Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースの電飾コントローラーを作り直した  2016-04-29

_160418_234400.jpg
以前作成した電飾コントローラー
見たとおり、ボロボロ、というか、後付けでいろいろと増やしていって継ぎはぎだらけになってきたので、新作を作ってみる事にした。




_160418_234403.jpg
前回は発泡ボードを使用したが、今回はPET樹脂のボードを利用した。
これはペットボトルと同じような材質で、ドリルを当ててもアクリル板のようにすぐに割れてしまうこともなく加工がしやすいらしい。




_160418_234626.jpg
前回作ったパネルのデザインを参考にスイッチ位置を決めていく。




_160419_000600.jpg
PET樹脂ボードの表面には保護シールが貼ってあるので、その上に直接加工用のマーカーを入れていった。




_160419_000617.jpg
いろいろとイメージを膨らませながら設計していく。
前回はデジタルメーター部分に穴を開けて計器を取り付けていたが、せっかくの透明樹脂なので裏側に計器を設置してみる事に。




_160419_000618.jpg
おおよそのデザインが決まったので、早速穴開け。
ドリルで穴を開け、タケノコで広げていく。
なかなか無理矢理だが、ボール盤とか持ってないし、どうせ見えなくなるところだから気にしない(^_^;




_160419_221835.jpg
そしてカーボン柄のカッティングシートを切り出していく。




_160419_223704.jpg
PET樹脂ボードの保護シートを剥がし、カッティングシートを貼り付ける。




_160420_203236.jpg
ハイエースの車内に移動して、早速組み付け作業をする。




_160420_205821.jpg
古いボードからパーツを次々と取り外し、バラバラにしていく。




_160420_210247.jpg
まずはスイッチを取り付ける。




_160420_212310.jpg
そして裏側から電圧計を・・・。




_160420_214536.jpg
両面テープでぺたっと貼り付けて、回りも剥がれ落ちないように補強する。




_160420_214548.jpg
おおーっ、なかなかいい感じだ(*´w`*)
フルカラーLEDの状態表示用の点灯窓も、白の拡散シートを挟み込んで裏側から照射するようにした。
写真だと赤で光らせているんだけど、肉眼で見るようにきれいには写真が撮れなかった(^_^;




_160420_220256.jpg
電流計と、リア足下の温度表示用のメーターも同様に裏側からぺたっと貼り込む。




_160420_220334.jpg
写真だと、ちょっと色が飛んでいるが、こんな感じでサブバッテリーの電圧と、現在の電流量、そして温度計を埋め込んだ。
ちなみに、電圧計の左側にも小窓をつけ、フルカラーLEDコントローラーのリモコン受光部を埋め込んだ。




_160420_233638.jpg
あとは、車外向け配線のターミナルを結線していく。




_160420_233649.jpg
そして裏側の配線を整理して完成~(*´ω`*)ノ




_160420_233800.jpg
回路に詳しい人は、この手のデジタル電流計の電源は同一回路から取れないはずなのにどこから取ってるの!?と思うかも知れないけど、電流計の電源のみ、車両側から5Vに降圧して別に引いてます。




_160420_233943.jpg
回路が完成したので、最後に組み付けを・・・。




_160420_234743.jpg
と言っても、裏側は今まで通り発泡ボードで組んじゃった。




_160421_000236.jpg
これでひとまず出来上がり。
次作は、筐体の角を丸くして、同一機能のまま極限までサイズを小型化してみようと思う。
裏側の隙間を見ると、二回り程度は小型化出来そうだし( ^ω^)

関連記事

ハイエースにアウターバッフルキットを取り付けてみた  2016-04-05

ハイエースのフロントスピーカーはドアの下部に埋め込まれている。
スピーカーがドアの内部に引っ込んでいるため、どうしても音にキレが無くなる。
そこで、アウターバッフルキットという物を取り付けてみた。
キット価格は、Rockfordのスピーカー込みで 2万円程度と、価格もお手頃である。


_160328_010801.jpg
キットに含まれているロックフォードのスピーカー。




_160328_010845.jpg
アウターバッフルに組み付けるとこんな感じとなる。




_160328_010853.jpg
グリルを取り付けると、こんな感じ。
うーん、むき出しの方がかっこいいけど、足で蹴飛ばしそうだ (^_^;




