Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 観音崎周辺をうろうろしてきた ~前編  2016-08-25

三浦半島の東端、東京湾の入口にある浦賀水道に面する観音崎には、数多くの軍事施設跡がある。
以前より何度か探索を行っている のだが、久しぶりに見に行ってみることにした。


_160504_082024.jpg
明け方まで降り続いた雨もやみ、早速観音崎の探索を始めることに。




_160504_082757.jpg
まずは、東京湾海上交通センターに隣接している観音崎北門第二砲台跡の掩蔽部へ。




_160504_082832.jpg
通路を進んでいくと、小部屋が二つ。
当時の扉がそのまま残されている。




_160504_082832b.jpg
小部屋から掩蔽部入口方向を見る。
入口までの距離は 10m程度しかないが、内部は真っ暗だ。




_160504_082902.jpg
小部屋の奥には窪みがある。




_160504_082907.jpg
中を覗き込んでみると、山の上部に向けて貫通しているようだ。
中央にある鉄のパイプは恐らく伝声菅だろう。




_160504_083115.jpg
この掩蔽部自体は、すぐ横にあるトンネルとつながっている。




_160504_083234.jpg
と言っても、トンネルとの接合部分はしっかりと塞がれており、通り抜けることは出来ない。




_160504_083828.jpg
トンネル側からこの部分を見ると、こんな感じだ。
上部にある通気口が気になる。
この先の掩蔽部の断面積を考えると、掩蔽部の上部に当たる位置だ。




_160504_084131.jpg
次に、山の上部を確認しに行ってみる。
一見荒れているようにも見えるが、刈り払いされていて歩きやすい。




_160504_084233.jpg
なんだかいい雰囲気の切通しを抜けると・・・。




_160504_084319.jpg
好きな人にとってはたまらない遺構が現れる。




_160504_084455.jpg
上部へ向かう階段の横には大きな掘り込みが。

まずは掘り込み方向へ行ってみる。




_160504_084604.jpg
階段の下部には掩蔽部が設けられていた。




_160504_084954.jpg
掩蔽部を出て、来た方向を振り返る。
うん、なかなかいい感じである。




_160504_090506.jpg
階段を上がって、上部を見に行ってみる。
階段に手すりが残されていること自体、非常に珍しい。
戦後の金属どろぼうにより、根こそぎ持ち去られているケースがほとんどだからだ。
また、手すりの構造自体も凝った意匠だ。




_160504_090404.jpg
階段を登りきると、観測所跡が現れた。
台座がきれいに残されている。




_160504_085658.jpg
観測所の先の藪に分け入ると、天蓋付きの通気口があった。
先ほど地下の小部屋から見上げた先が、恐らくここなのだと思う。




_160504_091301.jpg
一通り辺りを探索し、公園の遊歩道まで戻る。
左手に、防衛省施設の看板が。
既にここからは撤退しているはずだが、管理はまだしているようだ。




_160504_091537.jpg
施設の周囲には、鉄条網が張り巡らされて侵入者を拒んでいた。




_160504_103121.jpg
次に 観音崎北門第一砲台跡 に来た。
でも今回の目的はこの砲台跡上部の探索だ。




_160504_103217.jpg
登れそうな所から、上を目指していく。




_160504_103320.jpg
山に分け入ると、階段の遺構が残されていた。
これは絶対に何かある!!!




_160504_104422.jpg
それにしてもものすごい藪だ。
明け方まで降っていた雨のしずくが体にまとわりつく。
蜘蛛の巣もすごい。
この先大丈夫なのか!?




_160504_105007.jpg
方向もよく分らなくなってきた。
しかも、だいぶ下っている。




_160504_112039.jpg
どうやら、海側まで降りてきてしまったようだ。
釣り人が設置したものだろうか、ロープが各所に結ばれている。




_160504_113019.jpg
ロープを頼りに海沿いを進んで行くと、通称、観音崎聴音所と言われる施設跡が見えてきた。




_160504_113027.jpg
聴音所まで行ってみようとしたのだが、風が強く海も荒れている。
濡れることは構わないが、これはちょっと命の危険を感じる。

ここに近づくのはまたの機会にしよう。




_160504_114316.jpg
再び公園方向へ戻っていくと、平場の中に柵で囲まれた場所が。
近づいてみると、なんと『地下倉』と書いてある。




_160504_114433.jpg
柵の中には簡単に入れそうだったが、内部の藪がひどく、地下への入口の状態も分らない。
この柵の張り方から見ると、危険な穴なのかもしれない。
ここも、藪が枯れる時期に出直した方が良さそうだ。




_160504_114501.jpg
公園方向へと戻ろうとするが、こちらも防衛省の施設となっているようで、鉄条網が張られている。




_160504_115256.jpg
仕方ないので、再び公園方向へ向かい、藪へと突入する。




_160504_115818.jpg
背丈ほどの藪を抜けると…。




_160504_120552.jpg
再び公園内へと戻ることが出来た。




_160504_122131.jpg
その後、公園敷地内にある、観音崎公園パークセンターと言う所にやってきた。
ここは、当時の建屋を改築して利用しているようだが、改築していない建屋も残されていた。
なかなかいい雰囲気なのだが、工事中で遠目から見ることしかできない。




_160504_122218.jpg
こちらが改築して使用中のパークセンター。




_160504_123543.jpg
その裏手にも建屋があったが、こちらもいろいろと手を入れられているようだ。




_160504_123625.jpg
元の雰囲気を壊さないように改築しているようで、なかなか好感が持てる。




_160504_130002.jpg
その後、観音崎周辺を探索してみることになり、公園周囲を周る。
道路には、当時、軍が管理していたことを示す石柱が残されていた。




_160504_130645.jpg
再び、海沿いより藪に突入する。
情報によると、この先にすごい遺構があるらしい。
公園内の藪よりもひどく、進んでいくのに難儀する。

しかもかなりの登りで、足が滑り落ちる。

この先、本当にたどり着くことが出来るのかな・・・。

後半に続きます ← 執筆中
関連記事

コメント

今の時期の観音崎はジョロウグモがたんといそうな…大概の虫は平気ですけど、あれはダメです。(lll゚Д゚)ヒィィィィ

  • 2016/08/25(木) 20:08:46 |
  • URL |
  • Kei #-
  • [ 編集 ]

>>Kei さん

クモ自体は見かけませんでしたが、顔や手足に蜘蛛の巣がまとわりついたりしてたので、きっと、クモもいたのでしょう。
でも今回は、蜘蛛の巣よりも雨上がりで湿った薮を進むのが大変でした(*´w`*)

  • 2016/08/25(木) 23:18:06 |
  • URL |
  • tonotama #aR0MjOyk
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/346-7746011a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