Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 久しぶりに比与宇地下壕に潜ってみた  2018-03-06

田浦駅近くの地下壕へ潜った 後、今度は久しぶりに比与宇地下壕へと潜ってみた。


h180224_195731.jpg
JR田浦駅を過ぎ、長浦にある比与宇地下壕へと向かって歩いていく。




h180224_201012.jpg
そして、山肌付近ををガサゴソガサゴソして・・・。




h180224_201431.jpg
久しぶりの比与宇地下壕へ。
ここに潜るのは、2009年に潜って 以来だ。




h180224_201715.jpg
内部は盛大に崩れているが、以前からこのエリアは崩落が多かったエリアだ。




h180224_202323.jpg
崩落を乗り越えて奥へと進んで行く。
高さは2m程度、横幅は4m程度もある大きな坑道だ。
壁際には当時の物だろうか、大きなビンが大量に積み重ねられている。




h180224_203121.jpg
進んで行くと、コンクリートで施工された跡が残る坑道を発見。




h180224_203128.jpg
その先には、扉を取り付けてあったような跡が。




h180224_203709.jpg
そして特徴的な掘り込みのある坑道もあった。




h180224_204408.jpg
そして、この壕にはかなり立派なコンクリート巻きの部屋がある。
コンクリートの質も、なかなかのもんだ。




h180224_204409.jpg
でも、コンクリートで巻かれているのは、この部屋の周辺のみで、他は基本的に素掘りの状態が続く。




h180224_204627.jpg
コンクリートで巻かれているエリアから、更に奥へと進んで行く。、




h180224_204847.jpg
以前入った時も湿度は高かったが、壕口がほとんど埋められた現在は更に湿度が上がっているようだ。
真っ暗な壕内を懐中電灯の明かりを頼りに進む。
すると、床一面に大きな皿が大量に散乱していた。




h180224_205014.jpg
皿には海軍のマークがついている。
当時の物に間違いは無さそうだ。
ホーロー製の海軍食器は、様々な地下壕で目にする。
しかし、陶器製は珍しい。
という事は、かなり位の高い者がここにいたのだろうか。




h180224_205015.jpg
その近くには、もう少し小さめの食器が散らばっている場所もある。




h180224_205305.jpg
こちらも全て陶器製の海軍食器であった。




h180224_205307.jpg
まだまだ奥に行けそうなので、その先もどんどんと進んで行く。




h180224_210006.jpg
崩落した土砂の上を乗り越えて行くと・・・。




h180224_210256.jpg
コンクリートブロックで塞がれた壕口が。




h180224_210256b.jpg
ここは、隣接する比与宇トンネルの内部にある、塞がれた壕口だ。
比与宇トンネル内部にはこのような壕口がいくつもある。




h180224_210256c.jpg
この写真は 2009年に撮影したものだが、当時はまだトンネル内に『軌道終端』の標識が遺されていた。
戦中はこのトンネルの内部まで引き込み線が引かれており、トンネル内部で列車からの荷役を行なっていたのだろう。




h180224_210453.jpg
本坑に戻り、更に奥へ進んで行く。
このエリアは基本的に碁盤の目状に掘削されているようだ。




h180224_210541.jpg
開口部分がほとんどないこの地下壕だが、ここをねぐらにしているのだろう。
ハクビシンが目の前を走り抜けていった。




h180224_211627.jpg
地下壕の西端に近づいた。
壕床が一段高くなっている。
2009年に潜った時の記憶だと、そろそろこの辺りに井戸があるはずだ。




h180224_211654.jpg
高くなった坑道を進むと、すぐにそれは現れた。
以前と変わらない、良い状態を保っており、内部には僅かながらの水を蓄えていた。




h180224_211714.jpg
そして、この井戸のすぐ奥にも、同様の井戸が。
こちらの井戸は先ほどの物よりも、水量が多かった。




h180224_212544.jpg
二つの井戸の位置関係はこんな感じ。
現在は西端の壕口は全て塞がれているが、当時はたくさんの壕口が付近に開いていた。
この付近は炊事場のような役割を持っていたのかもしれない。




