Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのソーラーチャージャーコントローラーを交換してみた  2018-10-02

ハイエースに取り付けている、デュアルバッテリー対応のソーラーチャージャーコントローラーが、故障した。
先日から、片側のバッテリーしか充電しなくなったのだ。
バッテリーをつなぎ変えても症状は変わらないため、チャージャー側の故障と断定。
取り付けてから5年くらい。
高温と低温を繰り返す過酷な環境の中なので、まあ、よくもったと言うべきなのか。




hy180929_114947.jpg
外付けのコントローラーは問題なさそうなので、同型機の本体のみを購入。
Amazonで 7000円程度だった。




hy180929_114954.jpg
配線は左から2接点ずつ、外部温度センサー、バッテリーA,ソーラーパネル入力、バッテリーBとなっている。
一番右側のモジュラージャックは外付けのコントローラーがつながる。




hy180929_115155.jpg
世代は違うが、同型モデルという事で、筐体は全く一緒。
ぱっと見たところでは印字されている文字の違いくらいしか無い。




hy180929_120149.jpg
しかし、裏面は大幅なコストダウンが。
旧型機の背面はヒートシンク状に加工されているが、新型機はフラットなパネル。
背面パネルの材質自体はどちらもアルミ製だ。




hy180929_120812.jpg
内部を見てみると、基盤も使用しているパーツも一緒っぽい。
パワートランジスタの排熱を背面のアルミ板に導いている構造も一緒だ。
という事は、ヒートシンク状のほうが効率も良いだろう。




hy180929_121038.jpg
という事で、背面パネルを旧型より移植し・・・。




hy180929_122507.jpg
配線を付け替えて交換終了!




hy180929_123122.jpg
どちらのバッテリーへの充電も問題ない。
リモートコントローラの動作も問題なかった。




hy180929_151800.jpg
時間が余ったので、前期型のフォグランプにIPFのフォグランプを取り付けるための加工を行った。




hy180929_151816.jpg
というのも、LEDランプ後部が大きすぎてフォグランプに収まらないのだ。




hy180929_151841.jpg
フォグランプ後部のプラスチックをちょっと削れば行けそうなので、ちょっと加工してみることに。




hy180929_152219.jpg
フライス盤にセットして・・・。




hy180929_152400.jpg
ガリガリと広げていく。




hy180929_153520.jpg
ベルトサンダーで整えて出来上がり!




hy180929_153751.jpg
この加工により、大きめのLEDもフォグランプに取り付けられるようになった。




hy180929_153919.jpg
かなり広げてはいるが、要の部分はしっかりと残っているので、強度的にも問題はなさそうだ。
という事で、近いうちに取り付けてみよう。

ハイエースのエアクリーナーボックスを交換してみた  2018-09-12

ハイエースの後期型純正エアクリーナーボックスが格安で手に入ったので、交換してみた。
基本的にねじ穴も一緒なので、センサー配線以外は一切加工無しのポン付けだ。
性能的には大差ないと思うが、後期型のバンパーを取り付ける際には初期型エアクリーナーだとフォグランプに干渉するなどの問題もあるので、せっかくなので交換してみたのだ。




w180908_121852.jpg
エアクリーナーを外すには、バンパーと右側のヘッドライトを取り外す必要がある。




w180908_125755.jpg
さくっとフロント周りをばらし、エアクリーナーをむき出しに。




w180908_125757.jpg
これが初期型のエアクリーナーボックスだ。
エアクリーナー自体は円柱形の物が入っている。
これでもかというくらいに、消音目的のレゾネーターが伸びている。




w180908_130047.jpg
あとはヘッドライトを取り外せば、エアクリーナーボックスの取り外しが可能だ。




w180908_130108.jpg
最初に吸気用のシュノーケルを取り外す。




w180908_130152.jpg
と言っても、ボルトで止まっているだけなので簡単だ。




w180908_130440.jpg
エアークリーナー前面にあるボルトを数本外し・・・。




w180908_133140.jpg
タイヤハウス内のホースバンドを緩めればそのまま引っこ抜くことができる。




w180908_133146.jpg
タイヤハウス内を覗くとこんな感じだ。
あとは、後期型のエアクリーナーボックスをここにはめ込めばいいだけだ。




w180908_133329.jpg
今回入手した、後期型純正エアクリーナー。
ヤフオクで 1万円程度にて入手した。
社外製の純正タイプならもっと安く手に入るようだが、N/Aエンジンにとって吸気は肝の部分なので、ちょっと社外品は避けたかったのだ。




w180908_134057.jpg
ボルト位置は基本的に一緒だが、一か所だけ取り付けステーの形状が異なるので、ステーを付け替える。




w180908_134137.jpg
次にエアフロセンサーの移植だ。
まずは純正のセンサーを、取り外す。




w180908_134200.jpg
センサー自体は新旧共に同じ形状だ。




w180908_134318.jpg
取付け穴の形状も全く一緒だし、上下逆だと取り付けられない構造なので間違える心配もない。




w180908_134721.jpg
ただ、センサー取付位置が変わるので、このままだとハーネスがセンサーまで届かない。




w180908_135109.jpg
そこでハーネスの保護カバーを割り、内部の配線を切断。




w180908_141216.jpg
配線自体を 20cm程度延長した。




w180908_141432.jpg
直接水がかかる場所ではないが、トラブル防止のため接続を確認した後は、しっかりとビニールテープで保護しておいた。




w180908_141504.jpg
センサーとハーネスをコネクタにて接続し、エアクリーナーボックスを差し込んでいく。




w180908_141555.jpg
そして、タイヤハウス内でインテークパイプを接続し、ホースバンドで緊結する。
しかしこのインテークパイプの形状・・・。
吸気抵抗多そうだなあ。




