Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

横田基地友好祭に行ってきた  2009-08-28

在日米軍と日本人のフレンドシップを目的に、毎年8月に行われる横田基地友好祭を見に行ってきた。


090823_105039.jpg
開放ゲートである国道16号線に面した第5ゲート前は、大混雑である。
ゲートにて、簡単な荷物チェックを行い、基地内に入る。




090823_111524.jpg
巨大な格納庫入り口にあった警告表示。




090823_112155.jpg
格納庫内部には数々の模擬店が並んでいたが、そんなものより、格納庫天井の鉄筋に目が釘付け!
格納庫内を周回するクレーンも設置してあり、なんだかテンションが上がってきた!




090823_112808.jpg
格納庫から出て、滑走路脇に並ぶ屋台に混じり、実銃に触れることが出来るブースがあった。




090823_120159.jpg
滑走路を見渡せる建物の屋上には、銃を携えた兵士が見張りをしていた。




090823_120236.jpg
名前は分からないが、なんだかかっこいい車が!
運転してみたい…。




090823_120358.jpg
いろいろな航空機が展示してあるということで、地上展示エリアに向かう。




090823_120507.jpg
全く詳しくなくて申し訳ないが、ヘリのコックピット。
計器がたくさんあって萌えるー!!




090823_120527.jpg
外観は普通のヘリコプターのようだが、色がかっこいい!




090823_121553.jpg
戦闘機って、待機中にはいろいろな穴を塞いでおくみたいで、赤いリボンがぶら下がっていた。




090823_121600.jpg
また、機体1機ごとに、消火器を設置してあった。
本日夕方には、所属基地に帰還するのだから、燃料も満載だろう。
JET A-1(灯油)といえ、こんな消火器で消火出来るのかな?




090823_121850.jpg
戦闘機にはあまり興味が無いが、輸送機には萌えまくり!
特にこの C-130は色も形も最高だ。




090823_122030.jpg
内部開放をしていたが、すごい人だった。




090823_122539.jpg
空自岐阜だか小牧だかの C-130。
さっきの米軍のと比べると、窓の位置とかがちょっと違う。




090823_123706.jpg
海上自衛隊のヘリコプター。




090823_124538.jpg
この機体もでかい!




090823_124701.jpg
内部は、配線や配管が丸見え。
内張りみたいな物が無く、メンテ性は良さそう。




090823_124728.jpg
機体内側側面にあった機材ラック。
スイッチを見る限りだと、無線機とかかな?
VHFとかUHFとか書いてあった。
航空無線って 108.*MHzとかのVHFだけだと思ってたけど、UHF帯もあるんですね!?




090823_124802.jpg
この機体はコックピットにも入れるみたいで、長い列が出来ていた。




090823_124903.jpg
機内は大混雑。
しかも、T-シャツの販売までしている。




090823_125150.jpg
機体もでかいが、エンジンもでかい!




090823_125414.jpg
機主部分がぱかーっと開く構造。
機体前部から後部まで、貫通している。




090823_125533.jpg
機内にあった消火器と酸素マスク。
欲しい!




090823_130805.jpg
機体の周辺をうろうろしていると…。




090823_131200.jpg
突然、低空飛行している飛行機からパラシュート部隊が降下開始!
3機編隊だったが、後ろの飛行機のすぐ下をパラシュート部隊が降下していく。
怖くないのかな?




090823_131318.jpg
パラシュート部隊は、見事に滑走路に着地していた。




090823_132115.jpg
でかいレーダーを搭載した機体。




090823_132551.jpg
これがラプターという奴か!?
凄い人だかりが出来ており、銃を持った兵士が警備していた。




090823_133619.jpg
このあたりは自衛隊の展示エリアみたいで、いろんな戦闘機が並んでいた。




090823_133833.jpg
自衛隊の迷彩塗装された輸送機。




090823_134128.jpg
手前の迷彩色のがかっこいいな。




090823_134239.jpg
機体下部にあるのはミサイル?
それとも予備タンク?




