Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのハンドルコラムに取り付けたインジケーターパネルをリアルカーボンにしてみた  2018-04-18

以前オートライトユニットを取り付けた際に取り付けた、インジケーターパネル
発泡ボードで簡易的に作った物だったので、今回、リアルカーボンの板を切り出して、しっかりと作ってみた。


q180417_155141.jpg
これが以前作ったパネルだ。
発泡ボードにカーボンのカッティングシートを貼り付けて作ってある。
今回は、デザイン性を高め、さらに多機能にしてみることに。




q180417_155142.jpg
とりあえず、現状の配線は全て切断する。
インジケーターパネルと車両は、コネクターでつなぎ、メンテ性も上げることにしたのだ。




q180417_155823.jpg
車両側のケーブルは、この20Pコネクタへ集約する。




q180417_160352.jpg
とりあえず、ハンドルボス周りの曲線を採取。
ここは、ぴったりのクリアランスで仕上げたい(*´д`*)




q180417_161146.jpg
そして、パネルを取り外すときにコラム周りをバラさなくても良いように、コラムカバーから長ナットを生やしておいた。
これで、ビス 3本とコネクターにより簡単にパネルを取り外すことが出来る。




q180417_162542.jpg
ケーブルを引っ張り出し、コラム周りは組み立ててしまった。




q180417_163906.jpg
そして、段ボールの切れ端で、いろいろと形を考える。




q180417_164239.jpg
出来上がった型紙をカーボンの板へ乗せ、転写。
そして、バンドソーにて切断した。




q180417_165003.jpg
切断し、ある程度の形となったパネルを、手作業にてさらに仕上げていく。
カーボンの板なので、黒い粉が出まくって周囲は大変だ(^^;




q180417_170213.jpg
何度も実車と合わせながら、細部を微調整して削っていく。




q180417_170704.jpg
うん。
だいぶ良い感じになってきた。




q180417_171142.jpg
次にドリルで取り付け用の穴を開ける。




q180417_172115.jpg
今まで取り付けていたパネル用の取り付け穴をそのまま利用したので、取り付け穴のバランスがいまいちだ。
まあ、ハンドルで隠れるところだから、まあ、ヨシとするか。




q180417_173637.jpg
次にインジケーター用の穴を開け・・・。




q180417_174318.jpg
LEDのインジケーターを取り付けていく。




q180417_180222.jpg
残りのスペースには、スイッチを取り付ける。
フライス盤のテーブルに木材をネジ留めし、その上に両面テープにてパネルを貼り付けて、穴開け作業をした。




q180417_180641.jpg
黒い粉を大量に吐き出しながらの穴開け作業。
X-Yテーブル上での穴開け作業は、めちゃめちゃ楽に精度が出るのでとっても捗る(*´w`*)




q180417_190344.jpg
各色のスイッチを取り付けたら・・・。




q180417_190519.jpg
裏側の配線を半田付けして完成!!!
と言っても、まだカバーを作ってないので裏側から見ると配線丸見えだけど。




q180417_192145.jpg
このコックピット感、たまらん(*´д`*)
ちなみに、4つのスイッチは、デイライト、ウインカーポジション、ミラー内ウインカー、イカリングそれぞれのオンオフを割り当てようかと。
現在はハンドルコラム下部のスイッチ類でその動作をしているが、下側もカーボンの板で全部作り直そうかなと。




q180417_192145b.jpg
この後付け感満載のアリーナホーンのスイッチと一緒に、なんかかっこいいデザインを考えよう。

ハイエースのカーナビにリモコンをつなげてみた  2018-04-07

最近の車にはステアリングリモコンという物がついている。
そう、ハンドルに付いているスイッチにてカーナビを操作できるというアレだ。
そのため、現在のカーナビは、以前の機種のように、赤外線のリモコンには対応しなくなってしまったのだ。
じゃあ、ステアリングリモコンの無い車は、ナビのリモコンが使えないと言うことなのか!?

そこで、ジャンクで買ってきたステアリングリモコンのスイッチをカーナビと接続してリモコンを作ろうと思い、色々調べていると、なんと、SONYのロータリーコマンダーを現在のナビに接続出来ることが分かった。


q180324_144812.jpg
早速入手した、SONYのロータリーコマンダー。
これは、遥か昔のカーステ用のコントローラーだ。
機能性も良く、たくさんのキーを使い勝手良くまとめてあり、かなり評価の高いコントローラーだった。
このコントローラーが、現代に蘇るとは!!