w180908_142019.jpg
ヤフオクの説明では、『エアクリーナーは付属しません』となっていたのに、内部には新品同様のエアクリーナーが入っていた。
新品を用意していたのだが、まだまだ使えそうだったので、とりあえず入っていたものをそのまま使うことに。




w180908_142050.jpg
これでエアクリーナーボックスの交換は終了だ。
前面にあったレゾネーターがなくなったので、すっきりしたフォルムとなった。
ま、見えないけどね(^^;




w180908_143630.jpg
あとは、ばらしたのと逆順に組み立てていくだけだ。
まずはヘッドライトの取り付け。




w180908_151348.jpg
せっかくバンパーを取り外したので、裏側の HID関連のパーツをいったん取り外し、きれいに取り付けなおしておいた。




w180908_164458.jpg
バンパーやリップを取り付けて・・・。




w180908_164501.jpg
各所の点灯を確認して、フロント周りは終了!




w180908_164727.jpg
最後に規定トルクにてホイールを取り付ける。




w180908_170335.jpg
外観は全く変わらないけど、なんだか満足(^^♪
4型のバンパーもつけてみようかなと思ったり・・・。

ハイエースのリアシートレバー製作  2018-08-23

ハイエースのリアシートのレバーは短いため、操作するのに若干の力が必要だ。
もちろん、操作には問題は無いが、金属加工にて作ってみたかったので、操作性の良いレバーを作ってみることにした。


q180804_180954.jpg
今回付け替えようと思ったのが、このレバー。
背もたれのロックや開閉を行うためのレバーだ。




q180804_180958.jpg
取り外してみると、ギアでプラスチックのレバーを噛ませる構造だ。




q180804_181040.jpg
後からいろいろと改良できるように、ギア取付部とレバー操作部は別パーツで作ってみることに。




q180804_182032.jpg
とりあえず端材のアルミ板を穴開けし、位置を合わせてみた。




q180804_182723.jpg
穴の内側にギアを作成する工具も無いし方法も分からないので、細いエンドミルで地道にギアを削ってみた。




q180804_182819.jpg
なんか、それっぽく出来た(笑)




q180804_183050.jpg
ちょっときつめのサイズに作ったので、手では押し込めなかったので、ハンマーにて打ち込んでみる。
うん、ばっちりとギアがはまり込んだ。




q180804_183713.jpg
ちなみに、きっちり嵌まりすぎて抜くのにはプーラーが必要だった(^^;




q180804_183916.jpg
ギアとの結合部の表面をある程度整えて・・・。




q180804_185339.jpg
今度は操作レバー部分を作り始める。




q180804_185553.jpg
と言っても、適当な形に切ったアルミ板の形を整えるだけだ。




q180804_190231.jpg
周囲をある程度削って・・・。




q180804_190826.jpg
こんな感じのパーツを作る。




q180811_094951.jpg
これだけだと薄すぎて操作性が悪いので、先端に付けるパーツを旋盤にて削り出した。




q180811_103119.jpg
あとは、これらのパーツを組み合わせていけば完成だ。




q180811_103604.jpg
組み立ては全てボルトにて行うので、結合部に穴開けをしていく。




q180811_113654.jpg
出来上がったのがこんなパーツ。




q180811_113700.jpg
レバー部分にアルマイト加工しようと思ったのだが、とりあえずは先端部はローレットにて綾目加工し、軸部分は鏡面仕上げにしてみた。




q180811_114559.jpg
ギア組み付け部分は振動でだんだんと緩んでしまいそうだったので、緩み止めのビス穴を開ける。




q180811_115049.jpg
イモネジで作りたかったんだけど、手元に良いサイズが無かったので、段付きにして普通のボルトが入るように加工。




q180811_115455.jpg
ねじ切りしたら、完成!!




q180811_115644.jpg
これなら走行中に外れてしまうことも無いだろう。
ま、走行中に外れても、大事にはならないだろうけどね。




q180811_115804.jpg
純正のレバーに比べて、2倍くらいの長さになったので、今までの半分の力で操作できるはずだ。




q180811_115925.jpg
緩み止めを締め付けて取付終了。




q180811_120027.jpg
とりあえず、試作品として作ったけど、ギア丸見えがかっこ悪いな。
作り直した際は、ギア部分は貫通穴では無くて、裏側だけ開けることにしよう。
段付きで組み付けるのも、イメージでは格好良かったんだけど、実際に作ったらちょっとしつこい感じだったので、この辺りも改良していこうかな。


次のページ

FC2Ad

まとめ