Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

サンドブラスター買ってみた  2015-12-18

以前から買おう買おうと思っていたのだが、いろいろと活用できそうなので今回サンドブラスターを買ってみた。


_151211_224047.jpg
基本的には梨地加工をしたり、錆取りをするために買ったのだが、オリジナルグッズを作れたりもするので、さっそくやってみる。

まずは、100円ショップで買った金属トレイ。




_151211_231328.jpg
そして、100円ショップで買ったガラスのコップ。




_151211_231346.jpg
PCで、適当なデザインを作り・・・。




_151211_231353.jpg
カッティングマシンで切り出しする。




_151211_231551.jpg
カッティングマシンは切り出ししかしてくれないので、切り出したカッティングシートの…。




_151211_231742.jpg
不要部分を剥がして下準備完了。




_151211_232338.jpg
カッティングシートをトレイとグラスに貼り付ける。
そして、周囲をマスキングする。




_151212_001831.jpg
おまけで、初音ミクも切り出して貼ってみた。




_151212_001832.jpg
早速届いたサンドブラスターを組み立てて作業開始。
立ったまま作業できるように、適当な角材で足を延長し、作業性を良くした。




_151212_103829.jpg
このサンドブラスターという機械は、密閉された箱の中でメディア(アルミ粒等)をエアで噴射するという単純な仕組みだ。




_151212_104232.jpg
今回はとりあえずアルミ粒をセットしてみる。




_151212_104350.jpg
そしてボックス内でグラスに向かいアルミ粒を噴射!!




_151212_104456.jpg
数秒の噴射でガラスむき出しの部分がアルミ粒ですりガラス状になった。




_151212_104603.jpg
あとは、マスキングした部分を剥がすと・・・。




_151212_104951.jpg
すりガラス状にロゴの付いたグラスが完成!




_151212_105011.jpg
今度は同様にトレイに噴射。




_151212_105138.jpg
金属はガラスより堅いので、先ほどより多少時間をかけて吹いてみる。




_151212_105255.jpg
30秒くらい噴射してみた。




_151212_105309.jpg
うーん、いまいち良く分からん(*´д`*)




_151212_105709.jpg
ホットガンで暖めて、カッティングシートを剥がす。




_151212_105725.jpg
剥がれにくいカッティングシートも、暖めると簡単に剥がれる。




_151212_110522.jpg
表面のメッキ部分が剥がれ、見事にイラストが掘り出された。




_151212_110757.jpg
おまけのみくちゃん( ^ω^)




_151212_110944.jpg
全体をすりガラスにするので、1分位かけてまんべんなくアルミ粒を吹き付ける。




_151212_111001.jpg
透明なガラスのコップが、見事にすりガラスに。




_151212_111411.jpg
カッティングシートを剥がして出来上がり。




_151212_113606.jpg
続いて錆取りをしてみる。

倉庫のジャンク箱の隅に転がっていた錆だらけのポンチに噴射してみると・・・。




_151212_113753.jpg
一瞬で新品のように!!!!
これはすごい( ゚д゚)




_151213_160448.jpg
出番の少ないこのプライヤーも・・・。




_151213_160833.jpg
シューッと一吹きでピッカピカ。




_151213_160956.jpg
全く使っていない錆で固まったこのピッチゲージも・・・。




_151213_161438.jpg
見事に復活(*´д`*)




_151213_172922.jpg
値段以上に満足出来たので、いつでも使えるように、作業場の隅に常設することにした。




_151213_172923.jpg
他にもいろいろと試してみると、吹く時間を変えたり、吹き付けるメディアをアルミからガラスビーズに変えたりすることによって、加工具合がいろいろと変わることが分かってきた。

さーて、また 100円ショップ行ってこよ( ^ω^)
関連記事

[戦跡] 上総中川の桜花格納壕を見に行ってきた  2015-12-16

千葉県のいすみ市にある特攻兵器『桜花』の格納壕を見に行ってきた。


_150125_173556.jpg
時間も押した午後5時30分。
今にも日が暮れる寸前の探索となった。




_150125_173604.jpg
神社裏手の山中に特攻兵器『桜花』の格納壕が残されているという。




_150125_173858.jpg
とりあえず、奥へ奥へと進んでいく。




_150125_173944.jpg
暗くなる前には戻りたい・・・。




_150125_174107.jpg
山中をしばらく進んで行くと、先行する yakumo氏が格納壕を発見したようだ。




_150125_174123.jpg
格納壕の目の前には特攻兵器『桜花』の向きを変えるための、ターンテーブル跡が残されていた。




_150125_174230.jpg
現在は枯れ葉や泥土に覆われているが、当時はきれいに整備されていたのだろう。




_150125_174417.jpg
ターンテーブルのすぐ後ろの山肌には、高さが 4m程もある巨大な格納壕が。
上総中川駅から数百メートルしか離れていない山中に、人知れずこんな物が残されているとは驚きだ。