q180324_144813.jpg
カーナビとの接続は、この、ステアリングリモコン接続コードにて行う。
基本的にステアリングリモコンとの接続用には ①~④ の4本のコードを使用するようだ。
リモコンのコードの先端は、ステレオミニジャック (3接点端子)なので、実際に結線するコードは 3本だ。
ちみなにこの接続コードは、ETC1.0用の接続端子も兼ねているようで、ステアリングリモコン用とは別に、3本のケーブを有したコネクターが出ている。




q180324_145143.jpg
調べによると、SONYのロータリーコマンダーとの接続は、①、②、④の 3本を結線すれば動作するという。
具体的には、リモコン側の赤い線を①に、白い線を②に。
そして、リモコン側のシールド線を④に結線すればOKだ。




q180324_150440.jpg
不要な線は短めに切断し、絶縁処理しておいた。
とりあえずこれでナビ裏から手の届くところまで、ステアリングリモコンの配線が出てこられる。




q180324_151907.jpg
とりあえず、ナビの裏からステアリング周辺まで、配線をひいてきた。




q180324_152751.jpg
その配線と、ロータリーコマンダーとの接続は、切り離しが可能なように、コネクターを取り付けた。




q180324_153050.jpg
こうしておけば、あとでバラすときに配線で苦労しなくて済む。




q180324_153539.jpg
リモコンを固定する前に、まずは動作チェック。
カーナビの学習画面で、リモコンのキーに動作を割り付けていく。
リモコンのキーを2秒程度押し、そのキーがどういう動作なのかを設定していくのだ。
うん、問題無さそうだ。




q180324_153540.jpg
そして、リモコンの固定。
うん、ハンドルの周りには、このリモコンを取り付ける場所がもう無い・・・(^_^;
せっかくこの形のリモコンなのだから、ハンドル回りに付けたいよなあ。。。
ハンドル周りにある既存のスイッチやランプを移設することも考えたのだが、シートに座って考えていたらひらめいた( ^ω^)




q180324_160355.jpg
この場所に設置すれば右腕をアームレストに乗せたまま、楽々操作できるのでは!?
仮設してドアを閉め、操作感を試してみたところ、かなり快適!
見た目はちょっとアレだけど、とりあえずここに設置して使ってみよう。
ということで、両面テープにてしっかりと固定。




q180324_160359.jpg
配線は、ドアの中を通してきて、ダッシュボードの中でカーナビ側の配線とコネクターにて結線。




q180324_165007.jpg
これで、カーナビの操作のためにいちいちタッチパネルをつつかなくても良くなった。
特に、運転中の操作感は最高だ!!
曲飛ばしや、ナビとAV画面の切換、そして地図の拡大縮小等、目線を全く移動しなくても可能となった。
今取り付けてあるKENWOODのカーナビは完全なフラットディスプレイで、スイッチ類もタッチ方式なので、運転中の操作感は最低!!というか、必ず手元を見ないと操作できなかったので、特にそう感じるのかも知れないけどね(*´w`*)

というか、現在のステアリングリモコンがこういう仕組みなら、いろいろなリモコンが各社から出てきても良さそうな物なのに。
って、そういう需要は無いのかな(^_^;

本物のホワイトレタータイヤ作成(*´w`*)  2018-04-03

今までタイヤ専用のペンやゴム用の塗料、そしてポスカと、数々のホワイトレタータイヤ化を試してきた。
しかし、いずれの方法も施工してすぐはとてもきれいなのだが、数ヶ月で色が黒ずんできてしまう。
そこで、今回本物のホワイトレタータイヤと同様の方法で普通のタイヤをホワイトレター化してみた。


r180331_093200.jpg
この方法は、Facebookの箱車コミュニティーの方が行っていた方法を真似させて頂いたものだ。
投稿されているこの自作ホワイトレターの写真を見て衝撃を受け、早速この方に連絡を取ってみた。




r180331_093201.jpg
製作方法について話を聞いてみると、3mm厚のゴムをカットし、特殊な溶剤で接着していると言うことだった。
特に、接着剤に関しては、ホームセンターで購入可能なゴム用の接着剤では、ことごとく失敗したという貴重な情報を頂き、遠回りをする事無く、タイヤに使用可能な接着剤を購入することが出来たことを感謝したい。




r180331_093202.jpg
ということで、早速モノタロウにてゴムシートを購入した。
いろいろ悩んだ結果、3mmでは切断が大変そうなので、2mmのEPTゴムシートを選択した。
EPTゴムを選んだのは、耐熱性、耐寒性、耐オゾン性、耐侯性、耐酸性、耐アルカリ性、耐薬品性に優れており、長持ちしそうだったからだ。
ちなみに価格は 1m x 1m で 7000円程度だったが、実際には半分も使わずにタイヤ4本を施工できた。




