Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

1年ぶりに、八ッ場ダムの建設現場を見に行ってきた ~後編  2017-06-14

この記事は 前編 からの続きです。


_170604_142927.jpg
ダムの上流側にある不動大橋の近くにやってきた。
すると高台の代替地に真新しい神社が。
どうやら川原湯神社が移転してきているようだ。




_170604_143116.jpg
という事は、元の場所にあった神社は取り壊されてしまったのか!?
立ち入り禁止ではなさそうだったので、ちょっと見に行ってみることに。




_170604_143333.jpg
参道の石階段を登っていく。




_170604_143405.jpg
すると途中から石段が取り外されている!
これって、階段も移設したのかな。




_170604_143434.jpg
階段を登り切ってみると、やはり神社は取り壊されていた。
シャベルカーがいるところを見ると、取り壊しの最中なのだろう。




_170604_143434b.jpg
昨年訪れた際には、まだ鳥居もあったのに、石碑ごとごっそりとなくなってしまっている。




_170604_143536.jpg
社が建っていた付近には、歌が書かれた看板がぽつんと残っていた。




_170604_143553.jpg
周囲には乱積みの石垣が残っていたが、この石垣も移設するのだと思う。




_170604_143604.jpg
というのも、既にばらばらにされた石材が、整理されて並べられていたからだ。
でも、もう一度元通りに組み直すのは大変そうだ。




_170604_144058.jpg
前回訪問時にはまだ取り壊されていなかった、800年の歴史を持つ公衆浴場、王湯に行ってみた。
すると、既に建物は無くなっており、道路も閉鎖されていた。




_170604_144104.jpg
ダム本体の工事現場に近いせいか、立ち入りも厳しく制限しているようだ。




_170604_144219.jpg
王湯の浴室がむき出しになっている。
基礎は残したままだけど、このまま沈めちゃうのかな。




_170604_144430.jpg
付近には、かつて温泉街を照らしていただろう街灯が、いくつも横たわっていた。




_170604_144935.jpg
これ以上は下れなそうだったので、新しく架けられた、不動大橋へと行ってみようと、自転車を押し急坂を上っていく。




_170604_151320.jpg
不動大橋の橋上から、先ほどまでいた八ッ場大橋方面を眺めてみる。
欄干のそばに、満水時のイメージ写真が掲げられている。




_170604_151320b.jpg
満水時とはいえ、この写真を見る限りだと、かなりの部分が湖の下になってしまうようだ。




_170604_152501.jpg
橋の反対側を眺めてみる。
こちら側も大部分が水没してしまう。




_170604_152604.jpg
眼下を見下ろすと、立ち入り制限の為の柵が設置されているのが見えた。




_170604_152607.jpg
もうあの場所には行けないものと思い込んでいたが、あの場所に柵があるという事は、あそこまでは行けるという事か・・・。




_170604_153507.jpg
付け替え道路から谷へと下る道路を見つけたので、早速自転車で下っていく。




_170604_153510.jpg
結構な急坂なので、自転車だとあっという間だ。
帰りがまた大変そうだけど。




_170604_153917bbb.jpg
先ほど上から眺めていた場所に出たようだ。




_170604_155001.jpg
国道のおにぎりもまだ残っている。
まだ廃止区間にはなっていないようだが、あと数年でこの場所も湖底に沈み、二度と歩くことは出来なくなる。




_170604_155052.jpg
誰もいない国道を、上流方面に向かい自転車を走らせる。




_170604_155630.jpg
自転車を走らせていると、並走する吾妻線のトンネルが見えてきた。
路線自体はもう使われてはいないので中を見てみたかったのだが、登れそうな斜面を見つけられなかった。




_170604_160403.jpg
ダム方向を振り返る。
新しく架けられた八ッ場大橋と不動大橋。
あの橋のすぐ下まで水で満たされると言うのを想像してみる。
水量もものすごいけど、その水を溜め込み抑え込むダムの頑丈さは想像を絶する。




_170604_161103.jpg
付け替え道路である、八ッ場バイパスが見えてきた。
帰りはあの道に出てすいすいと帰ろう。




_170604_161505.jpg
車を停めてある道の駅に向かい橋を渡っていく。




_170604_161826.jpg
この橋の下も水没地区のようで、地形の改良が進められている。




_170604_162832.jpg
道の駅に戻ってきた。
日曜日だというのに、駐車場はがら空きだ。




_170604_162832b.jpg
サイクルキャリアに自転車を積み、横浜に戻ることに。




_170604_170015.jpg
406号線を南下すれば山越えをして高崎まで抜けられるようなので、帰りはこの道を選んでみた。
高崎からは 254号線ですいすいだろう。




_170604_170021.jpg
線形を見るとだいぶ険しそうな感じだったが、実際には幅員も十分で快適に走れる道だった。
信号もほとんどなく、あっという間に高崎まで行けそうだ。




_170604_190320.jpg
という事で、久しぶりの八ッ場ダムだったが、冠水前に、また行ってみようと思う。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/383-6aad3286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