Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[探険] 津市半田地区磨洞温泉調査2014 - 中編  2014-01-31

2014-01-31

この記事は、[探険] 津市半田地区磨洞温泉調査2014 - 前編 の続きです。

次の目的は現磨洞温泉の奥の壕へとアクセスポイント探し。
まあ、この周辺は半田を探索し始めた頃に何度もぐるぐると回っているのだが、目線を変えて散歩がてらに回ってみようかなと。


140126_131257.jpg
しかし、手がかりがあるのはここまで。
このダクトは現磨洞温泉の地下フロアにある排煙用のダクトだが、この地点でフロアは地下4m程。
現磨洞温泉の地下フロアの奥は更に3m程掘り下がっているので、この先に壕口があるとすれば斜坑以外考えられない。




140126_133707.jpg
現磨洞温泉周辺の地形は、開発によって大きく変わってしまっている。
今も、中勢バイパスの工事の真っ最中だ。




140126_134617.jpg
何も成果がないまま、池のほとりまで来てしまった。




140126_134618.jpg
黄色いところが現磨洞温泉の地下食事エリア。
このエリアが総延長 250mであれば、この8倍もの地下壕が眠っているはず!!

しかし、野球場として山が削り取られ、南側は畑。
北部には、巨大な池。
掘られている場所的に見ると、現磨洞温泉奥の地下壕の水没は免れないのでは無いか。




140126_135348.jpg
周辺をうろうろとしていると、バイパスを貫く小さなトンネルを発見。
動物学者のおろろん氏によると、バイパス建設が生態系を破壊しないように、動物用のトンネルを作るんだとか。
へー、知らんかった(゚Д゚)




140126_135711.jpg
側溝に作られたこのミニチュア階段も動物用。
小動物が側溝に落ちて、上がれなくなって死んでしまうのを防ぐために作られているそうな。
同様のものが一定間隔で作られていたが、こんなの初めて見た。




140126_135741.jpg
なんだかいつの間にかに入ってはいけなそうな所に来てしまったので、一旦車に戻って午後の探索の準備をする。
食休みもたっぷりしたし、午後は何か新しい発見があるといいんだけど…。




140126_142714.jpg
着替えをしてまずは第1坑の水没区間へのフローター探索。
第1坑ってのは勝手に呼んでるだけで、2012年の2月、半田で一番初めに発見して潜った巨大壕だ。
寝仏に地下でつながってたり地下2階部分があったり、とにかく楽しめる壕だ。




140126_142841.jpg
この巨大壕でまだ奥を見ていない水没箇所を確認するのだ。




140126_143112.jpg
そう。ぱぱん氏がゴムボートで出航しようとして危うく沈没しかけたあの水没エリアだ。
このエリアの壕床に堆積した泥土の量はかなりの深さで、ウェーダーで奥へ進むと足が抜けなくなって本気で危ない。
ステッキを突き刺してみると、150cm以上の土砂があるようだ。それでもまだステッキの先端は底にはついていない。
カメラや懐中電灯を失うのは構わないが、命まで持って行かれそうなのだ。

でも今日はフローターでリベンジだ!!




140126_143206.jpg
早速出航~!!

でも、この区間特に広いわけでも無く、奥を見に行っただけなのだが…。




140126_143242.jpg
結局奥は曲がってすぐに閉塞していた。
どこかに続いているわけでは無かったようだ。

なんとなくそんな気はしていたのだが、ま、確かめられたからいっか。




140126_143601.jpg
これ以外にはこの壕には用は無いので、つぎの壕へ。




140126_144639.jpg
次は、以前 yakumo氏が大変な事になったあの斜坑壕だ。
この壕の奥も泥土が堆積しまくっていて、ウェーダーでは全く進む事が出来なかったのだ。




140126_144705.jpg
ということで早速突入!!




