Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 友ヶ島砲台探索  2011-07-11

和歌山県の加太港と淡路島の間にある無人島。
ここには明治時代の砲台跡が遺されている。

地島、沖ノ島、神島、虎島の4つの島を友ヶ島と呼んでいるが今回は沖ノ島へ上陸し、砲台跡を探索してきた。
無人島とは言っても、キャンプや釣りをしに島へ来る人も多く、島内には公衆トイレも設置されている。
関西空港のレーダー設置に伴い島内には電気が引かれている。
島内に飲料用の水道は無いが、電気がひかれたおかげで、桟橋付近には飲料水の自動販売機が設置された。


110709map01.jpg
高速道路もあり、和歌山市の中心部からもそれほど離れていないので、アクセスは非常に良い。
あっという間に加太港に到着。




110709_0002.jpg
早朝 1時に加太港近くの道の駅にて車中泊をする。
風が強い夜だったので、暑さに悩まされることも無く熟睡できた。




110709_085632.jpg
始発の船に乗りに加太港へ。
バーベキューをしに行く集団を横目に、探索用の服へと着替える。




110709_091936.jpg
いざ出港!!
期待が高まる。




110709_093831.jpg
ほんの20分程度で沖ノ島に近づいてきた。
想像していたより険しそうだ。




110709map2008.jpg
ちなみに、第4砲台以外は島の南部へ集中している。
まずは第2砲台へ向かう計画だ。




110709_095712.jpg
船を降り桟橋から島内へと進む。
桟橋の前は広場になっており、奥に煉瓦の建物があったので、さっそく行ってみた。




110709_095821.jpg
それほど崩れも無かったが、全ての窓が鉄板で覆われており、中に入ることは出来なかった。

海沿いまで戻り、早速砲台へと向かう。
まずは第2砲台だ。
海沿いの道を上ったり下ったりしながら歩いて行くと、第2砲台が現れた。




110709_101436.jpg
第2砲台は崩落が激しいため、鉄条網により囲われており、(基本的には)周囲から見学するしかない。




110709_101511.jpg
終戦後、爆破解体されたというが、かなり良い状態で残っている。
しかし、右翼側はかなり激しく破壊されていた。




110709_101655.jpg
まずは上部から見ていくことにした。




110709_101800.jpg
砲座がしっかりと残っている。
終戦時まで、第2砲台には 28口径 27cmのカノン砲が4門設置されていた。




110709_101908.jpg
この砲座は海に突き出るように遺されているが、爆破の影響で場所が移動したのだろうか?
ちょっと目立ちすぎる場所にある気がするのだが。




110709_102029.jpg
煉瓦上部はツタで覆われ、なんともいい雰囲気だ。

以前は内部まで見学できていたのだろう。
掩蔽部と上部を結ぶ揚弾孔は安全のためか、左翼1つを除き塞がれていた。




110709_102148.jpg
続いて下部へと進んで行く。




110709_102159.jpg

下ってすぐの掩蔽部入り口。
ここまで海水が来ることがあるようで足場は悪く、ゴミと湿った汚泥でとても歩きにくい。




110709_102235.jpg
足下をぐちゃぐちゃにしながら進んで行く。

突き当たり右側にある掩蔽部。
唯一、揚弾孔の穴が塞がれずに遺されていた。




110709_102304.jpg
今来た通路を戻り、別の掩蔽部を確認しに行く。




110709_102324.jpg
この部屋はゴミが詰まっており入ることが出来ない。




110709_102452.jpg
次の部屋はさっきとは対照的にすっきり片付いている。
なぜかスチール製のベッドが中央に置かれていた。




110709_102521.jpg
アーチ状に架けられた橋。
この橋のおかげで、砲座部分まで簡単に行くことが出来た。




110709_102608.jpg
右翼付近は下から見てもやはり酷く損壊している。




110709_102638.jpg
場所によっては絶妙なバランスを保っている所もあり、探索は自己責任となる。




110709_102823.jpg
奥まで見て回ったので、今来た道を戻る。




110709_103023.jpg
再び上部へと上がってきた。

これは左翼側の砲座。
ボルトがきれいに残っている。




110709_103433.jpg
全景の写真を撮ろうと、奥の方まで行きうろうろしていると・・・。




110709_104340.jpg
なんと崖の中腹にトーチカのような物を発見!!
さっそくよじ登ってみる。




110709_104459.jpg
裏手は開口しており、銃眼が構築されていた。
すぐ後ろには壕が掘られていたので、早速進入する。




110709_104549.jpg
しばらく進んでふり返ってみる。
屈まないと進めない壕だ。
高さは150cm程度だろう。
崩落もあるが、元からきれいに作られていたわけでも無さそうだ。