r180331_093203.jpg
今回の要となる接着剤は、GIBSONという会社が販売している、タイヤステッカー専用接着剤と言うものだ。
接着剤本体は 1500円。送料、 1500円で購入。
容量は 50mlもあるので、特殊な接着剤としてはかなり安い。
特殊な溶剤のようだが、使用感は瞬間接着剤のアロンアルフアみたいな感じで、固着するのもあっという間だ。




r180331_093204.jpg
本格的な施工前に、簡単なテストをした。
切断したEPTゴムをこの接着剤にて貼り付けてテスト走行。
その結果、接着性に関しては確実な手応えを得ることが出来た。




r180331_093205.jpg
と言うことで、製作開始!!!
まずはゴムを切断する大きさを決めるために、タイヤにある文字の実際の大きさを採取する。
具体的には、石刷りを取る要領で、タイヤに紙を押し当てて適当なスポンジでこすってみた。




r180331_093206.jpg
切断する大きさを確認するだけなので丁寧にやる必要は無いので、適当に縁を書いておく。




r180331_093207.jpg
実際に切断する型紙は、デジカメで撮影したタイヤの文字を線画化して階調の反転。
そしてレイアウトソフトにて印字した。




r180331_093208.jpg
型紙と印字した型紙の大きさを光に透かして確認。
タイヤの文字と同じ大きさにしなくても問題ないが、今回は既存の文字の上に貼り付けることにしたのだ。




r180331_093209.jpg
型紙の大きさが定まったら、ゴムシートをある程度の大きさに切断。




r180331_093210.jpg
そして、マスキングテープにてゴムシートの上に型紙を貼り付ける。




r180331_093211.jpg
ここからはひたすら根気のいる作業だ。
ナイフやハサミを使用して1文字ずつ文字を切り出していく。




r180331_093213.jpg
2mm厚のゴムシートとはいえ、かなり丈夫なゴムなので、切るのは本当に大変だった。
ハサミの先端部分を使用しながら、根気よく少しずつ切っていくのだが、しばらく切るとマスキングテープの粘着で切れ味が落ちてくる。
そこで、ブレーキクリーナーでハサミをこまめに洗浄しながら切断を進めていった。




r180331_093215.jpg
同様にどんどん文字を切っていく。




r180331_093217.jpg
同じ文字毎に切っていくと、同じ切り方で行けるのでちょっと楽だった。
それでも、かなりの時間はかかるけど・・・。




r180331_093218.jpg
ハサミを持つ手が痛くなってきたが、勢いで終わらせてしまう。
4時間位無心でゴムを切っていたが、なんだか修行のようだった(*´д`*)




r180331_093219.jpg
全ての文字を切り出したので、ここからは楽ちんで楽しい作業だ。
ブレーキクリーナーにて、タイヤ表面を丁寧に脱脂していく。




r180331_093220.jpg
表面がきれいになるまで何度も洗浄し、下地処理は完了!




r180331_093225.jpg
そして、一文字ずつ、接着剤を塗った文字を貼り付けていく。
接着剤は、ちょっと外にはみ出すくらいに多めに塗り、一文字あたり 15秒程度強く押しつけていく。
押しつけている手を離しても、ゴムの周囲に隙間が出来なければ大丈夫だ。
接着剤が少なく、外にはみ出ないようであれば、その部分のみ周りに接着剤を流しこみ補強もしていった。




r180331_103212.jpg
STUDLESS の文字と、VRXの文字は、タイヤの表面の文字の2倍程度で作成し、貼り付けた。
貼り付けてしまえばタイヤ表面の文字は全く目立たないので、好きな文字を貼り付けても大丈夫そうだ。




r180331_130856.jpg
近くで見ると粗も目立つが、このスタッドレスタイヤも来期で3シーズン目なのでもう終了。
なので、まあ今回はこのくらいで・・・(^_^;




r180331_180522.jpg
テストの時点で、3時間ほど放置すれば完全に密着することが分かっていた。
そこで、施工した日の夜から早速テスト走行へ。
往復 600Km程度を走行しに新潟県の奥只見へ。




r180331_180525.jpg
一般道から高速道路へ入り、悪路のワインディングを経て奥只見スキー場へ。
タイヤにとってはかなり過酷な状況が続いたと思う。




r180331_180529.jpg
横浜まで帰ってきてタイヤ表面のホワイトレターを確認したところ、なんと全く剥がれ無しだった。
ホワイトレターの自作方法としては、コレ、完璧だ!!!
高速走行で、少しは接着が弱まるかとも思っていたのだが、全く問題無いようだ。
テストで使用したゴムを剥がすときも、ゴムとタイヤの密着力が強すぎて、接着部分のゴムを残して剥がれるほどにこの接着剤は強力だった。

次のページ

FC2Ad

まとめ