140126_144820.jpg
壕口付近には崩落した周囲の土砂が流れ込んでおり、大変危険な状態だ。
以前に作った橋を渡り、奥へと進んでいく。




140126_144931.jpg
この壕の怖いところは、坑道のど真ん中にいくつも開いている下層へとつながる大穴。
この壕の下層は完全に水没しているようで、壕床付近まで水が溜まっている。
このようにむき出しなら懐中電灯で発見して避ける事が出来るが、床面以上に水が溜まってしまうともう発見不可能。
運が悪いと下層に吸い込まれる事になる。

この壕の付近にある斜坑の水没部では、水中に大きな穴がいくつも開いているのを確認しており、
ここの奥の水没部もどうなっているか分かったもんじゃ無い。




140126_145250.jpg
とりあえず、行けるところまで行ってみる。
ここに穴が無いのは確認済みだ。




140126_145349.jpg
そろそろ未踏エリアに入った。
床の大穴を探しながらゆっくりと進む。

落ちたくないwww




140126_145352.jpg
見た目にはまだまだ行けそうだが、壕床はかなりの危険状態。
無理は禁物なので、ここはまた、よとと氏がフローターで偵察に行く。




140126_145449.jpg
よとと氏のフローターの操縦も、めちゃめちゃ上達してきた(*´д`*)




140126_145839.jpg
その間、ウェーダーで行ける範囲をぐるぐると回る。




140126_151254.jpg
景色がほとんど一緒で迷ってしまいそうな壕だ。

よとと氏が奥から戻ってきた。
話しによると、奥までずっと水没壕で、このような坑道がかなり広く続いているようだ。




140126_152242.jpg
目ぼしい発見も無いので、早々にこの壕を後にする。




140126_152328.jpg
しかし、いつ見ても素敵なスイッチバック構造。
何気ない田園風景の傍に、人知れずこんなものが存在するのがなによりすごい!




140126_152401.jpg
鉄筋の入っていない、信用ならない一本橋を渡り、新しい壕を探しに行く。




140126_153352.jpg
スイッチバックの壕口向かいの平場を藪こぎしていると、窪みに大きな壕口を発見!!
急な斜面を下りていく。




140126_153419.jpg
ん??
この景色、どっかでみたような!?!?




140126_153444.jpg
中に入ってみる。




140126_153448.jpg
うん。




140126_153528.jpg
やはり。。。




140126_153617.jpg
どこかで見た景色だと思ったら、いつもの第1坑だ。
第1坑の内部から今入ってきた壕口は見ているはずだが、ここから外には出ていなかったのだ。

だから分からなかったのか。




140126_154207.jpg
入ってきた壕口から外に出て、位置関係を把握しながら更に進んでいく。




140126_154322.jpg
山肌に沿って、進んでいく。
第1坑の北側端っこ上部を回っているはずだ。




140126_154837.jpg
山側に壕口を2つ発見。

これは、第1坑の北側つきあたりにある竹藪が見えている壕口だろう。
怪しい地下宗教施設の手前くらいだ。




140126_155542.jpg
そして向かったのは、以前から壕口があることは予想していたが、近づくのが難しかった場所。
ここは4~5mの窪みに大量の伐採した木々が積み重ねられており、それを乗り越えた奥に壕口らしき影が見えるのだ。

ふわふわした木々を踏みしめながら進んでいく。
けどこれ、木々がクッションになって、たとえ踏み抜いても大けがしなさそうだな。




140126_155923.jpg
崖まで進むと、やはり、大きな壕口が口をあけていた。
急な斜面を下りていく。




140126_160005.jpg
振り向くと、壕口のすぐそばまで伐採した木々が迫っている。
今、この現場に重機が来て、木々を押しこめ始めたらやだな(・ω・)

てか、戻れるのかこれ!?



140126_160056.jpg
壕内に目を向けると、明らかな閉塞感。
風の流れを全く感じない。
湿度も高そうだ。

酸欠の心配があったが、計器をセットし、取り合えず進んでいく。




140126_160357.jpg
湿度はどんどんと高くなっていく。




140126_160422.jpg
これ、ちょっと、やばくないか!?

でも、手元の酸素濃度計は、21%を示している。
うん、まだ大丈夫。。。だよね?




140126_160431.jpg
奥へ進んでいくと、第1坑に負けないくらいの、超巨大空間。
こんな近くに、まだ、こんな巨大地下壕が眠っていたとは!!!!

しかも、この先で、更に地下2階部分への入り口を発見したのだ!

[探険] 津市半田地区磨洞温泉調査2014 - 後編 へと続きます
関連記事

[探険] 津市半田地区磨洞温泉調査2014 - 前編  2014-01-28

2014-01-28

やってきました4ヶ月ぶりの三重県!
今回は、関西を中心として探索を行っている、くるまみちのメンバーとの合同探索&新年会だ。


140125_131650.jpg
金曜日の夜仕事上がって三重県へ。
途中のPAにて仮眠して寝過ごして、そのまま磨洞温泉へと向かう。




140125_140614.jpg
よとと氏と合流し、とりあえずは磨洞温泉本館跡地の水没壕へ。
今回は、よとと氏特製のフローターがあるので、無理目な所まで行けるかも!?




