Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

小串鉱山跡に行ってきた~前編  2016-06-14

ちょうど1ヶ月程前に 毛無峠を見に行った のだが、その際は時間の関係も有り奥まで行く事は出来なかった。
そこで今回、あの先がどうなっているのか見に行ってきた。


_160610_233925.jpg
金曜日の仕事が終わった後、下道で群馬県を目指す。
保土ヶ谷バイパスに新しく出来た 246号線を越えるオーバーパス。
新しい道は、ホント気持ちいい!!




_160611_124533.jpg
群馬県内にて車中泊し、翌日は早速毛無峠を目指す。

長野県高山村へと入った。
目的地はもうすぐだ。




_160611_124840.jpg
毛無峠に向かう道も、先月あった雪はすっかり溶けていた。
今回は峠まで車で行けちゃいそうだ。




_160611_125844.jpg
峠にある駐車場に車を駐め、水分を持ち早速準備をする。

ここから先は関係者以外立ち入り禁止なので、良識ある大人はホントは入ってはいけないのだ。




_160611_130103.jpg
ものすごいつづら折りの道を下るみたいだけど、往復 10Km程度だし、楽勝かな(`・ω・´)




_160611_133527.jpg
ガタガタの砂利道を、なんとか自転車にまたがりながら下っていく。




_160611_132313.jpg
彼方には、目的地である小串鉱山跡が白く広がっていた。

ずっと下りだと思っていたのだが、なんだかアップダウンがある・・・。
しかも、砂利で押すのも大変だ。
帰り、大丈夫かな(^_^;




_160611_134322.jpg
鉱山跡のエリアに辿り着くと、地蔵堂への案内看板が。

案内看板?
この場所って既に立ち入り禁止なんじゃ・・・!?

ま、いいか、早速行ってみる。

説明を読むと、地滑りによりこの場所で 245名の鉱山関係者や家族の方が亡くなっているという。




_160611_134403.jpg
見学自由と書かれていたので、お参りをし、お堂の中を見てみる事に。




_160611_134403b.jpg
それではお邪魔しまーす。




_160611_134403c.jpg
ん?




_160611_134425.jpg
お堂の中はとても綺麗に手入れされていた。




_160611_134542.jpg
お堂の中にあった説明書きによると、以前はこんなに荒れ果てていたものを建て直したようだ。




_160611_134728.jpg
お堂の中には落書き帳がぶら下がっていた。




_160611_134728b.jpg
そこにはたくさんのメッセージが書き込まれていた。




_160611_140448.jpg
上から見下ろす鉱山跡は、荒涼とした不毛な土地だと思い込んでいたが、この場所は緑に囲まれてとてもきれいだった。




_160611_140550.jpg
慰霊碑の近くで、当時の地図をゲット。
これを参考に先に進んで行こう。




_160611_140729.jpg
地滑りの現場にお祈りの鐘があるというので行ってみる事に。




_160611_140955.jpg
崩れ落ちた土砂の上には草が生い茂っている。
山肌に初夏の風が吹き抜ける。
ここにはとてもゆっくりした時間が流れていた。




_160611_141108.jpg
しかし、昭和12年の暮れ、確かにここで 245名の命を飲み込んだ、大規模な災害が起きたのだ。




_160611_141108b.jpg
GoogleMapの航空写真で見ると、かなりの規模の山体崩壊が見て取れる。
必死の捜索にもかかわらず、最後まで見つけられなかった行方不明者は今でもこの土砂の下に眠っている。

ちなみに、矢印の場所が現在地。




_160611_141312.jpg
崩落現場を後にして進んで行くと、大きな廃墟が森の中に見えてきた。




_160611_141525.jpg
先ほどゲットした地図によると、どうやら変電所の廃墟のようだ。
屋根は腐り落ち、壁には大きな穴が開いているが、なんとか原型を保っている。




_160611_141612.jpg
なんと、奥の部屋には当時の変電設備がそのまま残されていた。




_160611_141624.jpg
このアナログの積算計とか、もう最高。




_160611_141725.jpg
標高2000m近いこの鉱山一帯の電力をここでまかなっていたのだろう。




_160611_141846.jpg
見上げると、危ういバランスで壁がそそり立っている。
いつまでこの状態を保てるのか・・・。




_160611_142158.jpg
なかなかいい雰囲気だ。
写真の上手い人が撮ったら、凄い写真が撮れそうだな。




_160611_142256.jpg
でも、床はガレてるし、頭上も危険がいっぱいなので、早々に退散。




_160611_143221.jpg
荒れた平場を進んで行く。




_160611_143221b.jpg
当時の写真を見ると、この辺りには精錬所や関連施設が建ち並んでいたようだ。

ちなみにここ、小串鉱山では、硫黄の採掘を行っており、当時は国内最大の硫黄鉱山だったという。




_160611_143445.jpg
山肌を見上げると、なんと斜面のど真ん中に坑口がぽっかりと!!!

これは潜りに行っちゃうでしょ!!!!




_160611_143445b.jpg
いやいやいやいや、これは無理。
ガレた斜面はパラパラと崩れ落ち、とても安全に行ける気がしなかった。
さすがに今回は単独での探索だし、パスパス(^_^;

写真で見ると行けそうにも見えるけど、実際はものすごいスケール感。
あの坑口もトンネルみたいに馬鹿でかいんだよ。




_160611_143445bb.jpg
当時の写真の中央部分に煙道みたいのが写ってるけど、これと繋がってたのかな!?




