Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

毛無峠を見に行ってみた  2016-05-07

群馬県と長野県の県境にある毛無峠を見に行ってみた。
ここは、『この先群馬県 危険 立ち入り禁止』の看板で有名!?な場所である。


_160501_122627.jpg
万座温泉へ向かい、国道292号線を進んで行く。




_160501_125455.jpg
このあたりは有害な火山ガスが噴出しているとかで、駐停車禁止となっているようだ。




_160501_125514.jpg
眼下に見えるのは、草津国際スキー場かな!?




_160501_130049.jpg
例年だとまだまだ雪が残っていそうなのだが、雪も少なく暖かい日が多いせいか、5月の頭でもこれだけしか残雪が無い。




_160501_130101.jpg
快適な高原道路を飛ばしていく。




_160501_130346.jpg
駐車帯にクルマを駐め、あたりをちょっと散策してみる。




_160501_130407.jpg
谷の中央になにやら遺構が見えているがなんなのだろう。
他の観光客がたくさんいるので見に行くわけにも行かないので、とっとと先へと進んでいく。




_160501_131047.jpg
山頂付近の駐車場は、火山の警戒地域と言う事で閉鎖され、まるで廃墟のようになっていた。




_160501_131049.jpg
万座温泉を抜け、しばらく進んで行くと、やがて県道大前須坂線へと辿り着いた。




_160501_131050.jpg
冬季閉鎖とは書いてあるが、まだクルマで行けるのかな!?




_160501_131051.jpg
鍵がかかっているのに鎖が弛んでいるということは、通行止め解除と言う事か!?




_160501_133630.jpg
とりあえず、どんどんと奥へとクルマを走らせる。




_160501_133729.jpg
ちらほらと残雪が道を覆い始めた。
まだスタッドレスを履いているので、このまま進んで行く。




_160501_133805.jpg
しかし、前方に見えてきた大きな右カーブを曲がり、しばらく進んで行くと・・・。




_160501_133917.jpg
ついにこれ以上進む事が出来なくなってしまった。
この場所では向きを変える事も出来ないので、仕方なく数百メートルをバックにて戻っていく。




_160501_134536.jpg
ある程度の広さがあるところでクルマを転回させ、路肩に寄せる。




_160501_140630.jpg
この先は歩いて行くしかなさそうなので、クルマを置き装備を身につけて進んで行く事にした。
ま、装備と行っても、小さな懐中電灯一本だけなのだが・・・。




_160501_140905.jpg
先ほど進めなくなった場所までやってきた。
うん、これは無理矢理進んでどうにかなるレベルじゃ無い。
見た目以上に雪が硬く、そして厚みもある。




_160501_141220.jpg
しばらく歩いて行くと、右手に林道湯沢線の終点地点が現れた。




_160501_141507.jpg
封鎖されている林道入り口付近からは、荒れた山々を見下ろす事が出来た。




_160501_142021.jpg
と、同時に落石が目立つようになり、道路状況も悪くなってきた。




_160501_142328.jpg
そのまま進んで行くと、稜線上に鉄塔が見えてきた。
峠は近そうだ。




_160501_142451.jpg
鉄塔に向かい、斜面をよじ登ってみる。
眼下には小串鉱山へと向かうつづら折りの道が見えていた。




_160501_142458.jpg
かつては鉱山で採掘した硫黄を群馬県側から長野県側へと運ぶために牽かれていた索道の鉄塔だけが、強風の中立っている。

写真からは全く伝わらないだろうが、立っているのも困難なほどに風が強い。




_160501_142517.jpg
役目を終え、ただ強風に晒されているだけの鉄塔だが、その姿はとても凛々しく見えた。




_160501_143158.jpg
いつの日か、腐食して土へと還ってしまうのだろう。
それとも、人為的に破壊されてしまうのが先なのだろうか。




_160501_143325.jpg
鉄塔から再び斜面を下って、道路へと戻ってきた。
ここは長野県と群馬県の県境だ。

遭難多発区域と書いてあるが、これは鉱山方面では無く、ここから入山する登山道の事だろうか。




_160501_143735.jpg
立ち入り禁止の標識の先には、荒廃した道が続いている。




_160501_144317.jpg
せっかくなので、ちょっとだけ群馬県側に下ってみる事にした。




_160501_144345.jpg
見上げると、斜面の途中に巨大な岩が・・・。




_160501_144454.jpg
あんなのが落ちてきたらひとたまりもないな(((;゚Д゚)))




_160501_144457.jpg
今来た道を振り返る。
近代的な観測所が建てられていた。




_160501_144507.jpg
時間的にも鉱山を回る事は出来なそうなので、つづら折りのあたりまでだけ行ってみる事にした。
あそこまでなら 1キロも無いだろう。




_160501_145250.jpg
やがて、つづら折りの道の真上まで辿り着いた。
遠くに小串鉱山跡が小さく見えている。

聞くところによると、鉱山施設の一部が残っているそうだ。
こちらも時間を作って見に行ってみたい。




_160501_145505.jpg
時刻はまだ3時を回ったばかりだが、急激に辺りが暗くなってきた。
このあたりは天候が急変する事が多いと言う事なので、そろそろクルマに戻る事にした。




_160501_150959.jpg
思いの外下ってきているらしく、延々と上り坂が続く。
クルマはあの頂きの向こう側だ・・・(*´д`*)




_160501_152104.jpg
下っているときには気がつかなかったが稜線付近に立派な石垣が見受けられた。




_160501_152800.jpg
不安定そうに見える大岩近くまで戻ってきた。
あの岩はどこからやってきたんだ!?