140125_140906.jpg
早速出航する、よとと氏(*´ω`*)ノ

とりあえず、おれもウェーダーだけは装備してるんで、ジャブジャブと突入。




140125_141045.jpg
真冬の水没壕は、ウェーダー越しに体を冷やしていく。
透き通っていた水はとてもきれいなのだが・・・。




140125_141441.jpg
歩いて行くと同時に撹拌されたちまち足下は見えなくなってしまう。




140125_141522.jpg
なんかとても怪しい。
コンクリートで塞いで鉄筋を組んである。
なんだこりゃ。




140125_141545.jpg
とてもきれいにコンクリートが巻いてある。
でもウェーダーのみでこれ以上進むのは無理だ。
既に腰の上まで水面がきてる。

よとと氏はどんどん奥へ行ってしまった。




140125_141649.jpg
これ以上奥へ行くのは無理そうなので、向きを変えてステッキで床面をつつきながら、浅そうな所を選んで進んで行く。




140125_142118.jpg
自然崩落か埋め戻しかは分からないが、盛大に崩れている。




140125_143145.jpg
かなり広く掘削されている空間だが、深すぎてこれ以上進めない。
足下には、営業時の物と思われるダクトが沈んでいたが、足を乗せると簡単に崩れ落ちた。




140125_143259.jpg
こんな時こそフローターの出番だ。
よとと氏が奥へと進んでいく。




140125_143551.jpg
奥を見に行ったよとと氏が、
「ここは行ったらあかん場所や!!」って叫んでる!
坑道は続いているものの、かなり狭いようだ。




140125_144646.jpg
ひととおりぐるっと回ったが、想像していたよりも狭い。
塞がれている部分や、行ったらあかん坑道がどこに続いているのかが気になるが、とりあえずはここを出る。




140125_151848.jpg
その後、薮をがさごそしながら未調査エリアの山肌を歩いてみる。




140125_152032.jpg
するとすぐに壕口が。
ほんと、どこにでも穴が開いているな。




140125_152201.jpg
内部は完全に磨き砂の採掘場跡だ。
掘り方からして、昭和初期以前だと思われる。




140125_152905.jpg
奥は立って歩けるが、全体の規模は小さい。




140125_153010.jpg
そして盛大に崩落。
随分と純度の高い磨き砂の塊だ。




140125_153014.jpg
山側は、地盤ごと落ちたのか、大量の土砂が流入している。




140125_153818.jpg
穴を出て、今度は津市環境事業部の建屋へ向かう。




140125_155349.jpg
ブログの読者さんからの情報だと、この建屋の辺りにも穴がたくさん開いているそうだ。
ただ、なにやら工事が始まっているという。




140125_161134.jpg
斜面を登ると、なんか工事現場が見えてきた。
ここは昔、自転車の保管場所だったところだ。




140125_161501.jpg
斜面を登り切ると、ものすごい規模の工事現場が。
元の地形が分からないくらいになっている。
これじゃあ穴なんて残っている訳ないか…。




140125_162626.jpg
仕方が無いので美女の里を潜りながら車へと戻ることに。




140125_162840.jpg
内部は相変わらず怪しい廃墟といった感じだ。




2014-01-25 21.42.01
その後、道の駅関宿にメンバーさんが集まって、夜は居酒屋で新年会!
みなさんいろいろな場所から来ているようで、ナンバーはバラバラ。
しかも、ナンバーの地名かぶり無し(*´д`*)

会場は本物の蔵を改築した居酒屋くらぞう。




2014-01-25 21.42.20
内部の写真はプライベートすぎてお見せできませんが、とってもいい感じの居酒屋さんでした。




140126_075935.jpg
翌朝、心配していた雨も止み、早速探索へと向かう。
ここで、新年会のみ参加のメンバーさんとお別れ。
姫路から新年会のためにここまで来た方もいる。
なんてパワフルなんだ( ゚д゚)




140126_091632.jpg
もう、何度通ったか分からん程見た磨洞温泉への道。
一見広いこの道は、磨洞温泉を境に突然、狭隘道路へと姿を変える。
でも現在この道は延伸工事が進んでいるから、もう少ししたら快適に久居に抜けられるようになる。




140126_093943.jpg
ということで、早速着替えて探索の準備。

あ、なんかおろろん氏の車の中にチャリが積んである!




