Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 千葉県八幡岬にある穴に潜って来た  2015-01-27

千葉県の外房にある八幡岬。
その漁港の一角になにやら穴が開いているというので早速見に行って来た。


150125_120602.jpg
漁港の片隅に車を駐める。
向こうに見えている山に穴はあるらしい。




150125_120822.jpg
山に向かって歩いて行くと、海に面して大きく開口している。
壕口の前には土砂が堆積していた。
不法投棄厳禁の看板も立っている。




150125_120959.jpg
ということで、早速内部へと入る。




150125_121039.jpg
内部は高さが350cm程度あり、思っていたよりも広い。
でも、残念ながら一本坑かー。

とりあえず、奥へと進んでいくと・・・。




150125_121341.jpg
一本坑と思っていたが、突き当たりにはまさかの横坑が。
左右に横坑があるので、まずは右側へ行ってみよう。




150125_121402.jpg
狭い横坑を奥へと進んでいく。




150125_121413.jpg
前方に何か見えてきた。
大きな坑道に接続しているようだ。




150125_121433.jpg
今度の壕は更に大きな横坑が掘られていた。




150125_121527.jpg
でもこれは行き止まりとなっているので、倉庫壕かな。




150125_121520.jpg
本坑を奥へと進んでいくと、分岐が!!
前方は大きく開口していた物を埋めているようなので、左側へと行ってみる。




150125_121535.jpg
先ほどと同じような作りだが、奥に小さな通路が掘られている。




150125_121549.jpg
高さは 150-160cm程度か。
腰をかがめていないと、頭をぶつけそうだ。
幅も狭く、両肩が擦りそうだ。




150125_121556.jpg
この先はどこに続いてるんだろう。
どんどん奥へ行くが、予想以上に深い。




150125_121609.jpg
空気の流れを全く感じない。
おそらくこの先は閉塞しているのだろう。




150125_121628.jpg
予想通り、最後は土砂で埋まっていた。
土砂の入り方を見ると、崩落では無く外から埋め戻されているのだろう。




150125_121628b.jpg
向きを変え、狭い通路を戻っていく。
むー、狭い・・・。




150125_121803.jpg
そして、大きな坑道の一番奥。
埋め戻す際に、最後に隙間からバケツを放り込んだのかな。
ライトを消すと完全な闇となっていたので、隙間は全く無さそうだ。




150125_121832.jpg
これ以上は奥が無いので、最初の壕へ戻ることに。




150125_122416.jpg
戻りながらふと天井を見ると、支保工の跡だろうか、幾本もの筋が掘られていた。




150125_122602.jpg
天井の丸みに合わせて支保工があったのか?
現役時代の構造が気になる・・・。




150125_122907.jpg
そして、進入した壕の突き当たりの横坑を左に行った先にも、同様の大きな壕があった。




150125_122925.jpg
こちらの壕の奥にある壕口も塞がれているようだ。




150125_123358.jpg
ここがその反対側かな。




150125_123503.jpg
その後も周辺をガサゴソしたが、他に壕口は見つけられなかった。




150125_124451.jpg
せっかくなので小高い山の上にある神社を見に行く事にした。
ここは津波の避難地となっているようだ。




150125_125820.jpg
上へと登っていく。
眼下に町を見下ろせる、素晴らしい眺望だ。




150125_125838.jpg
そして山肌に、なんか穴が!!
ま、この高さに掘られている壕だから広いわけないか。




150125_125910.jpg
内部はごく狭い空間が。
きれいに掘られているけど、ただの倉庫かな。




150125_125930.jpg
似た作りの穴が隣にもあり、こちらは狐が祀られていた。




150125_130003.jpg
しかも、妙にかわいい(*´ω`*)




150125_130055.jpg
その後も周辺を見て回っていると・・・。




150125_130526.jpg
なにやら山の上に向かって踏み跡が伸びている。
これは何かあるか!?




150125_130639.jpg
踏み跡を登り切ると、頂上付近には、鉄パイプで櫓が組まれており、下に向かってロープが垂れ下がっていた。
うん、ただの降下訓練用か。




150125_131016.jpg
下に降りてみると、擁壁工事の作業用ロープだったようだ。
てか、けっこう高さがある現場なのに足場組まないの?
と思ったが、家に接してるパイプがもしかして足場!?




150125_131922.jpg
さらにうろうろしていると、またまた壕口発見。
こんな高い位置になんだろう。




150125_132226.jpg
内部は部屋のような作りとなっていた。




150125_132242.jpg
法面側にはなにやら穴が開いている。
銃眼じゃないだろうから、もしかして煙突用の穴か?




150125_132246.jpg
それほど広くない壕内を進む。




150125_132303.jpg
すると、別の場所にも先ほどと同様の穴が。
なんだこれ。




150125_133539.jpg
ということで、八幡岬周辺の探索終了。

ちなみに先ほど眼下に見えていた街並みだが、半数が空き家となっているそうだ。
散歩中の地元のおばあさんの話によると、2011年の震災の際は、津波がこの集落まで来たそうだ。




150125_133635.jpg
歴史のある建造物も多そうなので、このまま朽ちていくのはもったいないな。




関連記事

コメント

お疲れ様でした

なかなか楽しめましたね!
次の車記事は、ウインチ搭載ですね。

  • 2015/01/27(火) 21:30:15 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

うん(笑)
ウインチとスコップはこれからの探索には必須ですね!!

2015年始動ですか!
両肩摺りそうな所とかゾクゾクします!(行きたい) 支保工の跡も素晴らしい (*^.^*)
上部の壕は古墳みたいですね。

  • 2015/01/27(火) 23:10:12 |
  • URL |
  • 空母欲奈 #xfUvgwh.
  • [ 編集 ]

>> 空母氏

今年もいろいろと潜りまくるよ!
大井海軍壕のマッピングもしたいよねー。
あの谷には他にも壕があるような気がするし、是非再訪したいです。

  • 2015/01/28(水) 11:38:35 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/279-73e3af27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