Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 多比地下軍需工場探索~後編  2017-11-09

この記事は、[戦跡] 多比地下軍需工場探索~前編 からの続きです。


B171103_135839.jpg
かなりガレた壕内を進んで行く。
そろそろ進めなくなりそうだが、まだ上部に隙間が開いている。

うん、もう少しだけ進んでみよう。




B171103_135841.jpg
隙間を乗り越え進んで行くと、また広い空間が現れた。




B171103_140041.jpg
広い空間には、背丈を超えるほどの岩がゴロゴロしている。




B171103_140043.jpg
岩から岩へと伝いながら更に奥へと進んでいく。




B171103_140055.jpg
どんどんと奥へ進んでいくが、足下も周囲も本気で危なくなってきた。




B171103_140205.jpg
まだ進める隙間はあるとはいえ、崩れたら怪我じゃ済まなそうな岩が複雑に重なり合っている。




B171103_140224.jpg
足下も、岩が崩れて足でも挟まったら自力で抜け出せなくなるかも知れない。




B171103_140406.jpg
しばらく迷ったあげく、この奥はこれ以上深追いしない事にした。




B171103_140530.jpg
今来た隙間を引き返すべく、戻る準備をする。




B171103_140614.jpg
今来た道を戻るだけとはいえ、気を抜くと岩の隙間に落ちてしまいそうだ。




B171103_140751.jpg
よくこんな所を進んできたと思えるような、超巨大な岩が積み重なっている。




B171103_140938.jpg
入り口付近まで戻ってくると、やっと天井の岩肌が見えてきた。
天井が崩落しないとは限らないので気は抜けないが、ちょっと安心だ。




B171103_141406.jpg
こんな危ない穴、さっさと抜けだそう!!!
そう思いつつ周囲を見渡していると・・・。




B171103_141459.jpg
奥の壁際に何やら階段のような物を見つけた。




B171103_141547.jpg
わお!
これはどこかに続いているぞ!!

先ほどまでの危険な状態を忘れ、引き込まれるように階段を降りてゆく。




B171103_141548.jpg
どんどんと階段を降りていく。
思ったよりも深いところまで続いているようだ。




B171103_141723.jpg
しかし降りきったところはやはり瓦礫だらけの釜の底だった。
ここからはどこにも行けなそうだ。
しかしよく見ると、巨大な岩の横に人がすり抜けられるだけの隙間が・・・。

うん、行っちゃう!?




B171103_142157.jpg
その隙間をガサゴソと抜けていくと・・・。
おお!
更なる広い空間が!!




B171103_142219.jpg
先に広がる広い空間に向かって岩を登っていく。




B171103_142239.jpg
空間自体はとても広いのだが、大きな岩が転がっているのは相変わらずだ。




B171103_142308.jpg
落差に気を付けながら、奥の方まで見に行ってみる。




B171103_142516.jpg
下を覗くとかなりの深さだ。
これは落ちたくないぞ(*´д`*)




B171103_142728.jpg
登ったり渡ったり下ったりしながら進んで行く。
完全にリアルダンジョンなのだが、めぼしいアイテムは何も見つからない。




B171103_142734.jpg
かなり奥の方まで進んできてしまった。
帰り道、道に迷ったら嫌だなあ。




B171103_142807.jpg
そんなことを考えながら更に進んで行くと、大きな窪みを囲む広い空間に出た。




B171103_143412.jpg
窪みの中をのぞき込む。
底には水が溜まっている。
無理すれば降りられそうだが、登れなくなりそうだ。
ロープは持ってきているが、ロープを安定してかけられそうな所が見当たらないので、ここに降りることは断念した。




B171103_143528.jpg
天井にはたくさんのコウモリが身体を休めている。
酸素の心配は無さそうだ。
しかし、これ以上この奥に進むことは、もはや、難しい。
今度こそ本当にここを脱出することにした。




B171103_144205.jpg
再び今来た道を戻り始める。




B171103_144452.jpg
風景が似ていてなんだか迷いそうだ。
たしか、あの上の隙間を越えてきたはず・・・。




B171103_144536.jpg
あ、なんか見覚えのある場所だ。
この先の岩の隙間を抜けたら、階段のあった辺りのはずだ。




B171103_144707.jpg
あった!
あの隙間だ。




B171103_144940.jpg
階段を上がり、天井の低い坑道を進んで行くと、やっと、進入した坑口が見えてきた。

良かった、助かった(*´д`*)




B171103_145639.jpg
安心したのもつかの間、斜面に阻まれる。




B171103_145723.jpg
斜面を登り切ると、石垣がある古道へと戻ることが出来た。
時刻はもう15時に近い。
朝から休み無く潜っているので、おなかぺこぺこだ。

このまま山を下りてしまいたいが、この斜面を降りきるのは難しそうなので、再び石切場内を抜けていくことに。




B171103_152615.jpg
ここを抜けてきた際は、ずいぶん荒れていると思っていたのだが、先ほどの瓦礫の山を見た後だと、もはや余裕の通路だ。




B171103_152631.jpg
のんびりと坑内を歩いていく。




B171103_153022.jpg
そして住宅街付近の坑口から脱出した。




B171103_154755.jpg
一日中、暗く灰色の空間の中にいたため、日に照らされる物全てが色鮮やかに見えてくる。




B171103_155355.jpg
探索の成果があったのか無かったのかは良く分からないが、丸一日山の中をうろうろした一日だった。

今回は時間が無くなってしまったので未探索だが、付近の山には、大きな別の空間も見受けられたので、時間を作ってこちらも見に行ってみたいと思う。

関連記事

コメント

お疲れ様でした、未踏の場所もあるので、冬の間にもう一度やっときたいですね。
都合が付けばまた行きましょう!

  • 2017/11/13(月) 08:31:56 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

うんうん!
反対側の山の大きな開口部も気になるし、海岸沿いの他の壕も気になるし、また行きましょう\(^o^)/

  • 2017/11/14(火) 11:22:14 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/405-d6900c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