Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのリアにセカンドテーブルを取り付けてみた  2016-05-09

ハイエースのリアシートには以前、セカンドテーブルを取り付けていたのだが、足元にラックを組んでしまいテーブルが付かなくなってしまったので、取り外したテーブルは足を切断して他に流用していた。
今回、そのテーブルをラックの上に組み直してみた。


_160424_125232.jpg
リアテーブルを組み直そうと、工具箱を引っ張り出す。
以前作成したトレイ は非常に便利なのだが、工具の重量がかなりあるので、引き出すのが重たすぎる。




_160424_131405.jpg
ついでなので、先にトレイにキャスターを組み付けることにした。




_160424_131445.jpg
トレイにドリルで穴を開けて・・・。




_160424_131506.jpg
適当にアルミプレートを切断したものに穴を開けトレイを挟み込んで補強する。




_160424_133547.jpg
アルミプレートとキャスターをねじ止めし、こんな感じで四隅にキャスターを取り付けてみた。




_160424_133628.jpg
これで引き出すのも楽々となった。




_160424_140559.jpg
当初、中央付近にもキャスターを取り付けるつもりでいたが、4個で充分に引き出しやすくなったので、これにて完成。




_160424_221553.jpg
そして、本題のリアテーブル。
テーブル自体は運転席後ろの保護棒に乗せる作りとなっている。
もともとがハイエース用として販売されていたものであるが、リアシート前部に伸びていた足を切断してしまっている。
足元にスピーカー付きのラックを取り付けてしまったのでそのまま取り付けることが出来なくなり、他でテーブルを流用していたのだ。

ハイエースの保護棒は回転しない構造なので、保護棒とテーブルをしっかりと固定すれば足を取り付けなくてもテーブルが回転することもなく固定できるかもと考えていたのだが、体重をかけるとそこまでの強度はなさそうだ。
運転席と後部座席を、テーブルをまたいで行き来することもあるので、足も取り付けることにした。




_160424_224854.jpg
ホームセンターでステンレスのパイプを買ってきて、長さを合わせ切断する。




_160424_231035.jpg
後は、上下に固定するだけ。
強度的にもかなりの強さがありそうで、天板に体重をかけてもびくともしない。
これはいい。




_160424_232639.jpg
でも、ステンレスのパイプがやけに目立ってかっこ悪い(^_^;




_160426_203822.jpg
続いて、天板の下に車中泊時に使用するミニアンプ等の機材を入れる場所を作る。

100円ショップで買ってきた安っぽい板に・・・。




_160426_203844.jpg
カッティングシートを貼りこんでいく。




_160426_205127.jpg
100円ショップの板が、あっという間にちょっと高級そうな板になった。




_160426_205131.jpg
見えないところはこんなんだけど・・・(^_^;




_160426_205758.jpg
出来上がった板を、天板の下に固定する。




_160426_210155.jpg
固定するのも、100円ショップで買ってきた金具を・・・。




_160426_212055.jpg
このように固定し・・・。




_160426_214202.jpg
これまた100円ショップで買ってきた端切れ木片にカッティングシートを巻き・・・。




_160426_214628.jpg
最後に適当に高さを合わせてねじ止めした。
テーブル下の段差を埋めるために用意した端切れの木片だが、せっかくカッティングシートを巻いたのに、全く見えなくて意味なかった(^^;




_160426_222619.jpg
配線を整理し、見た目の悪い部分を適当にラバーシートやカッティングシートで覆っていく。




_160429_234752.jpg
ステンレスむき出しだった足の部分には、黒のカーボンシートを巻いてみた。

うん、だんだん見栄えが良くなってきた。




_160507_194845.jpg
テーブルの下には、引き出すことが出来るミニテーブルを作成してみることに。
ホームセンターでいろいろと物色している際に、スライドレールとか言うものを見つけたので、使ってみたかったのだ。
ある程度の重量に耐えられるように、かなり頑丈な板で作成する事にした。




_160507_194905.jpg
粘着付きの黒い皮シートを板に張り込んでいく。




_160507_194925.jpg
相変わらず、見えない裏の部分はこんなだけど・・・。
ここは車外からテーブル下を覗き込めば丸見えの場所だ。
きれいに仕上げたいから、後でこの部分にモケットのシートでも貼りつけようかな。




_160507_194933.jpg
ま、とりあえず、きれいに貼れた。




_160507_195624.jpg
続いて、スライドレールに金具を留めていく。
天板に固定するのでなければ、この金具は不要だが、今回は、上から釣る形にしたのだ。




_160507_200133.jpg
そして、組み立てたこのスライドレールを・・・。




_160507_200726.jpg
板の両端に固定する。




_160507_201503.jpg
あとは、天板の裏にねじ止めするだけだ。
スライドレールって、初めて買ってみたけど、いろいろと使えそう!!




_160507_203450.jpg
天板の下から軽い力で引き出せてかっこいい!




_160507_203515.jpg
でも、閉じるのはこのように指で押すだけで簡単なのだが、取っ手がないので引き出すのに コツ が必要だ。




_160507_211128.jpg
そこで、引き出しの前面に両面テープを貼り、アルミの板を切断加工して貼り付けた。




_160507_213454.jpg
アルミの板の下側が板の下部より 5mm程度はみ出ているので、閉じたこの状態から・・・。




_160507_213504.jpg
手をかけて簡単に引き出せるように!
しかも、高級感が増した(*^^*)
閉じきった際には適度な抵抗があり、走行中に勝手に飛び出てしまうこともなさそうだ。
かなりかっちりと取り付けられているので、ある程度の重量も問題無さそう。
めちゃ満足!!




_160507_220910.jpg
余ったアルミの板はこのように両側に穴を開け・・・。




_160507_221031.jpg
硬質のゴムを切断し・・・。




_160507_221245.jpg
こんな物を準備する。




_160507_221337.jpg
アルミの両端に硬質のゴムを挟み込んで・・・。




_160507_221636.jpg
テーブルの前部にビス止めする。
これだけで、トランシーバーを引っかけたり、フック付きの小物入れを引っかけたり出来るようになる。
荷室にも同様の物を取り付けてあるが、これが思いのほか便利。




_160507_221700.jpg
エル字のひんじを板に取り付けておけば・・・。




_160507_221712.jpg
このように、板を連結することもできる。
しかも、なかなかの強度もある。
工夫次第でいろいろと活用できるので、これはホント、お勧め!

関連記事

コメント

こんばんは。
アイデア満載ですね!
100円ショップの板やL金具を見かけるのですが、意外と使えそうですね。
(^^
今度、買ってみます。

  • 2016/05/09(月) 21:51:11 |
  • URL |
  • ひでき #utAfnYlw
  • [ 編集 ]

100円ショップって、一見安くてショボいものばかりのようですけど、素材として考えると安いものがたくさんありますよね。
ホームセンターだと1000円近くするアルミポールやアクリル板なども、製品加工して売ってると何故か 100円になっちゃう。
分解してパーツとして使うつもりなら、ホントにお得だと思います(*´д`*)

  • 2016/05/09(月) 23:32:03 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/329-d657bd9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