Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

伊豆の廃ループ橋見てきた  2014-11-05

手石の特攻基地の帰り道、国道135号線の渋滞区間を避けて裏道を走っていると、突然目の前に巨大な高架橋が現れた。


141102_160938.jpg
こんな山の中に何の橋だろう。
休憩がてら車を止め、下から見上げてみる。

すると雨がパラパラと降り始めた。
雨宿りするために橋の下に移動する。




141102_161926.jpg
雨宿りしながら橋を見上げると、紅葉を待っている木々と、赤い橋のコントラストがたまらなくきれいだった。




141102_162042.jpg
上方の景色に見とれながら、ふと辺りに目を向けると、なんと橋の先が折れて落ちているではないか!!




141102_162120.jpg
真相を探るべく、橋の上に向かう。
がさごそと進んでいくと、橋と地面が近づいている箇所を発見。




141102_162211.jpg
よし、ここから上に向かえそうだ。




141102_162228.jpg
急な坂がぐるっと右方向へと進んでいる。
どうやら異なる高さをつなぐためのループ橋のようだ。




141102_162245.jpg
橋の先端に目を向けると、やっぱり落橋している。




141102_162420.jpg
どんどんと登っていき、今来た道を振り返る。

なんだこれ、この橋歪みがすごい!!




141102_162422.jpg
今いる場所は大丈夫なのかと突然不安になる。
振り返ってみたが、まあ、今すぐに崩壊することは無さそうだ。




141102_162437.jpg
ループ橋の全景を撮りたくていろいろ試してみたが、うまく撮れなかった。




234556765654.jpg
34.867137, 139.090755
ちなみに、GoogleMapの航空写真で見てみたら、山の中に橋だけがあるのが写ってる。
この山の上にアクセスする道を作りたかったのだろうが、ここまでお金かけてループ橋にする必要があったのだろうか。




141102_162507.jpg
とりあえず、先端まで行ってみよう。




141102_162514.jpg
先端に近づくと、この先につながっていたと思われる落ちた橋が見えている。
こちら側の接続部分の損傷は見受けられない。
向こう側の山肌に作られた橋台が、地滑りか何かによって失われ、それに引きずられるように落橋したのかもしれない。




141102_162539.jpg
それにしてもすごい高さだ。
落ちたら怪我じゃ済まないどころか、死亡確実か。

今地震が起こったらやだなー。




141102_162645.jpg
これ以上先へは行けないので、今来た道を戻り始める。




141102_162735.jpg
そうだ、落ちた橋を見に行ってみよう。
出来れば、あの橋を登ってみたい!




141102_162946.jpg
しかし、藪をかき分けて真下まで行ったものの、登るのは無理だった。




141102_162949.jpg
もう、斜面と言うより壁。
試さなくても分かるくらい、登るのは無理。




141102_163048.jpg
気が付くと、雨も小降りになっていた。




141102_163220.jpg
後で分かったことだが、この橋は赤沢八幡野連絡橋といい、この上に計画された別荘地へと続くはずだった。
計画の途中で中止となり、以来放置されているとか。
当時は工事車両が往来していたようだが、その先にあった道も、今ではわずかな痕跡を残すのみという。




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/268-2dbaf6ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