090823_134300.jpg
この色が一番かっこよく見えた。




090823_135052.jpg
C-130が滑走路に進入!
間近でみると、すごい迫力だ。




090823_182128.jpg
おみやげに、横田基地消防隊のTシャツ買って来ました。




090823_183622.jpg
飛行機以外にも、ドラッグマシンの展示もあった。
昔来た時にはエンジンかけたりしてくれたのだが、今回は展示だけのようだ。




090823_190503.jpg
屋外ステージでは、バンド演奏が行なわれており、なかなかの盛り上がりを見せていた。




090823_203154.jpg
最後は花火が打ち上げられ、2日間の友好祭は幕を閉じた。




090823_210731.jpg
帰りのゲートはまたまた大混雑。
天下の国道16号の信号機を、おまわりさんがコントローラーを使用して操作していた。

暑くてたくさん歩いてへとへとになったけど、来年もまた来るぞー。
今回は、コンデジしか持っていかなかったけど、望遠持ってくと飛行中の機体も撮影できて、更に楽しめそうだ。
離着陸撮るなら、来年は脚立も必須だな。


関連記事

[戦跡] 貝山地下壕 探索  2009-08-01

今回は、前回の貝山上部壕の下に存在している貝山地下壕への潜入レポートだ。
貝山地下壕は海軍航空技術廠の中枢機関として、終戦間近の 1943~1945年に掘削されたとされている。
現在でも司令部があったとされる部屋の入り口上部にはには、扁額のための窪みが見られるという。
また、内部には数々の遺構が残っていると言うことで、非常に楽しみである。


map_kaiyama.jpg
横須賀市の夏島に存在している貝山地下壕は、第1工区、第2工区、第3工区(A/B/Cと表している資料もあり)と分かれており、今回は、黄色に塗った第2工区に潜入してきた。
なお、この山の上部は貝山緑地という公園となっており、予科練誕生の地の碑や海軍航空隊発祥の地の碑を見ることが出来る。



090726_124001.jpg
早速壕口へ向かい薮をかき分けていく。




090726_124046.jpg
薮を抜けると、かなり大きな壕口が姿を現した。
まるで機関砲でも設置できそうな大きさだ。
この大きさからして、実際に出入り口以外に利用していたのではないか。




090726_124123.jpg
早速内部へと潜入を開始する。
一部水没地帯があるが、水深は深くなく水たまり程度だった。




090726_124202.jpg
壕口付近にあった部屋には、他の壕でもよく見られるような、口の小さな容器があった。
ただ、形は他の壕の物と変わらないが、材質はガラスである。
口部分の作りの粗雑さ等から見て、当時の物だと思われるが、何に使用していたのだろうか。




090726_124655.jpg
このあたりは貯蔵庫として使われていたのだろうか。
1枚目の写真の壕内図で一番上の部分の一角を写したものであるが、細かい通路が入り組んでいた。




090726_125053.jpg
この一角から本坑へ進む通路である。
当時は扉が据え付けられていたのではないか。
上部と左右は煉瓦により埋められ、きれいな四角形を構築している。
本坑はかなり広く、縦横共に 3m程度、場所によっては 4m程度あった。




090726_130513.jpg
いくつもの棲息部 ( 貯蔵庫? )が掘られている坑道を奥へと進んでいくと、上へと伸びる階段が掘削されていた。




090726_130634.jpg
この階段は山の中腹に抜けているようであるが、外から鍵がかかっており外部へ出ることは出来ない。
また、階段は途中から角度がきつくなっており、堆積した土砂の影響もあって下りは特に注意を要した。




090726_131419.jpg
本坑へ戻り奥へと進んでいくと、コンクリートで固められた部屋が残っていた。




090726_131500.jpg
又、当時の物であろう上部を木で巻かれた部屋も見ることが出来る。




090726_131609.jpg
数日前に見学会が催されたらしく、壕内にはパイロンが置き去りになっていた。




090726_131649.jpg
壕内の様々な箇所が、石積みや煉瓦積みで仕切られている。
目的ごとに壕内をブロック分けしていたのだろうか。




090726_131712.jpg
坑道脇に無造作に集められた遺物達。




090726_131807.jp<br />g
この壕の上部に構築された壕の斜面に散乱していたものと同じ海軍食器が残されていた。




090726_132054.jpg
おおーっ、鉄製の扉が残っているぞ。
錆び付いていて動かないが、よく今まで崩れずに残っているものだ。
ここ以外の扉は、持ち去られたらしく、ヒンジ部分が残っているだけだった。




090726_132255.jpg
最深部付近は湿気が多く、温度もかなり低い。
この日の外気温は 36℃ほどであったが、この場所は 14℃~16℃程度だ。
あまりにひんやりしていて、外に出たく無くなる(*´ω`*)




090726_132334.jpg
この先は水がたまっており、たくさんの防毒マスクが水没していた。
船越の壕で見たものと同じ形の物であった。




090726_132804.jpg
司令部中枢と思われる部屋を発見。
入り口の床もコンクリートで固められ、部屋の作りも非常に丁寧に構築されている。




090726_132850.jpg
この部屋の上部には、四角い彫り込みがあった。
当時、『司令部』の扁額がはめ込まれていたのか、それとも神棚を設置していたのか。




090726_132850b.jpg
部屋の入り口上部にも彫り込みがある。
他の部屋の入り口にはそのような物は一切存在しておらず、この部屋が特別な意味を持っていたのは間違いないだろう。




