Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 久々利の廃トンネル  2011-10-26

この記事は、三菱発動機地下工場跡探索の続きです。


岐阜県可児市にある三菱発動機地下工場跡を後にし、次に、通行止めになっているトンネルを探しに行く事にした。
このトンネルは、地下工場の一部を利用したもので、現役当時は自動車の往来も可能だったらしい。

先ほど探索した壕内の広さを考えれば、十分に車両を通す事が可能だったと思うが、なぜ廃止されてしまったのだろうか・・・。


111023_122557.jpg
地形図を見ながら進んで行くと、明らかに怪しい階段を発見。
地形図には神社が記されているが、場所的にあの階段を上っていくと神社に行くに違いない。

ということは、トンネルの壕口はこの先に間違いない!




111023_122634.jpg
思っていた通り、小道の先にはトンネルがあった。
と言っても、分厚いコンクリートでしっかりと塞がれている。
今までの壕口の状況を考えたら、異常とも思えるほどの塞ぎ方であるが、(一部の)地図に載っている道路なので、このぐらいしないとダメなのかな。




111023_122649.jpg
コンクリートの隙間から内部を伺うが、状況はよく分からない。
ただ、内部からこの場所に来ていれば、明らかに分かると思うので、ここには来ていないのだろう。
内部をちゃんと回らなかった事にちょっと後悔したが、また潜る機会はあるだろうし、謎は残しておいた方が次の楽しみにもなるのでヨシとしよう。

こちら側が塞がれていると言う事は、恐らく反対側も塞がれているのだろうが、一応確認しに行く。




111023_122920.jpg
丘陵の反対側へと回り込むと、こちら側はやけに切り立った崖が続いている。
地形図の等高線と合っていない気もするが、木の生え方でこう見えるだけなのだろうか。


ちょっと怪しげな狭~い道を無理矢理上っていくと・・・。




111023_124552.jpg
なんとも雰囲気の良いお墓に出た。

道の脇には墓石が無数に建てられているのだが、間隔が開いているせいか妙にほのぼのとするお墓たちだった。
おじぞうさんも気持ちよさそうにひなたぼっこをしていた。




111023_124731.jpg
これ以上車で上がって行くとバックで降りる事になりそうなので、車を駐め徒歩で登っていく。




111023_124806.jpg
どんどんと進んで行くとやがて道は未舗装となり、ゆるやかに山の中へと飲み込まれていった。

高さ的にももうこの先には何も無さそうなので今来た道を戻ることにした。




111023_125014.jpg
帰り道空を見上げると、見事なほどに枝を広げた木が生えていた。
これはきっとモチモチの木に違いない。




111023_125401.jpg
再度、トンネルを探して車を走らせる。
と言っても、実はトンネルの位置はナビにも出ているのだが(*´ω`*)




111023_125603.jpg
え?こんな所、車で入っちゃっていいの?
人んちじゃないの?

みたいな道を上っていくと、ちょっとした平場があった。
トンネルはすぐそこにあるはずだ。

しかし、トンネルを見つけるよりも先に、目の前に壕口を発見した。




111023_125705.jpg
明らかに地下工場の壕口であろう。
壕床はかなりぬかるんでいたが、十分に進入可能だ。
しかし今日はこれ以上潜らない事にしていたので、トンネルを探しに行く。




111023_125752.jpg
平場の先に続いている道を歩いて行くと、あった!! トンネルだ。

立派なフェンスに阻まれているが、高さ制限の標識もあるし、以前車道として機能していたのは間違いないだろう。




111023_125833.jpg
フェンスの上にぶら下がっている看板には、『危険 通行止め』の文字と、なぜかドクロマークが描かれている。




111023_125847.jpg
懐中電灯で奥を照らしてみると土砂が堆積していた。
どうやら崩落によって通行止めになったようだ。
しかし、自然崩落では無いようにも見える。


ここで普通ならさっきの壕口から進入し、トンネル部分がどうなっているかを調べに行くのだが、実は懐中電灯の予備を持ってくるのを忘れていたのだ。
先ほどまで壕内を回っていたときには気がつかなかったのだが、懐中電灯 1本だけで壕内を回っていた。
いつもは予備と予備の予備も持って入るのに、なぜか家に置き忘れていたのだ。
ビデオ用のLED照明も持っていたが、広い壕内では近くしか照らす事は出来ない。
まあ、脱出くらいは出来そうだが、危ないところだった・・・。
良かった、電池切れにならなくて。

