Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

スタッドレスタイヤに変えるついでに、タイヤハウス内を静音処理してみた  2016-10-07

まだまだ気温は高いのだが、そろそろスタッドレスタイヤに履き替える時期がやってきた。
横浜に雪が降るのはまだ当分先だろうが、山あいは数週間後には白くなってきている所もあるだろう。


_160515_174901.jpg
昨年まで使用していたスタッドレスは15インチのブリザックだ。
5月の下旬まで雪山に通っているので、年間の半分以上はスタッドレスを履いていることになる。
タイヤの山は 7部山程度残っているが、もう3シーズン使用しているので、今年は新しいスタッドレスを買う事にした。




_160821_171410.jpg
タイヤは、ヤフオクにてブリジストンの乗用車用スタッドレス、ブリザック VRX を格安にて買うことが出来た。
乗用車用と言っても、自分のハイエースの普段の積載量だと、荷重指数は全く問題ない。
ま、車検は通らないけどね。
(※ 荷重指数の計算さえクリアできれば、乗用車用のタイヤでも、バンの車検に合格できますが、とりあえず、普通には車検に通らないという意味です)

ホイールは昔履いていた 16インチ。
家の裏に放置して積んであったものを洗浄し、久しぶりに履くことにした。




_160821_171416.jpg
そして、とりあえず、白いペンキでホワイトレター化を・・・。




_160821_183023.jpg
文字の部分をペタペタと塗っていく。
この記事 にも書いたけど、楽してきれいに早く塗れる塗り方を会得したので、作業はさっくさくだ。




_161005_161411.jpg
そして今回、タイヤを交換するついでに、タイヤハウス内の静音化をしてみることにした。




_161005_163910.jpg
と言うのも、タイヤハウス内の騒音は、車室にかなりの影響を与えていると聞いたからだ。




_161005_163915.jpg
タイヤハウス内を覗き込むと、泥や油の汚れがびっしり。
静音や制振には、鉄材と制振素材の密着度が重要なので、まずはこの汚れを落とさないと、静音の施工をしても効果は半減だろう。




_161005_164023.jpg
パーツクリーナーをかけながら・・・。




_161005_164014.jpg
こびりついた汚れを丹念に落としていく。
かなりめんどくさいな・・・。
ショップに頼むとこの施工は 3万円程度のようだが、このめんどくささを考えると、妥当な値段なのかもしれない。




_161005_164550.jpg
やっときれいになってきた。
高圧洗浄機で洗うと、入っちゃいけない場所に水が入りそうだから使わなかったけど、今考えると、タイヤハウス内だし、問題なかったかな・・・。




_161005_164601.jpg
きれいになったところで、静音スプレーを吹いていくことに。
1缶 2000円程度と、ちょっと高価だが、一度施工してしまえばいいのでこちらも妥当な金額なのかな。

買ってから、半年ほど放置したままだったので、スプレー缶が錆びてるけど、中身には問題ないはずだ。




_161005_164620.jpg
ちょっと吹いてみる。
コールタールみたいな感じか。
けっこう厚く塗れそうだ。




_161005_164744.jpg
スプレーをたっぷり使って、フェンダー内部全体に塗りこんでいく。
使用したスプレーは、フロントに 1本、リアに 1本。
乾いては塗ってを繰り返す。




_161005_165748.jpg
ホイールを取り付けて、最後にトルクレンチで規定トルクに増し締めを・・・。




_161005_165802.jpg
うん、これで完成!
これから半年間は、これでいこう (^o^)/




_161005_174309.jpg
ちなみに気になるロードノイズだが、ちょっと信じられないくらいに減少した。
さっきまで履いていた、夏タイヤのトーヨー H20よりも断然静かなのだ。
でも、これって、乗用車用のスタッドレスだからこんなに静かなのかもしれない。
ということで、タイヤもホイールも違うので、静音の効果の判断としてはなんとも言えない感じだが、とにかくロードノイズが気にならなくなったので、結果オーライかな。 ← 適当

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/356-3cb4db41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