Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースにガレージベリーのローフォルムフェンダートリム取り付けてみた  2015-11-25

ハイエースに、ガレージベリーという所から発売されているローフォルムフェンダートリムという物を取り付けてみた。
これは、車高を落とさずに、フェンダーの隙間を埋めてくれるというものだ。


_151115_140151.jpg
注文して 1週間。
届いたフェンダーを早速塗装することに。

まずは軽く足付けし、脱脂する。




_151115_141742.jpg
そして、プラサフ吹いて乾かして・・・。




_151115_155301.jpg
塗色 1E7 のシルバーにて塗装する。
範囲が狭いため、シルバーでもムラになりにくいようだ。




_151121_155846.jpg
一週間ほど乾燥させて、仕上げのクリアを塗装する。
今まで仕上げのクリアは、2液混合タイプのウレタンスプレーを使用していたが、1缶 2,500円ととても高いので、今回は、エアガンにてクリアを吹いてみた。




_151121_162748.jpg
4度ほど塗り重ねて、しっかりと乾燥させる。
クリア塗装をエアガンで行うのは初めてなので、塗料の粘度やガンの調整が難しいー(*´д`*)
なんとか垂れずに厚塗り成功・・・。




_151121_162744.jpg
しっかりと乾燥させ、塗装終了!!




_151122_125613.jpg
取り付けは付属の両面テープとタッピング。
製品に付属しているテープは、本物の3M製で安心だ。




_151122_125613c.jpg
ペタッと貼り付けて取り付け完了( ^ω^)
スタッドレスに履き替えちゃったんで、見た目はアレだけど、まあ、自己満足と言うことで(^^;
ちなみに、ノーマルより 30mm程隙間が埋まっているはずです(^^)ノ




_151122_134116.jpg
ついでに、リアバンパーに埋め込んであるマーカーランプの交換も。
いくつかのLEDが暗くなっちゃってたから、修理しようと思ってたのだが、以前よりかなり安くマーカーランプが購入できたので、交換しちゃうことに。
ちなみに、今回はヤフオクの安物を買ったのだが、レガンスのマーカーランプを作っている工場と同じ所で作られてるようで、金型のバリ位置とか、全て一緒でした。

ということで、バンパー外してみると・・・。
うん、なんという汚さ・・・(^^;




_151122_134803.jpg
そこで、バンパーサポートを取り外して、ブレーキクリーナーにて清掃。




_151122_135704.jpg
マーカーランプを交換する前に・・・。




_151122_135730.jpg
取り外したこのバンパーサポートを・・・。




_151122_140338.jpg
ガシガシ洗ってワイヤーブラシで錆落とし。
仕上げにシャーシブラックにてささっと塗装してみた。




_151122_140808.jpg
ストライカーも錆びてたので、こちらも黒く塗装することに。




_151122_142311.jpg
乾燥させている間に、マーカーランプの交換をする。
と言っても、取り外して付け直すだけだ。




_151122_144512.jpg
配線は問題無さそうだったが、全て引き直す事にした。




_151122_145559.jpg
外したマーカーランプは分解して、普通の点灯だけで無く超絶明るくも光るように改造しよう。
そしたらバックフォグとしても使えそうだし( ^ω^)




_151122_150533.jpg
ということで、乾いたバンパーサポートとストライカーを取り付けて・・・。




_151122_150950.jpg
本日の作業終了です(*´ω`*)ノ


関連記事

[戦跡] どうくつ酒造に行って来た  2015-11-19

栃木県の那須烏山市にあるどうくつ酒造に行って来た。
ここは第二次世界大戦時に掘られた地下工場跡で、東京動力製造株式会社の疎開工場として戦車を作るために掘られたのだという。


_140831_145201b.jpg
さっそく現地へと行ってみる。
と言っても、酒蔵が貯蔵庫として再利用している場所を公開しているだけなので、今回は探索的要素は全く無い。




_140831_145201c.jpg
案内看板に従って狭い道を上っていくと、壕口前の広場が駐車場となっていた。




_140831_145411.jpg
壕口前には土木遺産の認定プレートが。




_140831_145411b.jpg
ここはある程度の人数がまとまると、案内係が誘導してくれるというシステムらしい。
もちろん見学は無料だ。
ちょっと待たされて、他の見学者と共に早速壕内へ進む。




_140831_145426.jpg
壕口付近は、崩落防止のためか、丸太にて補強されている。




_140831_145442.jpg
内部の温度は12度程度。
まあ、照明設備などはあるものの、基本的には普通の素掘り地下壕だ。
岩盤は凝灰質砂岩のため、掘りやすく崩れにくそうだ。




_140831_145550.jpg
総延長は 600mと言うことだが、案内係の説明を聞きながら、一区画をぐるっと回るだけのようだ。




_140831_145800.jpg
説明聞いててもつまらないので、ちょっとだけフェードアウトして、壕内をうろうろしてみる。




_140831_145824.jpg
倉庫として使用しているからか、案内している区画以外にも照明が灯っている。
出荷を待つお酒が大量に置かれている。




_140831_145945.jpg
壕の上部には所々杭を差し込む穴が開いていた。




_140831_150114.jpg
フォークリフトなどの重機に対応するためか、壕床はどこもきれいに平らに均されている。




_140831_150213.jpg
お、外部との接続口発見!
ここからトラックに荷積みしてるのかな。




_140831_150213b.jpg
この壕口を外から見ると壕口直前までアスファルトが敷かれていた。
やはり積み場なのかな




_140831_150409.jpg
そろそろみんなの所に戻らないと・・・。




_140831_150522.jpg
他の見学者は、ここの目玉(!?)である利き酒に興じていた。
なんか、壕内に雰囲気の良いカウンターが作られてる。

タダで美味しいお酒が飲めるなんて最高なのだが、運転があるため飲めないー(*´д`*)




_140831_150647.jpg
日本酒だけで無く、果実酒もあるみたい。





_140831_150659.jpg
みんな飲みながら談笑してる。

これは、もう少し奥まで行っても大丈夫だったかな・・・。




_140831_150816.jpg
ちなみに、このカウンターの上部にも、先ほどと同様の穴が開いていた。
カウンターの屋根部分をこの穴を利用して支えているようだ。




_140831_150919.jpg
と言うことで、もっと奥を見に行こうと思ったのだが、残念ながらそろそろ時間のようだ。
時間にして、1グループ 20分程度の見学時間かな。




_140831_151217.jpg
壕口前には売店があり、先ほど振る舞っていたお酒が売られていた。
うん、もちろんたくさん買って帰りましたよ(*´ω`*)ノ




_140831_152843.jpg
ちなみに、この地下壕自体は実際に稼働していないのだが、隣接する半地下の工場では実際に戦車が20両ほど製造されたそうだ。
自分の予想では、この長屋が建ち並んでいる場所が半地下の工場跡地だと思ったのだが、どうなんだろ。
周辺も見て回ったのだが、倉庫のような壕口はいくつか見つかったが、どこも木で塞がれているものばかりだった。

関連記事

FC2Ad

まとめ