Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[探険] 津市半田地区で謎の地下物件発見!?-後編  2012-12-23

この記事は、[探険] 津市半田地区で謎の地下物件発見!?-前編 からの続きです。


s121216_114718.jpg
更に奥へと進んでいくと、今度は『家族湯』との表示が。




s121216_114738.jpg
入ってみると、小さな湯船と洗い場が。
地下にある、本物の洞窟風呂だ。
壁は洞窟の表面むき出しだし、湯沸かし器はすぐ裏に直付けだし、なんか、まあ、いろいろとすごい。

ということで、そろそろ種明かし。
ここは、今から30年ほど前まで営業されていた、美女の里という観光施設の廃墟だ。
営業していた当時は観光バスで団体さんも訪れるほど盛況だったという。

残念ながら営業当時の写真を見つける事が出来なかったのだが、照明に照らされた壕内は、幻想的だったのだろう。




s121216_114739.jpg
壕内には人工の川や橋も作られており、なんと祠(ほこら)まで存在していた。




s121216_115257.jpg
施設部分を一通り回ったので、洞窟内でもお客さん向けの施設では無いところも回ってみる。




s121216_120034.jpg
かなり大きいサイズの坑道が続く。




s121216_120212.jpg
しかも、かなりの広さである。




s121216_120717.jpg
排水のためであろうか、U字溝が並んでいる。




s121216_120827.jpg
しかしこの辺りは足場が悪い…。
もう、ぐっちゃぐちゃ。




s121216_120848.jpg
壕内に残されていた電動の排水ポンプ。
当時も、水抜きをしながら営業をしていたということか。




s121216_120946.jpg
いろいろと回っているのだが、ここ、美女の里のフロントというか、エントランスが見つからない。
うーん、どこなんだろ。




s121216_121117.jpg
あちこちとうろうろしていると、脱衣場を発見。
大浴場のようだ。




s121216_121315.jpg
思ったほど広くは無かったが、こちらも本物の洞窟風呂。
先ほどの家族湯同様、洞窟の岩肌がむき出しだ。
洗い場には崩落による土砂が散乱していた。




s121216_121640.jpg
またまた壕内で看板を発見!!




s121216_121642.jpg
半田地区にあったこのような施設は、『磨洞温泉』と『美女の里』の二つだったという事なので、ここを発見した時から美女の里の廃墟だと気づいていたのだが、この看板によりそれが確定した。

広さは 3,300平方メートル、坑道の延長は8キロメートルと書いてある。
思ったより狭い気もするが、60m四方に坑道が縦横12本程度あるとこのくらいの数値になるので、ま、こんなもんか。

いや、それより、磨き砂よりオゾンと酸素が放出されるって書いてある!!
そんなバカな!?
オゾンも酸素ももちろん空気中にも含まれているが、放出されているとしたら空気の成分がおかしな事になっちゃう。
空気の成分は窒素が 78%、酸素の割合は 約21%だ。
この日はカバンの中に酸素濃度計を入れていたのだが、特にアラームは鳴らなかった。
表示は見ていないが、まず間違いなく21%程度の数値のはずだ。
酸素濃度が一定以上に上がると中毒症状を起こすはずだし、オゾンの濃度だって高すぎたら死亡する事だってある。
インチキくせー…。

と、思ったのだが、よく考えると嘘は書いてないのか。
だって、磨き砂の層の内部には空気が含まれているのだろうから、たしかに酸素もオゾンも放出してる。
もちろん、その他に窒素や水素も放出している。
でも、その考え方なら、小麦粉だって砂場の砂だって、おにぎりだって酸素やオゾンを放出してるよね(´・ω・)




s121216_125413.jpg
ということで、一通り内部を回った後、今度は周辺の調査をすることに。




s121216_130639.jpg
壕口は発見できるものの、水没しているものばかり。




s121216_131238.jpg
探索途中にあった、磨き砂の工場。
並んでいるのは製品としての磨き砂。
これは乾燥中なのかな。




s121216_134153.jpg
朝から歩き続けなので、ちょっと小休止。
もう夕方くらいかと思っていたのだが、まだ 2時前だった。
早朝から活動すると一日が長い(*´д`*)




s121216_134828.jpg
休憩地点の近くにあった三重縣表記の標柱。
なぜ、こんな三重県のど真ん中にこんな物が!?

