Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 深夜の深山第1砲台  2012-03-14

この記事は、虎島砲台探索 の続きです。


120310_182127.jpg
虎島の探索を終え、一旦和歌山市内へと戻る。
もちろん就寝は車中泊だが、とりあえず風呂に入りにスーパー銭湯へと来た。

代金を払おうとしていたら、風呂上がりのおばちゃんが、「割引券もろたからあげるわぁ」と割引券をくれた。
おかげで、500円で入浴(*´д`*)

おばちゃんありがとう!!




120310_182128.jpg
入浴後に入った食事処では、サービスメニューが 500円。
なんでこんなに安いんだ!?

しかも、気さくな店員さんが、『豚串カツが苦手なら、カキフライに変更も出来ますよー』と。

夕ご飯を美味しく頂いた後、和歌山市内のドンキホーテやハードオフで無駄遣いをし、再び加太地区へとやってきた。
実は、この加太地区にある深山(みやま)第1砲台には、本日の早朝に一度訪れている。
友ヶ島行きの船に乗る前に探索を終えているのだ。

そこに深夜に行ってみた。




120310_221759.jpg
国立公園として整備されてはいるが、街灯は全く無い。
満月に近い夜だったが、懐中電灯なしでは歩く事も困難だ。




120310_222148.jpg
公園内をどんどんと進むと、やがて見えてきた深山第1砲台。




120310_222755.jpg
掩蔽部をのぞき込むと、暗闇に煉瓦が浮かび上がる。




120310_224430.jpg
昼間でも薄暗い掩蔽部は、まるで地下空間のようだ。




120310_224644.jpg
弾薬庫内に入ると、なんか全然違和感なし。
夜でも昼でもたいして変わんないな。




120310_225245.jpg
なんかいい…。
夜の砲台はクセになりそうだ(*´д`*)

いつも真っ暗な地下空間と違い、日中は照らされている場所が暗くなるのって、すごくわくわくする。




120310_225339.jpg
yakumo氏が撮影に夢中になっているので、とりあえず次の掩蔽部へと一人進んで行く。




120310_231246.jpg
三脚を持ってきてないので、ISOを上げ、手持ちで撮影しながら奥へ進む。

地下迷宮に迷い込んだような錯覚を覚える。

そろそろ敵が現れる頃か!?




120310_231415.jpg
背後からライトで照らしての自分(の影)撮り。




120310_231415b.jpg
長時間露光での、懐中電灯による落書き。

…って、なにやってんだ俺。




120310_232252.jpg
ということで、暗くて寒い中、砲台まで来たのだが、思いの外楽しめた。

山を分け入る探索だとちょっと危険かも知れないが、ここみたいに整備されている場所を訪れるのなら、危険も無いし、ほんとにお勧め。

街灯が一つも無いのが、またイイ!!




120310_233003.jpg
観音崎なんかも夜に行くといい雰囲気なのかなあ…。
などと考えながら、クルマへと戻っていく。




120310_233229.jpg
ちなみに、行きも帰りも誰にも会わなかったけど、もし一人で深夜砲台に来てて、他の人が来たらそれは怖いな。




120310_233609.jpg
駐車場所まで戻ってきた。

これから今夜の寝場所である道の駅までクルマを走らせ、就寝だ。
明日の朝一番の船で再び友ヶ島へと上陸する。


友ヶ島第2砲台右翼側探索へと続きます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/150-a939317c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