Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 久しぶりに赤山地下壕潜って来た  2015-09-30

前回潜ってからおよそ3年ぶり。
千葉県館山市にある赤山地下壕に潜って来た。


_150712_100622.jpg
yakumo氏と駐車場にて待ち合わせ。
まずは、周辺を軽く探索することに。




_150712_100903.jpg
駐車場からちょっと歩くと、そこら中穴だらけ。




_150712_101155.jpg
ま、ほとんどが単独壕なんで、入ってもそれほど楽しめるわけじゃ無いけど(^^;




_150712_101433.jpg
民家の庭の奥にも壕口が・・・。
見てみたいけど、さすがに無理か(´・ω・)




_150712_102333.jpg
以前発見した、薮の中の壕へ向かう。




_150712_102501.jpg
立派なコンクリート製の壕口の真下には、かなり昔の廃車が朽ち果てている。




_150712_102858.jpg
リアエンジンの珍しいクルマだった。




_150712_103239.jpg
大きめの本坑を奥へと進んでいく。




_150712_103408.jpg
壁面には、電気配線を取り付けていた跡だろうか、小さな彫り込みが連続して残っていた。




_150712_103512.jpg
更に奥へと進むと、窪みに大量の缶詰を発見。
これは前回来た時には無かったものだ。




_150712_103559.jpg
しかも、缶詰は、自衛隊の物だった。
どういうことなんだろう。




_150712_104040.jpg
更に奥へと進み、小さな枝坑へと進んで行く。




_150712_104209.jpg
しかし、すぐに閉塞。




_150712_104241.jpg
もう一つの枝坑に進んで行ったのだが・・・。




_150712_104303.jpg
こちらも降りてすぐに同様に閉塞していた。




_150712_104829.jpg
別の枝坑を進んで行くと、まるい大きめの部屋に出た。
と言っても、おそらくここは掘削途中だろう。




_150712_105059.jpg
一通り奥まで見て回ってので今来た坑道を戻りはじめる。




_150712_105707.jpg
壕内に廃棄されたバイク。
メッシュホースやセパハンが入っている。
いつの時代の物なんだろう。




_150712_105927.jpg
壕から出るとすぐに高さ1m程度の彫り込みがあった。




_150712_110656.jpg
そして、すぐ近くには、高さ10m近くある巨大な空間が。




_150712_110856.jpg
ここにも壕を掘ろうとしていたのだが、天井部分の大崩落で、工事中止となったのかも知れない。




_150712_113409.jpg
ということで、赤山地下壕へとやってきた。




_150712_113450.jpg
ここは管理された地下壕なので、照明が完備されている。




_150712_113630.jpg
見学コースはきれいに整備されており、ヘルメット程度の軽装備で見学コースを回ることが出来る。




_150712_113705.jpg
入場料は 200円だったかな。
ヘルメットと、しょぼい懐中電灯を貸与してくれる。




_150712_113933.jpg
丁寧な掘削の他にも、見事な地層を随所で見ることが出来るため、地下マニアじゃなくても楽しめるかも知れない。




_150712_114051.jpg
ここ赤山地下壕は全て手堀にて掘られているため、壁面にはびっしりとノミの跡が残されている。




_150712_114248.jpg
ゆるゆると壕内を回っていると・・・。




_150712_114944.jpg
なんと、柵にホースが結ばれているではないか!!!




_150712_114947.jpg
前方に目を向けると、ホースは縦穴の中に吸い込まれている。

これは気になる!!!


_150712_115117.jpg
ホースの先を追いかけていくと、階下の部屋へと辿り着いた。




_150712_115220.jpg
辺りを見回すと、トタンで囲まれた部屋があった。




_150712_115232.jpg
小さな階段なんかもある。
どうやら一つ下の階層にいるようだ。




_150712_115248.jpg
見学コースと違い、空気が淀んでいるせいか水蒸気が多い。




_150712_115427.jpg
ふと見上げると、俺を探しに来た yakumo氏があんな所を歩いている( ゚д゚)