110709_104614.jpg
穴は山の反対側へと開口していた。
ずいぶん狭いが、これは交通壕たったのだろうか。




110709_105357.jpg
続いて第1砲台へと向かう。
第1砲台には明治時代に建てられた友ヶ島燈台がある。
友ヶ島燈台は現在でも全国第二位の明るさがあるそうだ。

しかし暑い・・・。
まだ探索は始まったばかりなのに、早くも上り坂に汗が噴き出す。




110709_105611.jpg
しばらく登っていくと第1砲台へと辿り着いた。
前方にはトンネルが口を開けているが、なぜか鍵がかかっている。

ちなみに無理にトンネルを抜けなくても、右側の階段より内部へ行くことが可能だった。




110709_110013.jpg
内部には掩蔽部がいくつも構築されていたが、鉄の扉で閉ざされており、窓の部分には煙突が取り付けられていた。
一体これはなんだ!?

友ヶ島燈台の資料によると、昭和27年より自家発電で点灯と書かれているので、当時の発電機室として利用していたのかもしれない。




110709_110107.jpg
更に奥へと進んでいくと、また柵があった。
しかもまた鍵付きである。




110709_110231.jpg
柵を越えたトンネルの内部にも、掩蔽部が作られていた。
トンネルを抜け進んで行くと、草木が鬱蒼と生え、荒れ果てた壕底が現れた。




110709_110249.jpg
階段横に掩蔽部があったので入っていく。
通路は10cm程度の水没だったが、室内には水は無かった。




110709_110400.jpg
室内から通路を撮影。




110709_110405.jpg
壁には、通気口だろうか、大きな穴が開いていた。
穴からは冷たい空気が吹き出していた。




110709_110558.jpg
外に出て、右翼観測所へと登っていく。
そこには装甲掩蓋付きの観測所が!!




110709_110645.jpg
すぐにでも中に入りたかったが、まずは上部を見に行く。




110709_110747.jpg
リベット留めの天蓋にはコンクリートが巻かれていたらしく、その一部が残っていた。




110709_110818.jpg
いよいよ中へと行ってみる。
ドアは錆で固まっており動かない。




110709_110840.jpg
内部には各地の観測所跡にあるような3本の台座が遺されていた。
窓には鉄製のシャッターがスライドするように取り付けられていた。
使用しないときには窓を閉じていたのだろうか。




110709_110850.jpg
現在は木が生えており視界から海を見ることは出来ないが、眼下には紀淡水道が広がっている。




110709_110920.jpg
しかし、よくこんな状態で残っていたものだ。
今後ともこの姿を残していて欲しい。




110709_111515.jpg
名残惜しいので、再度上に上がってみる。




110709_111527.jpg
山頂に関西空港のレーダー施設が見えている。
第3砲台はレーダーのすぐ下にあるので、あそこまで歩かなくてはならない。
随分遠くに見えるが、大丈夫かな・・・。
しかも、途中で第5砲台や聴音所にも寄るので、かなりの距離になりそう。




110709map1976.jpg
ちなみに、この航空写真は1976年に撮影されたものだが、この時に既に現在のレーダー施設の位置の木々が伐採されているように見える。
レーダー施設の工事はまだ始まっていないだろうし、何かここにあったのだろうか。

休憩もそこそこに、次に聴音所へと向かった。

[戦跡] 友ヶ島砲台探索2 へと続きます。

関連記事

コメント

友ヶ島すげえ~

羨ましい限りですね!
これぞ世界遺産て感じがします。
パート2が楽しみです(明治期の煉瓦は美しい)煉瓦には何か刻印はありましたか?
自分は週末富士学校に行って来ましたが、戦車体験搭乗抽選に4人で15回(計60回目)でやっと当たりを引きました。(当たり1枚で4人乗れる)
帰りの事故渋滞30Kmは辛かった・・・・

  • 2011/07/11(月) 23:18:44 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

Re : 友ヶ島すげえ~

名無しさんになってますが、おそらくyakumoさんこんばんは!

