Digital Artworks TeeART Blog.

デジタルから穴ログまで、日々の改造・探索を綴ります ((((っ´ω`)っ

[戦跡] 京都府にある建部山砲台跡に行ってきた  2018-08-27

京都の舞鶴市にある建部山。
この山頂に、およそ100年前に作られた砲台群が人知れず眠っているというので、早速見に行ってみた。


q180816_105840.jpg
地元では丹後富士と呼ばれ慕われているそうだが、見事な形の山である。




q180816_110024.jpg
前夜に yakumo氏と共に横浜を出発し、深夜には舞鶴に到着。
そのまま車中泊し、翌日早速山頂を目指すことに。




q180816_110102.jpg
標高は300m程度しかないので、小一時間登ればたどり着けそうだ。
この標高をこの距離で登るという事は、険しい場所はなさそうだ。
100年前の砲台の稼働時にはこの道は軍道として馬車等も行き来していたのだろうから、緩やかに作ってあるはずだ。




q180816_110416.jpg
軍道に沿って、いくつもの石柱が発見できた。
『陸界』と彫られており、この道や土地が、陸軍の管轄であったことが分かる。




q180816_110815.jpg
踏み跡のような登山道をどんどんと登っていく。




q180816_110936.jpg
なんだか、道がだんだん荒れてきた。
あれれ?
ここって、正式な登山道のはず・・・。




q180816_112555.jpg
山頂に近づくにつれ、更に道が荒れてきた。
この山に登る人は、ほとんどいないのか!?




q180816_113026.jpg
荒れ果てた登山道だったが、途中にはこんな素敵な橋が。




q180816_113229.jpg
陸軍が構築した橋と思われるが、これだけの時を経ても、しっかりと原型を保っている。




q180816_115142.jpg
頂上まであと 1Kmという看板が現れた。
暑さと湿気と、日ごろの運動不足のせいで、すでにくたくたである。




q180816_115144.jpg
空がだんだんと開けてきた。
そろそろ山頂も近いようだ。




q180816_120316.jpg
突然、レンガの壁が右手に現れた。
これが当時の砲台の遺構なのか!?




q180816_120401.jpg
そのまま登っていくと、砲台の弾薬庫だろう。立派な掩蔽部が現れた。
草木が茂っており山頂からの眺望は全く望め無いが、遺構が目的のうちらには、十分すぎるご褒美だ。




q180816_120917.jpg
くたくたになって登ってきた甲斐があったってもんだ。
早速、内部へと入ってみることに。
向かって一番右側にある掩蔽部から内部へ進入してみる。
左手には、隣の弾薬庫につながる開口部があるようだ。




q180816_120942.jpg
奥の開口部まで行ってみる。
弾薬庫は5室並んでいるようだが、そのすべてが奥でつながっているらしい。




q180816_120948.jpg
弾薬庫の奥側から、2番目の弾薬庫の正面に向いて撮影。
内部には基本的に何も残されていないようだ。




q180816_120956.jpg
薄暗い掩蔽部の奥をどんどんと進んでいく。




q180816_121055.jpg
一番奥にある弾薬庫までやってきた。
そこから外に出てみるが、藪がひどく、弾薬庫正面からの撮影は困難だ。




q180816_121436.jpg
しかし、弾薬庫の奥に、さらに通路のようなものがあるのを発見!!
早速入ってみた。




q180816_121445.jpg
奥に見えていた凹みは、内部との通気口かな?




q180816_123946.jpg
内部は漆喰の塗られた小さな部屋となっていた。
これ以上ここには何もなさそうなので、今度はこの上部を調べに行くことに。
外は盛大にジャングルと化しているが、かまわず藪に突っ込んでいく。




q180816_122206.jpg
これは、当時のトイレ跡だろうか。




q180816_124858.jpg
石垣のある平場を進んでいくと・・・。




q180816_130351.jpg
なにやら建物を発見。
側に行ってみる。




q180816_130354.jpg
入り口付近には排水溝も切ってあり、なかなか丁寧に作ってある。




q180816_130407.jpg
内部をのぞき込んでみる。
室内は窓もなく真っ暗だ。




q180816_130418.jpg
開口部上部には、通気口だろうか、丸い穴が開けられていた。




q180816_130423.jpg
部屋の内部は卵のように、角のない造りをしている。
大きな外観の割には、やけに小さな部屋だ。




q180816_130435.jpg
部屋の一番奥から、入口方面を撮影。
これ以上、何もないので外に出る。




q180816_130650.jpg
掩蔽部の上部後ろ側には、砲台が据え付けてあったと思われる平場があった。

という事で、山頂の様子をざっと紹介してきたが、もっと掘り下げて知りたい方は、同行の yakumo氏が記事を上げているので、是非ともご参照を! ← 丸投げww



q180816_134229.jpg
ちなみに登っている最中は気が付かなかったのだが、木々の隙間からちょっとだけ眺望が!
低山とはいえ、上から見ると結構な高さまで登っているように見える。




q180816_135749.jpg
そして、この荒れ果てた登山道だが、下山した後、地元の方とお話ししていたら、
『熊が出るようになってから、登る人いなくなった』 と・・・。
えーーーー ( ゚Д゚)




q180816_140733.jpg
そして、熊だけでなく、登山道自体もかなりの亀裂が入っていたりと、結構痛み始めている。
崩れ出すと一気に崩壊が進みそうだし、今後の登山道の整備も気になります。




q180816_142424.jpg
ま、そんなこんなで、探索を合わせて、正味 3時間程度の登山でした。
今回の舞鶴遠征では、他にもいくつかの遺構を巡っているので、探索の続きを記事に上げます (^^)/

関連記事

コメント

お疲れ様でした!また冬場の枯れた頃にでも行きたいですね。
槙山砲台の道も、復旧しているといいな
夜間に登って、夜景を見るのもいいかも?

  • 2018/08/28(火) 09:03:30 |
  • URL |
  • yakumo #-
  • [ 編集 ]

>> yakumo さん

 お疲れさまでした!
 久しぶりの遠征でしたが、たっぷりと楽しめました。
 舞鶴鎮守府の司令部壕と、自転車倉庫として使われていた壕にも、是非とも探索行きましょう。
 涼しい時期なら、赤レンガ倉庫の駐車場で十分に車中泊できそうだから、夜中もいろいろと探索できそう(^^)/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teeart.blog107.fc2.com/tb.php/448-1f7c7aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