_150125_174501.jpg
比較的堅い岩盤を掘っているので、戦後 70年が経過してもほとんど崩落は見られない。




_150125_174511.jpg
完全な単独壕なので、探索の面白みには欠けるが、壕のスケールがでかいので、なかなか見応えがある。




_150125_175220.jpg
壕の入り口付近には、いくつかの大きな彫り込みが作られていた。
扉のような物を取り付けていたのだろうか。




_150125_175449.jpg
辺りはすっかり暗くなってしまったので、そろそろクルマに戻ることに。




_150125_175504.jpg
しかし暗すぎて方角が良く分からない。
勘に任せて暗闇を進んで行く。

ここはどこなんだ!?




_150125_175520.jpg
山中をウロウロウロウロ。
なんとか山から下りることが出来そうだ。




_150125_180316.jpg
ちょっと迷いながらであったが、なんとかクルマに戻ることが出来た。
うん、良かった(*´д`*)


関連記事

[戦跡] 千葉県の守谷にある特攻基地を見に行ってきた  2015-12-09

以前レポートした鵜原弾薬庫のすぐ近くに、なにやら穴がたくさん開いているというので見に行ってみた。


_150125_093409.jpg
国道から海岸に向かい、ものすごく細い路地を抜けていくと・・・。




_150125_095041.jpg
何やら壁面に開いている穴を発見!!




_150125_095151.jpg
早速内部に侵入してみると、残念ながらちょっとした彫り込みだけの壕であった。




_150125_095329.jpg
他の壕はないかと周囲を見渡すと、遥か遠方の山肌に大穴が見えている。





_150125_095820.jpg
海岸に沿って穴のある方へ行ってみる。




_150125_095911.jpg
すると、高さ4m近くありそうな大きな壕が海に向かって口を開けている。




_150125_100047.jpg
内部は平坦でとてもきれいだったが、特に何かに使われているわけでも無さそうだ。




_150125_100156.jpg
付近には、塞がれている小さな壕も見受けられた。




_150125_100156b.jpg
内部を覗くと、漁具が放置されていた。




_150125_100246.jpg
あちこちに穴は開いているのだが・・・。




_150125_100257.jpg
どれも単独の物ばかりで、深さは深いものでも20m程度だった。




_150125_100516.jpg
岬の反対側も見に行ってみたのだが、特に何も無さそうだ。




_150125_100520.jpg
ということで、この岬の向こう側の崖を見に行ってみる。




_150125_100956.jpg
すると、またまた壕発見。




_150125_101015.jpg
しかし、こちらも深くはなく、すぐに閉塞。




_150125_101149.jpg
岬に沿って崖下を進んで行くと、いけすのような彫り込みが多数存在していた。




_150125_101153.jpg
そして、いけすのすぐ横には壕が。




_150125_101216.jpg
先ほど見たものと規模は同じくらいだ。
これも恐らく、特攻兵器震洋の基地だったのだろう。




_150125_101221.jpg
基地の現役当時は、このいけすに蓋がされていたのか、コンクリート跡が見られた。




_150125_101248.jpg
いけす周辺にある岩には、水路のような謎の彫り込みがたくさん見られた。




_150125_101309.jpg
同規模の壕がいくつも並んでいる。
壕の前の通路のような物は、いけすといけすの敷居だ。




_150125_101410.jpg
第二次大戦中は、この湾自体が大きな基地だったのだろう。




_150125_101415.jpg
もっと奥にも壕があるようだったが、潮が満ちて、これ以上の探索は厳しそうだ。




_150125_101508.jpg
ということで、そろそろ引き上げる事にした。




_150125_101558.jpg
ここにある壕自体は完全に放置されているので、今後もずっとこのままだろう。




_150125_101629.jpg
関連記事

FC2Ad

まとめ