140126_094105.jpg
おー、カーボンホイールじゃん!
いいないいな、いくらしたの?

え?

よ、よ、よ、40万円!!

ホイールだけで 40万円!!

いったい自転車全体だといくらかかってんだ( ゚д゚)ポカーン




140126_095052.jpg
さてさて、自転車の話しは置いといて、早速探索へと向かう。




140126_095644.jpg
当時軍需工場として稼働していたと推測される壕への斜坑だが、ここには今まで突入できなかった場所がある。
水没してて高低差もあり、とてもじゃないけど入ったら上がる事が難しそうな立坑なのだ。




140126_100040.jpg
でも今回は新兵器(?)がある!!




140126_100308.jpg
この崩れかけの斜坑の奥はどうなっているのか、期待が膨らむ(*´д`*)




140126_100334.jpg
早速立坑へとはしごを設置する。
ここは、以前の探索でいつか絶対に調べてやるーって思っていた穴だ。




140126_100821.jpg
うん、まあなんとか安全に降りられそう。
穴からは風が抜けており、酸欠の心配も無い。




140126_100918.jpg
しかし、水没が激しいため、突入はフローターが無いと厳しそう。
よとと氏が早速出航する。




140126_101502.jpg
ひもをたぐり寄せて戻れるように、30mのビニールひもをつないで出航していったよとと氏だが、10分程度でひもの動きが全く無くなった。
でも、どこかに上陸しているかも知れないので、ひもを引っ張るわけにはいかない。
フローターだけ引っ張ってきちゃったら一大事だ。




140126_102504.jpg
ちょっと様子を見に下に降りてみる。
しかし、足は壕床の上に溜まった泥土には届くが、どこまでも沈んでいく。
下手したら抜けなくなりそうだ。
ちょっとこれは本気で危なそう。




140126_102542.jpg
見上げると、ぱぱん氏とよとと氏がいえーいってポーズしてる。
けど、ライトが眩しすぎて、全然写ってないよー(*´д`*)




140126_103933.jpg
しばらくすると、よとと氏が戻ってきた。
ひもは30m程度しか無くまったく届かないので、途中からひも無しで進んだようだ。

そして、なんと、
この坑道は磨洞温泉本館の水没区間へとつながっていた!!

なんか、地下軍需工場のマップと重なってきたぞー(*´Д`)




140126_104233.jpg
やっぱりここは地下軍需工場への斜坑だったんだ!!




140126_105227.jpg
まさか磨洞温泉本館の水没区間とつながっているとは思わなかったが、直線距離だと100m程度なので、十分あり得る距離ではあるのか。




140126_114539.jpg
ここで一旦撤収し、再度着替えをし、磨洞温泉別館へ。
ここは地下壕を利用した旅館で、壕内で焼き肉が食べられるという珍しいお店だ。
当時はここが別館だったのだが、現在営業しているのはこっちだけだから今はここが本館なのかな?
うーん、ややこしい。

ま、とにかく焼き肉焼き肉( ^ω^)




140126_114734.jpg
ん?
焼き肉よりも内部調査でしょ(*´д`*)
通常は準備が出来てから地下へと案内されるのだが、内部で待たせてもらう事に。
しかも、以前からここへ来る度にめちゃめちゃ気になってた扉の奥を、おねーさんが特別に見せてくれる事に!!

これは大興奮!!
おねーさん、ステキ(*´д`*)




140126_114804.jpg
扉の奥は、新しいコンクリートが打たれた階段へと続いていた。
上に登るとそのまま厨房へと行けるという。

コンクリートが巻かれているので若干狭くなってはいるが、明らかに当時の斜坑だろう。
しかし、下り方向はコンクリートで固められておりもっと下っていたのを塞いだのかは分からない。
ただ、下の空間の状況からは、当時からこの形で掘られていたのだと思う。




140126_115058.jpg
おねーさんにお礼を言い、今度は店内をうろうろ。
今日は珍しく空いているのでいろいろと見放題だ。




140126_115105.jpg
最深部にある塞がれた坑道。
明らかに奥がある。
絶対ある。

だって別のおねーさんが、
「奥は2Kmあるんですー、でも今は 250mだけで営業してるんですー」
って言ってたもん。




140126_115145.jpg
竹の隙間からそーっと覗いてみる。
あー、なんか板的な何かで塞いである。
コンクリートじゃないのが意外だったが、ま、これ以上行けない事には変わりない。




