Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

喜多方地滑り→国道 352号の不通区間を見に行ってみた~後編  2018-06-18

この記事は、前編 からの続きです。


s180603_090313.jpg
翌朝、抜けるような青空の元、国道 352号の不通区間を目指して走り出す。




s180603_090709.jpg
離合不可能な狭い道を進んで行く。




s180603_090957.jpg
狭い一本道を進んで行くと、通行止めの看板が現れた。
右手には、山荘に続く道があるので、ここまでは通行可能にしているようだ。




s180603OKU352.jpg
この地図の左上からスタートし、現在いるのが 『A』の地点だ。
奥只見シルバーライン(『D』)があるためか、国道 352号は開通の必要性が無いと思っているのか、いつ来ても通行止めだ。
今回は通行止め区間には入らないが、この夏中にはこの区間をなんとか通り抜けてみたいと思っている。




s180603_092215.jpg
今度は奥只見シルバーラインを通り、通行止めの反対側を見に行ってみることに。
狭い道を戻り始める。




s180603_092930.jpg
春先は奥只見丸山スキー場へ行くために頻繁に通っている道だが、この時期に通ることはほとんどないのでなんだか新鮮だ。




s180603_094915.jpg
と言っても、ほとんどがトンネル区間で占められているので、温度も風景も冬とそれほど変わらない。




s180603_100109.jpg
せっかく来たのだから、終点地点まで行ってみようと、そのまま車を走らせる。




s180603_100328.jpg
まだ6月初旬という事で、雪がそこかしこに残されているが、気温は25度を超えていた。




s180603_101544.jpg
一通りスキー場周辺をぐるっと回り、再びトンネルに入る。
いつか入ってやろうと狙っていた、トンネル内の転回場所で写真を撮ってみる。
うん、このコンクリートの感じがやっぱり最高だ(*^^)




s180603_102037.jpg
現在は無料開放されている奥只見シルバーラインだが、以前は有料道路だった時代もある。
しかし、通行量に比べ維持費がかかりすぎるため、新潟県へと譲渡され、現在は県道として新潟県がこの道を維持管理しているのだ。




s180603_102213.jpg
トンネルの側面には、無数のチェックが書き込まれている。
これだけの長さと数のトンネルを維持するのは、本当に大変なのだろうと思う。




s180603_102918.jpg
奥只見シルバーラインから一般道へと出られる、唯一の交差点からトンネル外へ。




s180603OKU352.jpg
奥只見シルバーラインから通じている国道 352号だが、『B』~『C』区間だけは通行が許されている。
まずは、『B』の地点を見に行ってみることに。




s180603_103134.jpg
不通区間へ向かうと、すぐに電光掲示板が・・・。




s180603_103141.jpg
枝折峠通り抜け不可と書いてある。
物理的に通れないのか、それとも、管理上の問題で通したくないのかは分らないが、具体的な通行止めの理由が書いていないので、気になって仕方がない。




s180603_113407.jpg
先ほどの地図の『B』の地点までやってきた。
車両のみ通行止めのようなので、登山客等はここから山に入っていくのかもしれない。




s180603_113509.jpg
ちょっと歩いて見に行ってみる。
工事関係車両だろうか、トラックが1台止まっている。




s180603_113518.jpg
その付近には、『枝折峠は転落事故多し!、初心者はシルバーラインへ』の看板が。
事故が多いし、代替の道もあるので、通行止めにしておきたいのかな!?




s180603_113527.jpg
でも峠はここより更に 500メートルくらい登るはずだ。
この場所で雪があるという事は、峠付近にはもっと雪があるため、物理的に通れないのかも知れない。




s180603_113533.jpg
そのまま歩いていくと、作業車が止まっているようだ。
当然ではあるが、道路の維持管理は続けているのだろう。




s180603_113636.jpg
道路の脇に、国道番号が書いてあった。




s180603_113645.jpg
脇の枝を寄せると、木々の葉に隠されていた国道標識が現れた。




s180603_114223.jpg
通行止め箇所まで戻り、河原へと降りてみる。
雪解け水は手が凍るほどに冷たかった。




s180603_114228.jpg
でも、驚くほどの透明度だ。
ほとんど人も来ないだろうし、ここで車中泊したら気持ちよさそうだな。




s180603_120030.jpg
いつまでもここにいても仕方ないので、今度は福島県側の通行止め箇所に行ってみる。




s180603_120221.jpg
すると、予告通り通行止め。
そりゃそうか。




s180603_120237.jpg
もう6月だというのに、冬季閉鎖と書いてある。
今年こそこの道を抜けてみたいのだが、8月くらいに再訪すればいいのかな!?




