Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[探険] ひさしぶりに半田地下壕見てきた  2013-09-23

2013-09-23

最近はハイエースの電装系ばっかりいじっていて全然探険に行ってない。
ということで、久しぶりに三重県に行くことにした。


130922_003859.jpg
土曜の夜、仕事が終わってから東名高速をひた走る。
もはや、自分以外には使い方が分からないスイッチがたくさん光ってる(*´ω`*)




130922_011732.jpg
四日市の富双緑地にて、別の探索メンバーが居酒屋をやっていたのだが、さすがに閉店して、既に就寝中だった(*´д`*)
そりゃそーだ、もう深夜 1時だもんな。

よととさん、おろろんさん、その他の皆さん、次回はよろしくですー(*´ω`*)ノ




130922_104220.jpg
翌日は早速、津市の半田地区へと向かう。

このあたりは、県道の工事やら中勢バイパスの工事やらで、来る度にいろいろと変化してる。




130922_111326.jpg
あ!!!
空き地に積み上げられた砂利に穴が開いてる!!!

これはまさか!!!




130922_111326b.jpg
そう、この場所は、去年探索に来た際、大穴が開いていた空き地だ。
しかも、積み上げられた砂利に開いた穴の場所が、完全に一致!!!

地下に砂利が飲み込まれているのか!?




130922_111400.jpg
のぞき込んでみると、埋まってはいるものの、完全に陥没している。
この下には何本もの坑道が通っている。
これだけの重さが加わっているので、他の場所も陥没するのでは無いか!?




130922_111744.jpg
その先の湿地帯も、道路工事のためか砂利で均されていた。
たくさんの穴が開いている岩肌の裏には、トロッコ軌条が残されている地下壕の入り口があるはずだ。




130922_112140b.jpg
これが去年来た時の壕口の写真。

しかし・・・。




130922_112140c.jpg
完全に埋められてるwww




130922_112218.jpg
しかしその先のもう一つの壕口は無事だった。




130922_112611.jpg
中に入ってみると、以前より水没が増しているような。

でも、埋め戻しの影響かどうかは分からない。




130922_112819.jpg
奥に進むと水没はすぐに無くなったが、坑道によっては完全にウェーダーが必要だ。




130922_112823.jpg
天井部分が剥がれ落ちている。
以前潜った際には落ちていなかったと思うが、これは道路工事の影響だろうか。

ちなみに、以前潜った際のトロッコ軌条発見記事はこちら




130922_115715.jpg
次に旧磨洞温泉へと向かう。

写真右手に写っているポールと看板は、当時の案内板だと推測される。




130922_120225b.jpg
壕口へ向かうと、ものすごい雑草。
なんか穴も狭くなってる気が…。




130922_120225c.jpg
濡れてつるつると滑る斜面をゆっくりと下って行く。

やばい、穴に吸い込まれそう(*´д`*)




130922_120256.jpg
なんとか穴の中に入ると、やっぱり盛大に水没している。
ま、ここの水が引くことは無いんだろう。

ここの奥が気になる人は…。




130922_120256b.jpg
以前潜った時のこの記事をどーぞ。




130922_121803.jpg
続いてこの丘の反対側へと回り込む。




130922_121803b.jpg
この場所には、変な地下施設があるのだが、のぞき込んだところ特に変化は無いようだったのでスルー。




130922_122612.jpg
細い道を上りきると、この柵の奥には変な寝仏がある。
あとで地下から行くつもりなんで、ここもスルーする。




130922_122612b.jpg
地上からの寝仏レポートはこちら




130922_123731.jpg
寝仏の地下に潜るため、再び丘の反対側へと向かう。

中勢バイパスの工事現場をつっきれば、あっという間だ。
ヘルメットかぶってるし、通ってもいいよね!?




130922_123856.jpg
あれ?
道が大変な事になってきた…。




130922_124003.jpg
最後は、伐採のみの道無き道となってしまった(*´Д`)




130922_124537.jpg
と言うことで、半年ぶり 10回目くらいのいつもの壕口へとやってきた。




130922_124544.jpg
外気温は 30℃近くあるものの、壕口からは冷たい風が吹き出てくる。




130922_125502.jpg
内部は相変わらずぐちゃぐちゃだ。




130922_125613.jpg
しかも、今日は半パンというラフな格好で潜っているため、行ける場所が限られる。




130922_125708.jpg
足場が悪い…。




130922_125908.jpg
ところでこの地下壕、磨き砂の採掘場跡というのは間違いないのだが、壕床のコンクリートを見る限り、やはり何かに利用されていたのだと思う。




