Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[探険] 半田地下壕地下2階部分探索  2012-10-31

前回半田地下壕に潜った時に発見した、地下2階部分。
その空間がかなり広い事は分かったが、時間の関係もあり全貌を把握せずに横浜へ戻る事になってしまった。

今回、関西地区を中心に探索活動をしている、くるまみちのメンバーさんに誘われたので、またまた半田地下壕に潜って来た。


s121027_013722.jpg
いつものごとく週末の夜仕事が終わると同時に三重県へと向かう。
横浜から 400Km。
これだけ何度も行き来していると、もはや遠く感じなくなってきた。




s121028_002601.jpg
三重県亀山市にある道の駅関宿にてメンバーさん達と合流する。
雨が降ってきたが、宴会は深夜まで続いた。




s121028_094814.jpg
翌日早朝より全員ウェーダーを装備して半田地下壕に潜入する。
外は雨が降っていたが、地下壕の中は快適だ。




s121028_095144.jpg
壕口付近はいつもぬかるんでいるが、本日も盛大にぬかるんでいた。
この時点で長靴必須だ。




s121028_100413.jpg
まずは、未踏区間である地下1階の水没地区へとやってきた。
ここには先人の遺したボートが置いてある。




s121028_101245.jpg
見た目の深さは膝上位なのだが、壕床に堆積した泥土が1m以上あるようで、どんどんと体が沈んでいく。
ピカさんが突入していたが、足が取られこれ以上進むのは危険だった。

その後、ぱぱんさんがゴムボートで突入したが、ゴムボートが劣化しておりあわや転覆!!
本日の攻略は失敗に終わった…。




s121028_101434.jpg
この水没区間の向こう側には、更に坑道が続いているが、場所的に山肌に近いと思われるので、それほど延長は無いのかも知れない。
でも、やっぱり行かなくちゃ気が済まない。
次回、別の作戦を立てなくちゃ。




s121028_101746.jpg
その後も、どんどんと坑道を進み水没区間を抜け…。




s121028_102951.jpg
地下2階入り口へとやってきた。

ま、入り口と言っても、床に穴が開いているだけなのだが。




s121028_103352.jpg
地下2階へと降り、坑道を奥へと進んで行く。

すると…!!




s121028_103833.jpg
なんと軌道を撤去した痕跡がはっきりと残っているのを見つけた。




s121028_105146.jpg
天井部分には碍子も残っている。




s121028_105455.jpg
地下1階部分もかなり広いのだが、ここ地下2階部分もかなりの広さがありそうだ。
今回誰も酸素濃度計を持っておらず、多少の不安はあったのだが、とりあえず奥へと進む。

※こうもりが棲息していたり、小動物の足跡があったりと、我々もまあ生存可能な雰囲気でしたが、真似しないでね。




s121028_110125.jpg
おー、地下2階にも水没区間が出てきた。




s121028_111501.jpg
壕床はかなり柔らかく、かなり足を取られる。

ぱぱんさんが、足場を確認しつつ進んで行く。




s121028_112155.jpg
あわわ、だんだん水没が酷くなってきた。




s121028_112224.jpg
この濁った水の中に、突然深い縦穴があるかも知れないので、慎重に足を進めていく。




s121028_112531.jpg
水没区間を抜けると、再び軌道跡が現れた。




s121028_112841.jpg
そして、このあたりから坑道内が異様な雰囲気に包まれる。

そう、まるで怪しい宗教のような模様が辺り一面に!!!




s121028_113032.jpg
推測するに、機械での掘削の跡なのだろうが、地下壕では見た事の無い模様なので、とにかく異様である。




s121028_113115.jpg
その奥にはクルマの轍が!!

まあ、地下2階と言っても、これだけの穴を掘ったのだから、どこかにズリ出しをしているだろうし、地形的にも外部に貫通している可能性は高いのだろう。




s121028_115824.jpg
更に進んで行くと、何かが見えてきた。

え?線路!?




s121028_120110.jpg
なんと軌道敷が遺されてる!!

枕木も犬釘もそのままだ。




s121028_120232.jpg
そして右奥になんか見えてる…。




s121028_120248.jpg
なんとこんな所にポイントが置きざりに!!




s121028_120404.jpg
しかもちゃんと稼働するようだ。
みんなちょっと興奮気味だ!!




s121028_120519.jpg
更なる発見を期待してどんどんと奥へと進んでいく。




s121028_120704.jpg
なんという軌道敷!!
(*´ω`*)


そしてその先には…。




s121028_120951.jpg
異様なマークを岩肌へと刻みつけた張本人が!!




s121028_120952.jpg
なるほど、こりゃ確かに円形の模様が付くわけだ。




s121028_121810.jpg
隣にはシャベルカーも。

この辺りは機械の整備区域だったのかも知れない。




s121028_122413.jpg
とにかく全区域を回らないと気が済まないので順番に坑道を巡る。




s121028_122448.jpg
水没でも、行けるところは全部行く。




s121028_123112.jpg
ランプの残骸がいろいろな所に落ちていた。
それらのパーツを組み合わせたら、完品完成!!




