Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

沼津市興国寺城跡にある謎の穴  2015-06-04

静岡県沼津市にある興国寺城跡。
そこに変な穴が開いているというので見に行ってみた。


_150531_150935.jpg
この森の中にその穴は開いているという。




_150531_151021.jpg
森の中へ入っていくと、そこには掘り割りの道が続いていた。
そして・・・。




_150531_151132.jpg
そのすぐ先には確かに謎の穴が口を開けていた。
写真では2つ並んでいるが、実はこの左手にも同様にもう一つ開いていたので、3つの穴が並んでいることになる。




_150531_151150.jpg
穴の大きさは、1mちょっと。
中をのぞき込んでみると、どうやら奥へと穴は続いている様子。




_150531_151246.jpg
ということで、早速入ってみた。




_150531_151421.jpg
入ってすぐ後ろをふり返る。
穴の内部は完全な土だったが、地質は割と安定しているようだ。




_150531_151436.jpg
しかし、内部は残念ながらそれほど深いわけでは無いようだ。
構造は、カタカナの『ヨ』の形で掘られている。
防空壕のような作りではあるが、場所的にちょっと考えにくい。




_150531_151528.jpg
2つめと3つめの壕口へ続く通路も、1つめと似たような作りだった。




_150531_151532.jpg
奥に進むと穴の高さは多少上がったものの、辛うじて立って歩ける程度。




_150531_151610.jpg
地質が完全に土なので、ノミでは無くクワで掘ったのだろう。
幅の広い掘り跡が随所で見られた。




_150531_151631.jpg
壕内に、なにか文字盤のようなものを見つけたが、判読出来なかった。
そもそも、文字盤では無いのかもしれない。




_150531_151749.jpg
ということで、あっという間に探索終了。
うーん、用途も掘られた時期も何も分からん(*´д`*)




_150531_152451.jpg
この穴のある位置が、興国寺城の掘りの内部にあることから、お城に関係のある遺構かもしれない。




_150531_153115.jpg
穴はいまひとつだったが、興国寺城の掘りから続く掘り割りが新緑に映え、とてもきれいだった。



関連記事

コメント

なんでしょうねぇ。ヨの字なら倉庫とも考えにくいですし。
終戦が近づいたとき「なんか本土も危ないらしいよ。防空壕掘っておいた方がいいんじゃね?」という雰囲気で掘ったものかも。

  • 2015/06/04(木) 19:19:26 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
なにかクイズ番組みたいです(笑)
解答者ひできは、「背後から敵兵を攻めるための隠れ穴」
と思います(笑)

>> KEI さん

たしかに、クワでサクサクと掘ったような壕でした(笑)
掘り方からしても、民間のものでしょうね。

>> ひでき さん

当時の状態は分かりませんが、掘り割り部分からあまりに目立った壕口でした。
これだと、攻める前にやられちゃいそう(*´д`*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/298-1b078720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