Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 久々利の廃トンネル  2011-10-26

この記事は、三菱発動機地下工場跡探索の続きです。


岐阜県可児市にある三菱発動機地下工場跡を後にし、次に、通行止めになっているトンネルを探しに行く事にした。
このトンネルは、地下工場の一部を利用したもので、現役当時は自動車の往来も可能だったらしい。

先ほど探索した壕内の広さを考えれば、十分に車両を通す事が可能だったと思うが、なぜ廃止されてしまったのだろうか・・・。


111023_122557.jpg
地形図を見ながら進んで行くと、明らかに怪しい階段を発見。
地形図には神社が記されているが、場所的にあの階段を上っていくと神社に行くに違いない。

ということは、トンネルの壕口はこの先に間違いない!




111023_122634.jpg
思っていた通り、小道の先にはトンネルがあった。
と言っても、分厚いコンクリートでしっかりと塞がれている。
今までの壕口の状況を考えたら、異常とも思えるほどの塞ぎ方であるが、(一部の)地図に載っている道路なので、このぐらいしないとダメなのかな。




111023_122649.jpg
コンクリートの隙間から内部を伺うが、状況はよく分からない。
ただ、内部からこの場所に来ていれば、明らかに分かると思うので、ここには来ていないのだろう。
内部をちゃんと回らなかった事にちょっと後悔したが、また潜る機会はあるだろうし、謎は残しておいた方が次の楽しみにもなるのでヨシとしよう。

こちら側が塞がれていると言う事は、恐らく反対側も塞がれているのだろうが、一応確認しに行く。




111023_122920.jpg
丘陵の反対側へと回り込むと、こちら側はやけに切り立った崖が続いている。
地形図の等高線と合っていない気もするが、木の生え方でこう見えるだけなのだろうか。


ちょっと怪しげな狭~い道を無理矢理上っていくと・・・。




111023_124552.jpg
なんとも雰囲気の良いお墓に出た。

道の脇には墓石が無数に建てられているのだが、間隔が開いているせいか妙にほのぼのとするお墓たちだった。
おじぞうさんも気持ちよさそうにひなたぼっこをしていた。




111023_124731.jpg
これ以上車で上がって行くとバックで降りる事になりそうなので、車を駐め徒歩で登っていく。




111023_124806.jpg
どんどんと進んで行くとやがて道は未舗装となり、ゆるやかに山の中へと飲み込まれていった。

高さ的にももうこの先には何も無さそうなので今来た道を戻ることにした。




111023_125014.jpg
帰り道空を見上げると、見事なほどに枝を広げた木が生えていた。
これはきっとモチモチの木に違いない。




111023_125401.jpg
再度、トンネルを探して車を走らせる。
と言っても、実はトンネルの位置はナビにも出ているのだが(*´ω`*)




111023_125603.jpg
え?こんな所、車で入っちゃっていいの?
人んちじゃないの?

みたいな道を上っていくと、ちょっとした平場があった。
トンネルはすぐそこにあるはずだ。

しかし、トンネルを見つけるよりも先に、目の前に壕口を発見した。




111023_125705.jpg
明らかに地下工場の壕口であろう。
壕床はかなりぬかるんでいたが、十分に進入可能だ。
しかし今日はこれ以上潜らない事にしていたので、トンネルを探しに行く。




111023_125752.jpg
平場の先に続いている道を歩いて行くと、あった!! トンネルだ。

立派なフェンスに阻まれているが、高さ制限の標識もあるし、以前車道として機能していたのは間違いないだろう。




111023_125833.jpg
フェンスの上にぶら下がっている看板には、『危険 通行止め』の文字と、なぜかドクロマークが描かれている。




111023_125847.jpg
懐中電灯で奥を照らしてみると土砂が堆積していた。
どうやら崩落によって通行止めになったようだ。
しかし、自然崩落では無いようにも見える。