おーい、ここ、ここーー∩( ・ω・)ノシ




_150712_120119.jpg
yakumo氏と合流し、どんどんと進んで行く。
外部との接合部はほとんど閉鎖されている。




_150712_123200.jpg
かなりの急坂で登っていく坑道。
地層の模様のせいで登っているようには見えないが、実際はすべり台ほどの急斜面。
この斜面は掘りかけのようだが、山頂への抜け穴として掘り進んでいたのかも知れない。




_150712_123543.jpg
下りはかなり危険(*´д`*)
百戦錬磨の yakumo氏でさえ、ゆっくりと慎重に降りてくる。




_150712_124352.jpg
戦後のキノコ栽培の残骸が随所で見られた。




_150712_124456.jpg
かなり大規模に栽培していたようだ。




_150712_124608.jpg
高さの違う坑道を階段でつないでいる。
掘削時の測量ミスで段差ができたため、仕方なく階段を作っているような感じだったが、どうなんだろ。




_150712_125124.jpg
配電盤か何かがはめ込まれていたと思われる窪み。
いい感じで残っている。




_150712_125127.jpg
ということで、いつの間にか未公開部分を歩いてしまったが、この壕は未公開部分の方が作りが複雑で非常に面白い。
確かに落ちたら怪我じゃ済まなそうな段差も何カ所か見受けられたが、未公開なのが本当に惜しまれる。




_150712_125218.jpg
随所に構築されている階段も、公開部分には一つもない。




_150712_125246.jpg
ということで、久しぶりの赤山地下壕だったが、未公開部分も全く崩落も進んでおらず、かなり良い状態のままのようだ。




_150712_125346.jpg
一般公開が中止されれば、壕内をくまなく探索出来るんだろうけど、現状ではゆるっと回るのが精いっぱい。




_150712_125350.jpg
未公開部分にも開放状態の壕口はいくつもあるんで、合法的に入りたい方はそちらからどうぞー∩( ・ω・)


関連記事

ハイエースのリアコーナーガーニッシュの交換  2015-09-12

箱車乗りの仲間達と、福島県のサーキットで行われたイベントに行って来た。
その際に現地で売られていたハイエースの、リアコーナーガーニッシュ。
今回初めてエアガンを使用しての塗装に挑戦してみた。


_150808_172526.jpg
商品はFRP製の小さな物なので、塗装はきっと簡単だろう。




_150808_172527.jpg
表面に軽くペーパーを当て、サフェーサーを吹き乾燥させる。
そして、入手しておいたエアガン用の塗料の登場だ。




_150808_172545.jpg
Amazonで手に入れた、2000円程度のエアガン。
使用するのは初めてだが、ま、なんとかなるでしょ。




_150808_172727.jpg
とりあえずガンガン吹いてみると、信じられないほどに粒子が細かく、垂れにくい。
缶スプレーとは根本的に何かが違う(*´д`*)




_150808_172758.jpg
乾かしながら4回程度重ね塗りしたが、塗料はびっくりするほど減ってない。
使用量も良く分からなかったので多めに入れたのだが、こんなに余ってしまった。




_150808_173718.jpg
缶に戻すのもなんとなく嫌だったので、とりあえず手近にあるマンホールを塗ってみた。




_150808_173729.jpg
あ、もちろん自宅のマンホールね(・´ω`・)




_150808_173750.jpg
あとはちゃんと乾かしてクリアを吹くだけ。
信じられないくらいにきれいに塗れた(*´ω`*)




