Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースにサウンドシャキットを取り付けた  2016-11-15

サウンドサイエンス社が発売している、サウンドシャキット (sound shakit) という機械がある。
簡単に言うと、音を変化させるDSPのような物だ。
名前もなんだかとっても怪しいし、値段も新品だとそれなりの金額だが、 これ とか これ を再生したらものすごく良い感じではないか。
あと、ココ で、実機のコントローラーの調整と同じ事が体験できる。
ヘッドホンで聞いたら、ホントに凄い!
というか、本当にこの機械だけでこんな魔法のようなことが起こるのか!?
ちょっとこれは信じられない・・・。

と言うことで、中古だと2万円程度で買えるようなので、ヤフオクにて早速入手してみた。


_161025_205608.jpg
数日後に本体が届いたので、簡単なチェックをし、配線を加工する。
そのままの状態だと、配線が長すぎて自分には使い勝手が悪い。
と言うのも、この機械自体にもアンプが入っているのだが、ここから出た音をラインに変換し、アンプに入力するつもりなのだ。




_161025_210321.jpg
配線を短く切断し、新たなコネクターを作っていく。




_161025_214508.jpg
そして、そこらへんにあったスピーカーを、適当な段ボールに組み込み、再生テストをする。




_161025_214558.jpg
音源をスマホから入力して、コントローラーで音響効果を加えてみると、ちょっと信じられないほどの音が!!!
この機械の愛用者はしきりに、「いつも聞いている曲をこれを通して聴くと別物になる!」と言っていたが、その意味が分かった気がする。
確かにめちゃめちゃ気持ちの良い音になる。
いつも聞いている音源の音が、この記事の最初にあるサンプルみたいに変化した。
たとえるなら、映画館の音みたいになるという感じかな。
大音量でも、全く不快な感じがしない。
ナニコレヤバイ(((;゚Д゚)))




_161025_230208.jpg
もちろんピュアオーディオ系の音では無いが、映画館とかの、あの、臨場感のある音が好きな人にはたまらないのではないか。
いつも聞いている音楽があまりに気持ち良く再生できるので、テストしているのを忘れ、いろいろな曲を2時間以上再生しまくってしまった。




_161025_230339.jpg
という事で、とりあえず、このようなコネクターを作成し、車に取り付けることに。




_161025_230412.jpg
接続は、ヘッドユニットのスピーカーライン ⇒ サウンドシャキット ⇒ ハイローラインコンバーター ⇒ 外部アンプ の順に接続する。
この機械から出てきた音を、更に良いアンプにつなげば、きっと凄いことになると考えたのだ。




_161025_230421.jpg
ちなみに、サウンドシャキットにもアンプが内蔵されているが、出力電圧(レベル)が高くなりすぎないように、ダイヤルにて設定を変えることが可能だ。




_161025_230430b.jpg
では、早速取り付け開始!

現在ハイエースに取り付けているアンプも取り外し、配線を含めて全部引き直すことにした。
配線を保護するコルゲートチューブはモノタロウ等の専門ショップで購入すると、オートバックスやホームセンターで買うのがアホくさくなるくらい安価で購入できるので、絶対にオススメ!
同じ値段なら、10倍くらいの量が買えちゃいます。




_161026_205746.jpg
サウンドシャキット本体は、以前取り付けたアンプとの入れ替えだ。
そのままコネクタを差し替えれば良いように、コネクタを製作しておいたという事だ。




_161105_120408.jpg
そして、今まで使用していた Rockfordの安価な 5chアンプは、取り外すことに。
このアンプは音質やパワーは申し分なかったのだが、外部ノイズに弱い機種だったので、ハイエースに取り付けているインバーターとの同時使用が厳しかった。




_161105_122344.jpg
そして、ぐちゃぐちゃに埋もれた配線も取り外し、新しい配線と入れ替える。




_161105_230401.jpg
ヒューズ容量を変更するために、荷室ベッド下のサブバッテリーにアクセス。




_161105_235122.jpg
もはや、自分以外理解不能なくらいの配線に埋もれているが、とりあえず配線を作り変える。




_161106_002409.jpg
一通り配線のチェックをして・・・。




_161106_002446.jpg
ベッドをはめ込み、電源部分は終了!




