Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 128高地 戦闘指揮所・作戦室  2010-01-07

128高地と呼ばれるこの壕は、千葉県南端に位置している。
NPO法人関連の見学会で公開しているようであるが、私有地内にある壕であるため、勝手に侵入することはオススメ出来ない。


120333.jpg
壕のある山に向かうこの道路も、別の団体の私有地のため、無断立ち入りを禁止する旨の看板が建っていた。




125030.jpg
山をがさごそし、壕口から侵入すると、いきなり広い部屋へと続いていた。
ここにある重厚な『戦闘指揮所』の扁額は、本当に素晴らしい。




091227_125254.jpg
天井部分に施された、龍のレリーフ。
戦意高揚の目的なのだろうが、詳細については分かっていないようである。




125050.jpg
見学会も行われているという壕内であるが、全体的に湿度が高く、足場が悪い部分も多かった。
ただ、場所によっては漆喰が塗られており保存状態はかなり良かった。




125107.jpg
足下は多少濡れている物の、非常にきれいな状態を保っていた。
壁面の状態も、ヒビなどもなく良好である。




125112.jpg
『作戦室』の扁額。
こちらも先ほどのものと同時期に作られたものであるが、非常に価値のある物と思う。




125209.jpg
この壕は 階層構造らしいが、訳あって今回の探索は 1層目のみである。




125350.jpg
奥へ進むと、一部が崩落している箇所も見受けられた。
三浦半島の地下壕と違い、岩盤は比較的硬そうではあったが、崩れるときは一気に逝きそうである。




125645.jpg
壕口に近い部屋は漆喰で塗り固められており、床面もきれいに平らになっている。




125651.jpg
しかし、奥へ行くに従い、素堀の状態のままであったりする。
主要箇所のみ先に建設し、奥へと拡張していたのではないか!?




125659.jpg
明らかに、掘り進めている途中のような行き止まりの箇所も発見。




この壕はちゃんと回っていないので、近いうちに詳細な調査をしたいと思っています。

再調査に行きました
関連記事

[戦跡] 某公開壕の未公開部分探索  2010-01-05

以前から何度も足を運んでいるこの壕であるが、壕全体のほんの一部しか一般公開されていない。
管轄の教育委員会に全体を見ることが出来ないかと問い合わせてみたが、安全上、個人の許可は出せないという。
公開壕であるし、本来なら正攻法で回ってみたかったのだが、仕方ない。
壕内で道に迷ってみることにした。



091227_105642.jpg
壕床にポンプのような物が設置されている。
おそらく排水用だとは思うが、稼働はしていないようだ。




091227_110032.jpg
この壕は地層が美しいことでも知られているようだが、非公開部分にも美しい地層が見て取れる。




091227_110133.jpg
坑道の総延長は 1000mを超えているこの壕であるが、奥へ進むにつれて湿度が高くなってくる。




091227_110148.jpg
戦後に使用されていたと思われるキノコ栽培の残骸も、壕内の各所で見受けられた。




091227_110202.jpg
写真では見づらいが、電線が通っている。
これも、戦後のキノコ栽培に使用されていたものの残骸であろう。




091227_110246.jpg
公開されている箇所は、ほとんど高低差のない坑道が続いているが、この壕は完全な階層構造ではない物の、高低差を持って掘削されている。




091227_110521.jpg
また、場所によっては、車両を通すことが出来るほどの広さを持っている。




091227_111114.jpg
かなりの急斜面で掘削されている斜坑を発見。
角度は 40度くらいはあると思われる。
まるで滑り台のように上方に向かって掘削されている。
30m~40m程登っていくと、最後は掘削途中で閉塞となっている。
おそらく山腹への抜け穴として掘っていたのではないか。




091227_111743.jpg
この壕の掘削に関する資料は、ほとんど残っていないそうだが、どの坑道も丁寧に掘削されていた。
突貫工事というわけでも無さそうに思えるのだがどうだろう。




091227_112041.jpg
壕内に何カ所か見られる階段部分。
こちらも非常に丁寧な構築である。




091227_112216.jpg
正直階層構造があるとは思ってもいなかったので、かなりテンションアップしての探索だ。




091227_112224.jpg
非公開部分には、この壕自体の公開前に探索したと思われるリボンテープの残骸が落ちていたりした。
それほど迷うような構造では無かったが、床面の穴から階層下の部屋が見えていたりして、落ちたらケガじゃ済まないような箇所もあった。




091227_112432.jpg
掘削途中に自然窟に当たってしまったらしき箇所を発見。
自然窟自体は浅く、数メートル先で閉塞していた。




091227_113031.jpg
足場の悪いゆるやかな斜坑を上がって行くと、ブロックで塞がれた箇所が見えた。




091227_113047.jpg
ブロックの一部が抜けており、その先へと進んでみると…。




091227_113057.jpg
居住区のような空間が出現!!




091227_113141.jpg
この区域も階層構造となっていた。




091227_113152.jpg
いくつもの部屋が掘削されている。




091227_113213.jpg
段差の上から見下ろすと、この辺りも居住区のような作りとなっていた。




091227_113218.jpg
外と接続されており、かなりの高さで掘削されている。




091227_113323.jpg
面白い階層構造を発見。
上の部分に上がるには梯子が必要だ。




091227_113900.jpg
壕内で発見した銃眼。
本来の見学コースが見えている。




091227_114924.jpg
この場所は漆喰が塗られ、非常に丁寧に構築されていた。




091227_114935.jpg
当時の物と思われる碍子もそのまま残っていた。




091227_114951.jpg
外との接続部分は塞がれているが、この部分を公開していない理由が分からん!?





 道に迷う場合は自己責任でお願いします…。


 またまた潜り込んじゃいました
関連記事

FC2Ad

まとめ