_160501_153105.jpg
やっと県境まで戻ってきた。
ここからは、わりと平坦な道が続く。




_160501_153659.jpg
途中の残雪さえ無ければ、この場所まで車で来る事が出来そうだ。




_160501_153941.jpg
ただ、落石が多いので、鋭利な石を踏んづけるとパンクしちゃいそうだ。




_160501_155143.jpg
先ほどの残雪まで戻ってくると、真新しい轍が(*´д`*)
誰か、無理矢理越えようとしたのかな!?
でも、チェーンはいててもこれはムリでしょ、この先の角度的にも。
クルマの腹がついちゃったら、雪が溶けるまで脱出不能になっちゃうよ(^_^;




_160501_155452.jpg
やっとクルマが見えてきた。




_160501_160310.jpg
クルマに戻り、とりあえずコーヒー飲んで一休み。
次回は時間もたっぷりと余裕を持ち鉱山まで見に行ってみよう。




_160501_161507.jpg
クルマに乗り込むと、ペヤングが破裂しそうにパンパンになっていた。
そりゃそうだ。ここは標高 2000m付近だ。




_160501_161539.jpg
帰りは、万座ハイウェイを抜けて帰る事に。
ゴールデンウィークまっただ中だけど、そんなに混んでないでしょ。




_160501_201104.jpg
と思ったのだが、関越道は数十キロの大渋滞。
そんなのに巻き込まれるくらいならと、碓井峠を越えて、国道254号線ですいすいと帰宅しました。

この続きは、小串鉱山訪問後にまた(*´w`*)

小串鉱山跡に行ってきました
関連記事

コメント

初めまして

検索でたどり着きました(*´ω`*)
私もGWに毛無峠に行ったのですが、通行止めで入る事ができず泣く泣く諦めました…
チェーン降りてたんですねぇ。私が行ったのは2日だったのですが、しっかりチェーンは張ってありました。
バイクの人はチェーン潜って進んでたけど・・・
あの先には雪があった事にビックリ。
通行止めが悔しくて、すごく気になっていたので記事を見てちょっとすっきりしました(*´ω`*)

  • 2016/05/07(土) 14:03:03 |
  • URL |
  • snow #EvmDRqhQ
  • [ 編集 ]

snowさん、はじめまして!
自分は5月1日の探索でしたが、たまたまなのか鎖は開いてましたねー。
もう少しで雪も無くなりそうなので、車に自転車しょって再訪しようと思ってます(^^)/
今後ともよろしくですよー(๑′ᴗ‵๑)

  • 2016/05/07(土) 14:12:38 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

穴は無いけどオフですなオフ!

  • 2016/05/07(土) 20:46:04 |
  • URL |
  • おろろn #-
  • [ 編集 ]

こんばんは
幾分、広くなったとは言え、よくUターンが出来ましたね|
自分は以前に旧天城峠でUターンしようと落ち葉の上で亀になりそうになりました(笑)

  • 2016/05/07(土) 21:09:04 |
  • URL |
  • ひでき #utAfnYlw
  • [ 編集 ]

良いところですね

こちらは遺構が少なくて寂しいです。
グンマー危険の看板はコラだと思っていたのですが本当にあるのですね(笑)

  • 2016/05/07(土) 21:13:20 |
  • URL |
  • Hans #OARS9n6I
  • [ 編集 ]

>> おろろん さん

実は穴もあるんですよ(*´w`*)
しかも、かなりの穴が・・・。
でも、鉱山はレベル高いので、入れませんでした(*´д`*)

  • 2016/05/08(日) 22:29:23 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

>> ひでき さん

ハイエースはハンドルの切れ角が大きいので、車長+50cm 程度あれば転回できるんです。
据え切りをひたすら何度も繰り返しますけど(*´д`*)
片側は崖、山側は側溝があり、かなり難儀しました(^_^;

  • 2016/05/08(日) 22:33:27 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

>> Hans さん

あの看板は自分もコラだと思ってました。
看板は世に出回っている写真よりも、だいぶ色褪せてしまってたので、そのうち文字も無くなってしまうのかも。
なかなかインパクトのある看板なので、修復して欲しいものです。

  • 2016/05/08(日) 22:35:59 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

あっ! 鉱山穴はパス!
Dead直行のクリティカルヒットなトラップだらけだからヤダ(笑)

  • 2016/05/09(月) 22:26:14 |
  • URL |
  • おろろn #-
  • [ 編集 ]

自分も廃鉱山跡の穴はちょっとパスですな(^^;
縦穴だけじゃ無く、有毒ガス等、トラップが多すぎる・・・。
階層構造も半端ないし、経験者というか、鉱山探索のエキスパートさんと一緒じゃ無いと潜れる気がしないです。
地上の遺構探索くらいにしておくつもりですよ♡

  • 2016/05/09(月) 23:28:59 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/328-1f076a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