Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースのDXに、S-GL用のピラー埋め込みツイーターを付けてみた  2016-10-24

ハイエースDXに、S-GLのツイーター埋め込みピラーカバーを取り付けてみた。


_161022_161021.jpg
ヤフオクで入手したピラーカバーがこちら。




_161022_162339.jpg
今付いている、DXのピラーカバーと比べると、S-GLの物は天井部分とは別パーツとなっている。




_161022_162714.jpg
でも、ボディーの形状は変わらないので、ちょっとの加工で取り付けできるはずだ。
とりあえず、純正のピラーカバーを外す。




_161022_163546.jpg
うん、基本的には形も一緒だし、DX用の物ををカットすればうまく行けそうだ。




_161022_163554.jpg
重ねてみてカットする場所を決める。
天井部分のパーツを下側に来るようにはめ込めば、仕上がりもきれいそう。




_161022_163647.jpg
とりあえず仮付けしてみる。




_161022_163834.jpg
そして、重ねり具合を考えて・・・。




_161022_164049.jpg
はさみで切断する。




_161022_164131.jpg
あとは切断したDXの天井部分パーツと、購入したSG-Lパーツををはめ込んでいく。




_161022_164336.jpg
仮付けの状態で、重なり部分を更に切断していく。




_161022_164832.jpg
カバー裏に通していた追加配線は、コルゲートチューブでまとめて天井部分に埋め込んだ。


_161022_165757.jpg
そして、天井部分のカバーを下側にして組み付ける。

うん、きれいに付いた!




_161022_172007.jpg
助手席側も同様に加工していく。




_161022_172042.jpg
ちなみに、カットしたのはマジックで線を引いたあたり。
少しだけ重なる位置でカットすれば、それほど気をつかわなくてもきれいに仕上がりそうだ。




_161022_175055.jpg
あとは、ツイーターの配線を作っていく。




_161022_175306.jpg
既存のツイーターの配線は、純正デッキからの配線なので、そちらは使用しないことにして、アンプの使用していないチャンネルから直接配線した。




_161022_211312.jpg
そして、アンプへの電源供給配線も交換してみる。
戸塚のアップガレージのジャンクコーナーで 100円で購入した、ケブラーカバー付きの電源ケーブル。
ぼろぼろだったけど、洗浄し、両端を切断し、収縮チューブを付け直して新品同様に!!




_161022_212422.jpg
その後、先日取り付けた最後尾のテーブルを付け替えることに。
テーブルの面積が小さすぎて使い勝手がいまいちだったのだ。




_161023_171032.jpg
先日作った物よりも大きい板でテーブルを作り、カッティングシートを貼り込む。
そして、上部に滑り止めのスポンジゴムをたくさん貼り付ける。
このゴムは、滑り止め効果がものすごく高い。
価格もこの量で 3000円程度と高価だったので、もったいないので隙間を空けて貼り付けた。
隙間が空くことによって、スポンジにかかる荷重も増すので、滑り止め効果もアップするはずだ。




_161023_172107.jpg
テーブルの後部側は増設した保護棒にがっちりと固定。
テーブル前部は天井のパイプよりワイヤーにて吊り下げる。

見た目はグラグラしそうなのだが、ワイヤーは上下の荷重のみを支えているので、かっちりと固定されている。
これなら走行中でも問題なさそうだ。




_161023_172500.jpg
そして、今まで取り付けていた、小さな天板。
これ、もったいないな。




_161023_172813.jpg
そこで、以前購入してそのまま倉庫で眠っていた、テーブル連結パーツを取り付けてみることに。




_161023_172825.jpg
このパーツは簡単に 3つに分割される。
真ん中のパーツを介して、両側のパーツががっちりと固定される構造だ。




_161023_172855.jpg
板にはパーツをねじ止めするだけだ。




_161023_173915.jpg
これで、板同士ががっちりと固定される。
強度はかなり高く、両側の板同士がぐらつく事は全くない。
ま、現在の取り付け方法だと、ワイヤーで吊っているので、耐荷重は 20Kg程度だけど、ちょっとした用途なら問題ないか。




_161023_173952.jpg
切り離しもものすごく簡単で、裏面のノブを引き・・・。




_161023_174031.jpg
そのまま引っ張れば・・・。




_161023_174034.jpg
この通り、簡単に分離可能だ。
こういうギミックは個人的に大好きなのだ(*´д`*)




_161023_174424.jpg
ゴムを貼り込んだテーブル(というか、荷物置き)も、滑り止め効果もものすごく高いので、この上に荷物を積んだまま走行しても、通常の走行なら荷物が落ちることもなさそうだ。




_161023_180348.jpg
という事で、この冬の車中泊は例年よりちょっと車内が広く使えるかな\(~o~)/

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/358-31789b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