Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのアシストグリップを改良してみた  2019-07-19

前回作った、乗り降り用のアシストグリップ。
高さが今一つだったので、作り直してみた。


HA190713_101752.jpg
取り外してきた、自作のグリップ。
と言っても、ボルト2本で止めてあるだけなので、取り外しは簡単だ。




HA190713_102145.jpg
とりあえずは、グリップ部分を根元から切断してしまう。




HA190713_102839.jpg
グリップの受けの部分をあらかじめ溶接しておくことに。




HA190713_102849.jpg
というのも、グリップ形状の関係で、高さを低くすると、根元の位置も変わってしまうのだ。




HA190713_103332.jpg
こんな感じで溶接し・・・。




HA190713_111233b.jpg

つや消しブラックを吹いて完成!




HA190713_112021.jpg
今回は、取っ手の部分に分厚いウレタンを巻いてみた。




HA190713_112421.jpg
そして、シートにボルトで固定する。




HA190713_112438.jpg
前回より、4cm程度低くしてみたが、どんな感じだろう。




HA190713_112716.jpg
使用感は、以前と比べ、かなり良くなった。
降りる時のグリップの掴み方によるかもしれないが、グリップ自体をもっと細くしたほうが、より、使いやすそうな気もする。
ま、せっかく作ったし、しばらくはこれで行ってみようかな。




HA190713_115031.jpg
グリップがあっという間に出来上がってしまったので、余った時間で卓上の整理棚を作ることにした。
ドリル刃や、エンドミルなどを縦方向に収納すれば、作業台が広く使えるようになるはずだ。




HA190713_120141.jpg
収納場所のサイズに合わせて、丸棒を溶接し、棚を作っていく。




HA190713_125050.jpg
6mmの丸棒で組み立てているのだが、予想以上に頑丈なものが出来そうだ。




HA190713_130036.jpg
テーブル部分には、平板を曲げたものを使用する。




HA190713_130234.jpg
この上に鉄製のトレーが乗っかるという仕組みだ。




HA190713_132308.jpg
という訳で、1時間程度で完成。




HA190713_133229.jpg
つや消しブラックで塗装し、設置してみる。




HA190713_133828.jpg
平板上には、磁石を仕込む。




HA190713_133837.jpg
これで、トレイが滑り落ちずに固定される。




HA190713_133841.jpg
トレイを乗せてみると、サイズもばっちり!!
って、このサイズに合わせつ作ったのだから、当たり前か・・・ (^^;




HA190713_141115.jpg
完成した卓上ラック。
かなり頑丈なので、重いものを乗せてもびくともしないし、鉄製なので磁石もくっつくし、本当に便利そう。
今後、木工で作った棚も、徐々に鉄材製作に作り替えていこうかな。

ハイエースの乗り降り用アシストグリップ作ってみた  2019-07-12

自分のハイエースには、座面の両脇に起伏がある、乗用車用のレカロシートを取り付けている。
しかし、このレカロシートはホールド性は非常に良いのだが、ハイエースみたいな座席位置の高い車両だと、乗り降りが非常にやりにくくなる。
そこで、乗り降りをサポートする、アシストグリップを作ってみた。


hh190707_100808.jpg
という事で、鉄の平板をシート横に這わせて、まずは型取りを。
いつも通り、完全な現状合わせのワンオフ製作なので、設計図の類は全くない。




hh190707_104321.jpg
まずは、シートの後ろ側ボルトから、前側のボルトまで、大まかな形を鉄の平板にマーキングする。




hh190707_104503.jpg
そのマーキングに合わせて、ノリと勘で曲げ加工していく。
鉄の加工は何度でもやり直しが可能なので、気が楽だ。




hh190707_104641.jpg
車両に合わせて、微調整しながら、位置を詰めていく。
体重をかけるグリップなので、ボルト位置以外でも、全体的に荷重を支える構造にしてみた。




hh190707_104751.jpg
あとは、細かい部品を切り出して・・・。




hh190707_110046.jpg
ボルト止め用の穴を開ける。




hh190707_111025.jpg
切り出した各パーツを、実車両に並べて位置合わせをしていく。



hh190707_111141.jpg
あとは、それぞれのパーツを溶接すればOKだ。




hh190707_111727.jpg
そうだ、溶接する前に、見える場所の角を落としておこう。




hh190707_114034.jpg
という事で、パーツも少ないので、ちゃっちゃと溶接。
これで、ベース部分の完成だ。




hh190707_114243.jpg
そして、出来上がったものを、車に合わせてみる。




hh190707_121126.jpg
うん、ボルトの穴位置もばっちり!!
という事で、あとは、グリップになる部分を考えていく。
アルミの針金で、大まかな形を作り、長さを決めていく。




hh190707_121510.jpg
グリップ部分は、転がっていた10mmの丸棒で作ることにした。




hh190707_121513.jpg
錆があると、溶接の邪魔になりそうなので、ワイヤーで軽くこすっておく。




hh190707_123555.jpg
そして、考えた形に添って、切断し、溶接していく。




hh190707_132433.jpg
そして、溶接したグリップ部分をベース部分に位置を合わせて溶接していく。




hh190707_142941.jpg
グリップ部分の取り付けも終わったので、ここで実車に合わせてみる。




hh190707_143139.jpg
うん、ちょっと幅を取りすぎたかもだけど、干渉も無さそうだし、いい感じかな。




hh190707_152344.jpg
本体はつや消し黒に塗装して、グリップ部分には、ウレタンパッドみたいなものをきつく巻いておく。




hh190707_153738.jpg
これで、乗り降り用、アシストグリップ、完成!!!