(*´ω`*)ノ

煉瓦に刻印は見受けられませんでしたが、島内入り口(桟橋付近)には陸軍省の標柱がありました。
戦前は友ヶ島への一般人の立ち入りは出来なかったので、島内全部が要塞地帯となっていたせいか、要塞地帯標は見つけられませんでした。

つーか、友ヶ島まじすげえぇえぇぇぇぇ!
島内をうろうろと、歩数にして16Km分くらい歩いたけど、興奮が上回り、全然疲れなかった。
でも疲れた。
筋肉痛で死亡寸前です。

発見されていない遺構がまだまだありそうなので、また行ってくる!
(実際、聴音所は平成14年に発見されてる)

  • 2011/07/11(月) 23:44:58 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

失礼しました

ご推察のとうり、自分であります。
テンション上がっていると、疲れも時間の観念も感じなくなってしまいますね!
ここらで新発見をして、友ヶ島にDigital Artworks TeeART Blog.の名前を残しましょう!

  • 2011/07/12(火) 06:26:54 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

ホントすげぇ~

友ヶ島すごいっすね~状態もいいし、なんか天空の城ラピュタを思い浮かべます。
装甲掩蓋付きの観測所、あそこは日当たりもよさそうだし、まだまだ何かが出来そうですね。自分的には家にして住んでみたい!ていうか、見ているこっちもテンションあがる~~↑↑↑

  • 2011/07/12(火) 08:15:55 |
  • URL |
  • oryuu #-
  • [ 編集 ]

他の方のレポートを読んでいると、一般に知られていない遺構がまだまだありそうなので、やはり再訪せねば!!
と思います。
その場にいるとテンションが上がってて、いろいろと見落としちゃうんですよね-。
で、家に帰ってから、後悔すると・・・。
実際に気になる箇所がたくさん残ってます。

  • 2011/07/13(水) 00:28:02 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

戦争遺跡好き、レンガ好きにはたまらない場所ですね。
遠いので中々行く機会に恵まれませんが。。。

  • 2011/07/14(木) 00:45:44 |
  • URL |
  • たくあん #HfMzn2gY
  • [ 編集 ]

>たくあんさん

たしかに関東地方からだと気軽に行ける距離じゃ無いですねー。
自分はたまたま鈴鹿で暮らすことになったので、こっちにいる間に、中部・関西地方の遺構を回りまくろうと思ってます。
関東地方に比べて、資料が少ないので苦労していますが、探索を続けていきます!

  • 2011/07/14(木) 20:59:26 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

あー装甲掩体が最高すぎます。トーチカなんかの魅力ある遺構もあって良い感じですね。

これは必ずいきます。

  • 2011/07/18(月) 22:11:31 |
  • URL |
  • 東雲みょん #-
  • [ 編集 ]

ほんとにここは良かったですよ!
でも、見逃した所があるんで、近いうちにまた行ってくるつもりです。
でもその前に舞鶴行ってくる!!

  • 2011/07/19(火) 00:14:49 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

あそこは戦争中は要塞として機能してたので一般人の立ち入りが出来なかったためどうしても資料などあまりないですし、今後も色々な施設が島内で発見されると思いますね。場所的には大阪湾口の重要な防御用の拠点でありますしか戦時中はかなり大規模な要塞の規模だったような気がします。
当方関西ですがその砲台の資料に関してはやはりなかなか
出てきませんね。一度いってみたくて調べてはいますがなかなか全容が分かる感じの資料は出てきませんね。

  • 2011/07/20(水) 03:54:39 |
  • URL |
  • 岸本 #-
  • [ 編集 ]

まあ、そのおかげで、この平成の世になっても新しい発見があるという。
やっぱり宝探しには詳細な地図はない方が楽しめるかも!?

  • 2011/07/20(水) 20:55:02 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

基地祭

夏から秋に架けて自衛隊基地の一般公開が結構ありますが、普段入れない基地内の資料館などで旧軍の配置図や分布図が展示されている事があります。
そちらの最寄基地の一般公開に行って見るのも、いいかも知れませんよ?

  • 2011/07/20(水) 23:03:27 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

Re : 基地祭

基地と言えば、伊勢にある自衛隊の基地には、旧軍時代の建物や掩蔽部がそのまま遺されているみたいですね。
そっか、基地祭は見学のチャンスですね!!

  • 2011/07/22(金) 00:02:23 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

いい写真いっぱいですね

コメント失礼します。
また友ヶ島へ行きたくなる写真がいっぱいですね。
第二砲台の廃墟感最高です。

  • 2013/08/22(木) 16:07:29 |
  • URL |
  • 友ヶ島へGO #-
  • [ 編集 ]

>> 友ヶ島へGO さん

コメントありがとうございます。
自分もやっぱり第二砲台が好きですねー。
背景の海とのコントラストも素晴らしいし、破壊されている感が強いのもいい感じです。

たどり着けていない壕口もありますんで、また行きたいと思ってます!!

  • 2013/08/22(木) 16:59:02 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/128-ea28805c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