まだ懐中電灯は点灯しているが、こういう時に無茶をすると事故が起きる。
トンネル内部の探索は次回へと持ち越す事にした。
ものすごく気になるケド、このくらい気になる所を残しておくと、また来たくなる。




111023_125934.jpg
とりあえずはトンネルの両側壕口を確認できたので、トンネルを背にし、今来た道を引き返す。




111023_164225.jpg
なんだかまだまだ運転したい気分だったので、遠回りして帰る。
可児からR21を通り岐阜市内まで出て、R258を養老に下って鈴鹿まで帰るのだ。

ちょっと消化不良な今回の探索であった。

可児市の三菱発動機地下軍需工場跡再訪しました!!
関連記事

[戦跡] 岐阜県可児市 三菱発動機地下工場跡  2011-10-23

岐阜県可児市(かにし)久々利に三菱発動機の地下疎開工場が残されているという事で行ってみた。
終戦直前の昭和19年から掘削が始められたが、完成を待たずに終戦となり、実際に航空機の部品が作られる事は無かったという。
総延長は 8Kmということで、なかなかの規模である。


111023_110301.jpg
地下工場はこの丘陵に掘削されている。

ところで丘陵を貫く 1本の道がある。
この図だと分かりにくいが、もちろんこれはトンネルである。
地下工場の一部をトンネルとして再利用していたらしいのだが、現在は通行止めとなっているらしい。
では早速現地へと行ってみよう。




111023_110302.jpg
見えてきた丘陵は、周囲を平地に囲まれた、高さ 40~50m程度のものだった。




111023_113859.jpg
車を駐め、早速山肌を探索していくと、いきなり壕口発見。
しかし、先ほどまで降っていた大雨で草はびしょ濡れ。
防水装備はしていないので、ここはパス。




111023_114015.jpg
次に見つけた壕口には、枯れ木が大量に詰め込まれていた。
頑張れば乗り越えられそうだったが、事前調査で全ての壕口は内部で繋がっていると分かっていたため、無理してここから入る事も無い。
だからここもパス。




111023_114158.jpg
続いて発見された壕口には障害物が何も無かった。

入り口をのぞき込むと・・・。




111023_114243.jpg
多少のぬかるみはあるものの難なく進入出来そうだ。

早速ここから内部へ入ることにした。




111023_114351.jpg
しばらく進んで行くと十字路に出た。
昔の乳母車が置いてあり、なんだか不気味だ。
奥で赤ちゃんの泣き声が聞こえたらどうしよう・・・。
単独で潜っていると、突然そんな恐怖感が沸いてくる事がある。

しかしそんな事は 1秒で忘れて、どんどん奥へと進んでいく。




111023_114519.jpg
幅、高さとも 3m程度もある坑道が碁盤の目状に掘削されているようだ。
構造は神奈川県の夏島地下壕の2層目部分と良く似ていると感じた。




111023_114605.jpg
塞がれている壕口もあるようだ。




111023_114624.jpg
工場として掘削されているためか、坑道内の幅が広げられている箇所が多く見られた。
機械を設置するためだろうか。




111023_114705.jpg
この場所もかなり広く掘削されている。
基本的な作りは夏島2層目と似ているかなと思っていたが、坑道単体だと随分違うかな。




111023_114710.jpg
しかし深い・・・。
随分と進んでいるが、まだまだ奥へと坑道は伸びている。
懐中電灯の光が届かない所まで穴は続いていた。

うーん、久しぶりの大規模地下壕だし、単独潜入だし、ワクワクが止まらん!!!




111023_115037.jpg
本坑と本坑を結ぶ小規模な横穴が随所に掘られている。
小規模と言っても、壕の高さは 180cm近くあり、屈まなくても通り抜け可能だ。




111023_115110.jpg
内部には棲息部が設けられていた。




111023_115302.jpg
奥へ行くほど湿度が上がってきた。
懐中電灯に照らされた霧状の水分がものすごい。

照らした先になにか置いてある。
きのこ栽培かなと思ったが、大量の屋根瓦のような物であった。




111023_115400.jpg
壕内には工場の完成を待たずに、実際に工作機械が運び込まれたと言う。
この付近の壕床はコンクリートで固められており、機械の設置をしたとすればこの辺りでないかと推測する。




