Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 大井海軍航空隊-地下施設探索  2014-06-08

前回の静岡探索に続き、まだ他にも地下壕があるというので、早速見に行ってみた。


140608_003932.jpg
前夜に雨模様の横浜を出発。
東名牧ノ原SAにて車中泊。
今回は下道で行ったので、牧ノ原SAは一般道用の駐車場だ。




140608_140809.jpg
翌日、早速探索開始。
住宅街の片隅に移動し、車を駐める。

横浜の雨模様と違い、静岡県島田市はめっちゃいい天気。
雨の中の薮漕ぎを覚悟していたが、快適な探索となりそうだ。




140608_141352.jpg
と思ったのもつかの間、ものすごい崖を下る、下る。




140608_141618.jpg
30m程の薮に埋もれた急斜面を、ロープで下って行く。
これは登りが大変そうだ。




140608_142637.jpg
と言うことで、壕口に到着。




140608_142742.jpg
ウェーダーに着替えて、早速壕内に…。




140608_143836.jpg
この壕は、壕口からすぐに盛大に水没している。




140608_144316.jpg
奥へと進んでいっても、やはり水没。




140608_144413.jpg
でも、分岐もあって、そこそこの規模だ。




140608_144707.jpg
地下水が溜まっているものの、壕内の掘削は丁寧で、岩盤もしっかりしていた。




140608_144843.jpg
全ての坑道を順番に回って行く。
構造は比較的単純だが、水没が激しいため、足下に注意しながら進む。




140608_144958.jpg
壕床が確認できるほどに澄んでいた水は、あっという間に濁ってしまった。




140608_145251.jpg
奥に光が見えていたので行ってみる。




140608_145745.jpg
行ってみると大きい壕口だったが、頭上からは大量の地下水が滴っていた。




140608_150521.jpg
ここから出ても、外はかなり険しそうなので、また壕内へと戻る。




140608_150751.jpg
そして、他の壕を探すため、一旦壕から出た。




140608_151333.jpg
谷戸に流れる沢まで降りて周辺を探索すると、大きな壕口を発見した。




140608_151943.jpg
こちらの壕も壕口付近は水没していたが、すぐに水は引いた。




140608_152023.jpg
しかもかなりの深さがありそうだ。




140608_152151.jpg
どんどんと奥へ進んでいく。
すると・・・。




140608_152422.jpg
なんと、この壕には下層があるようだ。
しかし、写真では分かりにくいが、もう、どうしようもないほどに水没している。
ここに潜るにはダイビング装備が必要だろう。




140608_152815.jpg
この壕も固い岩盤を削っているため、多少の崩落はあるものの、しっかりとしていた。




140608_154221.jpg
壕内にめぼしい遺構は見つけられなかったが、戦前の物と思われるビンやトロッコの枕木が遺されていた。




140608_154551.jpg
景色はほとんど変わらないが、この写真のような坑道が縦横に何本も掘削されていた。




140608_160921.jpg
天井部分の岩盤を剥がそうとしたのか、ロッドが3本岩盤の隙間に打ち込まれていた。
この状態で遺っていると言うことは、この工事の最中に終戦になったと言うことだろうか。




140608_161105.jpg
壕内温度は 15~16℃程度。
水温も低いため、すっかり体は冷え切っていたのだが・・・。




140608_162712.jpg
外に出ると 30℃近い気温で、一気に汗が噴き出してくる。
しかも今から、下ってきたあの斜面を登るかと思うと、一気にテンション落ちてきた。




140608_163755.jpg
でもここを登らないと帰れない・・・。
ロープを伝って、登っていく。

濡れたウェーダーが重いし邪魔ー(*´д`*)




140608_164422.jpg
斜面を登り切った所に塹壕を見つけた。
しかし、斜面を登って息切れ状態。
早く車に戻りたいー。




140608_214325.jpg
ということで、何回目かの静岡県探索だったが、地元島田市で新規物件を探し出してくれる空母欲奈氏に感謝!!

また行くね!
関連記事

コメント

お疲れ様

夏場の水没壕は涼しくて、いいですね!
やっぱり、夏は地下壕でしょう。

  • 2014/06/09(月) 06:27:55 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

壕内が涼しくて快適だと、外に出たくなくなりますねー。
寒すぎるのもアレですが(^^;)
また潜りに行きましょう!!

  • 2014/06/09(月) 07:56:46 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

私けっこう、とのさんの前でウロチョロ邪魔している見たいですね!なんか写りすぎ? m(__)m ペコペコ
しかし、水没壕楽しすぎでしたね~!冷たい水圧の感覚に嵌りそうですww

  • 2014/06/09(月) 19:00:15 |
  • URL |
  • 空母欲奈 #-
  • [ 編集 ]

いやいや、人物が写り込むと、壕内のスケールとか位置関係が非常に分かりやすくなるんで、
どんどん映りこんでもらってOKだよー!
単独で潜ってる時には撮れない構図だし、結構ありがたかったりするよ(='ω')ノ

こんにちは。最後の塹壕(溝状遺構)が気になります。監視所、防空陣地でもあったのですかね?

  • 2014/06/12(木) 05:24:58 |
  • URL |
  • マンチカン帝國 #-
  • [ 編集 ]

谷から上がった周辺には、この塹壕状の遺構のほかにも、人工的な地形が見られました。
谷の下部にこれだけの地下壕があるので、監視所的な物が構築されていたのかも知れません。
周辺の調査はほとんど行ってませんので、今後、更なる発見があるかも!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/245-23d99030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