Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 鈴鹿海軍工廠関防空工場探索 その1  2010-04-08

三重県の関町(現・亀山市)の観音山には、鈴鹿海軍工廠が掘削した巨大地下防空工場があるという。
内部探索のレポートもほとんど上がっていないようなので、早速探索に行ってみた。
三重県までの道中、一人ではつまらないので、yakumo氏に声をかけたところ一緒に探索することとなった。
土曜日の夜仕事が終わり、その足で三重県へと向かう。
四日市市で車中泊し、翌日朝からの探索である。
現地ではいの氏とも合流し、3名体勢での探索となった。


100404_100921.jpg
現地いの氏の案内で観音山公園へと車を走らせる。
公園に到着すると、いきなりいくつもの壕口が口を開けている。

はやる心を抑えつつ、まずは周辺の探索をした。




100404_100922.jpg
資料によるとこの付近には当時工場が建てられていたようだ。
また、汽罐場(蒸気を製造する場所)の煙突と思われる遺構が残されていた。




100404_100954.jpg
稼働時にはあったはずの導管は無くなっていたが、煉瓦造りの煙突が山中に残されている。
何でも、敵に発見されにくいように山頂には作らず、この場所に作ったのだそうだ。




100404_101138.jpg
当時の姿を窺い知ることは出来ないが、上部には排煙のための穴が開いていた。
ここから更に上部へと導管が伸びていたのだろうか!?

これらの遺構の他にも、コンクリ-ト製の風呂場基礎や地下水槽址もあったようなのだが、防空工場へと急ぐ。




map_seki.jpg
地下壕の位置図である。
観音山の地形図が手に入らなかったので、しょぼい手書きで申し訳ないが、防空工場の位置関係はだいたいこんな感じである。
中央下部にある四角が汽罐場跡である。




100404_101834.jpg
図でいうと、中央下から2番目の壕口だ。
見学会などでは、この部分を公開しているようだ。
この壕はしっかり施錠されており入ることは出来なかったが、内部は比較的きれいな状態を保っているようだ。




100404_101835.jpg
付近にはたくさんの壕口が訪問者を待っているようだ。
それでは早速内部へと潜入していこう。




100404_102309.jpg
内部は崩落が激しく、軍需工場というよりは素堀のトンネルか鍾乳洞のようだ。
入り口付近にはコンクリートが巻かれているが、上部は崩れ去り本来の壕床を埋めてしまっている。




100404_102446.jpg
入り口付近の崩落が激しいため水はけも悪く、いきなり足場の悪い探索となった。




100404_102822.jpg
どんどんと奥へと進んでいく。
本来の天井はここまで高くなかったのだろうが、崩落によって天井の高さが増し、いびつな形となってしまっている。




100404_103035.jpg
途中、崩落により行き止まり!!!

と、見せかけて…。




100404_103206.jpg
崩落した天井部分の空間から…。




100404_103341.jpg
更に奥へと進むことが出来た。




100404_103644.jpg
壕内にはほとんど遺物は残っていなかったのだが、碍子が転がっているのを発見した。
壕内を見る限り稼働していたとは思えないので、掘削時の電気設備の遺構だろうか?




100404_104216.jpg
同じような壕口がたくさん口を開けているので、次々と入ってみる。




100404_104449.jpg
ここもまた素堀トンネルのような有様だ。




100404_104620.jpg
この壕も崩落が激しく、これ以上進むのは無理かと思われたのだが…。




100404_104704.jpg
崩落箇所上部に空間を発見。




100404_104713.jpg
崩落箇所の上へと登ることが出来た。




100404_104748.jpg
いの氏も登ってくる( ^ω^)




100404_104921.jpg
そしてその奥の隙間へと体を潜らせると…。




100404_105319.jpg
更に奥の空間へと進むことが出来た。




100404_105408.jpg
地下壕はまだ奥へと続いている。




100404_105604.jpg
奥まった所にいるせいか、足場もかなり悪い。




100404_105719.jpg
この先我々を待ち受けるモノは!?

まだまだ続きます…。

関連記事

FC2Ad

まとめ