追記
ぱぱん氏によると、明治5年まで、三重県は三重県と度会(わたらい)県に分かれていたそうです。
その境目が久居と津の間だったということで、どうやらこの標柱は、三重県と度会県の県境を表しているようです。
ということは、『度会縣』の標柱もどこかに…。





s121216_135836.jpg
更なる洞窟を見つけるために、未調査エリアの山へと登っていく。




s121216_140257.jpg
谷を挟んだ向こうの山が、旧磨洞温泉があった山だ。
いろいろな情報から推測すると、この谷の付近にも壕口があるはずだ。




s121216_141434.jpg
ガサゴソしながら進んで行くと、やっぱりあったでかい壕口。




s121216_141517.jpg
進入可能かどうか、まずはよととさんが調べに行く。
壕口からは大量のガラクタが詰め込まれており、内部の状況が良く分からない。
隙間から進んで行くと、どうやら坑道までは3~4mの高低差がありそうだ。




s121216_143335.jpg
しかし、縦坑に近い穴ではあったが、大量のゴミが足掛かりとなり、なんとか下まで降りる事が出来た。
ただ、ゴミが崩れると脱出出来なくなりそうだし、とにかく危険な壕口だった。
次回入る際は、ロープ垂らしておいた方がいいかな。




s121216_143602.jpg
壕口も危険だったが、内部もいきなり危険。
水没している坑道の床面に、突然深い縦坑が…。
下層に抜けているのか!?

水面に浮いている懐中電灯が嫌すぎるwww
誰かここに落ちて沈んでいるんじゃないだろーな。
水温が低すぎて、死体も浮いてこないとか…。




s121216_143826.jpg
内部はかなり広めだし、地層も磨き砂とは違うようだ。


s121216_143940.jpg
かなり広いようだが、泥土がかなり堆積しており奥へ進む事は困難だった。
無理に進むと足を取られて戻れなくなりそうだ。




s121216_144050.jpg
水没も多く、調査は難航…(´・ω・)




s121216_144618.jpg
ここは水没対策の他に、泥土対策もしないと奥へは行けなそうだ。

名残惜しいが、これ以上無理すると事故が起きそうなので、深入りせずに一旦撤収する事にする。




s121216_145630.jpg
今回最後に発見したこの壕は、場所や規模からも、地下軍需工場だった可能性が高い。
壕口までのアクセスにも、壕口進入以降もいろいろと難があるが、次回探索までに装備を見直し、なんとか最奥まで行ってみたいと思う。

関連記事

[探険] 津市半田地区で謎の地下物件発見!?-前編  2012-12-19

今週は、またまた三重県まで探索に行ってきた。
以前途中まで行って、進めなくなった壕の奥を見に行ったのだ。

翌日は、他のメンバーと一緒に、半田地区の周辺を探索したのだが、なんとも言えないワンダーな地下壕を発見した。


s121215_122409.jpg
これは昭和22年の航空写真だ。
戦後間もない頃で、磨洞温泉付近の道路も旧道しかない。
まずは陸軍の射撃場付近の山を探索する事にした。