_160611_143943.jpg
小高い丘のドン突きまで行ってみる。




_160611_144006.jpg
眼下にはなにやら遺構が見えている。




_160611_144028.jpg
坑道なんかも見えちゃったりしてる。

うーん、あの場所に行ってみたい。




_160611_144405.jpg
斜面はかなり崩れやすく、しかも急だったので、しばらくどうしようか悩む。
そもそもこの場所から降りちゃっていいものなのか・・・。

まあ、なんとかなるかな。
さすがにチャリはここに置いていこう。




_160611_144557.jpg
ずるずると滑りながら下まで降りてきた。

てか、これ、ここから登るの無理っぽい(*´д`*)




_160611_144716.jpg
帰り道の事は帰りに考える事にして、とりあえず遺構に向かって薮に突入!!




_160611_144759.jpg
鉱山の探索は初めてだし、施設についても全く詳しくないのだが、これがシックナーと言う奴か!?




_160611_144826.jpg
作られてからかなりの年月が過ぎている割りには、しっかりとしているな。




_160611_144841.jpg
そんなことよりさっきの坑口が気になって仕方がない。




_160611_145304.jpg
薮を抜け、坑口へと向かう。
やっぱり自分は地下の探索が一番好きなのだ。




_160611_145328.jpg
坑口の前までやってきた。




_160611_145346.jpg
うーん、奥があるような、無いような。
閉塞した地下壕の壕口特有の澱んだ感じは全くしない。
どこかに抜けているのだろうか・・・。

中腰で奥へと進んで行ってみる。




_160611_145354.jpg
しかし、先は崩落により塞がれていた。
これは人為的に塞いだものと言うより、場所的にも、自然崩落のような感じだった。




_160611_145416.jpg
坑口より這い出て、坑口上のコンクリートによじ登る。
おそらくこの奥の下辺りが崩落場所のようだ。




_160611_145444.jpg
そのまま上へ上へと登っていく。
大量のコンクリートで作られた遺構が残っている。




_160611_145513.jpg
選鉱所だろうか。
崩れていて良く分からないが、かなり大規模な施設のようだ。




_160611_145538.jpg
足下には人の頭ほどの石がゴロゴロしている。




_160611_145634.jpg
このコンクリートも絶妙なバランスで倒れずにいる。
こういうのなんか好きだな。

しばらく周辺をうろうろし、そろそろ戻り始める事にする。




_160611_145922.jpg
丘の上からこの黄色いラインで降りてきたのだが、降りてきた砂利の斜面を登るのは厳しそうなので、丘の向こう側に回り込んで行く事にした。


後半へと続きます
関連記事

コメント

言われてみれば確かにそうですが、tonotamaさんが鉱山は初というのがなんだか意外でした(゚д゚)!
戦争遺構とはまた違った地下何百メートルも続く鉱山の地底空間は魅力的ですよね!
ただ場所柄、戦争遺構より更に記事にできないようなのも多くて(´・ω・`)

  • 2016/06/14(火) 00:24:58 |
  • URL |
  • ずんだ #dvUYBDnY
  • [ 編集 ]

>> ずんだ さん

鉱山は、さすがに経験者と潜らないと本当に危なそうなんで、手を出さないようにしていました。
ま、潜ったとしても、記事に出来る物は少なそうですけどね。
ワンランク上の装備も必要そうですし(*´д`*)

今度、是非ご案内を!

  • 2016/06/14(火) 00:51:54 |
  • URL |
  • tonotama #aR0MjOyk
  • [ 編集 ]

おお!西のHENNTAI共は共で岡山・鳥取・兵庫・京都を荒らしつつ音水の林鐵を目指していた頃にまた素敵な場所を攻略してたんですね。私も同じ日に鋳鉄橋は訪れましたがすぐ上流のシックナーとインクラは時間が無かったので車窓から認めただけなのでまた行かねば。
しかし航空写真見ると恐ろしい。崩壊場所の左右に遥かにデカく「て崩れるのいつでもオッケーよ💘」な感じの崩壊しかけの地滑面が有る上にそれら自体が更に巨大な地滑面の中に有るとは・・・
再び此処に行かれる際は私めも是非

  • 2016/06/14(火) 22:20:51 |
  • URL |
  • おろろn #-
  • [ 編集 ]

> おろろn さん

西の変態さんこんにちは♬

ここ小串鉱山跡は、遺構自体はそれほど残されていないものの、とにかくすごい場所にあるので、
本当に一見の価値ありかと思いますよ(*^^*)
実は昨日休日出勤の代休を貰ったので、またここに来て見たのですが、あまりに濃い霧で5m先も
見えないような状態でした。
標高2000mという場所柄、視界の良い日ばかりじゃないというのは分りますが、ここまで酷いとは・・・。
『遭難多発地帯』の看板を見て、今までは、こんなところで遭難する奴はいないだろうと思ってましたが、
昨日の霧を見て、道を外れたら帰れないなと思っちゃいました。
天気の急変も多いらしいので、探索の際は、いろいろ注意が必要そうですな。

  • 2016/06/16(木) 11:13:11 |
  • URL |
  • tonotama #aR0MjOyk
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/334-16022c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