Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 茂原海軍航空隊 長尾地下壕と腰当地下壕潜って来た  2015-03-13

千葉県は茂原市にある長尾地下壕に行って来た
翌日は別の探索があったため、深夜の探索だ。


150307_232742.jpg
深夜 0時近く。
クルマを駐め、長尾地下壕の壕口へと進んで行く。
途中、いかにも千葉県らしいトンネルが。




150307_232952.jpg
トンネルを抜け振り向くと、以前はトンネルでは無く掘り割りだったのだろう、トンネル上部に凹みがあった。




150307_233124.jpg
トンネルを抜けた先の森へと入っていく。
この先に壕口があるはずだ。




150307_233257.jpg
しばらく進むとすぐに壕口を発見。
早速進入する。




150307_233514.jpg
どんどんと奥へと進むと、変な形の接続部が。




150307_233547.jpg
その先の接続部も同様の形となっている。
しかも、かなり丁寧な掘削だ。




150307_234158.jpg
外に開口しているようだが、そこにある階段(?)は1m以上の段差が。
どういう事これ?




150307_234257.jpg
どんどんと奥へ進んでいく。
天井部分が崩落している。




150307_235036.jpg
また、妙にきれいに掘削されている接続部。
ここは第二次世界大戦時に掘削された海軍の壕だが、掘削のこだわりがすごい。




150307_235109.jpg
小学校の裏山にあるこの壕だが、奥へ行くとゴミもほとんど無い。
小学生の遊び場になってはいないようだ。




150307_235223.jpg
作りはそれほど複雑では無いが、深さはけっこうある。




150307_235244.jpg
風が抜けているので行ってみる。




150307_235337.jpg
空き地に開口している坑道には、壁面に凸凹が彫り込まれていた。




150307_235735.jpg
再び内部へ戻る。
三叉路に出た。
まずは左側へと進む。




150307_235812.jpg
そこは小部屋となっている。
崩落していないようだが、壕床には土砂が残されている。

その奥に、ごく小さい通路が。




150307_235855.jpg
近付いてみると、急な階段が。




150307_235932.jpg
階段は途中から、はしごかと思われるほどに急になっていた。
同時に上方からロープが垂れ下がっているのに気づく。




150308_000025.jpg
別の探索者が残したと思われるロープにつかまりながら登っていったが、ふり返るとちょっとヤバイほどの高さと角度に。
開口部はすぐ上に見えていたが、びびって下ってしまった(*´д`*)

その隣の部屋にも同様の階段が掘削されていたが、こちらはこの階段よりかはマシな角度で上方へ登っていた。




150308_001256.jpg
更に奥へと進む。
時期によっては水没しているらしく、ビールケースにより橋が架けられていた。




150308_001637.jpg
この壕には開口部が多い。




150308_001703.jpg
一通り全ての壕を回ったので、戻りはじめる。




150308_002156.jpg
しかしきれいな掘削だ。
何かに再利用できそうなのにもったいない。




150308_002921.jpg
さっきまで霧雨が降っていたが、止んだようだ。
森をガサゴソし、クルマに戻ってコンビニへ。
やたら駐車場の広いセブンイレブンで車中泊して乾杯~(^O^)!




_nagao_inside.jpg
ちなみに内部構造はこんな感じ。
今回は右下の壕口から入りました。




150308_090055.jpg
翌日は、この日お初の祐実総軍三等兵さんと落ち合い、 茂原海軍航空隊の腰当地下壕を案内してもらった。
この壕は戦時中に病院として使われていたらしい。




150308_090056.jpg
壕口に向かい、斜面を登る。




150308_090214.jpg
そして早速壕口に潜り込む。




150308_090837.jpg
内部には広く長い坑道が続いている。
総延長は600m程度だが、それ以上に長く感じる。




150308_090916.jpg
車を駐めたお寺の裏に開口している壕口だが、隙間は30cm程度ととても狭い。




150308_091204.jpg
茂原海軍航空隊の壕は、とにかく掘削がきれい。
このように交差部分もきっちりと掘削してある。




150308_091232.jpg
基本的に長い本坑から枝坑が左右に伸びている単純な構造なので、この壕も迷う心配は全く無い。




150308_091756.jpg
一部の坑道は斜坑となっており、民家裏の開口部に向かい結構な斜度が続いている。




150308_091327.jpg
崩落しているわけでも無いのに壕床が凸凹している箇所もある。




150308_091453.jpg
この付近は地盤が悪いらしく、盛大に天井が剥がれ落ちている。
ヘルメットをかぶっていてもちょっと危険そうだ。




150308_091535.jpg
天井部分に凹みが。
壕によってはこのような彫り込みに煙突を通していたり配線を通していたりするのだが・・・。




150308_091539.jpg
このガレを見る限り、ただの崩落のようだ。




150308_091932.jpg
斜坑を下りきった民家裏の開口部付近には、排水溝が切られていた。




150308_092037.jpg
そして、ちょっとだけ外に出てみる。
完全に人の家の庭に出てしまった。
壕口付近は倉庫として利用しているようだ。




150308_092048.jpg
一番奥(西側)の枝坑は、壕口に向かって水没していた。
水深はそれほど深くはなかったが、長靴だとちょっときついくらい。
ウェーダーなら楽勝といった感じか。