s121215_122410.jpg
以前の探索で見つけた大きめの穴はこの一つだけなのだが、冬になり薮も薄くなったため、別の穴も発見できるかな。




s121215_123836.jpg
早速探索を開始するために、ウェーダーを身につける。
これで、水没壕もばっちりだ。




s121215_124749.jpg
目的の穴に行く途中にもいくつかの穴を発見した。
ここは水が溜まっていて土砂も堆積してた。




s121215_124925.jpg
すぐ近くにもまたまた穴が。

ま、どーせ中でつながってるんだろう。




s121215_125012.jpg
早速目的の壕に到着。
早速内部へと入っていく。

内部は、高さ、幅とも 2m弱程度。




s121215_125015.jpg
ここは軍需工場の雰囲気は全く無い。
磨き砂の採掘場なのだろう。

ま、一応奥まで行ってみるけどね。




s121215_125217.jpg
前回進めなかった水没部分へと足を踏み入れる。

水深は股下くらいなのだが、壕床に堆積した土砂に足が20cm程度潜るため、進むのはちょっと恐い。
澄み切っていた水が、たちまち濁り出す。

慎重に杖で前方を確認しながら進んで行く。




s121215_125355.jpg
しかし残念な事に、水没の先は崩落により閉塞していた。
灯りを消してみたが、完全な闇で、隙間は全く無さそうだ。




s121215_125538.jpg
仕方なく今来た水没坑道を戻る事にする。
帰りは濁っていて怖さ倍増だ。
来るときに縦坑が無い事は確認済みであるが、どんな罠があるか分からない。




s121215_135353.jpg
その後も周辺をくまなく見て回ったのだが、たくさんの穴を発見したものの、どれもほとんど水没しているか土砂が堆積している状態であった。




s121216_095454.jpg
その日は温泉に浸かって車中泊でのんびり(*´д`*)

翌日は早朝からよとと氏、ぱぱん氏らと地下工場の探索へと向かう。
と言っても、まだ、どの部分が地下工場なのか、確実な情報を得ていないため、総当たり的な探索をしていく事にした。




s121216_101439.jpg
丘陵の谷にある薮の中に入り、巨大な斜坑へと。
前回の探索に所用で参加出来なかったぱぱん氏をご案内だ。

ここは前回の探索で発見した壕だが、巨大な壕口よりゴミが投げ込まれている。
しかも、床面が崩落してしまったのか、かなり急な斜面を下ることに。




s121216_101557.jpg
ちなみにこの壕はいきなり水没している。
右方向へ数十メートルは進む事が出来るのだが、ライフジャケット無しだとちょっと恐い。
前回の探索では yakumo氏が水中にある縦坑に気づいたのだが、気づかずに進んで行くといきなり水中に引き込まれる事になる。




s121216_101952.jpg
この周辺は斜坑がいくつも並んでいるので次の壕へと。




s121216_102406.jpg
この壕は入り口からコンクリートにより巻き立てられている。




s121216_102543.jpg
一見、なんの変哲も無い斜坑に見えるが、足下に注意しないと大変な事になる。




s121216_102620.jpg
と言うのも、斜坑の途中にいきなり縦坑が口を開けているのだ。




s121216_103320.jpg
縦坑から中をのぞき込むと水没している物のかなり広い空間のようだ。
2~3m下れば下層へと入れそうなので、今度水没対策やロープを準備して来る事に。




s121216_103435.jpg
この斜坑の作りや大きさからしても、磨き砂の採掘場とは思えないので、恐らく地下工場の一部かと思うがどうなんだろう。




s121216_110700.jpg
続いて今度は、今まで未調査区域だった山の向こう側へと行く事にした。
道も無いような山をどんどんと登っていく。




s121216_111555.jpg
うん、低い山でもなかなか険しいもんだ。
てか、ウェーダー履いて山登りつらいー。




s121216_112940.jpg
しかし、山越えしてすぐに、かなりの規模の壕を発見したのだ。




s121216_113001.jpg
あれ?
なんか奥にブロックみたいのがある。




s121216_113024.jpg
なんぞこれwwww
独房!?




s121216_113452.jpg
と思ったら、磨き砂の説明文が…。
磨き砂博物館かな!?




s121216_113519.jpg
天井部分には電源コードが張り巡らされている。

明らかに近代的なケーブルだ。




s121216_113700.jpg
え?部屋??
非常口??




s121216_114241.jpg
と思ったら、『地下20メートルの地点』との看板が。




s121216_114320.jpg
地下廃墟というか、変な宗教施設だったらやだな。




s121216_114515.jpg
炊事場!!





s121216_114608.jpg
冷蔵庫!?

