Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 龍口寺裏山の地下壕  2010-11-11

以前訪れた龍口寺だがこれ以外にも地下壕が存在すると言うことで、早速見に行ってみた。



101107_121932.jpg
以前と変わらぬ門をくぐり、早速壕口がある本堂の裏山へ向かう。




101107_124244.jpg
前回来た時には発見できなかった壕口であるが、すぐに見つかった。
なんでこれが見つけられなかったのかというほど、壕口は山肌に大きく口を開けている。




101107_124415.jpg
かなり急な斜面を登り、壕口を目指す。
足場はそれほど悪くはないが、なんせ急なので注意して登っていく。




101107_124532.jpg
足元には落ち葉が堆積しており、がさがさと大きな音を立てる。
誰かに見られたら通報されそうな予感が・・・。




101107_124535.jpg
壕口前へとたどり着いた。
壕口の前はごく狭い平場となっているが、一人が立つのがやっとだ。
下半分が土砂によって埋没しているが、壕口自体が大きいので、進入は容易だ。




101107_124720.jpg
入ってすぐに右に向かう枝坑があったが、30m程で水没して行き止まりとなっていた。
遺構も残されておらず、とりあえず戻り、本坑を進む。
この写真はその先にある壕内分岐。
直進は 5~6mで行き止まりとなっており、右斜めにさらに坑道が続いている。
壕口から敵兵に爆弾を投げ込まれた際、爆風による壕内への被害が少なくなるようにこのように構築されているようだ。




101107_125053.jpg

どんどんと奥へと進んでいく。
すると壕内にある排水溝が左側から右側へと渡されている個所を発見。
夏島の2層目部分でも似たような構築を見たが、このように蓋が残されているのは非常に珍しい。




101107_125105.jpg
蓋を持ち上げてみると、排水溝は埋まらずに機能しているようだ。




101107_125458.jpg
そのままどんどんと進んでいくと、突き当たりがあった。
右手を見るとどうやら裏山の施設に通じているようだ。




101107_125509.jpg
突き当たり部分には、側溝を広げたような構築物があった。
内部に井戸が残っていると何かで見たが、これのことだろうか。
けど、どう見ても排水を集めているし、飲料水じゃないな。






大きな崩落を乗り越えながら奥へと進んで行く。
洞窟陣地のように狭い坑道がくねくねと伸びている。
最後は、水没しており、それ以上先へ進むことは出来なかった。
この映像は、水没部分まで行き、戻る際に撮影したものである。

動画が見られない方はこちら




101107_130033.jpg
壕内は基本的に全て素彫りの岩盤剥き出しであった。
一部の枝坑の天井部分に、支保工のようなものがはめ込まれていたが、役割は不明だった。




101107_131315.jpg
壕内の足場はそれほど悪くなかったが、壕を出たらやっぱりどろどろ・・・




101107_132909.jpg
龍口寺を後にし・・・。




101107_162826.jpg
食事を取った後、披露山公園へと登ってきた。
ここには砲台跡が残されている。
公園化されているので見所は少ないのだが、頂上からの眺めは最高だ。




101107_163153.jpg
ちなみに砲台跡を利用して、サルの檻が立てられている。
戦跡に住むサルたちだ。




101107_163840.jpg
夕日に照らされた江ノ島がきれいだった。


関連記事

[戦跡] 稲村ヶ崎の洞窟砲台  2010-11-09

鎌倉市にある稲村ヶ崎。
ここには第二次世界大戦末期に伏龍部隊の基地として掘削された壕が残されている。
また、同じ場所に、洞窟砲台や25mm機銃が装備されていたという銃眼も残されている。


101107_110146.jpg
昔来たときは「この先立入禁止」の立て看板が立っていたような気がするが、波で倒壊してしまったのか、何にも咎められることなく壕口まで辿り着いた。
足場は多少悪いが、本日の干潮は潮位差が少ないため岩場を乗り越えての入壕となった。
ここが、伏龍部隊が出撃する予定だった壕口らしい。




101107_110228.jpg
壕口から見ると、丁度岩がえぐれており、角度によっては壕口を隠している。




101107_110421.jpg
早速侵入していく。
中は完全な素堀りであった。
大抵の地下壕は、日常生活では体験できないほどの闇と静寂につつまれるのだが、この壕は打ち寄せる波の音が壕内の奥まで響き渡り、とても騒がしかった。