_161108_210547.jpg
そして、まずは運転席部分のスピーカー用アンプの配線をする。
アンプは PBR300X4 という、4chアンプだ。
このうち 2chを使用して、ピラー埋め込みのツイーターとミッド用のドアスピーカーの配線をクロスオーバーネットワークにて分けていく。




_161108_214633.jpg
アンプとネットワークを壁面に取り付け、フロントはOK.
細かい調整は走ってから行う事に。




_161108_220136.jpg
続いて、リアのアンプの配線をしていく。




_161109_000103.jpg
リアに取り付けるアンプは、配線なしの動作品ジャンクを、格安で購入したものなので、まずはコネクターや配線を作成する。




_161110_220557.jpg
作った配線で簡単な動作テスト。
うん、問題なさそうだ。




_161110_224442.jpg
リア回りは、PBR300X4 と PBR300X2 だ。
4chのアンプにて、後室前部と後室後部のミッド用スピーカー。
2chのアンプにて、ベッド下に埋め込んであるウーファーを鳴らすことに。




_161110_232906.jpg
今回大活躍したのが、以前購入した精密圧着工具。
精密圧着工具は、3万円とか 5万円とかアホみたいな値段がする物も多いのだが、エンジニアより発売されているこの精密圧着工具は、実売価格も 4,000円程度と、とってもリーズナブルだ。




_161110_232906b.jpg
コネクター用の端子の圧着は、ギボシ用の圧着工具ではまるで対応出来ないので、一つ用意しておくとコネクターの製作には一生苦労することはないだろう。
コネクター自体も、1個 10円やそこらで購入できるので、コネクターや配線無しのジャンク機器を購入した時などにも重宝する。




_161112_000923.jpg
と言うことで、リア用のアンプの組み付けも完了!!

バリバリのオーディオマニアから見たら、電源ラインと音声ラインを平行に一緒に束ねちゃってるし、いろいろと気になる所もあるんだろうけど、自分は気持ちよく音楽が聴ければそれで良いんで、細かいことは気にしない(・∀・)




_161112_115012.jpg
運転席横のコンソール部分には、各部のスピーカーの音量を調整できるボリュームを設置した。




_161113_104556.jpg
このボリュームはラインレベルをパッシブに変化させるだけの物で、アマゾンで送料込みでも 1個数百円で買えるものだが、このアナログの操作感は1度使ったら手放せなくなるほどに便利だ。
液晶画面をポチポチとつついて調整するのと違い、運転中にもリニアに操作できる。




_161113_104552.jpg
ウーファーコントロールも、同様の物だが、こちらはカットする周波数の調整も可能だ。
アマゾンで送料込み 1000円程度だったが、とっても便利!




_161113_104556b.jpg
と言うことで、早速調整のために走りに行く!!!
車中泊もしたいしね(*´д`*)




_161113_115146.jpg
そして、高速道路のパーキングに車を駐め・・・。




_161113_115146b.jpg
駐車場でセッティングを変えて、また走ってみる。
とにかく、理屈とかじゃなくて、走行中に一番心地よく聞こえるように調整したいのだ。




_161113_123558.jpg
気になるところがあれば、その場で配線も作り直す。




_161113_125530.jpg
ツイーターのレベルも、何度も変更して走って比べてみる。




_161026_220422.jpg
そろそろ新潟県に入る頃、やっと良い感じの音になってきた。
聞いているだけで気持ちよすぎてヤバイ !
大音量にしなくても、音圧もあり気持ちよすぎる(*´w`*)



_161113_125530b.jpg
DSPやサラウンド系の音に否定的な人も多いけど、これはこれでアリかも知れないので、機会があれば是非、サウンドシャキットの体験を!
でも、同じような事がスマホの音楽再生アプリ等でシミュレーション出来るようになっちゃったんで、残念ながらこの機械自体、既に生産中止になっているとか・・・ Σ(゚ロ゚;)

関連記事

[戦跡] 野島地下壕 → 貝山地下壕潜って来た  2016-11-07

横浜みなとみらいから車で南へ30分。
以前にも潜った横浜市にある野島公園の地下にある壕 だが、奈良県から是非潜りたいと駆けつけてきた O氏と共に再び潜って来た。
yakumo氏にも声をかけたところ3人で潜る事となった。


_161029_131221.jpg
壕口は以前潜った時より若干広がっているようだが、匍匐前進での侵入だ。




_161029_131340.jpg
短い時間内でのご案内と言う事で、見所を中心として壕内を回って行く。
ここは、壕内の随所に掘削時のトロッコの軌条跡が残されている。




_161029_131638.jpg
地盤は砂岩質のようだが、崩落はほとんど見られない。




_161029_132343.jpg
ステージのように掘削された壕内。
トラックの荷台の高さほどなので、ここから荷物を搬入していたのかも知れないが、壕口からかなり奥まった場所なので違う用途なのかも知れない。




_161029_132453.jpg
坑道は広めの所が多い。
この壕では以前、ガラス製のアンプルなどを見つけており、病院として利用していた場所もあったのかも知れない。




