Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

EL管でネオン管風サインボード作ってみた  2014-11-21

amazonで送料込みで 1000円しない ELチューブ (2.7m) が売っているのを見つけた。
もちろんEL管なので、LEDで光らせるチューブと違い、チューブ全体が光る。
サインボードみたいなものが作れそうなので、とりあえず 4つ程買ってみた。
7種類ほどの色が選べたのだが、なぜか赤と緑のみ安かったので、とりあえずこの2色を選んだ。


141119_214113.jpg
届いたのがこれ。
直径 2mm程度のチューブと、写真には無いが、単三乾電池2本で駆動するコントローラーが付属する。




141119_214221.jpg
まずは緑のチューブに通電。
うん、きれいに光ってる。
コントローラーからは、昇圧回路のキーーーーンと言うノイズが小さく聞こえてくる。




141119_214243.jpg
続いて赤のチューブに通電。
緑に比べると、若干暗く見えるが、まあ、こんなもんか。




141119_214434.jpg
という事で、早速製作開始。
手持ちのボードが半透明のアクリル板しか無かったので、とりあえずこれを使っていく。




141119_232420.jpg
まずはどんなデザインにするか、下書きをしてみる。
試行錯誤の結果、こんな感じに。

ちなみに、『下町リムジン!?、なんだそれ?』 という感じだろうが、最近知り合ったハイエース乗りで、ハイエースを下町リムジン風に改造している方がいて、その方向けに作ってみたと言うわけ。




141119_232643.jpg
上に光らせたEL管を重ねてイメージを膨らます。




141120_221101.jpg
続いてEL管をアクリル板の上にホットボンドで固定していく。
ホットボンドはダイソーで売ってる 100円のグルーガンを使用。
業務用の大きいグルーガンも持っているが、ダイソーとかで売ってる小さいものの方が作業性が断然良い。




141120_221111.jpg
EL管を通すための穴はリューターにドリル歯をつけて開けたのだが、アクリルのカスがパラパラと出るので、難儀する。
発泡性のボードを利用したほうが良さそうだ。




141120_222656.jpg
チューブを途切れさせたい所は、アクリル板の裏を通した。
今回は半透明の物を使用したので光が透けないようにマスキングしたが、発泡ボードを使用すればマスキングもいらなくなる。




141120_223853.jpg
という事で、赤のチューブは完成。
余ったチューブはもったいないけど切断。

電極を配線すれば再度つなぐことも可能だが、同軸の配線は細く、つなぐのは恐ろしく大変だ。




141120_224042.jpg
次に緑色のチューブを固定していく。




141120_230827.jpg
先ほどと同様に、ホットボンドにて固定。




141120_230844.jpg
チューブ自体はそんなにやわらかいわけでもないので結構大変。
ラジオペンチで曲げながら固定していくのだが、曲げすぎると断線やショートの危険もある。
作り終わってから思ったことだが、極力曲げなくて良いデザインにするか、穴を多用して裏を回したほうが簡単かも。




141120_232636.jpg
半ば投げやりになりながらも、作業は進む(・ω・)




141120_235313.jpg
ホットボンドのカスが残ったままだが、取り合えず完成。
明るいところでは、かなりしょぼいな・・・。




141120_235444.jpg
でも、部屋を暗くして点灯させると、アラが見えなくて、まあまあいい感じに。
今回の制作で、だいぶコツをつかんだので、次回作は完成度飛躍的にアップ!!!のはず(^^)/
ちなみに今回は、2.7mの EL管 2セットで十分足りました。
てか、結構余らせてもったいない(・ω・)





電池ボックス兼、コントローラーのスイッチを押すと、各色 (といっても今回は 2色だが)点滅具合が変わります!

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/271-18af1e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