Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 三重海軍航空隊遺構+地底の楽園!?  2012-03-06

この記事は、[戦跡] 半田青谷地区の地下軍需工場~その2 -ダメダメ編 の続きですが、今回の内容は探索では無く、ただの見学です(*´ω`*)


120226_145908.jpg
半田の地下壕は後回しとし、とりあえず香良洲町にある三重海軍航空隊跡地を見に行った。
当時正門が建っていた場所には、今でも当時のままの煉瓦が残されていた。

その正門の門柱はと言うと…。




120226_150608.jpg
先ほどの正門跡よりクルマで 3分程の場所にある歴史資料館の門として移築されていた。




120226_150643.jpg
歴史資料館の敷地内には、不自然に石柱が展示(?)されている。
てか、なんで文字に色塗ってあるのよ!?




120226_150653.jpg
ちなみに、ここ歴史資料館は、別名若桜会館とも言うようだ。
しかし、どういう訳か、資料館は閉まっている…。




120226_150653b.jpg
今日は日曜日だから、開いているはずなのでは!?!?

しかし駐車場にある看板によると、館長の定める日も休館となるらしい。
きっと今日は定めの日に違いない…。




120226_150700.jpg
館内へ入る事は出来ないが、敷地内には色々な物が展示されていた。

この点鐘台は鈴鹿海軍航空隊で使われていた物のようだ。




120226_150716.jpg
また、敷地の至る所に海軍の消火栓が置いてある。




120226_150733.jpg
移築した正門の裏にも…。




120226_150806.jpg
屋外展示スペースにも…。




120226_150811.jpg
屋外展示スペースにはいくつかの展示があるが、かなり風化が進んでいた。




120226_150827.jpg
横須賀近辺ででよく見る止水栓が置いてあった。
これって掘り返すとこんなカタチしてたんだ。




120226_150852.jpg
震洋のエンジンらしいが、ちょっと朽ち果てすぎでは…。




120226_150943.jpg
連合艦隊の凱旋記念の錨!?




120226_151300.jpg
ホースのジョイントが残っている消火栓は珍しい!!




120226_151612.jpg
三重海軍航空隊隊歌の碑。




120226_151641.jpg
敷地の一角には、祖国のために命を落とした者を祀る碑が建っていた。




120226_151650.jpg
他にも数々の石碑が建てられている。
囲っている柵はまるで海軍柱のようだ。




120226_151709.jpg
と思ったら、すぐそばに本物が。




120226_152122.jpg
一通り資料館を見て回ったが、館内に入れないので、今度は三重海軍航空隊の跡地を見に行った。




120226_152502.jpg
先ほどの正門跡のすぐ近く。
道路にしては不自然に広い。
右側に広がる広大な敷地には当時は数々の建物があったという。




120226_152751.jpg
建物の基礎の一部が今でも残っていた。
手元の資料によると、第11講堂の基礎だと思われる。




120226_152751b.jpg
ちなみにこの土地、現在売り地となっている。
1億1600万円で先着順なので、欲しい人は急いだ方がいいかも。




120226_152751c.jpg
ということで、再び半田地下壕があると思われる場所へと戻ってきた。
情報によると、半田地下壕の一部を利用して、料理屋を営んでいる施設があるらしい。

絶対ここに間違いない…。




120226_160725.jpg
だってほら、『地底の楽園』!!!




120226_160725b.jpg
中に入ってうろうろしてみると、なんだこれは!!

入り口に近づくと、どうやら宴会中のようで、奥からゲラゲラとおばちゃん達の笑い声が響いてくる。
ちょっと入れる雰囲気じゃ無いな…。

でも、ここが数ある半田地下壕の壕口の一つである事は間違いないな。




120226_160942.jpg
洞窟風呂の看板を見つけたので、すかさず入浴を申し込む。
フロントにて 700円を支払い、いざ、風呂場へ!!




120226_161004.jpg
しかし、洞窟風呂は家族やカップルの貸し切り風呂のようだ。
貸し切れば、風呂場の奥へと続く地下壕へと進入出来る!?
いや、まさか、塞いであるか…。
だけど、さすがに一人で貸し切りは出来ないよなぁ。
でも、探索に来て男どうしで貸し切ったら怪しいよなあ、いろんな意味で。

ということで、とりあえず風呂につかって気持ちよくなったところで本日の探索は終了。




120226_134734b.jpg
ちなみに、この図のどの部分がこの施設の一部として使われているのかだが、図の右上のマークが北を指しているとすると、図の左下あたりだと思うのだが…。

いずれにしても、この周辺をくまなく探索すれば、必ず壕口は見つかると思うので、近々中に再調査予定!!

必ず続く…はず。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/148-2ff777fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