140126_120055.jpg
美味しい焼き肉と海の幸で腹を満たし…。




140126_125144.jpg
早速午後の探索へ。

もう、食うより早く潜りたい。
てか、奥が気になってもうダメー(*´д`*)




140126_131134.jpg
ちなみに、前回来た時に、なんか足場組んで外装工事してるなーと思ってた磨洞温泉の涼風荘だが、なんだかいい感じに生まれ変わっていた。
以前のヤレた感じも良かったが、これはこれでいい感じですな。




140126_131137.jpg
って、お会計終わって、そのまま再び斜坑方面へと歩き出す面々。
え?え??
まさか…。

やっぱりみんな考えてる事は同じ????

[探険] 津市半田地区磨洞温泉調査2014 - 中編 へと続きます。
関連記事

ハイエースのキーレス交換  2014-01-18

2014-01-18

140118_130303.jpg
おれの買ったハイエースは、5速マニュアルの商用車である。
購入した当初は、内張どころかキーレス集中ドアロックすらついていなかった。
さすがにキーレス集中ドアロックが無いのは不便なので、中華製の格安な物を取り付けて使っていた。

しかし、リモコンキーの度重なる水没により、ついにリモコンの効きが悪くなってきた。
純正品ならば、リモコンキーを取り寄せればいいのだが、中華製だとそんなことは不可能だ…(*´д`*)
これは、中華製社外品のダメなところ。




140118_130319.jpg
しかし、新品のリモコンキーが2つついて、なおかつ本体までが 2490円で買えてしまうのが、
中華製のいいところ( ^ω^)

しかも、こんなに電波飛ばして大丈夫なのか?ってくらい、遠くからでもロックが出来る。
通常のメーカー純正の集中ドアロックに比べると、10倍以上電波出てる( ゚д゚)




140118_130359.jpg
まあ、そんなワケで早速前回と同じ店で、前回と同じ商品を買ってみた。
これで、本体を差し替えれば、あっという間にキーレス元通り( ^ω^)




140118_133517.jpg
しかし、交換しようとしてびっくり!!
なんと、コネクターのピンアサインが全然違う!!

コネクター差し替え楽々新品作戦失敗…(>_<)



140118_133621.jpg
本体形状は変わっていても、どーせ基盤は一緒だろうし…とか思ってたのに(>_<)




140118_133625.jpg
仕方がないので、車両側コネクタのピンアサインをWebでひろってきて…。




140118_133641.jpg
配線をざっくりと切断。

ま、ピンアサインさえ合わせれば、動くでしょ。




140118_133906.jpg
テスターあてながら、該当線どおしを結線していく。




140118_145722.jpg
基本的には電源のプラスマイナスと、ロックアンロック線さえつながれば動作はする。
アンサーバック用に、左右のウインカー制御線へも配線するけどね。




140118_145725.jpg
と言う事で、結線完了!

なんか、何も無いところから取り付けても、労力それほど変わらないような…。
いやいや、集中ドアロック関係の配線が、近くまでまとまって出てるだけでも、ちょっとは楽か…。




140118_145732.jpg
車両コネクター側も、一応テスター当てて確認。
ヒューズとか飛ばすとめんどくさいからね。




140118_151942.jpg
ところでこの機種、取り説を見るとドアロックの他にも出力がある。
今まで使っていた物には無かった機能が追加されているようだ。
ロックした時に、30秒マイナスを接地する出力は、本来はロックと同時に窓を自動的に閉めるためなんだけど、
他にも何かに使えそう!
トランクの制御線も、別のリレーと組み合わせれば、外部から車内の何かを制御するのに使えるな。
うーん、夢が膨らむ(*´д`*)


追記

中華製のリモコンドアロックの機種によっては、本体のスイッチとリモコンのスイッチを同時押しすることで、本体とキーのペアリング設定が可能との情報を頂いた。
早速試してみたところ、他の中華製のリモコンドアロックともペアリングが可能だった。

具体的な方法は、本体の設定スイッチを押下し、すぐにリモコンのロックとアンロックを同時押しする。
(この記事の3枚目の写真のコネクター横に写っているスイッチが設定スイッチ)
これでその本体とリモコンがペアリングされる。
手持ちのリモコンキーを同様に全部設定していけば、いくらでもキーが増やせるー (・ω・)

関連記事
次のページ

FC2Ad

まとめ