのだが、箱で購入すると、1000本とか入ってて600円程度なのだ。
1本の単価、違いすぎるでしょ( ゚д゚)




_170415_203120.jpg
そんなこんなで作業台が出来てきた。




_170416_102755.jpg
ここで、今度は電気配線だ。
この作業場には防雨型のコンセントを以前取り付けていたので、そこから配線を分岐していく。




_170416_103934.jpg
コンセントにはスイッチも取り付けた。




_170416_105039.jpg
見た目は悪いけど、まあいいか(^_^;




_170416_114546.jpg
工房っぽい雰囲気にしようかと、壁にプラダンをビス留めしていく。




_170416_141921.jpg
そして、ビットホルダーとか、細かい物を作りながら・・・。




_170416_180657.jpg
思い出したように、扉を作る。
扉は、下部に隙間が開くようにした。
エアコンの室外機があるので、空気の流れがないと困るのだ。




_170416_181950.jpg
と言うことで、工房完成(*´w`*)
工具箱の工具を壁にぶら下げるだけで雰囲気満点だ。
ガレージの延長に使った木材や屋根材、ビスなど全て含めて 3万円程度でこのクオリティ。

今までは使用する度に引っ張り出してきていたボール盤やグラインダーも固定して、使い勝手も最高だ。




_170416_185159.jpg
でも、ここだけ見るとちゃんとした工房みたいだけど・・・。




_170416_204031.jpg
所詮はガレージ奥の一角。
作業時以外は、トレーラーを押し込み・・・。




_170416_204040.jpg
その後ろにはハイエースをビタ寄せして駐めてます\(^^)/


次のページ

FC2Ad

まとめ