_160328_010938.jpg
アウターバッフルキットには他にも、吸音材も付属している。




_160328_011016.jpg
そして、スピーカーによるボディの振動を抑える、レアルシルトも付属していた。




_160402_113955.jpg
と言うことで、さっさと取り付けちゃおう。




_160402_114121.jpg
まずはドアの内張を外す前にミラー内側のカバーを外しておく。




_160402_114124.jpg
その際、ボディー側に残るクリップは、忘れずにカバーに戻しておこう。




_160402_114342.jpg
本来は、内張を床に置いて作業するのが正しいのだが、電飾の配線とかを直付けしているので、ぶら下げたまま施工する事に。
って、コネクター付ければいいだけなんだけど(^_^;




_160402_114454.jpg
とりあえず、今付いているスピーカーを取り外す。




_160402_114604.jpg
ドアの内部は 以前にデッドニングしている ので、今回は吸音材のみを貼り付けた。




_160402_114704.jpg
そして次に内張の加工だ。
と言っても、型紙に合わせて穴を開けるだけだ。




_160402_114846.jpg
アウターバッフルを当ててみる。
うん、なるほど。




_160402_115601.jpg
型紙を切り取り、ドアに固定する。




_160402_115737.jpg
そして、ドリルで穴開けを・・・。




_160402_115744.jpg
あっという間にねじ穴が開いた。




_160402_120026.jpg
続いて、ジグソーにてスピーカー部分を丸く切り抜いていく。




_160402_120215.jpg
ドアの内張加工はたったこれだけだ。




_160402_120255.jpg
不要となった型紙を剥がし・・・。




_160402_120519.jpg
付属のビスにてアウターバッフルとドアの内張を固定する。




_160402_120706.jpg
純正のスピーカーグリル、というか、網の部分を切り抜くので、強度的にちょっと不安だったのだが、全く問題なくアウターバッフルを固定する事が出来た。




_160402_121016.jpg
あとはスピーカーを取り付ければ完了だ。
作業はホントに簡単で、片側 30分程度で施工可能だ。




_160402_122342.jpg
せっかくなのでLEDも埋め込もうと、テープLEDに配線をしておいた。




_160402_124900.jpg
12Vのイルミ電源を引いてきて・・・。




_160402_130446.jpg
取り付け完了!!!
イルミの点灯は暗くなってからのお楽しみだ(*´д`*)




_160402_130454.jpg
アウターバッフルの見た目も、整形した物にはとても及ばないが、まあ、十分かな。




_160402_142350.jpg
運転席側も同様に施工。




_160402_151247.jpg
2回目の作業なので、あっという間に完成だ。




_160402_154538.jpg
リアのスピーカーは、1個 1000円位のショボイ奴だったので、ドアから取り外したスピーカーをリアに移植する事に。
しかし、グリルカバーにスピーカーが入らない。




_160402_154541.jpg
というか、ねじ穴も全く合わない(*´д`*)




_160402_154556.jpg
そこで、倉庫に転がっていた別のスピーカーグリルと合わせてみたところ、ねじ穴はバッチリ!
でも、やっぱり微妙に入らない・・・。




_160402_154651.jpg
その微妙な部分をサンダーにて削り取る。




_160402_154953.jpg
これで、ぴったりとカバーに収まるようになった( ^ω^)




_160402_164231.jpg
リアは赤く光らせたいので、またまたテープLEDで配線を作る。
最近はフルカラーLEDも安価で買えるので、これだけを用意しておけば、好きな色で配線できるので便利だ。




_160402_171304.jpg
完成した写真がコレ。
スピーカーが白色のため、明るいうちはこんな感じで白っぽく光っちゃう。




_160402_171336.jpg
これで作業は一通り終了だ。




_160402_182007.jpg
夜になって見てみると、助手席の足下でアヤシく青く光るスピーカーが・・・。
うーん、なんかいまいちかなぁ。

でも、音は抜けも良くなって大満足!!!




_160402_204907.jpg
そこで、スピーカーの回りにブルーのELチューブを巻いてみる事に。




_160402_205724.jpg
ん?ブルー??
なんか色が全く合わない(^_^;
これ、ブルーのELチューブなんだけど、ブルーのLEDとは色が合わないのかな。

ということで、今度は赤くしようかと画策中です(='ω')ノ


関連記事

FC2Ad

まとめ