Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 横浜市の港北区にある巨大地下壕に潜って来た  2018-05-06

横浜市の港北区の住宅街に、第二次大戦中に掘られた地下壕があるというので早速潜って来た。
場所は日吉駅からほど近い、閑静な住宅地の中だ。


q180503_093652.jpg
ということで、早速内部へと進入する。
ちなみに、今回はひょんな事から地主さんの了解を得ることが出来たため、正規 (といっても普段は塞がれているが)の壕口から入ることが出来た。




q180503_093806.jpg
壕口から内部に入ると、すぐに盛大に水没していた。
以前潜った際には長靴でもギリギリ回れる程度の水没だったが、今回はひざ辺りまで水没しているようだ。
しかし、今回はウェーダーを装備しているので、かまわず進んで行く。




q180503_093828.jpg
振り向くと、透明だった水は壕床に沈んだ土砂を巻き上げ、どんどんと濁っている。




q180503_094019.jpg
真っ直ぐ進んでいくと水没も無くなっているようだったが、とりあえず左手 (北側) 方面を先に回ることに。




q180503_094230.jpg
ジャブジャブと水没区間を進んで行く。
この壕は艦政本部壕として旧日本軍により作られたそうだが、見事なコンクリート巻きだ。
しかし、湿度が高い。




q180503_094608.jpg
基本的に構造は碁盤の目となっているのだが、場所によってはこのように内径が絞られている箇所もある。
この先は埋め戻されているが、壕口となっていたのだろう。
ちなみに、進入してきた坑道も、ここと同じ構造だった。




q180503_094652.jpg
水深はひざ程度なのだが、土砂の堆積がすごい上、場所によっては通路の真ん中に排水溝を設けているため、気を付けて進まないと転んでしまいそうだ。




q180503_094816.jpg
濁って水中の状態が分からないため、注意して進んで行く。




q180503_095530.jpg
奥へ進んでいくと、やがて水没は無くなった。
掘削時のズリ出し用トロッコ軌条の跡だろうか。
枕木の跡がくっきりと残されている。




q180503_100008.jpg
横浜市の中心部に近いこともあり、壕の周りは住宅地だ。
開発によってこの壕も、当時掘削された面積の半分程度が失われているようだ。
このように、工事業者によって完全に外から塞がれている箇所が散見される。




q180503_100408.jpg
坑道を一つずつ回って行く。
このエリアはほとんどの壕がコンクリートで巻かれていた。
しかも、坑道と坑道の接合部が、本当にきれいに作られている。




q180503_101012.jpg
北側のエリアを一通り回ってきた。
奥に見えている光が漏れている壕口が、今回進入した壕口だ。
ここからは、南側エリアを回って行く。




q180503_101542.jpg
重厚なコンクリートで厚く巻かれているが、端の上部が大きく崩落していた。
今他の部分が崩れてこないとも限らないので、どんどん奥へと進んで行く。




q180503_101648.jpg
この坑道は天井部分のコンクリートが無くなっているが、実際にコンクリートが巻かれていたのは手前部分のみで、それ以外はまだ巻かれる前の状態のようだ。




q180503_102536.jpg
そして、その先には、下部のみ巻き立てが無くなっている坑道が。
これは、コンクリート不足を補うために代わりに使用されていた大谷石を、戦後に引き抜いていった跡だという。
強度的に不安が残るが、場所によっては柱として大谷石がそのまま残されていたりもする。




q180503_102623.jpg
更に奥へと進んでいくと、巻き立ては全く無くなり、素掘り状態の坑道が現れた。




q180503_102744.jpg
終戦によって工事は中止されたのだろうが、この場所もコンクリートを巻く予定だったのだろうか。




q180503_103044.jpg
自然の空洞に当たってしまったようで、天井部分が大きく無くなっている。
砂岩質の空洞表面には、化石のような物も見受けられた。




q180503_103149.jpg
奥へと進んでいくと、坑道の真ん中になにやらある。




q180503_103332.jpg
調べてみると、どうやらこれは集水枡だったようだ。
要するに、天井部分から染み出してきた水を濾過して利用する物だったらしい。
この壕には同様の集水枡が多数あったという。




