Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 剣崎砲台 / 大浦探照灯格納庫  2011-06-21

三浦半島南端に位置する剣崎に、太平洋戦争末期まで東京湾を護っていた剣崎砲台跡がある。
ここは 1年以上前に訪れたのだが、探索と言うほどのインパクトは無く、記事的にはボツとなっていたのだが、せっかくなので記事にすることにした。


091101_104759.jpg
砲台までの道のりは非常に狭いため車で行くことは困難なので、車を駐めて農道を上がって行く。
と言っても、軽自動車であれば難なく入っていくことは可能だろう。




091101_105003.jpg
途中、貯水槽のようなコンクリートの遺構があった。
粗雑な作りからして当時の物なのであろう。




091101_105613.jpg
山あいの道のりをどんどんと登っていくと、壕口のような物を発見した。
早速登っていって見ると・・・。




091101_105645.jpg
貯蔵庫のような小さな堀り込みだけだった。




091101_111103.jpg
気を取り直して更に登っていくと、遠くに探照灯格納庫が見えてきた。
これは大浦探照灯格納庫と言うもので、陸軍が構築したらしいが、はっきりとした史料を見つけることが出来なかった。




091101_111246.jpg
近づいてみると、小山にコンクリートの格納庫がはめ込まれているように見える。
ここまで肉厚にする必要があるのかは疑問だが、コンクリートで構築した後、盛り土によりカモフラージュしていたのだろうか。




091101_111301.jpg
人や車と対比させてみると大きさが分かると思う。




091101_112913.jpg
大浦探照灯格納庫から少し行ったところに、剣崎砲台跡があった。
畑に囲まれ、土砂に埋もれてしまっているが、砲台掩蔽部への侵入口らしき物が遺されている。




091101_112938.jpg
畑の中に遺されている砲台の台座跡と、通気口らしき遺構。




091101_112949.jpg
通気口を避けるように大根が植えられていた。




091101_113058.jpg
写真では大きさが分かりにくいが、近くに行くとかなりの大きさだと言うことが分かる。
通気口にしては大きすぎるような気もするが、内側のコンクリートを見ると、何かがはめ込まれていたような凹みが見て取れる。
おそらく屋根のような物を取り付けていたのではないか。




091101_113128.jpg
掩蔽部入り口は、土砂でほとんど埋まっていた。
隙間からカメラを突っ込んで撮影してみたが・・・。




091101_113203.jpg
奥行き自体ほとんど無く、内部の様子は分からなかった。
もしかすると、内部は階段のように下っているのかも知れない。




091101_113404.jpg
ここに砲台があったとは思えぬほどの、のどかな光景が広がっている。




091101_113737.jpg
ふもとから砲台まで続いている軍道。
現在は簡易舗装が施されていた。




091101_114016.jpg
こちらの砲台跡は農道により一部が覆われていた。




091101_114132.jpg
そのすぐ脇にある通気口。
コンクリートの側面が抉り取られていた。




091101_114141.jpg
中をのぞき込んでみたが、埋もれてしまっていた。
結局、剣崎砲台跡の掩蔽部を確認することは出来なかった。




091101_114446.jpg
車両の通行の妨げにならぬよう、側面を抉ったのであろう。

この遺構は畑の中にあるため、非常に安全に見学をすることが出来る。
ハイキングがてらに見に行くのも良いかも知れない。

でもやっぱり、崩れかけを潜っていくみたいな、ちょっと危険な探索が好きだな。


関連記事

FC2Ad

まとめ