101107_110638.jpg
内部の構造は迷う心配は全く無く、2本の本坑を横坑でつなげただけの単純な物であった。




101107_110806.jpg
当時は海側からR134の道路まで壕が貫通していたようで、道路脇の塞がれた壕口付近まで辿り着いた。




101107_111018.jpg
この付近は、自然崩落か埋め戻しかは分からないが、大量の土砂が堆積しており、腰を屈めて這いつくばるようにして進まないと奥まで辿り着けない。


101107_111143.jpg
侵入した壕口とは別の本坑にある壕口から、壕内のかなり奥まで光が差し込んでいる。
しかし、油断しているとつるつるの壕床に足を取られ、尻餅をついてしまいそうだ。
また、壕口に向けゆるやかに傾斜しているので、滑り台のように滑ったまま海に落ちる可能性もある。




101107_111555.jpg
こちらの壕口に建てられている立入禁止の看板。
ここにカノン砲が据え付けられていたのか!?
もっと水位が低ければ、海側からもアクセス可能かも知れないが、今回は完全に外は海だった。




101107_112036.jpg
距離も短いこともあり、あっという間に内部探索を終え、再び岩場へとよじ登る。
ちなみに、潮が満ちてしまうと壕内から出られなくなる可能性が高いので、訪れる方は注意が必要だ。




101107_112119.jpg
岩場の上から銃眼を見る。
かなり大きい銃眼であるから、あの場所まで行くことが出来れば侵入は容易いだろう。
ただ、海面から 5m程度あり、下からのアクセスは難しそうだ。
また、銃眼の右下から下に向かって黒く変色しているのが分かると思う。




101107_112119b.jpg
この変色は銃眼下部からの流水により苔が生えているようにも見える。
この位置から水が出てきていると言うことは、銃眼内部は完全に浸水している可能性もある。
いずれにしても、銃眼まで辿り着けないため、推測することしか出来ないが、なんとか侵入してみたいものだ。




101107_112228.jpg
侵入の方法としては、崖の上部よりロープを使って降りていくのが一番現実的であるが、降りた後戻るのは、クライミング経験者でないと難しそうだし、何より岩肌が脆く危険を伴う。




101107_112656.jpg
この岩場の上部はどうなっているのか、今度は内陸から登っていくと、壕口を見つけた。
ただ、この壕は奥に棲息部があるだけの単独壕だ。




101107_113320.jpg
yakumo氏が、山の斜面を頂上まで登っていったが、特にめぼしい発見は無かった。




101107_113525.jpg
転落すると134号線の車道に転がり落ちてしまうため、とりあえず安全なところまで戻る。




101107_113716.jpg
先ほどの銃眼上部にやってきた。
と言っても、位置的には壕口の上辺りか。
公園なので柵があり、柵の外に出ないよう注意書きがある。




101107_113809.jpg
柵の向こう側を進むと、たしかに断崖絶壁だ。
落ちたら死んじゃいそうだし、ここからロープで下るのはちょっと無理かな…。
日中なら多分通報されるだろう。




101107_114307.jpg
最後に、国道 134号線側へ降り、山肌にある塞がれた壕口を確認していく。
多数の壕口が塞がれているが、このいずれかは銃眼に続いているのだろう。

ちなみに、塞がれた壕口に小さな穴が開いていた。
早速カメラを突っ込んで撮影してみる。




101107_114324.jpg
写ったのがこちら。
ゴミが写っているが、壕口が塞がれる前に投げ込まれた物だろうか。
それにしては新しいような…。
海側から波風により押し込まれたものかも知れない。

以上、稲村ヶ崎を回ってみたが、現状では銃眼への侵入はとても難しそうである。
ただ、公園となっているので開発されて遺構が無くなってしまうことは無いと思われるので、慌てなくても大丈夫かも知れない。
潮位が下がって銃眼下部まで行くことが出来れば、なんとか内部の様子を撮影することなら出来そうなので、機会を見て再調査に訪れるつもりである。

関連記事

FC2Ad

まとめ