111023_115543.jpg
遥か先に光が見えてきた。
丘陵の向こう側だ。




111023_115630.jpg
しかし出た場所はなんだか山の中だ。
たしかに地形図を見ると丘陵には谷が走っている。

葉っぱはびしょびしょだし、ここからはどこへも行けそうも無いので、再び壕内へと戻る。




111023_115736.jpg
昨日までの雨のせいか、それともこの付近は常にそうなのか分からないが、湿度が更に上がってきた。
温度自体は 10℃程度なのだろうが、湿度が高すぎて全然快適じゃ無い。
むしろ、汗が蒸発しない(出来ない)ため、なんだかちょっと不快である。

不快と言えば、この壕ではなぜか生き物を見ていない。
季節的なものかも知れないが、コウモリもカマドウマもゲジも何もいない。

普段壕内で目にするとキモチワルイと思う奴らだが、いないとちょっと不安になる。
だって、壕内に生命が維持できない何かがあるかもと思っちゃうじゃん・・・。




111023_115828.jpg
そんな事を思いながら進んで行くと、機械の台座のような物を発見。
周囲の広さもかなりある。
天井までの高さは 5mくらいかな。

根拠は何も無いが、発電機が設置されていたような気がする。




111023_115911.jpg
台座にはいくつかの穴が掘られていた。
ここに支柱を立て、機械を浮かしていたのだろうか。
(写真左下の光は、ビデオ撮影用のLEDライトです)




111023_120111.jpg
初めは碁盤の目状に掘削されていると思われたこの壕であるが、丘陵の北側付近は随分と様子が変わってきた。
小規模な坑道が増えてきた。




111023_120130.jpg
天井には木材が残っていたが、当時の物かは分からない。




111023_120158.jpg
支保工?と思ったこの杭も、どうやら戦後の物みたいだ。

痕跡は見受けられなかったが、この付近は、戦後、キノコ栽培に利用されていたのかもしれない。




111023_120733.jpg
更に東方向へと進んでいくと、崩落がだいぶ激しくなってきた。
かなり大きなガレが転がっている。

こんなの落ちてきたらひとたまりもないな・・・。




111023_120848.jpg
しかし深い・・・。

全部の坑道を歩こうと思っていたが、距離がありすぎだし話し相手もいないしで、ちょっと飽きてきた。
碁盤の目の所や連絡坑みたいのはちょっとはしょりながら、入ってきた壕口へと大回りして戻っていく。




111023_121118.jpg
進入した壕口の何本か隣の壕口に、気配を感じたので行ってみた。




111023_121137.jpg
どうやらこの先には民家が建っているようだ。
きっと住人が、夏に天然のクーラーとして利用しているのだろう。
電気が引かれ、ごろ寝出来る簡易ベッドが置かれていた。

さすがにここから出て行くわけには行かないので、進入した壕口まで戻った。




111023_121554.jpg
内部を歩いていてたくさんの壕口が開いていたので外から見て回ることにした。

この壕口は盛大に水没している。




111023_121628.jpg
道路のすぐ脇にぽっかりと口を開ける壕口。




111023_121807.jpg
道路脇の公園にも穴が開いていた。




111023_121911.jpg
この付近の子供達にとっては、公園にあるこの穴は恐怖の穴なのか!?
それともわくわくする探検の穴なのか!?




111023_122126.jpg
そのまま道を歩いていると、不自然な平場と盛り土を見つけた。




111023_122237.jpg
しかし周辺には何も見当たらなかった。

事後調査で知ったのだが、この丘陵周辺には掘削時の土砂がたくさん積まれており、丘陵の周り一帯にこのような
盛り土で出来た丘がたくさんあるそうだ。




111023_122458.jpg
なかなかの規模で楽しめた可児地下軍需工場だが、内部からは冒頭で紹介した通行止めのトンネルが確認できなかった。
国土地理院の地形図からは消されているが、Google Mapにはしっかりと道が残っている。
ハイエースのナビでは、トンネル名まで表示されている。

これは壕口を確認しないわけにはいかない!!




111023_122458b.jpg
可児市の三菱発動機地下工場跡を後にし、地形図片手に次に廃トンネルを見つけに行く事にした。

後半へ続く・・・。
関連記事

FC2Ad

まとめ