090726_133303.jpg
急激に温度が上がってきたと思ったら、開口部を発見。
埋め戻しか崩落か分からないが、堆積した土砂をよじ登ってみる。




090726_133455.jpg
狭い隙間から這い出てみると、工場の裏手に出た。
しかし暑い。
一気に汗が噴き出してくる。




090726_133947.jpg
再び涼しい ( 寒い? ) 壕内へ戻り、坑道を進んで行くと手洗い場であろうか、遺構が残っている。




090726_134238.jpg
このあたりは居住空間だったのか、開口部がいくつか存在していた。
光と闇のコントラストがすごくきれい(*´ω`*)




090726_134412.jpg
狭くなった坑道を進んで行くと…。




090726_134638.jpg
キター!!
かまどだ!!
写真ではいろいろなサイトで見たが、実物を見ることが出来、感激!!




090726_134706.jpg
しかも、非常にしっかりとした作りで、今でも使えそう。
無機質な地下壕内に、生活の跡が生々しい。




090726_134715.jpg
排煙設備もしっかりと構築しており、かまどからの煙を煙突で外部に逃がすようにしている。
煙突の一部も錆付きながらも残っている。




090726_141653.jpg
遺構の発見にテンションを上げながら、更に探索を進めると、かなりの水没区間を発見。
水深は目測で 50cm程度か。




090726_141726.jpg
行けるところまで進んでみたが、これ以上進むと長靴に水が入ってきそう…。
しかも、洞床には土砂が堆積し、一歩進むごとに澄んだ水が濁る。




090726_142223.jpg
水没地帯を迂回すると、また開口部発見。
ここも柵により塞がれており施錠されていた。




090726_142511.jpg
この小さな部屋もコンクリートで巻かれていた。
工作機械でも設置していたのだろうか。
床には台座のような跡が見られた。




090726_142522.jpg
そして、もうひとつ、この目で見たかった放置車両を見るために壕内を進む。
もちろん戦時中の物ではないのだが、壕内にそんなものが残っている場所は少ないのではないか。




090726_142839.jpg
坑道から 1.2m程の高さの枝坑へとよじ登る。
その先は 4m程度の深さで大きな坑道が掘られている。
上部には当時の物であろう、クレーンが残っている。

この場所はコンクリートで固められており、下部には空間がある。




090726_143012.jpg
ぶら下げたカメラをセルフタイマーにセットし、足下の空間を撮影してみた。
ここに登る際には気がつかなかったが、向こう側の坑道の洞床の高さに 15cm程度の穴が開いているのを発見。
あの穴に、ロープを結んだパイプを差し込み固定すれば、4m下の壕にも降りられるかも知れない。
今回は長いロープは持ってきていないため無理だが、次回やってみよう。




090726_143300.jpg
この坑道には降りることが出来ないため、上方からの撮影しか出来ないが、これが壕内に廃棄された車両。
まだ、この壕の入り口が塞がれていない時期に廃棄されたのであろう。
当然、車両がこの場所まで入ってくることが出来たのだから、相当昔であろう。




090726_143319.jpg
この坑道には更にもう一台の車両も朽ち果てていた。




090726_143327.jpg
埋め戻しされた土砂が、長い年月を経て沈んだのか、初めから埋め残されていたのかは分からないが、この壕には開口部がある。
あの穴から出ることが出来るのか、そもそも開口部まで辿り着けるのかは、降りてみないと分からない。
穴自体も、かなり高い位置にあるようにも見える。




090726_144129.jpg
壕内を一通り回ったので、一旦外に出ることにする。




090726_145821.jpg
真っ暗闇と言うことを除けば、涼しくて快適なこの空間から出るのはなごり惜しい(*´ω`*)




090726_145957.jpg
結構な距離を歩き、侵入した壕口まで戻ってきた。




090726_150723.jpg
せっかくなので、廃車が放置されていたクレーン壕の開口部を探しに行く。




090726_150750.jpg
しかし、あまりの激薮にあえなく撃沈。
やはり、ロープで下に降りて、内側から探索しないと発見できなさそうだ。




090726_152853.jpg
最後におまけで、この壕の周辺に掘られている燃料タンク群の壕である。
山肌に巨大な燃料タンクが埋まっている様は圧巻だ。




090726_153430.jpg
内部に入れないように柵が取り付けられてしまっているが、これらは単独壕のようだ。

今回は第2工区のみの潜入であったが、ここ、貝山緑地には、第1工区、第3工区以外にも小規模な壕がたくさん掘られているようなので、引き続き調査を続けていきたい。

関連記事

FC2Ad

まとめ