150308_092231.jpg
しかし、幅 2.5m程度の坑道のみの壕が、本当に病院として使用されていたのだろうか。
ちょっと疑問が残る。




150308_092801.jpg
ということで、この壕を撤収し、午後からは東金周辺の洞窟陣地に潜る事にした。




150308_093635.jpg
ということで、次回に続きます。


関連記事

コメント

いや~綺麗な壕ですねぇ。館山の壕も綺麗でしたけど、海軍はこだわりがあるんでしょうか。

  • 2015/03/13(金) 00:43:37 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

>> Kei さん

ほんと、丁寧な掘削に圧倒されるくらいのきれいな壕でした。
海軍の壕は規模が大きい物が多いですが、急造の物でも丁寧に掘られている物が多いですよね。
山中にひっそりと眠っているのがもったいないくらいです。

お疲れ様でした!

当日は、お疲れ様でした~!

帰りも、ほぼ家横付けしていただき
大助かりでした(^^ゞ

今度、一宮連れていってください!

  • 2015/03/13(金) 07:52:21 |
  • URL |
  • 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s
  • [ 編集 ]

>> 祐実総軍三等兵 さん

 お疲れ様ですー!
 こちらこそ、ご案内頂きありがとうございました。
 千葉方面は房総の一部と館山以外はほとんど回っていないので、今後は茂原一宮あたりを集中的に調べたいですね!
 一宮方面に行く際はお声掛けしますので、是非一緒に回りましょう。
 ちょっとびっくりするくらいにきれいに保たれた洞窟陣地とか、見どころ満載です(^^)/

  • 2015/03/13(金) 09:47:41 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

でっかい階段いいですね~幅狭な階段もあるし何て素敵なところでしょう! 
千葉っていい所いっぱいですねε-(´∀`*)

  • 2015/03/13(金) 20:07:38 |
  • URL |
  • 空母欲奈 #-
  • [ 編集 ]

>> 空母欲奈 さん

千葉はなにげに良質の地下壕多いですねー。
階段があるところもたくさんあるし、掘削も丁寧だし。
静岡からはちょっと距離があるけど、千葉方面もそのうちご一緒しましょ。

1m以上の段差がある開口部は出入口で無く、機銃座でしょうね。軽機関銃か重機関銃を据えて、海岸に上陸してくる敵軍の正面又は内陸部へ進行しだした敵軍の後側面に射撃する予定だったのでしょう。急な階段は観測用かな。

  • 2015/03/14(土) 10:17:46 |
  • URL |
  • おろろn #eAjdDaAA
  • [ 編集 ]

>> おろろn さん

大きな段差のある開口部ですが、機銃座のようにも見えますが、大きさ的にもっとかなり大きい物でした。
というより、どういう訳か、開口部は海と逆側の森に向かっていました。
段数を増やして階段にするにしても急すぎるし、ちょっと用途に疑問が残りますねー。
機銃座という仮設ももちろん捨てきれませんが。

当日は天気の悪い中、お疲れ様でした。
また、東金に行かなければ!

  • 2015/03/14(土) 12:47:16 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

>> yakumo さん

まあ、どしゃ降りじゃなかったんでヨシとしましょ(^^)ノ
東金と一宮周辺は、細かく調べていけば、まだまだいろいろな遺構が残ってそうですね。
また行きましょう!

だとすれば内陸へ進行中の敵軍の背後から他の陣地と呼応して射撃を加える為のモノかもしれません。純粋に自陣地防衛用かもしれませんが。
海軍陣地なので艦艇から下した13mm機銃用の可能性も。何れにせよ弾帯の無い日本軍の場合銃の傍に弾薬手の動けるスペースが要りそうです。

  • 2015/03/14(土) 21:42:03 |
  • URL |
  • おろろn #-
  • [ 編集 ]

なるほど、なかなか鋭い考察ですねー。
この付近には、そのような陣地がたくさん構築されているので、可能性は大きいかも!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/287-7fa78846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