q180503_104205.jpg
進入した壕口付近はコンクリートで巻かれており重厚な作りだったが、南側エリアはほとんど素掘りの状態だ。




q180503_104208.jpg
内部の掘り方などは、三浦半島に散見される日本軍が構築した地下壕に酷似している。




q180503_104851.jpg
住宅地に存在するため、開口部はごく僅かで、内部に光は全く届かない。
唯一、進入口と反対側の斜面に開口部があったが、かなり狭いため出入りにはかなりの覚悟が必要そうだ。




q180503_110052.jpg
一通り南側の最奥部まで回ったので、進入口に向けて戻り始める。




q180503_110055.jpg
自然の洞窟のような素掘りの坑道を進む。
奥に行く際には確認しただけで通っていない坑道もあるので、そこを選んで戻っていくのだ。




q180503_110628.jpg
また塞がれた壕口がある。
この向こう側は航空写真で見ると民家の裏手辺りのようだ。




q180503_111123.jpg
そして、ここにも自然の空洞に当たったと思われる天井の高い坑道が。
先ほど見つけたよりもかなり広い空間が頭上に広がっている。




q180503_111305.jpg
素掘りのエリアを延々と歩き続ける。




q180503_112428.jpg
ようやくコンクリートで巻かれているエリアまで戻ってきた。




q180503_112622.jpg
ここは水没もすごい。
コンクリートの強度が気になるが、とりあえずジャブジャブと進んで行く。




q180503_112850.jpg
大谷石が抜き取られた跡が、まるで鉄道トンネルの待避所のようだ。




q180503_113352.jpg
しかし、コンクリート表面に残されている木枠の跡が壮観だ。
これを見るためだけにでも、この壕に入る価値はあると思う ←




q180503_113735.jpg
ちなみにこの壕も正式に調査されているようで、分岐点や角にマーカーがあった。




q180503_114144.jpg
と言うことで、2時間程度の探索だったが壕内を全て回ることが出来た。
午前中の探索を終え、午後は約 8年ぶりの六浦地下軍需工場跡へ。
怪しい薬瓶はまだあるのかな??

次の記事に続きます
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2018/05/06(日) 22:38:04 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

>> 非公開コメントの yさん
 初めまして。
 お察しの通り、ここは艦政本部地下壕ですよ(='ω')ノ
 近所に住んでいらっしゃったんですね。
 これからも、いろいろな記事を上げていきますので、よろしくお願いしますね!

 ちなみに、非公開コメントは、電話番号等の個人情報のやりとり用に設けているだけですので、気にせず投稿しちゃって大丈夫ですよ。
 ネット上に出せないような壕にも潜りますが、そういう壕は記事にもしない (出来ない) ので、記事になっている物に関しては大丈夫です(*´w`*)

そうだったんですね!
艦政本部地下壕とは、本当に凄いですね。中の画像はその状態の関係から一生見れないと思っていました。
本当に貴重なものをありがとうございます。

私もこのサイトに出会ってから触発されまして三浦半島の地下壕などをいくつか潜ったりしました。
貝山地下壕にも入ったのですが、今はああなってしまって残念です。

今年こそは六浦に潜れればと思います。

  • 2018/05/16(水) 19:30:48 |
  • URL |
  • yanan #-
  • [ 編集 ]

>> yanan さん
 艦政本部地下壕は、自分が潜った限りではそれほどの危険は感じませんでしたよ。
 いろいろな地下壕に潜ってますが、むしろ、危険は少ない方なのでは!?
 壕床に水がたまっていますので、全て回るにはある程度の装備は必要ですけど・・・。
 ちなみに、貝山は上部が公園化しているし、保存会もあって管理されてますから、
 周囲の開発は進んでますけど消滅してしまうことは無いと思います(*´w`*)
 入りにくくなったことは確かですけどね。

だんだんと入れなくなってしまう戦跡が増えていますね。
自分も今のうちにいろいろ頑張ってみようと思います。

どうか、これからも楽しい記事と新しい発見をよろしくお願いします。

  • 2018/05/24(木) 23:28:33 |
  • URL |
  • yanan #-
  • [ 編集 ]

>> yanan さん
 確かにすんなりと入れるところはだんだんと少なくなってきてますよね。
 周囲の開発が進めば、安全のためにはやむをえないのでしょうけどね(^_^;
 でも、これからも、可能な限りの探索をしていきますよ~!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/431-35911c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)