Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

トレーラーの慣性ブレーキのショックを交換した  2016-07-28

4年前に ハイエースで曳くトレーラー を購入したのだが、最近、慣性ブレーキの調子がおかしく、異音が出るようになってきたので、分解してみた。


_160618_172824.jpg
ちなみにトレーラーの慣性ブレーキとは、トラクター(曳く側)がブレーキをかけた際、自重によりシャフトに力が加わり、その力でブレーキをかけるシステムだ。

通常、シャフトを押し縮めると、内蔵されているショックにより自動的にシャフトが伸びるのだが、試しに押してみてもほとんど伸びてこない。
これは完全にショックが抜けてしまっているのだろう。




_160618_173410.jpg
とりあえず、カプラーを取り外してみる。




_160618_173520.jpg
内蔵されているショックの前の部分とカプラーは同じボルトで留まっていた。


_160618_173907.jpg
後ろ側はどうやって外すんだ!?




_160618_173938.jpg
下側からのぞき込んでみると、なるほど、このボルトか。




_160618_174305.jpg
おっけー、簡単だ。
ボルト3本外すだけで、ショックは取れた。




_160618_174316.jpg
取り外したショックを縮めてみる。




_160618_174321.jpg
やはり抜けてしまっているようで、弱々しくゆっくりと伸びていく。




_160618_174700.jpg
せっかくなので、ゴム部分の洗浄や、他のパーツのグリスアップもしておいた。




_160618_174721.jpg
販売店にショックの在庫を問い合わせると、本国より取り寄せるので 2~3週間かかるという。
価格は 1万円ちょっとだったので、2本注文した。
これで、この先しばらくは心配ないだろう。




_160723_121514.jpg
2週間程して新品のショックが届いたので作業再開。

上が抜けてしまっているショックで、下が新品のショックだ。




_160723_122833.jpg
作業はものすごく簡単だ。
ショック後部のボルトを留めて・・・。




_160723_122834.jpg
カプラーを留めているボルトで、ショックの前部を共締めしてやるだけだ。
実際の作業の際は、ちょっとショックを縮めておく必要があるが、シャフトのパイプに適当な物を差し込んで押しておけば良い。
自分の場合は、金鎚の柄の部分を突っ込んで縮めておいた。




_160723_124310.jpg
と言う事で、修理完了!

荷物を満載して走ってみたが、異音は全く無くなった。
慣性ブレーキも、問題なく働いているようだ。

また4年くらいは持ってくれるといいな ( *¯ ꒳¯*)

関連記事

つなぎにロゴを入れてみた ~ 缶スプレーで (^_^;  2016-07-25

普段ハイエースの整備の際に着ているつなぎにロゴを入れてみた。
使用するのはホームセンターで買ってきた缶スプレーだ。


_160723_124629.jpg
今回は、この背中の部分に文字を入れる。




_160723_124850.jpg
シワを伸ばすために、適当な段ボールを用意して・・・。




_160723_125033.jpg
こんな感じに形を整える。




_160723_125051.jpg
入れたい文字を抜いたカッティングシートを貼り付けて・・・。




_160723_125126.jpg
透明なアプリケーションシートをゆっくりと剥がしていく。




_160723_125626.jpg
あとは周りをマスキングすれば準備完了!!




_160723_125829.jpg
カッティングシートを溶かさないように、ラッカー系以外の缶スプレーを用意して・・・。




_160723_125902.jpg
シュ~~っっ!っと。

ん?
あれ?

黄色にしたかったんだけど、全く色が乗らない(*´д`*)
仕方ないんで白いスプレーを吹く。




_160724_000629.jpg
塗料が乾いてしまわないうちに、吹いたらすぐにマスキングごとさくっと剥がしてしまう。
マスキングが所々残っているが、気にしない。




_160724_000949.jpg
不要部分をピンセットで取り除けば完成!!!




_160724_223527.jpg
思ったよりもいい感じになったので、調子に乗ってでかい文字のロゴも入れてみる。




_160724_223745.jpg
マスキングして・・・。




_160724_223929.jpg
周りを養生して・・・。




_160724_224214.jpg
シュ~~っとね。

これ、市販の缶スプレーで吹いてるけど、ローラーを使用して布用の塗料でやれば、もしかしてもっと完成度上がるのかな!?




_160724_224316.jpg
マスキングを剥がし…。




_160724_224701.jpg
残った不要部分を取り去って・・・。




_160724_225042.jpg
うん、出来た!

