Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 中島飛行機の原谷地下工場行ってきた-後編  2014-06-23

この記事は、[戦跡] 中島飛行機の原谷地下工場行ってきた-前編からの続きです。

前回潜った坑道群から北へ5分程移動したところに柵がある壕口があるというので見に行ってみた。


140608_112228.jpg
この茂みの中に壕口があるらしい。
冬時期は道路から壕口が丸見えらしいが、6月と言うことで草が生い茂りいいカモフラージュとなっている。




140608_112357.jpg
ちょっと草をガサゴソすると、すぐに壕口を発見。




140608_112810.jpg
内部を懐中電灯で照らしてみると、ここも工場にするつもりで掘ったのだろう、奥行きもあるし広さもある。
奥までは50-60m程度で行き止まりだろうか。




140608_112904.jpg
とりあえず内部へと潜り込み、奥へと進んでいく。




140608_112916.jpg
奥は行き止まりのようにも見えたが、左に 90度曲がっていた。




140608_112948.jpg
その先も、天井が高い坑道が 30m程続いていた。




140608_113131.jpg
そのまま進んで行くと、坑道は再度 90度左に折れ、別の壕口へ向かって掘られている。
なるほど、コの字型に掘られていたのか。




140608_113243.jpg
こちらの壕口にも柵が。
上部は広そうに見えるけど…。




140608_113429.jpg
見た目よりも隙間は無く頭が通らない。
ここから脱出することは出来なかったので、今来た坑道を戻っていく。




140608_113532.jpg
ちなみに、この壕の近くでは、大がかりな化石の発掘調査(?)が行われていた。
何か貴重な物でも出たのだろうか。




140608_113610.jpg
見上げると、この壕の内部にもたくさんの化石が。
貝の化石がほとんどだったが、こんな感じのがたくさんあった。




140608_115001.jpg
この隣にも同様の壕口があるらしいので、ガサゴソと山肌を進む。




140608_115257b.jpg
今度の壕口も、柵でしっかりと塞がれている。
付近にもう一つ壕口があったので、この壕も先ほどと同じ、コの字型に掘削されていると推測されるため、この壕には入らなかった。




140608_115318.jpg
でも、今になって思えば、地質が違うせいか、掘削の荒さが目立つ。
構造は同じかも知れないけど、やっぱり入っておけば良かったー。

しかも、空母氏のページを見ると、反対側の山肌にも別の穴もある!!

再訪時には、他の壕と合わせて、この壕にも潜ってこよう。
関連記事

コメント

私も入れば良かった病発生しています(´Д`)  
そう言えば、この壕に入れば”焼肉を奢る祟り”はお払い出来るらしいので、ご一緒しましょう♪

  • 2014/06/23(月) 17:53:24 |
  • URL |
  • 空母欲奈 #-
  • [ 編集 ]

おっけー(^^)ノ
お祓いは無理でも、潜りましょう!
ちなみに、航空写真見てると、山の反対側にも何かありそうな予感が・・・。

空母氏に内緒で、背中が白く小さく光ってる写真と一緒にお地蔵さんが写っている写真を送っときました
彼には見せられない一品ですな~

  • 2014/06/23(月) 22:54:22 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

これ本物の写真??
作ってるでしょ(。-_-。)
マジならやばすぎ。


って、反射テープじゃーん (*´д`*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/248-1b944a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