hh190707_154312.jpg
本体を黒く塗ったことにより、グリップ部分以外はほとんど目立たない。




hh190710_201738.jpg
ウレタンのパッドがむき出しだと、すぐに汚れたり痛んだりしちゃいそうなので、数百円で売っているシートベルト用のパッドを取り付けてみた。

肝心の乗り降りはと言うと、降りる際に右手でこのグリップを掴めるようになったので、非常に楽に降りられるようになった。
ただ、高さがもう少し低いほうが、より、楽に降りられそうなので、週末にでもカットしてちょっと位置を下げようかな。


ハイエースのヒッチステップを作ってみた  2019-06-21

100Vの溶接機を手に入れ、いろいろと溶接を試していたら、どうしても、200Vの溶接機を使ってみたくなってきた。
だって、100Vの溶接機だと溶かすのがやっとの 2.0mmの棒も、簡単に溶かすことが出来るというではないか。


hc190608_102320.jpg
という訳で、Amazonにて 200Vの直流インバーター溶接機を買ってみた。。
お値段は、送料込みで 14,999円と言う破格値だ。




hc190608_102322
ガレージには使用するときにだけ 200Vの延長コードで電源を引いてきていたのだが、毎回めんどくさいので、200Vブレーカーを増設し、 200Vを引いてくることに。




hc190608_102322 (2)
ホールソーと丸棒とドライバービットを溶接した、即席工具により、壁に穴を開ける。




hc190608_102323.jpg
そして、外壁に配線を這わせて、200V配線を屋外に。




hc190608_102329.jpg
あとは、埋設用のコルゲートチューブにてしっかり保護し、ガレージに200Vの配電盤を設置した。




hc190608_102340.jpg
早速、200V溶接機の試運転!!
と思ったら、コンセントの形がおかしい。




hc190608_102345.jpg
ま、単相 200V仕様という事だから、コンセントを取り換えてしまえば問題ないだろう。




hc190608_102347.jpg
プラグ交換を終えたので、早速ヒッチステップの製作を開始する。




hc190608_102801.jpg
おおよそのサイズを計り、鉄骨を切っていく。




hc190608_103030.jpg
うん、メインの鉄骨はこんなもんかな。
でも、フラットだとカッコ悪いので・・・。




hc190608_110659.jpg
斜めに切断して、取り付け位置をオフセットしてみよう。
段ボールでいろいろと角度を試してみて・・・。




hc190608_110704.jpg
切断位置を決めていく。




hc190608_111038.jpg
メインの鉄骨を斜めに切っていく。




hc190608_111754.jpg
そしてチリを合わせてジュジュっと溶接!




hc190608_112554.jpg
やべえ! 200V、めっちゃ溶ける!!
今回は、1.6mmの溶接棒で試してみたのだが、アークの出方が 100Vの溶接機とは全く違う。




hc190608_114514.jpg
気持ちよくアークが飛ぶので、作業がはかどる!




hc190608_115041.jpg
溶接作業を進め・・・、とりあえずメインパイプを完成させる。




hc190608_120023.jpg
もうこれ、100V溶接機の出番は無いかな・・・。
出力電流さえ合わせれば、薄板もきれいに溶接できそうだし。




hc190608_121423.jpg
ヒッチメンバーに固定するための穴を開け・・・。




hc190608_121834.jpg
とりあえずの装着テスト。
サイズも位置も問題なさそうだ。




hc190608_122315.jpg
ステップになる位置には、このように角パイプを溶接してみることに。




hc190608_123330.jpg
パイプの両端は、適当な鉄板を切って蓋をしてしまおう。




hc190608_123902.jpg
だいぶ使い方も慣れてきたプラズマカッター。




hc190608_124812.jpg
当て金を使用すれば、ちゃんと狙った形に切断できるようになってきた。




hc190608_134534.jpg
という事で、角パイプをくっつける。




hc190608_141327.jpg
見た目のアクセントに、丸棒を曲げて、大きいフックを取り付けてみた。




hc190608_141830.jpg
よし、完成!!
早速、塗装だ。




hc190608_173348.jpg
しかし、塗装したものを車両に実際に取り付けてみると・・・・・・・。




hc190608_190828.jpg
うーん、かっこ悪い。
直線的なデザインのせいなのか、なんか、洗練されていない感じ。

実用には問題なさそうだが、とにかくイケてない。




hc190608_190829.jpg
そこで、出来上がったばかりのステップをザクザクと切断。




hc190608_191001.jpg
切ったものを再度、組み合わせてデザインを考えていく。




hc190608_191005.jpg
切断箇所を溶接し、こんな形に作ってみた。
うん、さっきのよりはカッコ良くなりそうだ。




hc190608_191007.jpg
先ほどと同様に、パイプ終端の穴を、鉄板を溶接して塞いでいく。




hc190608_191009.jpg
色を塗る前に、取り付けテスト。
うん、問題なさそうだ。




hc190608_191011.jpg
そして、色を塗って、取り付けてみる。
色はともかく、形はさっきよりカッコいいかな。




hc190608_191033.jpg
ちなみに、なんで黄色く仕上げたのかって??
それは、ホームセンターで、黄色の塗料が大量に処分特価で売っていたんです (^^;


次のページ