Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

非常用電源作ってみた  2013-09-08

2013-09-08

ハイエースのサブバッテリーを大容量の物に交換したので、今まで使っていたバッテリーが余った。
このバッテリー、容量は交換した物に比べたら少ないが、まだまだ使えるバッテリーだ。
もったいないので非常用電源みたいな物を作ってみた。
もちろん、非常時だけでなく、キャンプとかでも活用できるだろう。


130907_121712.jpg
ということで、ホームセンターでコンセントやバッテリー端子を買ってきた。




130907_122159.jpg
バッテリーやインバーターを組み込むケースも買ってきた。




130907_123446.jpg
キリで端子用の穴を開け、リーマで広げる。




130907_125041.jpg
コンセント取り付け用の穴をカッターで切る。




130907_125853.jpg
うん、いい感じ(*´ω`*)




130907_131527.jpg
12Vのソケットや、カバー付きのロッカースイッチを取り付ける。




130907_131609.jpg
裏から見るとこんな感じ。




130907_134422.jpg
続いて配線を作っていく。
後々の事を考え、ほとんどの接続は半田では無くコネクターで結線した。
きっと後からいろいろなアイデア(というか魔改造)が出てくるからね。




130907_142822.jpg
バッテリーを設置し、配線を組んでいく。




130907_144657.jpg
配線をタイラップにて取りまとめていく。
バッテリーは裏面を強力両面テープにてくっつけてあるが、空間のあるバッテリーの回りはウレタンみたいなもので保護するつもり。

ちなみにバッテリーを真ん中あたりに設置したのは、ケースを持った時の重量バランスが良い場所を選んだからだ。




130907_144838.jpg
ちなみに写真の真ん中の機械は、ソーラーパネルのチャージャーコントローラー。
2千円くらいで売ってる安物だけど、ま、十分でしょ。




130907_144919.jpg
100Vインバーターのスイッチは、インバーターの内部からスイッチ用の配線を引っ張り出してきて、ボックスのスイッチで入り切り出来るようにした。

てことで、完成ー!!




130907_145447.jpg
ソーラーパネルをこんな感じで設置して充電が出来る。
基本的に、バッテリー充電中はガスを逃がさなくちゃ危ないんで、フタは開けておく。
フタを閉めたまま充電出来るように、換気用の穴を開けようと思っているのだが、かっこいい換気口が売ってなかったので、とりあえず後回し。




130907_145452.jpg
ソーラーパネルは、どんなものでも使えるようにコネクターにはせず配線を直接突っ込めるようにした。
部品はスピーカー取り付け用端子を流用。




130907_145507.jpg
分かりにくいけど充電中のLEDが点灯してる。
このLEDの配線を外まで引っ張ってこようかな。




130907_150919.jpg
まあ、ほとんどあり合わせの部品で作ったけど、100Vのコンセントも使えるし、シガーソケットも使えるし、なかなか満足。

次はAC充電も出来るようにするか(・´ω`・)

関連記事

コメント

これも素晴らしいですね!

自作、改造記事を毎回楽しみにしております。
今回も実用的で良いですね。
小生も昔鉛シールドバッテリーで別電源を作って車中泊してました。

  • 2013/09/08(日) 19:19:29 |
  • URL |
  • Hans #wLMIWoss
  • [ 編集 ]

>> Hans さん

車中泊するなら、やっぱり車両に影響しない独立の電源が欲しいですよね。
つけっぱなしで寝ちゃっても、エンジンがかからなくなる心配が無い(*´ω`*)ノ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/210-dd20761a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