今回は 1度塗りで 3分くらいで仕上げちゃってるけど、生塗りを繰り返せば、缶スプレーでもしっかりと色が出そうだ。




_160724_225043.jpg
ということで、ちょっと塗って乾かしてを繰り返して塗ってみると・・・。




_160724_225044.jpg
いい感じで真っ白く塗れた!
しかも、安っいノーブランドの収納ケースも、(偽) ブランド品に (*´д`*)

オリジナルグッズの製作は楽しいですね(*´w`*)

関連記事

半田地下壕の穴の様子を見に行ってみた  2016-07-21

ちょっと暇が出来たので、三重県の半田にある地下壕の壕口を確認しに行ってみた。
2012年の最初の探索 から4年の月日が経ち、半田周辺の道路や地形もすっかり様変わりしてしまった。

今回の記事は過去に回った穴の生存確認だけなので、過去記事読んでて興味がある人以外はつまらないかも (^_^;


_160716_004656.jpg
と言う事で、三重県に向けて車を飛ばす。
夜中という事もあり、高速は乗らずに一般道で三重県に向かう。
横浜から R246 - R1 - R23 と走ってきたが、深夜なので一般道の割りにはかなり良いペースで走れた。




_160717_110552.jpg
蒲郡あたりで車中泊し、早速三重県は半田へ。
南勢バイパスの整備に伴い新たに作られた新道を通っていく。
奥に見えているのが南勢バイパスだ。




_160717_110728.jpg
新道が出来るまでは、この細い道路を車が行き来していた。
ま、今も昔もそれほど交通量はないけど。




_160717_110828.jpg
写真では分かりにくいけど、この道沿いに開いている穴はどこも塞がれてはいないようだ。
この辺りの穴は、ただの磨き砂の採掘場跡で、しかも深さもないのでそれほど楽しめないが。




_160717_110858.jpg
せっかくなので、堤防道路も見に行ってみる。




_160717_110959.jpg
新道が出来た後、通行止めとなっているが、新道が出来る前はこの堤防からの転落事故で死亡者が頻発していた。
そもそも、何度も死亡事故が起きているのにガードレールを設置しない理由も分からない。




_160717_111008.jpg
ちなみに、この堤防の左側へ延びる道路の池側には新しめのガードレールが設置されている。




_160717_111418.jpg
南勢バイパスまで戻ってきた。
現在は盛り土されすっかり落ち着いた地形となっているが・・・。




_160717_111418b.jpg
以前探索していた頃は、地形改良の真っ最中。
木々が伐採され、そこら中に穴が出没していた。




_160717_111418c.jpg
当時工事現場の中にあった壕口は、現在は全て盛り土の奥へと埋められてしまった。
しかし、穴の中まではしっかりと埋められているわけでは無いのかも知れない。




_160717_111431.jpg
と言うのも、付近の排水溝からは、地下水と混じって磨き砂が流れ出していたからだ。




_160717_113249.jpg
磨洞温泉に近い、かなり大きい地下入口へと行ってみる。




_160717_113338.jpg
時期的に草がすごいが、奥から冷気が吹き上がってくる。
これは、完全に開口しているはず!




_160717_113358.jpg
がさごそと進んでいくと、以前と変わらぬ壕口が現れた。
塞ごうとした形跡も全くない。




_160717_113607.jpg
外の暑さに比べ、あまりに内部が涼しそうだったので、ちょっとだけ入ってみることに。




_160717_113632.jpg
内部の様子は特に変わった様子もない。




_160717_113649.jpg
風の流れも充分にあるので、半田の寝仏に向かう途中にある壕口も、塞がれずに開いているのだろう。




_160717_113706.jpg
この壕は何度も潜っており、目新しい発見も無さそうなので、早々に次の壕口を確認しに行くことに。




_160717_114706.jpg
次に竹林の奥にある壕口を見に行った。




_160717_114759.jpg
迷いそうなくらい荒れているが、これでも中部電力の鉄塔管理用道路のようだ。




_160717_114814.jpg
壕口自体は完全に開口している。




_160717_114831.jpg
ただ、この壕口はいつ来ても盛大に水没しており、進入することは出来ない。




_160717_115009.jpg
この奥にもいくつかの壕口があるので見に行ったのだが、とにかく藪がすごい。
辺りの様子からしても、塞がれていることはないだろう。




_160717_115009b.jpg
ちなみに 一番奥のこの壕 が、軍需工場への突破口になりそうなので、藪が枯れてきたころに再度の訪問をしてみたい。




_160717_115540.jpg
この小屋の裏手にも水没の壕口があったはずだけど・・・。




_160717_115553.jpg
やっぱり今日も絶賛水没中。
ここの水が引くことは無いのかな。




_160717_115649.jpg
続いて旧磨洞温泉の壕口に向かったのだが、藪がすごい。
この時期って、ここ、こんなに藪に埋もれてるのか・・・。




_160717_115710.jpg
ちょっと進入してみるが、濡れた草木ですぐに体はびしょ濡れ。




_160717_115813.jpg
そして、蜘蛛の巣が体中にまとわりつく。

今日は壕口の確認だけするつもりだったので、簡単なつなぎを着ただけの軽装備なのだ。
穴の規模や深さからしても、埋められていることは考えにくいので、ここはパスすることにした。




