Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

キャリアパッドにアイロンプリントしてみた  2018-03-20

ハイエースのキャリアに取り付けてあるパッドがボロボロになったので、カッティング可能なアイロンプリントシートを使用し、好きなデザインでリニューアルしてみた。


r180318_171030.jpg
雨風に晒されてボロボロになってきたパッド。
これを生まれ変わらせようという作戦だ。




_150608_232712.jpg
以前、ボロボロのスクートの板を利用して、痛板を作ってみたが、今回も似たような趣旨だ。
まあ、つまり、自己満足ということ(^^;




r180318_171031.jpg
とりあえず、パーツクリーナーにて、洗浄脱脂する。
キッチンペーパーでゴシゴシと。




r180318_171032.jpg
きれいになった所で、染めQスプレーで黒く塗っていく。
染めQはちょっと高いけど、素材の質感を全く変えずに色を乗せることが可能な、特殊な塗装スプレーだ。
革製品やビニールだけで無く、色褪せた車のシートなども復活させることが可能なのだ。




r180318_171035.jpg
塗装が乾くとこの通り。
まさに新品同様の無地のパッドが出来上がり。
しかも、触り心地はそのままだ。




r180318_173709.jpg
デザインは、最近人気急上昇中のCUNEに。
適当な大きさで、アイロンプリントをたくさん切ってみた。




r180318_174009.jpg
そして、アイロンにてペタペタと溶着。
布に溶着させるよりも難しいが、温度は中程度で様子を見ながら丁寧に貼り付けていく。
熱すぎると下地のビニールを溶かしてしまうので、当て紙をして作業を進める。




r180318_174801.jpg
丁寧に台紙からプリント部分を剥がして・・・。




r180318_175316.jpg
あっという間に完成!!!




r180318_175819.jpg
早速キャリアに取り付けてみる。
うん、良い感じ(* ॑꒳ ॑* )




r180318_175821.jpg
ちなみに、白のアイロンプリントを使用したのは、実は色付きのアイロンプリントで1度失敗しているからだ。
基本的に洋服にプリントされることを前提としているので、洗濯には強くても、直射日光に長時間晒されるというのは想定していないのだろう。
前回はオレンジ色で作ったのだが、制作から1ヶ月程度で色褪せて変な色になってしまったのだ。
ということで、白なら大丈夫かなと。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/423-ed1f845e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