130922_125914.jpg
排水設備といい、あきらかにただの採掘場では無いと思う。




130922_125938.jpg
でも、手持ちの軍需工場の図面とは、どうも違うんだよなー。




130922_130340.jpg
壕口から300m程進んでいくと、そろそろ寝仏の近くへと辿り着く。




130922_130456.jpg
謎の地下宗教施設までやってきた。

このブロック塀の向こう側が気になる人は…。




130922_130456b.jpg
この記事をどうぞ-。




130922_132345.jpg
ちなみにこの地下壕のすぐ横には、掘削した砂を加工する工場の廃墟も残されている。
この草の中にも地下坑道があるのだが、この時期はこれ以上の探索は厳しそうだ。

てか、無理矢理こんな中に突っ込んでったら…。




130922_132821.jpg
思わぬ事故が起きて、彼岸花の養分へとなってしまう(((;゚Д゚)))
しかも、本日は単独での探索なので、よりいっそうの注意が必要だ。

ホントはホットスポットにも行きたかったんだが…。




130922_204624.jpg
と言うことで、今回は前夜発の日帰り探索だった。
今まで潜った所をぐるっと回って来たんだが、まあ、地下壕自体にはほとんど変化は見られなかったかな。

三重県の半田地区は、横浜からはちょっと遠いけど、今後とも調査を進めていこうと思う。

→ 行って来ました!

関連記事

非常用電源作ってみた  2013-09-08

2013-09-08

ハイエースのサブバッテリーを大容量の物に交換したので、今まで使っていたバッテリーが余った。
このバッテリー、容量は交換した物に比べたら少ないが、まだまだ使えるバッテリーだ。
もったいないので非常用電源みたいな物を作ってみた。
もちろん、非常時だけでなく、キャンプとかでも活用できるだろう。


130907_121712.jpg
ということで、ホームセンターでコンセントやバッテリー端子を買ってきた。




130907_122159.jpg
バッテリーやインバーターを組み込むケースも買ってきた。




130907_123446.jpg
キリで端子用の穴を開け、リーマで広げる。




130907_125041.jpg
コンセント取り付け用の穴をカッターで切る。




130907_125853.jpg
うん、いい感じ(*´ω`*)




130907_131527.jpg
12Vのソケットや、カバー付きのロッカースイッチを取り付ける。




130907_131609.jpg
裏から見るとこんな感じ。




130907_134422.jpg
続いて配線を作っていく。
後々の事を考え、ほとんどの接続は半田では無くコネクターで結線した。
きっと後からいろいろなアイデア(というか魔改造)が出てくるからね。




130907_142822.jpg
バッテリーを設置し、配線を組んでいく。




130907_144657.jpg
配線をタイラップにて取りまとめていく。
バッテリーは裏面を強力両面テープにてくっつけてあるが、空間のあるバッテリーの回りはウレタンみたいなもので保護するつもり。

ちなみにバッテリーを真ん中あたりに設置したのは、ケースを持った時の重量バランスが良い場所を選んだからだ。




130907_144838.jpg
ちなみに写真の真ん中の機械は、ソーラーパネルのチャージャーコントローラー。
2千円くらいで売ってる安物だけど、ま、十分でしょ。




130907_144919.jpg
100Vインバーターのスイッチは、インバーターの内部からスイッチ用の配線を引っ張り出してきて、ボックスのスイッチで入り切り出来るようにした。

てことで、完成ー!!




130907_145447.jpg
ソーラーパネルをこんな感じで設置して充電が出来る。
基本的に、バッテリー充電中はガスを逃がさなくちゃ危ないんで、フタは開けておく。
フタを閉めたまま充電出来るように、換気用の穴を開けようと思っているのだが、かっこいい換気口が売ってなかったので、とりあえず後回し。




130907_145452.jpg
ソーラーパネルは、どんなものでも使えるようにコネクターにはせず配線を直接突っ込めるようにした。
部品はスピーカー取り付け用端子を流用。




130907_145507.jpg
分かりにくいけど充電中のLEDが点灯してる。
このLEDの配線を外まで引っ張ってこようかな。




130907_150919.jpg
まあ、ほとんどあり合わせの部品で作ったけど、100Vのコンセントも使えるし、シガーソケットも使えるし、なかなか満足。

次はAC充電も出来るようにするか(・´ω`・)

関連記事

FC2Ad

まとめ