_161029_133123.jpg
地下壕の端に近くなると、土かぶりが少ないせいか、地上の植物の根が壕内に垂れ下がっている。




_161029_133250.jpg
公園内にある地下壕と言う事で、公園内の通路から見える壕口は、基本的に全て塞がれている。




_161029_133647.jpg
この塞がれた壕口は、野島公園駐車場の奥から見えている壕口。




_161029_134313.jpg
前回潜ってからおよそ 5年ぶりにここに潜ったが、壕内は相変わらず非常にきれいな状態で保たれていた。




_161029_135221.jpg
壕口が塞がれているせいで壕内の水が排出されず、一部の坑道は水没していた。
でも深さは深いところでも20cm程度なので、この壕は長靴くらいの装備で探索可能だ。




_161029_140055.jpg
この壕は公園として整備される前は壕口も塞がれておらず、子供達の格好の遊び場だったそうだ。
まあ、50年くらい昔の話だが。




_161029_140721.jpg
ひととおり壕内を回ったので、そろそろ戻る事に。




_161029_141358.jpg
再び匍匐前進にて狭い壕口から這い出る。




_161029_142937.jpg
野島公園といえば巨大な掩体壕だ。
これだけ大きな掩体壕なのに、隣接する地下壕とは接続していない。
ただ、神社側の水没坑道奥の作りからすると、掩体壕の土砂の下に壕口が隠れている可能性が高い。




_161029_142937b.jpg
掩体壕の内部両脇には、このように土砂が盛られているのだ。
ただ、先ほど潜った壕側からは、この掩体壕への接続は確認できていない。




_161029_144317.jpg
ちなみにこの掩体壕は野島公園の山を貫いているのだが、反対側の壕口は草に埋もれて凄い事になっていた。
せっかく看板まで立てて公開してるのに、これは酷い(*´д`*)




_161029_144633.jpg
野島公園の外周遊歩道をぐるっと回り、今度はすぐ近くにある貝山へ移動する。




_161029_152732.jpg
そして、まずは上部にあるアクセスのし易い壕へと入る事に。




_161029_152910.jpg
まずは 1つめの壕。
貝山地下壕上部の壕では、ここが一番丁寧に掘削されている。




_161029_153649.jpg
物置にしていたのか、用途は不明だが、四角い彫り込みが特徴的だ。




_161029_153923.jpg
広さが変わる場所も、やたらきれいに掘削されている。
ほんとこの壕は、かなりこだわって掘られている。




_161029_154720.jpg
斜面をガサゴソし、次の壕へ。




_161029_155748.jpg
ここも掘削はきれいだ。
この壕は、広めの空間を通路でつないだような形となっている。




_161029_155904.jpg
以前は当時の遺物がかなり遺されていたのだが、いつの間にかほとんど無くなってしまった。




_161029_160720.jpg
再び斜面をガサゴソし、次の壕へ。




_161029_161434.jpg
この壕は、謎のお線香が供えられていたり、アヤシイ木彫りの像が置かれていたりと、いろいろ気味の悪い壕だ。




_161029_161535.jpg
でも、微妙に高低差がついていたりと、探索し甲斐のある壕だ。




_161029_161621.jpg
前出の壕と同じメンバーが掘ったのか、設計者や監督が一緒なのか、ここもやたらと直線的に掘削されている。




_161029_161711.jpg
しかし、坑道の一部はまるで洞窟陣地のように、狭い通路が曲がりくねって掘られていた。




_161029_161822.jpg
この壕は気味の悪い設置物を気にしなければ、貝山上部の壕の中では一番楽しめるかも。




_161029_163109.jpg
一通り上部の壕を回り、頂上の展望台でちょっと一休み。




_161029_165731.jpg
そして、貝山地下壕へと入っていく。




_161029_170011.jpg
ここはかなり広いので、時間的な問題もあり見所だけを案内していく。




_161029_171838.jpg
壕内に積まれた石により区画に分けられている。
一度掘削した形を後から変えているのはこのあたりの地下壕ではここだけだ。




_161029_171938.jpg
また、この地下壕は実際に軍の司令部として使われており、当時の鉄の扉なども残されている。




_161029_172900.jpg
クレーンや廃車が捨ててある付近。




_161029_173903.jpg
そして、貝山地下壕の見どころの一つ、見事に掘削された階段。
階段は二カ所にあり、こちらの階段は大きな石がゴロゴロ転がってる。
最上部は崩れているが、山頂付近に開口していた。




_161029_174355.jpg
もう一つある階段。
最上部には緑色の扉が設置されているが、しっかりと施錠されていた。




_161029_175733.jpg
時間も既に18時近くなっているので、そろそろ外に出ることに。




_161029_180314.jpg
この壕は夏に潜って以来だったが、見学会も行われなくなり、訪れる人はほとんどいなさそうな感じだった。




_161029_181529.jpg
外に出ると、もう真っ暗。
足を踏み外しながら、車へと戻った。

この日は厚木インター近くにある健康ランド泊をし、翌日は江の島周辺の地下壕を回ることにした。

関連記事

FC2Ad

まとめ