s121028_123029.jpg
後ろからライトで照らして、当時の雰囲気を(´-`)




s121028_123544.jpg
地下2階は地下1階部分より広く、また、水没区間もたくさんあった。




s121028_124600.jpg
そして、かなりの軌道が敷かれていたようで、あちこちで軌道跡を見る事が出来た。




s121028_124743.jpg
坑道内に遺されていた落書き。
炭のようなもので書かれていたが、当時の物であろうか。

右から、ポパイ、のらくろ、ミッキーマウス(違うだろ)。


s121028_125716.jpg
ちょっと恐怖を感じたこの風景…。

喫水線がこの位置にあると言う事は、2m程度水没していた時期があると言う事か。
今すぐに水が流れ込んでくる事は無いと信じたいが、気持ちの良いものじゃない。
まあ、喫水線の位置が安定している事から、水位が上がったり下がったりしているわけでは無く、ずっとたまっていた水が何かのきっかけで抜けたと考える方が自然だろう。




s121028_130354.jpg
ここは枕木だけそのまま残ってる。




s121028_130901.jpg
そうかと思えばまた盛大に水没してる。




s121028_131014.jpg
地下2階部分の水没は、一番深いところでも膝上程度だった。




s121028_131843.jpg
水が溜まっていた痕跡はあるが、水が抜けている場所もある。




s121028_135525.jpg
たっぷり5時間程度かけ、ほぼ全ての坑道を回り、再び地下1階部分へと戻る。




s121028_141216.jpg
前回潜ったときに地下1階部分に気になる箇所があったので確かめに行くのだ。




s121028_141600.jpg
この地下坑道に設けられたセントル巻きのトンネルの上に、なんか入れそうな穴が見えているのだ。
もしかしたら、あの穴の先にも広大な空間が広がっているかも知れない!!




s121028_141601.jpg
よととさんが隙間から進入を試みる。

しかし残念ながら、トンネル上部には大きな空間はあるものの、こここはただの崩落のようだった。




s121028_151033.jpg
と言う事で、今回は以上で探索終了としたが、寝仏付近にてよととさんが新たな斜坑を発見した。
次から次へといろいろなイベントが発生する半田地下壕、恐るべし!!!

また潜り行く かな。
関連記事

ハイエースで曳くトレーラー買った!  2012-10-18

以前より欲しい欲しいと言っていたトレーラーを購入した。
いつかは欲しいーってずっと思ってたら、結局買わずに一生を終えてしまいそうな気がしたので、思い切って買ってみたのだ。


s121014_164046.jpg
てことで、ETCの書き換えに行ってきた。
ETCの登録情報の牽引装置を「有り」にしておかないと、料金を不正に逃れる事になるからだ。
ちなみに、牽引しているときの高速料金はワンランク上の料金体系となる。
小型車扱いのハイエースは中型車の料金となる。




s121014_164048.jpg
で、ナンバーを取りに横浜の軽自動車検査協会へ。
車両価格は 28万円だったので、自動車取得税は取られず、重量税 6,600円と用紙代 30円のみを支払う。
トレーラー自体は予備検査が終わっているので、書類審査のみで車検証とナンバー入手。

偶然にもナンバーは「111」!




s121014_tr01.jpg
ちなみに購入したのはコレ。
納車は明後日なんで、写真は購入したお店の写真を拝借。




s121014_tr01b.jpg
当初は20万程度のトレーラーを買うつもりだったのだが、慣性ブレーキを後から取り付けると 10万程度かかってしまうらしいので、結局いろいろとついているコイツに決めたのだ。
ちなみに、このトレーラー、サスペンションも入っている。
(↑買ってから知った!!)




s121014_tr01c.jpg
車体自体は手で押すと簡単に動く程軽い。
余裕で人力で取り回せる。

けど、『あおり』は折り目を付けて補強されているが、華奢な感じ。
重さとのトレードオフだから、これは仕方ないか。

ま、またいろいろと改造していくつもり。




s121014_tr02.jpg
とりあえず、アンダーカウルを作ろうかな。




s121014_tr03.jpg
で、濃色に塗装したい。
ネイビーブルーも捨てがたいし、迷彩もいいなー。

でも、単色だと平面だからのっぺりしすぎてる…。




s121014_tr04.jpg
ん。
なんかカッティングシートで文字入れるといいかもしれない…。

てことで、しばらくはトレーラーの改造で遊べるー!
いや、もちろん荷物運んだりにも使うと思うケド…。

トレーラーのテールランプ交換してみた
関連記事

ハイエースのヒッチメンバー用配線整備  2012-10-01

最近、割りと本気でトレーラーを買おうと思っているのだが、トレーラー用の配線が適当に組んである事を思い出し、ちゃんと組み直す事にした。
ちなみに、買いたいトレーラーはこんな感じ
30万程度で買えるし、軽自動車規格なので車検は 2年に 1度だし、なによりかっこいい。


120930_124211s.jpg
配線を取り出すために、テールランプを外す。
裏に配線が直接出ているし、車内に引き込める穴も開いているので、まあ、楽勝かな。




120930_124235s.jpg
てことで、ちゃっちゃと結線していく。




120930_124319s.jpg
ちなみに、2本の線を接続するのに、圧着接続端子を使用した。
今までは、かなり適当にハンダを当てていたのだが、絶縁テープだと見栄えも悪かった。
(ま、見えない場所だけど…。)




120930_124354s.jpg
圧着接続端子に配線を差し込みプライヤーにて圧着。




120930_124426s.jpg
熱収縮チューブを挿入し、もう片方も圧着。




120930_124446s.jpg
端子に熱収縮チューブを被せて…。




120930_124607s.jpg
バーナーであぶって完成。
あら簡単。




120930_124629s.jpg
続いて、このぐちゃぐちゃの配線を…。




120930_124840s.jpg
タイラップでまとめてすっきりと。




120930_125738s.jpg
うん。きれいにまとまった。




120930_130110s.jpg
やっぱり電装系はきっちりやると気持ちいい!




120930_132215s.jpg
念のためコネクター部分からの出力をテスターにて確認。

よし、これでいつトレーラー買ってもOKだな(*´ω`*)

買っちゃいました!!
関連記事

FC2Ad

まとめ