_150808_174500.jpg
エア圧を落とすレギュレーターは、壊れた小型コンプレッサーの部品を利用して作ってみた物だが、十分に機能を果たしている。




_150809_094933.jpg
クリアを塗り、乾燥させた物がこれ。
お店に頼むといくらくらいかかるのかは分からないが、とりあえずはきれいに塗れて大満足。




_150809_100758.jpg
車両に取り付けるために、早速裏側に網を取り付けた。




_150809_101936.jpg
そして、リアバンパーと純正のリアコーナーガーニッシュを取り外す。




_150809_102124.jpg
網の内側部分には黒いカッティングシートを貼り付ける。
外から見た時に、見栄えを良くするためだ。




_150809_104559.jpg
内部には、フルカラーのLEDを仕込んでみることにした。




_150809_105136.jpg
ハンドルのコラムカバー下のスイッチで点灯をコントロール出来るように、長めの配線を作る。




_150809_110535.jpg
電源直結での点灯テストも問題なし。




_150809_110734.jpg
リアコーナーガーニッシュを仮り当てし、LEDの取り付け場所を考える。




_150809_113307.jpg
配線を車内に引き込み、リア周りの配線は完成。




_150809_114805.jpg
最後にリアコーナーガーニッシュを固定した。




_150809_144825.jpg
見た目は好き嫌いありそうな形だが、とりあえず完成。




_150809_202133.jpg
スモールランプが点いている時に、ハンドル下のトグルスイッチを入れるとこのように点灯。




_150809_202606.jpg
内部のLEDが点灯状態で、リモコンにて、色を自由に変えられる。

まーた光モンかよ(*´д`*)と思われそうだけど、塗って配線して組み付けて、ホント作業が楽しすぎる(・´ω`・)

関連記事

[戦跡] ちょっと夏島地下壕と貝山地下壕行って来た  2015-09-09

静岡県在住の探索仲間が横須賀に潜りに来るというので、案内がてら夏島地下壕と貝山地下壕に一緒に潜って来た。


_150906_093335.jpg
以前夏島地下壕に潜ってから期間が空いているので、何か変化があるのかも楽しみだ。




_150906_093335b.jpg
夏島の1層目には大きく分けて 4つの壕がある。
その他にも、単独の物や、完全に塞がれており進入不可能な物、そして、裏側のJAMSTEC (海洋研究開発機構) 敷地内にある壕もあるのだが、今回はとりあえず A→B→C→D の順に潜った。




_150906_093811.jpg
まずは A壕へ。
ここの壕口は 1m近い大穴が斜面にぽっかりと口を開けている。
この時期でも草に埋もれず丸見えだ。




_150906_094038.jpg
壕口から内部へと進入すると、すぐに檻のようなものが。
その奥には広い空間が広がっている。




_150906_094256.jpg
と言っても、ここ夏島にある壕の中では、これでも小規模な壕なのだ。




_150906_094739.jpg
奥には小さい通路が口を開けており、さらに奥へ進むことが出来る。




_150906_095926.jpg
現在は塞がれてしまっているが、外へ続く通路が何本か走っている。




_150906_100638.jpg
壕口から続く檻を内部から見てみる。
壁面がとてもきれいに掘削されている。




_150906_101019.jpg
A壕を出て、続いて B壕の前まで来た。
この壕は戦時中に航空機を格納していたため、巨大な壕口がいくつも存在する。




_150906_101313.jpg
コンクリートで封鎖された壕口の内側へとやってきた。
この B壕はここ夏島1層目では一番大きい壕だ。




_150906_102253.jpg
体育館ほどの空間が山の内部に眠っている。
その周りには、いくつもの枝坑が伸びている。




_150906_102432.jpg
どの枝坑も掘削がとても丁寧だ。
足下には土砂が堆積しているが、このあたりに大きな崩落は見られない。




_150906_105024.jpg
案内しながらどんどんと奥へと進んでいく。




_150906_110219.jpg
まるでバーカウンターのように壁面がえぐられている。




_150906_110602.jpg
巨大空間の脇には、ちょっと高くなった通路のような物が設けられている。




_150906_110711.jpg
その通路からさらに枝坑が伸びている。




_150906_110845.jpg
真っ暗な坑道を進んで行くと・・・。




_150906_111016.jpg
通路に沿って、小部屋がいくつも掘られていた。




_150906_112720.jpg
東側の塞がれた壕口付近は盛大に崩落している。
天井から落ちてきた巨大な土砂が山を作っていた。




_150906_113207.jpg
その後も枝坑を順番に調べていく。




_150906_113951.jpg
これはなんだろう。
以前は魚雷を運ぶ為のものかと思っていたが、そもそも魚雷って、こんなに大きい物なのか!?




