Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースにシフトインジケーター取り付けた  2018-03-29

現在、何速に入っているのか。
そんなことは、運転していればもちろん把握できる。
でも、測定器的なデバイスが大好きな自分としては、どうしてもこれを取り付けたかったのだ。
ほら、だって、ケンブロックだって取り付けてるし(*´w`*)


r180227_214551.jpg
ということで、amazonにてポチッと買ってみた。
車両との接続は、12V電源の他に、エンジンの回転信号と速度信号。
それらから導かれる比例曲線によって、今が何速なのかを計算する仕組みのようだ。




r180227_214739.jpg
付属品はケーブル類が少々。
取り付けは簡単そうだ。




r180227_220050.jpg
デジタル表示部分だけを取りだして、コラム周りに埋め込みたくて本体を開けてみたのだが、残念ながら 1枚基盤のようだ。




r180227_220154.jpg
7セグのLED部分とスイッチをケーブルで延長し、外部に取り出そうかとも思ったが、とりあえず今回はノーマルのまま取り付ける事にした。




r180227_221033.jpg
導通テストの結果は良好だ。
ま、そりゃそうか。




r180227_221403.jpg
取り扱い説明書によると、ハイエースの場合は ECUから回転信号と車速信号を取り出すと書いてある。




r180227_221404.jpg
でも、速度信号はナビ裏まで来ているし、回転信号は運転席下の OBD2コネクタに来ているので、それぞれそこから取ることに。




r180227_221405.jpg
運転席下から見上げると見えている OBD2コネクタ。
今回は、配線を取り出すので、作業性を考えてパネルを外して作業した。
大きい白いコネクターが、OBD2コネクター(車両診断コネクター)だ。




r180227_221406.jpg
ODB2端子から回転信号を引っ張ってくる。




r180227_221407.jpg
車速信号は、ナビの、走行中テレビ切り替えスイッチまでひいてきているので、そこから延長。




r180227_221408.jpg
とりあえず本体を適当に設置して、まずは初期設定。
エラー表示とならず、『n』と出ているので、車速信号と回転信号は正常に接続されているはずだ。




r180227_221409.jpg
初期設定と言っても、学習モードにして 1速から 5速まで順番にシフトアップして走るだけ。
速度と回転数の比率だけ分かれば良いので、速度は関係ないのでセットモードにしたらトロトロ走ればOKだ。




r180227_221410.jpg
ちゃんと学習出来たようなので、インジケーターの位置を右側に設置し直した。
左側への取り付けだと、タコメーターの前で邪魔だったからだ。
ちなみに、ニュートラル状態だと、このように『n』の表示となる。




r180227_221412.jpg
ということで、完全な自己満足だけど、シフトに合わせて数字が変わるのが気持ちいい!




r180227_221413.jpg
もちろん、オートマでもディーゼルでも車種も関係なく取り付け可能なので、物好きさんは是非


追記
q180428_150702.jpg

シフトインジケーターを分解し、自作カーボンパネルに組み込みました!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/425-d157c588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