あ、なんか奥にビールケースが…。




s121216_114642.jpg
この地下壕があるのは、磨洞温泉から山一つ越えた場所だ。
旧磨洞温泉とも無関係の施設だろう。
しかも、ビールケースや残されている設備を見る限り、30年程度前に無人となった物件であろう。

と言う事は…。

次回、解明編 へと続きます。
関連記事

ハイエースのスタッドレスタイヤ交換  2012-12-16

今履いてるスタッドレスタイヤが3シーズンを経過し、そろそろ寿命となったので、買い換える事にした。


s121125_121350.jpg
ネットで注文したら、1週間も経たずに送られてきた。
インターネットで注文すると、店で買うよりも2万円程度安かったのだ。




s121125_121415.jpg
タイヤは今まで履いていたものと同じ、ブリザック REVO969。




s121125_121840.jpg
ホイールは、キーラーフォース。
ネット上では4本で3万円台で買えるホイールだ。
これって安すぎじゃないか?
てか、定価が高すぎなのか!?




s121125_121458.jpg
今まで使っていたタイヤ。




s121125_121535.jpg
新品のタイヤ。

ま、当たり前だけど、こんなに違う。




s121125_121902.jpg
ホイールは JWL-T規格のトラック用なので、車検もOK。




s121125_121912.jpg
もちろんタイヤもLTタイヤなんで4ナンバーでも車検OK。




s121125_121934.jpg
ホワイトレターが欲しかったんだけど設定がなかったので自分で塗る事に…。

タイヤ専用のマーカーを買ってきた。




s121125_122535.jpg
ペイントマーカーみたいな感じで、なんだかすごい時間かかる…(´・ω・)




s121202_142210.jpg
とりあえず縁だけ全部塗ったんだけど、あまりに大変なんで、べた塗りは楽をしようとペンキを買ってきた。
一応、ゴムにも塗装できるって奴を買ってきたんだけど、これが失敗の元だった…。
確かにタイヤのゴムにもちゃんと定着しているようだが、膨張と伸縮を繰り返すゴムに塗るのは想定外だったようだ。




s121202_143046.jpg
刷毛でぺたぺたと塗る。




s121202_161212.jpg
2時間程度で終了。




s121208_213806.jpg
ということで、早速テスト走行に行くことにした。




s121208_220408.jpg
新潟県に向かい関越自動車道をひた走る。
トンネルを抜けると、雪が降ってきた。




s121208_223033.jpg
小出インターを降りると、一般道もすごい雪。




s121208_224108.jpg
とりあえず道の駅にて車中泊。
夜中に降った雪で FFヒーターの排気口が塞がれないように、流水で融雪している場所に車を駐める。




s121209_082353.jpg
翌朝、ガリガリに凍ってる路面を走り出す。




s121209_085940.jpg
とりあえず峠道に向かうと、どんどんと雪が増してきた…。




s121209_092318.jpg
圧雪路面だからか、めちゃめちゃグリップする感じ。




s121209_095509.jpg
しかし、グリップは申し分ないのだが、寒さのせいか、せっかく塗ったホワイトレターがパリパリと剥がれてきた!!
やっぱりタイヤ用の塗料じゃないとだめなのか!!
それとも寒さのせいなのか!?




s121209_101755.jpg
まあ、また塗り直す事にして、とりあえず峠道を上っていく。
広いところでフルブレーキングしたり、急ハンドル切ってみたりする。

うん。なかなかいい感じにグリップする。
やっぱり新しいタイヤは気持ちいい!!




s121209_103441.jpg
雪の勢いが増してきた。




s121209_103732.jpg
ハイエースはホイールベースが長いので、ちょっとくらい滑ってもコントロールしやすい。
滑り出しがすごくゆっくりとしている感じ。
ていうか、昔乗ってたAW11(MR2)は、ホイールベースが短く重量バランスもリアに集中してるので、リアが滑るとあっという間にくるっとスピンしちゃってた。




s121209_104854.jpg
雪道楽しすぎて、2時間くらいうろうろと走り回っていたが、明日も仕事だしそろそろ帰る事にする。




s121209_105856.jpg
高速入り口もすごい雪。




s121209_110055.jpg
群馬県に入るくらいまで、路面上は雪があったけど、すごい安定してた。
つーか、タイヤが新しいからかもしれないけど、前のブリザックよりも性能上がってる!?

関連記事

FC2Ad

まとめ