_150906_114623.jpg
だいぶ駆け足だが、 B壕をぐるっと回ってきた。
先ほど進入した巨大壕口の隣の巨大壕口から脱出。




_150906_115101.jpg
しかしこの時期は薮が多くて大変だ。




_150906_115516.jpg
続いて C壕へと進入。
この壕には木製クレーンの遺構など、見所が多い。




_150906_120018.jpg
壕口から入ってすぐの小部屋には、機械台座が残されている。
天井の碍子の他に、地下にもケーブルを通すためのパイプが埋め込まれていた。




_150906_120033.jpg
壁面に残されている吸音材。
ここには発電機か何かが設置されていたのではないか。




_150906_120529.jpg
奥へと進んでいくとクレーンの基礎が坑道の両脇に並んでいる。
鉄骨は全て切り取られていた。




_150906_121416.jpg
そして、この壕にはちょっと謎の空間がある。

碍子がたくさんある通路を進んで行くと・・・。




_150906_121438.jpg
広い空間にたくさんの廃材が積み重なっている。




_150906_121736.jpg
この廃材は、ここに設置されていたクレーン本体と、壕内に巻き立てられたコンクリートが剥がれ落ちた残骸なのだ。
かなり大きいクレーンがここに設置されていたようだ。




_150906_122303.jpg
しかし、クレーンの規模と裏腹に、出入り口はこんなに小さい。
中央部は戦後、コンクリートで塞がれたのだろうが、石組みの部分は当時のままだろうと思う。
残されている木枠の内側には大きな扉が取り付けられていたようだし、ちょっと意味が分からない。




_150906_125907.jpg
C壕を出て、最後に、D壕へと入り込む。




_150906_130129.jpg
この壕は特徴的な彫り込みが多数見られる。
また、奥の方にはビンやレンガの残骸などがたくさん落ちていた。




_150906_130405.jpg
掘り方も、直線的で特徴がある。




_150906_130747.jpg
初めて潜っている時のわくわく感は全く無いが、とりあえず構造が複雑で迷いそうで楽しい(*´д`*)




_150906_131248.jpg
方向感覚を失わせる、ゆっくりとカーブした通路もある。




_150906_131534.jpg
規模は小さいが、夏島の 1層目では一番好きな壕だ。




_150906_131643.jpg
しかもこの壕には地下階層も存在している。




_150906_131831.jpg
壕の一部を掘り下げている理由は、おそらく外部への接続部 (壕口) の高さを合わせるためだと思われるが、内部で高低差がある地下壕は楽しい。




_150906_131855.jpg
奥へと進んでいく。




_150906_132209.jpg
図で見ると小さく見える壕だが、歩いてみるとかなりの広さだ。




_150906_132517.jpg
足下がぬかるんできた。




_150906_132539.jpg
その先の小部屋には大量のレンガが。
昭和窯業と書かれているが、現在、同名の会社がたくさん存在しているため、どこの会社の物かは分からない。




_150906_132622.jpg
迷路のような坑道をさらに奥へと進んでいく。




_150906_133736.jpg
水没している時期もあるのだろう。
壕床がぬかるんでいて歩きにくい。




_150906_134618.jpg
不思議な彫り込みのある部屋だ。
排水溝にしては場所もおかしいし、なんだろう。




_150906_135124.jpg
緩いスロープと、彫り込まれた壁面。
とても丁寧な掘削だ。




_150906_140520.jpg
塞がれた壕口付近で見つけた、『忠』の彫り込み。
ノミでの掘削跡を面取りして掘られているため、おそらく落書きでは無いのだろう。

これで、夏島の 1層目にある主要な壕は全て回ったことになる。
せっかくなので、2層目の壕もちょっとだけ見に行く事にした。




_150906_142139.jpg
2層目の壕へとやってきた。
夏島の2層目の壕はとても広い。
しかし、碁盤の目状に掘削されており、開口部も多いため、回っていてもそれほど楽しくは無い。
適当にぐるっと回っただけで、撤収することにした。