s180603OKU352.jpg
まあ、ともかく『B』~『C』 区間以外は走れないことが分かった。




s180603_123046.jpg
再び、奥只見シルバーラインへと戻っていく。




s180603_123127.jpg
気持ちよくトンネル内を走っていると・・・。




s180603_124114.jpg
何やらトンネルの側面にシャッターがあることに気が付いた。




s180603_124208.jpg
シャッター付近は非常停止帯となっていたので、車を停車してシャッターを見に行くことに。




s180603_124240.jpg
シャッターには、『この取手を矢印の方向に回して開けてください』 と書かれている。
開けてくださいとお願いされたなら、開けてみるか。




s180603_124247.jpg
軽く持ち上げてみると、するするとシャッターは上部へと開いていく。




s180603_124303.jpg
なんと、シャッターの向こう側には道が続いていた!!
右手に小さな穴が見えているが、あれは残雪が側溝を流れる水の熱で溶かされているだけかな。




s180603_124311.jpg
車を置いたまま、ちょっと道を進んでみる。
何か看板が見えてきた。




s180603_124328.jpg
何かと思ったら、山菜の採取を制限している看板だった。
これ以上進むな的な注意書きは無さそうだ。




s180603_124332.jpg
もう少し進んで行ったのだが、地図によるとこの先は行き止まりになっているようなので、これ以上は進まなかった。




s180603_124335.jpg
車に戻る途中、ふと右手に目を向けると・・・。




s180603_124345.jpg
なにやら、トンネルのような物がある。
シルバーラインに向かって掘られているし、まあ、ただの横穴だろうけど、とりあえず見に行ってみる。




s180603_124351.jpg
内部は照明も無く真っ暗のようだ。




s180603_124400.jpg
坑口に立ってみる。
奥はブルーシートで覆われているようだ。
脇には立て看板が置かれていた。




s180603_124406.jpg
看板は、緊急時の避難所を示していた。
雪の無い時期は、坑口の前に設置されているのかも知れないが、6月の時点で置かれているという事は、通年この状態かもしれない。




s180603_124415.jpg
奥へと進み、ブルーシートをそっとめくってみる。
内部から、ひんやりした風が流れてくる。
これはどこかに貫通していることは確実だな。




s180603_124418.jpg
内部を覗きこんでみると、奥の方にぼんやりと明かりが見えている。
トンネルの中の照明に間違いないだろう。




s180603_124422.jpg
更に内部へと進んで行く。
シルバーラインとの接合部は、人が通り抜けられる出入り口を残し、完全にコンクリートで塞がれているようだ。
今まで何度となくシルバーラインを通ったが、この出入り口には気が付かなかった。




s180603_124437.jpg
入ってきた方角に振り返る。
ブルーシートの必要性を感じないが、何か意味があるのだろう。




s180603_124445.jpg
出入り口からトンネル内へと入ってみる。




s180603_124546.jpg
この写真の右側の壁に小さな出入り口がある。
カーブの途中なので、運転中の目線はカーブの先にあるため、この出入り口に気付かなかったのだろう。




s180603_125118.jpg
という事で、ただの横穴、と言うか、避難坑という事が分かったので、シャッターを元に戻し、この場を後にする。




s180603_125159.jpg
またここに来ることがあれば、自転車を持参して道の終点まで見に行ってみたい。




s180603_130640.jpg
再び車に乗り、シルバーラインを下っていく。




s180603_130816.jpg
そして、シルバーラインのかつての料金所を越え・・・。




s180603_140259.jpg
国道17号にあるいつものリサイクルショップへと立ち寄る。




s180603_140358.jpg
あ、飛び出し君が売ってる!




s180603_141331.jpg
相変わらず店内の商品も混沌としており、ジャンク品のラジカセがあったり・・・。




s180603_141337.jpg
その横にプレステ3が置かれていたりと、相変わらずの宝探し感が楽しめた。




s180603_165849.jpg
しばらく店内を物色し、国道17号を南下していく。
スノーシェッドに差し込む夕刻の光がとてもきれいで、いくらでも運転できる気分になってくる。




s180603_170540.jpg
三国峠に到着した。
ここにある三国隧道は狭いため、大型車両の擦れ違いが大変だ。




s180603_170619.jpg
そこで、現在、すぐ横に新三国トンネルの掘削作業が進んでいる。
恐らく数年後に下り車線は新三国トンネルへと切り替わるのだろう。




s180603_170943.jpg
ちなみにこの場所に車を停めると、もれなく道路情報カメラに写りこむことが出来る。




s180603_171204.jpg
三国隧道を通り抜け・・・。




s180603_181935.jpg
都内まで国道17号を走り続けて横浜に到着したのは21時位だった。
ということで、この夏は奥只見から福島県に抜けるルートを走破しに行くぞ~!!

走りに行ってきました(*´w`*)
関連記事

コメント

>いつ来ても通行止め
枝折峠も奥只見-御池もただの冬季通行止めだから。
不通区間とかてきとーな表記やめてくださいね。

  • 2018/06/29(金) 14:21:35 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集 ]

>> 名無しさん
 >>枝折峠も奥只見-御池もただの冬季通行止めだから。
 と言うことは、7月くらいからは通行出来るんですかね!?
 険しい狭い道が大好きな自分としては、雪解けしたら早めに開通してほしいもんです(^^;
 自分が訪れた際は決まって通行止めの看板が置かれていたので、開通期間が
 ほとんど無いのかもと思っていましたが、これで一安心です!
 ブログ内にも書きましたが、この夏は、小出から福島県側まで走りに行きたいと思ってます。
 また、情報あれば教えてください (^^)/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/437-dca26c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