ここで普通ならさっきの壕口から進入し、トンネル部分がどうなっているかを調べに行くのだが、実は懐中電灯の予備を持ってくるのを忘れていたのだ。
先ほどまで壕内を回っていたときには気がつかなかったのだが、懐中電灯 1本だけで壕内を回っていた。
いつもは予備と予備の予備も持って入るのに、なぜか家に置き忘れていたのだ。
ビデオ用のLED照明も持っていたが、広い壕内では近くしか照らす事は出来ない。
まあ、脱出くらいは出来そうだが、危ないところだった・・・。
良かった、電池切れにならなくて。

まだ懐中電灯は点灯しているが、こういう時に無茶をすると事故が起きる。
トンネル内部の探索は次回へと持ち越す事にした。
ものすごく気になるケド、このくらい気になる所を残しておくと、また来たくなる。




111023_125934.jpg
とりあえずはトンネルの両側壕口を確認できたので、トンネルを背にし、今来た道を引き返す。




111023_164225.jpg
なんだかまだまだ運転したい気分だったので、遠回りして帰る。
可児からR21を通り岐阜市内まで出て、R258を養老に下って鈴鹿まで帰るのだ。

ちょっと消化不良な今回の探索であった。

可児市の三菱発動機地下軍需工場跡再訪しました!!
関連記事

コメント

可児と瑞浪は時間があったら行ってみたいと思います。
こっちからだと泊まりじゃないと厳しいですが。

  • 2011/10/26(水) 23:09:30 |
  • URL |
  • OKN #-
  • [ 編集 ]

可児の地下壕は、周囲の開発もそれほど進んでおらず、非常に良い状態で残されていました。
無駄に塞がれたりしていない分、安全性も高そうですし。
この周辺には他にもいくつかの地下壕があるようなので、順次調査を進めていきたいと思ってます。

  • 2011/10/27(木) 20:06:15 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

入間基地行って来た

相変わらずのゲロ混みで、行きは2時間で行けたのに、帰りは4時間もかかりました。
慣れない新車(10式と命名)のシェイクダウンとして行きました。
先週も納車したての車で駐屯地に行こうとしたら、アクセルセンサーの初期不良でアクセルが戻らないと認識し、回転数が下がらないとゆうトラブルが有りました。
出たばかりの新車種は怖いですなぁ~。

それはさて置き、がんばってますね!可児の地下壕は2ブロックに分かれている様なので、続報を期待しています。
その辺は、中島愛知等の飛行機工場の疎開地が多い様なので、他にも色々有りそうですね?

  • 2011/11/03(木) 23:12:26 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

入間行ったんですね。
しかし、横浜から埼玉西部方面へのアクセスは悪ずぎですよね-。
高速だと大回り過ぎるし、16号だと激混みだし、府中街道とかの最短ルートだと信号多いし。

ところで、新車購入したんですか!
10式!? ハイブリッド!?
とにかく、また、探索再開できますね(*´ω`*)

可児の壕は、内部図が入手出来たので再度訪問してきます。
今回未調査の東側を重点に、トンネル内部も調べてきます。
瀬戸にも疎開工場がありますし、まだまだ楽しめそうです。

しかし、岐阜県の山中に入ると、どうしても『エロ本小屋』を思い出す・・・。
暗闇とか地下空間にはそれほど恐怖を感じないが、人間の狂気みたいなのには弱い('A`)

http://www.geocities.jp/teamhaikyo/miwaku/ero/ero.htm

  • 2011/11/05(土) 14:31:08 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

由来はナンバープレート

旧姓ラフェスタ、ハイウエイスターGと申します。

無人の地下壕などでは返って、落ち着いたりもするのですが、廃墟に死体ですか・・・
これはちょっと凄いアンダーな世界ですね・・・
やはり、人間のいない地下壕がいいです!

  • 2011/11/05(土) 21:29:13 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

ナンバー由来ですか。
てっきりKPGC10でも買ったのかと(*´д`*)

たしかに地下壕は落ち着きますね。
特に夏の地下壕は最高です。
探索するには冬がいいですけど。

  • 2011/11/05(土) 21:51:47 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/135-739a2f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