h180224_212825.jpg
塞がれてしまった地下壕西端の壕口。




h180224_221841.jpg
どの壕口も、全くの隙間もなく完全に塞がれている。
この向こう側は、コンクリートの擁壁となっているので、今後、ここが開くことは無いだろう。




h180224_221841b.jpg
ちなみに 2009年当時はこの写真のように壕口は広場に向かって大きく開口していた。
当時は入口から詰め込まれたゴミが大量に壕床を埋め尽くし、大変な事になっていたが、壕口を塞ぐ際に、全て撤去したようだ。




h180224_213127.jpg
今度は地下壕の南側に向かって歩いていく。




h180224_213641.jpg
南側のエリアは以前から水没が多い。




h180224_213839.jpg
この水没エリアには、当時の計算板のようなものが落ちていた。
正式名称は、『零式雷撃照準機三型計算板』と呼ぶらしいが、ネット上では情報が見つからなかった。
yakumo氏が以前ブログ内にて解説しているので、興味のある人は こちらのブログ をどーぞ。




h180224_220840.jpg
水没区間は長靴程度で踏破可能なので、水の中をジャブジャブと歩く。




h180224_221338.jpg
そして水没区間を抜け、東端へ向かう。




h180224_221403.jpg
きれいに掘削された坑道がまだまだ奥へと続いているようだ。




h180224_221926.jpg
東端の坑道は、小さな坑道が複雑に入り組んでいる構造となっていた。




h180224_221929.jpg
掘りかけという訳でもないのだろうが、このエリアは他の部分に比べるとやっつけ感がある。




h180224_222041.jpg
狭い坑道を抜けると、煉瓦造りの大きな倉庫のような壕へ出た。
5m以上はあると思われる壕の天井付近に大きな穴が開いている。
あれは、何の用途だったんだろう。




h180224_222115.jpg
上方の坑道へは、別の坑道を辿ると行くことが出来た。




h180224_222116.jpg
天井の穴側から倉庫の内部を見るとこんな感じだ。
当時は扉を設置して、物資の搬入や搬出をここから行なっていたのだろう。




h180224_223331.jpg
という事で、時刻はすっかり遅くなってしまったが、久しぶりの比与宇地下壕を楽しめた。
次はまた、10年後くらいに様子を見に来ようかな。

関連記事

コメント

此処、行きたい!

此処素晴らしいですね~!行きたい!!
関西遠征前か後か、どちらかに連れて行って下さい!!

  • 2018/03/10(土) 17:59:42 |
  • URL |
  • WhitePigeon #-
  • [ 編集 ]

>> WhitePigeon
 何気にタイムリミットが近づいているんです(*´д`*)
 擁壁工事が終わった後、もしかしたら壕口が無くなってしまうかも!?

  • 2018/03/12(月) 00:45:12 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

え!

え~!じゃあ早めに遠征しないといけませんね。

  • 2018/03/12(月) 10:46:18 |
  • URL |
  • WhitePigeon #-
  • [ 編集 ]

うん、暖かくなる前にこっちにこられるようなら声かけてください~(='ω')ノ
また、健康ランド泊まって、飲みましょう\(^^)/

  • 2018/03/13(火) 01:07:21 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

すごいすごいすごい!昔の軍隊の残留物に謎の倉庫、大興奮です!
穴の中だけあっていろいろしっかり残ってるんですね~

  • 2018/03/16(金) 07:59:31 |
  • URL |
  • ブーマン武士  #-
  • [ 編集 ]

>> ブーマン武士 さん
 特に進入が難しい壕や、めちゃめちゃ汚れるのを覚悟しないといけない壕などは、残留物がある可能性が高いです(='ω')ノ

  • 2018/03/18(日) 22:31:11 |
  • URL |
  • tonotama #GHYvW2h6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/419-e1d0456f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