_150906_143641.jpg
2層目へと上がってきた仮設の階段を下っていく。




_150906_153737.jpg
夕方に近付き、空模様も怪しくなってきたが、夏島から貝山へと移動してきた。
まだまだ夏草が茂っており、進入が大変そうだ。




_150906_154640.jpg
薮に突入し、貝山1層目の、あまり知られていない壕へと潜り込む。
レジャーシートを持ってきてないので、お腹も背中も泥まみれになりながら進入した。




_150906_155046.jpg
壕口は埋まりかけているためにとても狭いが、内部は崩落も無くきれいな状態だ。




_150906_155258.jpg
基本的には、本坑に沿って、このような部屋がいくつも掘られているという構造だ。




_150906_155345.jpg
部屋の奥になんか穴が開いている。




_150906_155353.jpg
ここから入ることは無理そうなので、懐中電灯で照らしてみる。




_150906_155357.jpg
この向こう側にも空間があるようで、ドラム缶が転がっていた。
内部からこの場所へは接続していないようだ。
後に、山肌にあるとても小さな壕口からここに入れることが分かった。




_150906_155457.jpg
うねうねと曲がりながら、本坑を進んで行く。




_150906_155505.jpg
左手には、六畳間程度の部屋がいくつも掘削されていた。




_150906_155523.jpg
更に本坑を奥へと進んでいく。
壕床の中央部に凹みが設けられている。
レールのような役割をしていたのかも知れない。




_150906_155533.jpg
左手の小部屋をのぞきながら最奥部までやってくると・・・。




_150906_155551.jpg
最後は土砂によって塞がれていた。
当時はこの向こう側にも外部との接続部分があったのだろうが、現在はこの向こう側に行っても外へと出ることは出来ない。




_150906_155601.jpg
まだ行けるようにも見えるが、この先は小部屋があって行き止まりだ。




_150906_160331.jpg
一通り奥まで見て回ったので、引き返すことに。




_150906_161209.jpg
そして、最後に貝山地下壕の第2工区へと潜る事にした。
第2工区は貝山地下壕の1層目の中では、一番巨大な地下壕だ。

降り始めた雨に濡れた夏草が、行く手を阻む。




_150906_161335.jpg
夏草をかき分け、薮に突入すると…。




_150906_161430.jpg
突然視界が開け、壕口が現れた。
以前は柵なんて無かったのだが、現在はしっかりとした柵で塞がれている。




_150906_162355.jpg
時間も押しているため、さっさと内部へと潜り込む。
もう、何度潜ったか分からないくらいここには来ているが、何度潜っても貝山は楽しい。




_150906_162400.jpg
特に目新しい物は見受けられないので、どんどんと奥へと進んでいく。




_150906_162854.jpg
ドラム缶も、以前と変わらぬ状態で転がっていた。




_150906_162929.jpg
外は雨模様となっていたが、内部はいつもよりも乾いているようだ。
普段なら水が染み出している場所も、今日は乾いていた。




_150906_163233.jpg
貝山地下壕の見所である、階段。
同様の階段が2つあるのだが、こちらの階段は上部が崩落しており、大きな石も転がっている。
上部は塞がっているようにも見えるが、汚れることを厭わなければ、ここからの出入りも可能だ。




_150906_163523.jpg
クレーンがあった場所までやってきた。




_150906_163744.jpg
のぞき込むと以前と変わらぬ状態で、腐りかけたクルマが放置されていた。




_150906_164257.jpg
一通り奥まで回ったので、そろそろ戻ることに。




_150906_164356.jpg
坑道の隅に遺物が集められている。
防毒面や海軍食器は、もちろん当時の物だ。




_150906_164559.jpg
かなり駆け足での探索だったが、静岡まで帰るメンバーもいるので、そろそろ撤収することに。




_150906_164858.jpg
大回りしながら、入ってきた壕口へと戻りはじめる。




_150906_164910.jpg
以前ここは見学会も催されていたのだが、震災後は中止されたままとなっているようだ。




_150906_164923.jpg
ということで、本日の探索は終了!!

ここ貝山には、1層目だけで無く2層目にもとても特徴のある壕がたくさんあるので、そちらもいずれ再訪してみたい。




関連記事
次のページ

FC2Ad

まとめ