_160717_115813b.jpg
ちなみに、この壕も常に水没しており、探索にはウェーダーが必須だ。




_160717_115813c.jpg
過去に、ボートを持ち込んで探索した際 は、100m以上離れている先ほどの竹藪の中にあった壕口ともつながっていることを確認している。




_160717_120427.jpg
続いて、『美女の里』 跡地の壕口を見に行くことに。




_160717_120900.jpg
当時、駐車場があったと思われる場所には、当時の街灯の柱が残されている。




_160717_120933.jpg
ここも藪がひどいが、場所的や、内部の設備的にも塞がれている可能性も高いので、壕口まで行ってみることに。




_160717_121051.jpg
当時のフロントにたどり着いた。
特に塞がれては無さそうだ。




_160717_121129.jpg
内部へと入れるドアは、簡単に塞がれているが、これはいつものこと。




_160717_121144.jpg
奥の方にある壕口も全く問題なく開口している。

相変わらずゴミの山を乗り越えていかないと入れないけど・・・。




_160717_121144b.jpg
ちなみにここ、美女の里内部は、いろいろなものが大量に残されており、廃墟マニアにも楽しめそうな感じだ。
興味のある人は、 以前の記事 をどーぞ。




_160717_121331.jpg
美女の里を後にし、びしょびしょの原っぱを進み道路へと戻る。




_160717_121557.jpg
現在でも稼働しているという磨き砂の工場が見えてくる。

ん?




_160717_121602.jpg
なんか、倒壊してるぞ!?




_160717_121635.jpg
乾燥させている磨き砂の小屋が、完全に倒壊してる。
GoogleMapの2015年 1月 の写真 だと、まだ倒壊していないので、倒壊したのは最近という事か。




_160717_121637.jpg
隣の小屋は問題なく残っているが、今でもこの工場は稼働しているのだろうか。




_160717_121753.jpg
そのまま寝仏の方向へと進んでいく。

最近真新しいフェンスが設置されたようだが、これは不法投棄対策だろうか。




_160717_121922.jpg
以前は車を駐車することが出来たスペースも、フェンスにより塞がれている。
ま、ここもゴミがすごかったからなあ。




_160717_121944.jpg
奥を覗き込むと、どうやら寝仏はご無事の様子。




_160717_121950.jpg
以前、寝仏のカバーが外されてる!!!
みたいな連絡をもらったこともあったが、現在は再びカバーされているようだ。




_160717_121950b.jpg
ちなみにこの寝仏の台座下には大きな空間があり、その空間にあるドアから地下へと潜ることが出来た。
その地下は、現在の磨洞温泉付近の壕口までつながっているのだ。




_160717_121950bc.jpg
現在、寝仏の下にあるドアは溶接で開かなくなっているが、この壕はとても広く開口部も多いため、進入は容易だ。
内部の作りもかなり怪しい感じでとても楽しめる。
このあたりの記事 で紹介しているが、ここは半田の中でもお勧めの空間だ。




_160717_121950bca.jpg
そういえば、この地下に隣接する地下に、『王』 という形の謎の遺構がある。
一見かまどのようで、煤けた跡もあったのだが、正体は不明だ。




_160717_121950bcd.jpg
この遺構に酷似したものが、岐阜県関ヶ原市のメナードランド跡地にあることが分かった。
メナードランドは遊園地だったのだが、この施設が出来る前、ここは、名古屋陸軍兵器補給廠関ヶ原分廠だった。

つまり、陸軍の遺構という可能性が非常に高い。
半田にある、『王』 が残された地下壕 は、軍関連の施設だったという可能性が高いのだ。
実際、地下内部にはコンクリートで巻かれた内部や、天井の高さをかさ上げしている痕跡もあり、実際に稼働までしていたかは分らないが、ここも軍関係の工場とする予定だったと思う。




_160717_122430.jpg
ということで、そろそろ戻り始めることに。

以前の記事を読んでいる方は、スイッチバックの壕口はどうなったの!?
と思われるかもしれないが、壕口は無事のようです。
ただ、農作業中で奥まで見に行くことは出来ませんでした。
yakumo氏の携帯も埋まっている はずだし、この壕は時期を見て訪問しなければ・・・。




_160717_122643.jpg
すっかり完成している南勢バイパス。




_160717_122643b.jpg
以前は、まだ整地も十分じゃなかったのに・・・。




_160717_124127.jpg
せっかく半田に来たので、磨洞温泉に浸かっていくことにした。




_160717_133112.jpg
磨洞温泉はリニューアルして、とてもきれいになったが、お風呂の中は草生して、いい雰囲気のままだ。
他のお客さんがいて写真を撮ることが出来なかったが、おすすめ!




_160717_182245.jpg
帰りは、岐阜県を抜けて国道 21号線から諏訪経由で横浜に帰る事にした。




_160717_190019.jpg
今回は、時期的に藪もひどく時間的にも余裕がなかったが、また再訪したい。

次回の探索待ちです ←
関連記事
次のページ

FC2Ad

まとめ