Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

ハイエースの3連メーターパネルをリアルカーボン化~前編  2018-05-30

以前発泡ボードで作成した3連メーターパネル だが、ハンドル周りと同じく、リアルカーボンで作り直してみることにした。


q180512_194333.jpg
自分のハイエースには各種の電装を追加してある。
雪山シーズンも終了したので、メンテナンスを兼ねて、各部の電装も合わせて確認することに。




q180514_194139.jpg
各部をチェックしていると、常時表示の電圧計が、以外と電力を食っていることが分かった。
そこで、低消費電力の電圧計をセカンドシートの横のパネルに取り付け、既存の物を廃止することに。




q180514_194544.jpg
低消費電力の電圧計を、さくっと穴を開け、配線していく。




q180514_201050.jpg
ちなみに、以前から取り付けていたのがこの電圧計だ。
LED表示のみの簡単な物だが、設計が古いせいか 0.043Aの消費電力がある。




q180514_201714.jpg
今回取り付けた電圧計は、既存の電圧計に比べると、消費電力は 0.012Aと、半分以下だ。
このくらいの消費電力ならば、日中のソーラーパネルで十分すぎるほどに賄えるが、常時点灯している物だし、消費電力は少なければ少ないほど気分的には良いのだ。




q180514_204310.jpg
しかもこの場所への取り付けだと、スライドドア側から点灯しているのが見える。
もしかしたら防犯効果もあるかも知れない。




q180514_204847.jpg
もちろんバッテリーへの給電電圧も表示するので、日中のソーラーパネルからの電圧や、外部 AC100V時の充電電圧なども表示可能だ。




q180514_204925.jpg
外部からの AC入力は滅多に使用しないが、リアバンパーに 100V入力用のコネクターを取り付けているのだ。




q180516_214749.jpg
と、前置きが長かったが、早速パネルの製作にかかる。
と、その前に、先日取り付けたハンドル周りのパネルに LEDの ON/OFF表示を付けたかったので、先に付けてしまうことに。




q180516_214754.jpg
取り付けスペースが狭いため、直接 LEDを埋め込む予定だが、上手く行くか、端切れのカーボン板にて試してみる。




q180516_214814.jpg
ドリルで穴を開け、LEDを埋め込んでみると、見た目は問題無さそう。




q180516_214825.jpg
点灯テストもいい感じだ。




q180516_215610.jpg
直接の埋め込みでも問題無さそうなので、緑色の 3mmLED を用意し、ハンドル周りのパネルを加工する。




q180517_200248.jpg
ほとんどスペースが無かったが、なんとか穴開けと LEDの埋め込みが出来そうだ。




q180517_201729.jpg
LEDの背面に抵抗を取り付け、各スイッチからの配線をつなげれば、完成だ。




q180517_210728.jpg
これで、スイッチの ON/OFF 状態が LEDで確認出来るようになった。




q180517_210900.jpg
一通り、ハンドル周りのパネルが完成したので、以前作った操作パネルは取り外してしまう事にした。




q180517_211112.jpg
せっかく作ったのにちょっともったいないが、材質は発泡ボードだし、デザインもイマイチなので、この操作パネルの機能はハンドル周りのパネルと、今から作成する3連メーターパネルへ機能を移植してしまう事にしたのだ。




q180519_160630.jpg
と言うことで、操作パネルごと、ごっそりと取り外す。




q180519_160638.jpg
内蔵している LEDのコントローラーやリレーは再び移植して利用するので、きれいに取り外す。




q180519_163936.jpg
そして、移植しやすいように配線を作り直してモジュール化しておく。




q180519_164934.jpg
LEDのコントローラーも 3連メーターパネルに埋め込むことに。




q180519_171622.jpg
そして、車外へと続いている多芯ケーブルから、半分をハンドル周りへ、残りの半分は3連メーターへと配線することにした。




q180519_173018.jpg
多芯ケーブルの先端にコネクターの端子を圧着し・・・。




q180519_173329.jpg
ハンドルの後ろ側から配線を通してきた。




q180519_175641.jpg
コネクターの空きスペースを利用し、スイッチと多芯ケーブルの端子を結線していく。




q180519_181516.jpg
これで、上部にあるスイッチにてフロントカメラの起動や、ヘッドライトのポジションランプを制御できるようになった。




q180519_181517.jpg
ヘッドランプのポジションランプは通常はホワイトなのだが、このスイッチを操作することによって、青色を追加することが出来る。
このくらいの色合いが、自分的にはとっても好きなのだ。




q180519_181518.jpg
ホワイトの純正ポジションランプも車内で ON/OFFする事が可能だが、ホワイトとブルーを同時点灯することによって、青っぽい白、というか、白っぽい青のポジションランプを実現している。
この写真だとかなり青く見えるが、実際は、白なんだけど、ちょっと青いくらいの色合いとなっている。




q180519_202702.jpg
ということで、そろそろ 3連メーターの製作に入る。
まずは、カーボンの板をきっちりとした形に切り出していく。




q180519_202915.jpg
最初にきっちりと切り出しておかないと、パーツをはめ込んでいったときに歪んで見えてしまうので、ここはしっかりと平行を出して削っていく。




q180519_203418.jpg
デザインはいつものごとく、段ボールにて型どりし、メーターやスイッチの配置を決めていく。




q180519_203419.jpg
いろいろな配置を試すが、なかなかデザインがまとまらない。
部品を並べては、デザインを検討する。

うーん、かっこいいのが作りたいなあ・・・。

と言うことで、後編へと続きます
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/434-05bb5776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